キャベツ もやし 炒め。 キャベツと厚揚げの炒め物(味噌炒め)のレシピ:白ごはん.com

もやし炒めを水っぽくさせない裏技|「おいしい」をつくる料理の新常識|樋口直哉|cakes(ケイクス)

キャベツ もやし 炒め

油が熱くなってきたら厚揚げと唐辛子を加えます。 火加減は中火のまま、時おりフライパンを振りながら2分ほど炒めます。 キャベツをこの後にじっくり炒めたいので、一度お皿に取り出しておきます。 フライパンにサラダ油小さじ2を足し入れ、弱めの中火にかけてキャベツを入れます。 ここから 5~6分ほど時間をかけてじっくりキャベツに火を通します。 炒める途中に葉の部分に焼き色がついて火が通ってくるものがあるので、それらを箸でお皿に取り出しながら炒めます。 計5~6分炒める後半のほうには、厚みのある太い茎に近い部分が多く残ります(この部分を中途半端に炒めて仕上げると美味しくないので注意が必要です!) 太い茎の部分にもじっくり火を通し、そこも甘くて美味しい!というくらいの炒め加減を目指します。 茎に火が通ればすべてを戻し入れます。 合わせておいた味噌だれを入れ、全体を混ぜ合わせます。 1分くらいあおるように炒め合わせれば完成です(味噌を控えめに入れた場合などは味見をして塩で味調整を!)•

次の

【超簡単】キャベツの人気メインレシピ35選おすすめ!つくれぽ1位殿堂!クックパッド炒め物や副菜・大量消費など

キャベツ もやし 炒め

こんにちは~筋肉料理人です! 今日はもやし料理の基本、豚肉を使った 「もやし炒め」をおいしく作る方法を紹介させていただきます。 もやしの炒めものは、「もやしのシャキシャキ感を活かすために強火でさっと炒める」のが定説ですが、言うはカンタン、 強火でさっと炒めておいしく作るのにはちょっとしたコツがあるんです。 筋肉料理人の「もやし豚」 【材料】2人分• 豚こま肉 80g• もやし 1袋(200g)• サラダ油 小さじ3• 刻みねぎ 適宜 (A)• しょう油、日本酒 大さじ1• 片栗粉 小さじ1 作り方 1. 合わせ調味料を作ります。 タカノツメは種をとり、キッチンハサミで細かい小口切りにして(A)と混ぜ合わせます。 砂糖を入れるのは優しい味にするため。 にんにくを入れるのはもやし独特の匂いを消すため。 片栗粉を入れるのは水っぽくなるのを防ぐためです。 もやしは水にさらし、その後、しっかり水気を切ります。 水気を切ったらボウルに入れ、サラダ油小さじ1を入れ、ボウルを鍋返しの要領でふって混ぜ、もやしにサラダ油をまぶします。 さらしすぎはかえってべちゃべちゃになるのでNG。 フライパンにサラダ油小さじ2を入れて中火にかけます。 熱くなったら豚こま肉を広げて入れましょう。 混ぜながら炒め、 豚こま肉の色が変わったらもやしを入れて、混ぜながら炒めます。 もやしに透明感が出てきたら1のタレを入れて炒めます。 出来れば鍋返しをしながら炒め、タレともやしの水分を飛ばします。 時間をかけて炒めることで味付け後に出る水分を飛ばし、皿に盛り付けた後に水が出ないようにします。 (私のおすすめは中火でしっかり水気を飛ばす炒め方。 水が出にくいし、炒めたもやし独特の食感、味が出ておいしいです) 5. タレがしっかり絡んだら皿に盛り付けます。 刻みねぎをちらして完成です。 もやし炒め、トッピング3選! シャキシャキのもやしに豚のうま味、甘辛のしょうゆ味が絡んでおいしい! ビールがイケる味です。 このまま食べてもおいしいですが、 私はこれにマヨネーズをかけます。 B級の極みって味ですが、これが良いんです。 そして、これに 削り節をたっぷりトッピングするのもおいしいです、身近な調味料、食材を組み合わせるのがおいしい。 ビールのつまみだけでなく、ご飯もモリモリいけます。 ご飯に合わせるのなら塩昆布を使ったアレンジもおすすめです。 基本のレシピのしょう油を小さじ1に減らし、 もやしと一緒に塩昆布8~12gを入れて炒めます。 塩昆布の塩気とうま味が効いて、めっちゃご飯がいけます。 もやし好きのあなたにおすすめのレシピです!.

次の

味付けは2パターン!もやし炒めのレシピとコツ:白ごはん.com

キャベツ もやし 炒め

油が熱くなってきたら厚揚げと唐辛子を加えます。 火加減は中火のまま、時おりフライパンを振りながら2分ほど炒めます。 キャベツをこの後にじっくり炒めたいので、一度お皿に取り出しておきます。 フライパンにサラダ油小さじ2を足し入れ、弱めの中火にかけてキャベツを入れます。 ここから 5~6分ほど時間をかけてじっくりキャベツに火を通します。 炒める途中に葉の部分に焼き色がついて火が通ってくるものがあるので、それらを箸でお皿に取り出しながら炒めます。 計5~6分炒める後半のほうには、厚みのある太い茎に近い部分が多く残ります(この部分を中途半端に炒めて仕上げると美味しくないので注意が必要です!) 太い茎の部分にもじっくり火を通し、そこも甘くて美味しい!というくらいの炒め加減を目指します。 茎に火が通ればすべてを戻し入れます。 合わせておいた味噌だれを入れ、全体を混ぜ合わせます。 1分くらいあおるように炒め合わせれば完成です(味噌を控えめに入れた場合などは味見をして塩で味調整を!)•

次の