ダイエット 筋 トレ 体重 増える。 筋トレで体重増加?増えるペースや太る理由、いつから減少するかを解説

筋トレ翌日の体重増加。疑うべきは「浮腫みによるもの」である可能性。

ダイエット 筋 トレ 体重 増える

運動や筋トレをした翌日は体重が増える!あなたのダイエットが上手くいかない理由 『運動や筋トレすると、直後は体重が減っているのに、翌日や二日後体重が増えるんです。 』 そうなんです!!よく気付きましたね!! 本記事の信頼性 ・筆者は現役看護師 ・20歳時、運動と食事の調整で20Kgのダイエットに成功している ・ 1日に10回以上体重計に乗るほど神経質 本記事の内容・目次• 運動でダイエットをしている多くの人がぶち当たる壁です。 せっかくダイエットの一環として、運動を取り入れたのに結果が出なくて面白くないからダイエットを辞めてしまう人も多いです。 これにはちゃんと理由があります。 あなたの運動の仕方が悪いとか、食事の仕方が悪いとか、そういう理由ではありません。 運動した直後は、汗の重量の分体重が落ちます。 その後 特に翌日 、体重が増えるのは、原理を理解していれば当たり前なのです。 主に体重を構成するもの そもそも、体重を構成しているものは....。 ・筋肉 ・骨、内臓 臓器 ・脂肪 皮下組織 ・皮膚 以上の4つの要素で体重が構成されています。 つまり、『体重を落とす』という活動をする為には、この4つの要素のうち、どれかを減量する必要があるのです。 減量しやすいもの、減量しにくいもの 以上にお挙げたそれぞれの要素には減量しやすいもの、減量しにくいものがあります。 それぞれ見ていきましょう。 ・筋肉 骨格筋 これは、減量しやすい要素です。 元々運動習慣がある人であれば、運動習慣を無くすだけで減量していってしまいます。 また、断食をした場合、脂肪より先に消費されてしまいます。 筋肉が減少すると、基礎代謝が低下し、脂肪が燃焼されにくくなってしまいます。 体温の70%は筋肉で発生させているので、基礎代謝の低下はダイエットには大敵です。 また、筋肉は体に水分を貯蓄するという役割があります。 ・骨、内臓 これは短期間に減量することは難しいです。 加齢と共に徐々に減少していきます。 また、運動をすることによって、骨に負担がかかるため、骨はその負担に抗うため、骨量を上げようとするので、骨粗鬆症予防に運動は有効とされています。 ・脂肪 脂肪 体脂肪 は、残念ながら減量しにくい要素となっています。 これは人間が生きる上で、必要不可欠な要素であるため、人体は脂肪を貯めこもうとする性質がある為です。 ・上記に含まれる水分 これは、非常に減量しやすい要素です。 短期間に体重を落とすのであれば、水分を体から出すしかありませんが、これは脂肪を燃焼させ、美しい体を作るダイエットとは言えません。 ただの脱水です。 脱水は脳血栓症 脳梗塞 や心筋梗塞など、重症疾患の原因となるので、水分はこまめにとりましょう。 また、体内水分量が低下すると、 運動のパフォーマンスが低下し、脂肪燃焼の効率が低下してしまいます。 その意味でも、こまめに水分補給をするべきだと言えます。 運動をすると、後日体重が増える 『 運動をすると、翌日、翌々日あたり体重が増えます』これには理由があります。 激しい運動をすると、筋肉がダメージを受けます。 筋肉はダメージを受けると、筋肉が炎症を起こし、『むくむ』のです。 つまり普段より多くの水分を筋肉内に貯め込んでしまうのです。 これは時間が経つことにより炎症は改善されます。 大 体、 運動三日後あたりから、尿量 おしっこの量 が増え、劇的に体重が減少します。 運動で脂肪を落とすのであれば、長期戦覚悟 体脂肪を1kg落とすためには、約7000kcal消費する必要があります。 個人差はありますが、軽いジョギング20分で消費されるカロリーは約80kcalとなるので、 1kgの脂肪を燃焼させるためには、約30時間のジョギングが必要になる計算になります。 運動直後に体重が減少しているのは、単に汗をかき、水分が排出されただけなので、『痩せた』とはいえないのです。 しかし、運動によって、骨格筋 筋肉 量の維持ををして、基礎代謝を維持することは、ダイエットには非常に重要な要素となるので、短期目線でなく、長期目線で運動を継続していくことが有効となります。 gogo-chisei.

次の

【決定版】筋トレやダイエットにおすすめの体組成計7選!理想の体を目指すための必需品!

ダイエット 筋 トレ 体重 増える

筋肉と脂肪と体重の関係 脂肪と筋肉や骨などの脂肪以外の組織(除脂肪組織)、これらの重さを比較するとどちらが重いのでしょうか。 まず脂肪組織の密度は、1立方センチメートルあたり0.9007gです。 次に除脂肪組織の密度は、1立方センチメートルあたり1.100gです。 よって、脂肪と除脂肪では同じ大きさの場合、除脂肪の方が約0.2g重いということになります。 そこまで差が無いように感じます。 では、続いては同じ重さの時の体積で比較してみましょう。 これらのことから次のことが言えます。 「同じ大きさ」の時の重さは、脂肪は軽く筋肉は重い。 「同じ重さ」の時の体積は、脂肪は大きく筋肉は小さい。 よって、もし同じ体重の人がいたとしても、脂肪・筋肉の量で見た目ががらりとかわります。 筋肉が増えると体重も増える、とは単純に言えないことがわかります。 ロードバイクに乗って筋肉が増えても見た目はスリムに 体重が同じでも、人によってシュッとしていたりぼてっとしていたりします。 何が違うのでしょうか。 ズバリ、脂肪と筋肉の体積の違いです。 同じ重さの場合、筋肉の方が脂肪より体積が小さくなるからです。 では、見た目をシュッとさせたい場合は筋肉をつければ良いのでしょうか。 しかし、筋肉を増やすことは大変です。 胸や背中、脚等の大きな筋肉はkg単位で大きくすることは可能ですが、その他の部分の筋肉は中々増えません。 そこで、筋肉を増やすのではなく、脂肪を減らしましょう。 脂肪の減少は、筋肉の増加よりも簡単に行うことができます。 特に、男性に多い内臓脂肪はつきやすく落ちやすい脂肪といわれています。 筋トレを行うと筋肉が増える、つまり基礎代謝が上がります。 基礎代謝が上がるという事は、体の脂肪が燃えやすい状態になるということです。 この状態で有酸素運動を行うと、効率よく脂肪が燃焼され脂肪が減りやすくなります。 有酸素運動といっても特別な運動ではなく、例えば通退勤時に歩いている方は、それも立派な有酸素運動を行っています。 注意してほしいことが、筋トレを行うと一時的に体重が増えますが、これは筋肉が増加しているためです。 決して太ったわけではありません。 太ったと誤解し、食事を減らすなどしてしまうと、効率よく脂肪を燃やすことができなくなってしまいます。 筋肉を鍛えているのに体重が増えるのはどうして? 筋トレを行い、体重が増加することがありますが、これにはいくつか原因があります。 まず、体内の水分量が増加する事です。 筋トレによって損傷を受けた筋繊維は、水分を溜め込みやすい状態になっており、一時的に普段より水分量が増えるため、体重も増加するということになります。 この場合、水分が増加しただけですので、体脂肪率は低めの数値を示すことが多々あるため、すぐに見分けがつきます。 よって、筋トレ直後は筋肉が肥大したり体重が凄く増加することがありますが、筋繊維が元の状態に戻ったり筋肉痛が治まると、元の体重に戻っていきます。 体内の水分量が原因の体重増加の場合は、体重の事は気にせず、筋トレを継続していきましょう。 これは正しい筋トレを行えている証拠でもあります。 次に考えられる原因は、摂取カロリーが多すぎる事です。 筋トレを行うと、普段より体を動かすためお腹もいつも以上に減ります。 そこでついつい多く食べてしまうと、筋トレの消費カロリーを上回るカロリーを摂取してしまう場合があります。 食事の量が変わっていないという人もいますが、実際には間食などをしている人も多いので注意が必要です。 ダイエット目的の方は、この点に十分気を付けましょう。 グリコーゲンの補充も体重が増える原因に 筋トレの翌日に体重が増える要因に、グリコーゲンの補充が考えられます。 グリコーゲンとはエネルギーの一種で、肝臓や筋肉に一時的に保存されます。 グリコーゲンには水分を蓄える機能があるため、筋トレ後は通常より水分が蓄えられ、その分、体重が増加することがあります。 加えて、グリコーゲンがなくなると体内蓄積率が高くなる状態になります。 つまり、筋トレ後に炭水化物等を摂取すると、グリコーゲンが多く蓄えられます。 また、カーボローディングの作用も、体重が増える要因の一つです。 カーボローディングとは、体内に糖質(炭水化物)を溜め込むことで筋力を長時間出せるようにする方法です。 普通に筋トレを行うのではなく、食事制限と同時に行っている場合、体内でカーボローディングと同じ作用が行われているかもしれません。 食事制限と筋トレを同時に行うと、体内のグリコーゲンが不足してしまいます。 そうすると、グリコーゲンの体内蓄積率が高まり、翌日体重が増加しやすくなります。 また、グリコーゲンが少なくなると筋肉も減少してしまいます。 こうなっては筋トレを行っている意味がありません。 つまり、食事制限を行いすぎることは逆効果になります。 ダイエットで朝食を抜かない方が良いのは、こういうことがあるためです。 グリコーゲンの増減は、普段の生活において、当たり前に発生する事です。 筋トレ中の体重増加に敏感になっても、あまり意味がありません。 筋トレで体重は減るのか増えるのか 筋トレを行うと、最終的に体重が増えると思っている人がいるかもしれません。 しかし、格闘家やボディービルダーのような筋肉のプロでもない方が、簡単に体重が増加するほどの筋肉をつけることは非常に難しいです。 筋トレを行うと、次のいずれかになると思います。 途中経過では体重も増加します。 脂肪と筋肉では同じ重さの場合、筋肉の方が体積が小さくなります。 つまり筋トレ後は、体重が増えたり変化がなかったとしても、それは数値上の問題で、見た目は筋トレ前と比べると、引き締まりシュッとしているはずです。 体重が減った場合ですが、これは筋トレと有酸素運動を組み合わせた場合の結果です。 有酸素運動は効率よく脂肪を燃焼することができます。 筋トレで筋肉を増やし、有酸素運動で脂肪を減らす、 まさに理想の組み合わせです。 筋トレだけでは体重はなかなか減らない 体重が同じでも、人によってシュッとしていたりぼてっとしていたりします。 何が違うのでしょうか。 ズバリ、脂肪と筋肉の体積の違いです。 同じ重さの場合、筋肉の方が脂肪より体積が小さくなるからです。 では、見た目をシュッとさせたい場合は筋肉をつければ良いのでしょうか。 しかし、筋肉を増やすことは大変です。 胸や背中、脚等の大きな筋肉はkg単位で大きくすることは可能ですが、その他の部分の筋肉は中々増えません。 そこで、筋肉を増やすのではなく、脂肪を減らしましょう。 脂肪の減少は、筋肉の増加よりも簡単に行うことができます。 特に、男性に多い内臓脂肪はつきやすく落ちやすい脂肪といわれています。 筋トレを行うと筋肉が増える、つまり基礎代謝が上がります。 基礎代謝が上がるという事は、体の脂肪が燃えやすい状態になるということです。 この状態で有酸素運動を行うと、効率よく脂肪が燃焼され脂肪が減りやすくなります。 有酸素運動といっても特別な運動ではなく、例えば通退勤時に歩いている方は、それも立派な有酸素運動を行っています。 注意してほしいことが、筋トレを行うと一時的に体重が増えますが、これは筋肉が増加しているためです。 決して太ったわけではありません。 太ったと誤解し、食事を減らすなどしてしまうと、効率よく脂肪を燃やすことができなくなってしまいます。 筋肉をつけると体重が増える 筋力トレーニングをすると、脂肪が減り、筋肉がつきます。 そして筋肉は脂肪よりも重いので、脂肪が減った分筋肉が増えると、結果的に体重が増えるというわけですね。 しかし脂肪よりも筋肉がついている方が、見た目はスリムですよね。 体重だけに惑わされず、ボディラインや体脂肪率も見ながらダイエットを行うことをオススメします。

次の

ダイエット筋トレは体重が増える|細マッチョの標準体重と体脂肪率も解説│【公式】公益社団法人 日本パワーリフティング協会

ダイエット 筋 トレ 体重 増える

どうして筋トレをすると太るのか? 筋トレをすると太ると言われていますが、 がっかりしなくても大丈夫です 筋トレをすると体重が増える理由は 脂肪よりも筋肉の方が重量が重たいから なのです。 一般的に、 筋肉は脂肪よりも 3倍の重量がある言われています。 そのため、筋トレをすると脂肪が筋肉に変わり、 結果として一時的に体重が増えてしまうのです。 ただし、体重の数字だけが増えるだけなので、同じ重さであれば、体積は筋肉の方が少なく、 見た目は痩せて見えるようになります。 痩せたいなら筋トレはしない方がいいの? 「それなら痩せたい人は筋トレは控えた方がいいのでしょうか?」 と、疑問に思う人も多いかもしれません。 いいえ、控えなくても大丈夫です。 あなたが、ダイエットを今から始めようとしているのであれば、 筋トレを継続してやることをオススメします。 痩せたいと思っているのに、 体重が増える筋トレを勧めるなんてバカなの? と思うかも知れませんが、 実は、オススメするのには理由があるのです。 先ほど述べたとおり、 筋トレをすると脂肪が筋肉に変わり、体重が増えます。 しかし、一時的に増えたとしても、 筋肉量を増やすことによって、 太りにくい体を作ることができるのです。 筋肉を付けると基礎代謝が上昇して太りにくい身体に! 筋肉を多く付けると、基礎代謝量がアップし、 太りにくい身体になることが証明されています。 何もしなくても一日に使うエネルギー(基礎代謝)が多いということです。 そのため、人より筋肉量が多い人は、 何もしていなくても、一般により多くのカロリーを消費しています。 つまり、 「筋肉量が多ければ多いほど脂肪がつきにくい体になる」ということなのです。 どこを鍛えればシャープに見える? エネルギーを多く使うのは 体幹筋です。 代表的なものは、 腹筋や背筋、胸筋などがあります。 体の胴体部分で内臓を支える役割があり、運動など体を動かす際には、 最初に動かす筋肉で体のバランスをとるのに必要な筋肉です。 一時期、サッカー日本代表の 長友選手が体幹トレーニングという 本を出版して話題になりましたよね? これらの筋肉を鍛えるために必要なトレーニングがベンチプレスや スクワットなどのいわゆる筋トレです。 ジョギングなどは、その場で脂肪を燃焼させますが、筋トレをして ついた筋肉は他の筋肉よりも大きいため、何もしなくても必要な エネルギー量が多く、脂肪燃焼効率があがるという訳です。 間違った筋トレはしてはいけない! 【スポンサーリンク】 無計画に筋トレをすることは、実はよくありません! 痩せることを目的としたトレーニングであれば、しっかりとその目的に適したメニューを組む必要があります。 基本的には筋肉量を増やすことで、基礎代謝が上がり、日々の消費カロリーが増えていきます。 それにより、長期的に 「太りにくい身体&自然に痩せていく身体」へと変化していきます。 なので、本来はインストラクターの人に付いてもらって、体重やトレーニングメニューを管理してもらいながらトレーニングをするのが最も効率的なやり方ですが、忙しい日々の中でジムへ行くというのは難しいという人も多いと思います。 やり方を変えるだけで、効果は劇的に変わります。 車で例えると分かりやすいかもしれません。 筋肉は車で言うと「エンジン」部分に当たります。 エンジンが大きければ大きいほど多くの燃料 脂肪 を必要とします。 つまり エンジン 筋肉 が小さいと、燃料 脂肪 が多く消費されない ということです。 これを基礎代謝といいます。 基礎代謝が少ないと、いくらランニングをしても脂肪燃焼効果には 限界があり、筋肉質の人と比べて効果が薄くなるということです。 ジムでトレーニングする場合、走ってからの筋トレはNG! ジムなどでトレーニングをする場合は、特にやり方に注意が必要です。 よくランニングマシーンで1時間、2時間走ってから筋トレを始める という人がいますが、これは NGです。 ランニングによってエネルギーを消費してしまい、肝心の 基礎代謝を上げるための筋トレに使うエネルギーが空になって しまうためです。 「速く走るためには、エンジンの性能を上げる必要があります。 」 「エンジンの性能を上げるためには、材料が必要です。 」 これを以下のように読み替えてみましょう。 「脂肪燃焼効果を上げるためには、筋肉を増やす必要があります。 」 「筋肉量を増やすためには、エネルギーが必要です。 」 こう言い換えると分かりやすいかもしれませんね。 ここからわかるように無理な食事制限をし過ぎると筋肉が 作られないため、仮に一時的には痩せたとしても基礎代謝は 低いままですから、 リバウンドのリスクを抱える事にもなりかねないのです。 筋トレをしたら太るのまとめ 筋トレのやり始めはどうしても一時的に体重が増えます。 これは変えようがない事実です。 その1つが、脂肪よりも筋肉の方が3倍も思いため。 そしてもう1つが、 筋肉がつくスピードと脂肪が落ちるスピードには差があるからです。 筋トレをすると、まず筋肉が作られ、その後に脂肪が落ちます。 筋トレをした結果、体重が増えたからといって止めてしまう人 がいますが、これは、実はとてももったいないことなのです。 人間は生きているだけでエネルギーを消費します。 寝ているときもただ息をしているときも脂肪は燃焼されているのです。 繰り返しになりますが、筋トレでできた体は、これらの脂肪燃焼を効果的かつ効率的に行うことができます。 聞こえはよくないかもしれませんが、燃費が悪い体を作っています。 ダイエットをお考えのあなた!是非燃費が悪い体、太りにくい体を作りましょう。 まずは、筋トレから始めてみましょう。

次の