早急 迅速。 「迅速な対応」の意味・使い方・読み方・類語|メール/上司

「早急」の読み方・意味と使い方・例文・「至急」「性急」「大急ぎ」との違いは?現役記者がサクッと解説!

早急 迅速

2.「早速のご対応」をメールで使うのは失礼? 「早速のご対応」という表現をメールで使っても失礼には当たらないのでしょうか? 結論を述べると、 メールで使っても失礼には当たりませんので、安心して使いましょう。 「早速のご対応」が失礼に当たらないのは、感謝の意味が込められているからです。 「早速の対応」だと語が使われていないので失礼にあたってしまいますが、「ご対応」と丁寧語が使用されているので、メールで使用する上でも失礼にあたるということはありません。 また、 上司のような目上の人に使っても失礼当たることはありません。 たとえば、社内で上司に何かを依頼したときにメールの文頭で使用するという場合が考えられるでしょう。 また、初対面の人にも使える表現なので、同僚や部下であってもまだ知り合って間もない時にはメールで「早速のご対応」を使っても不自然ではありません。 次からは、「早速のご対応」の具体的な使い方と例文について見ていきましょう。• 以上の3つの類語・言い換え表現について、順番に解説していきます。 「速い」と「早い」は読み方は同じであるものの、意味が異なっていることに注意しましょう。 「早い」の場合は、ある時点を基準にした時に、それよりも時間的に前の時点にあることを意味しています。 、夜の8時に集合なのに7時に到着すれば「早い」と言えますし、平均初婚年齢が30歳の時代に20代前半で結婚すれば「早い」と言えます。 その一方で、「速い」とは物理的な速度を表しています。 例えば車の速度は時速40kmよりも時速60kmの方が「速い」と言えますし、キーボードで1分間200語打てる人は100語打てる人よりもタイピングの速度が「速い」と言えます。 そのため「迅速なご対応」とは物理的な速度が速いと言うニュアンスが込められており、 こちらの依頼や要望に対する対応の速度がきわめて速い場合に使われる言葉だと言えるでしょう。 たとえば納期が1週間後であるにもかかわらず2日後に納品してくれたのなら、「迅速なご対応」と使っても違和感はないでしょう。 「早々」とは、 ある状態が成立した直後に、といったニュアンスがあります。 「早々」を使った例文としては以下のようなものが考えられます。 生まれて 早々に言葉を喋れるようになった。 就職して 早々、新卒で入った会社を辞めてしまった。 結婚して 早々に子供が生まれた。 「早々のご対応」を使うときも、こちらの依頼や要望などの直後に相手方が対応してくれた場合などに使うと違和感がありません。 ただし、どのようなタイミングであれば「直後」であると言えるのかは仕事の種類によります。 メールでファイルを添付するなど、即日対応可能な仕事もあれば、1ヶ月くらいかかってしまう仕事もあります。 自分が依頼した仕事の種類に応じて使い分けるようにしましょう。 そのため、 どのような場面で使ったとしても違和感のない無難な表現であると言えます。 「素早い」とは文字通り速いという意味ですが、「迅速」ほどには速いというニュアンスはありません。 また、「素早い」は「早々」のように、仕事を依頼した直後に対応してもらった場合のような、依頼から対応までの時間的間隔を表すニュアンスもありません。 そのため、どの表現を使うか迷ったら「早速のご対応」か「素早いご対応」が無難であると言えます。 5.「早速のご対応」の間違った使い方 「早速のご対応」はそれほど難しい表現ではありませんが、間違った使い方もあるので注意しましょう。 「早速のご対応」を自分なりにして使っているうちに、思わず相手に対して失礼な使い方をしてしまっているかもしれません。 ここでは「早速のご対応」の間違いやすい使い方について解説します。• 注意点1. 「早速の対応」は間違い 「早速のご対応」は、こちらの依頼や要望に対して対応してくれた相手方に感謝の気持ちを伝える表現なので、 丁寧語であることが必要です。 そのため、「早速のご対応」の「ご」を抜いて「早速の対応」としてしまったら、相手方に対して失礼な表現となってしまうので注意しましょう。 ただし、いかなる場合にも絶対に使ってはいけないわけではなく、使う場面にもよります。 例えば上司が部下に対して「早速の対応、感謝します」と使うのであれば問題ないでしょう。 注意点2. 「早速のご対応いただき」は間違い 「早速のご対応いただき」と書いてしまいがちですが、 この表現は日本語として不自然になってしまいます。 「早速のご対応」は「早速」と「ご対応」を「の」で繋いでいることから、「ご対応」が名詞的に使われていることがわかります。 そのため「ご対応いただき」ではなく、「ご対応をしていただき」と、「対応」のあとに助詞の「を」を入れないと不自然な日本語になってしまいます。 正しい使い方に変えるとしたら、「早速の」が「する」の変化形「して」を修飾することになるので、「していただき」に続けても不自然にならないようにしなければなりません。 その場合は、「早速、ご対応をしていただき」か「迅速にご対応をしていただき」と表現すれば不自然にならないでしょう。 6.「早速のご対応」の英語表現 「早速のご対応」の英語表現は、「早速」をどの英単語を使うかによって変わります。 「早速」は英語だと 「quick」「speedy」「immediately」「now」「instantly」など多様な表現があります。 また、「I 〜」で始めるか「Thank you for」で始めるかでも変わってきます。 以下では「早速のご対応、感謝いたします」の英語表現の4つのバリエーションをご紹介します。 I your swift reply. Thank you for your quick response. Thank you very much for your quick response. I am grateful for your speedy handling. どの表現を使うか迷ったら、 もっとも無難な「Thank you for your quick response」を使うといいでしょう。 まとめ 「早速のご対応」はこちらの依頼や要望に対して対応してくれた相手方に感謝の気持ちを伝える表現です。 メールで使っても上司に使っても決して失礼な表現ではありません。 ただし、意味としては難しくないものの、使い方には注意しましょう。 特に「早速のご対応」を自分でアレンジして使うときは、ニュアンスの違いによく注意する必要があります。 どのような表現を使うか迷ったら、「早速のご対応」か「素早いご対応」を使うのが無難ですので、不安な時はこのような表現を使って見てください。

次の

「早々に」の読み方、意味、上司への使い方!類語や英語も紹介!

早急 迅速

「早急」とは? 「早急 さっきゅう・そうきゅう 」とは、 「とても急ぐこと 非常に急ぐこと ・至急」を意味する言葉です。 「早急」の元々の正しい読み方は慣用音の 「さっきゅう」でしたが、現在では 「そうきゅう」と読んでも間違いではありません。 例えば、 「早急に法整備をする必要があります」や 「早急にこの仕事を片付けます」といった例文で使用可能です。 「迅速」とは? 「迅速 じんそく 」とは、 「行動・動作の速度 スピード が極めて速いこと」や 「物事の進捗具合が早いこと」を意味しています。 「迅速」にも 「早急」と同じく 「急ぐ」のニュアンスもある程度はありますが、 「迅速」という言葉は 「行動・対応が速やかであるさま、行動のスピードが速いこと」に意味の重点があります。 例えば、 「迅速なご対応をありがとうございます」や 「迅速に職務をこなしました」などの文章で使えます。 「早急」と「迅速」の違い! 「早急」と 「迅速」の違いを、分かりやすく解説します。 「早急」に対して 「迅速」は、 「ある物事を行う行動のスピードが速いこと」や 「ある物事を非常に速やか スピーディー に行うこと」に意味の重点があるという違いを指摘できます。 「早急に対応します」という文章は 「至急対応する・非常に急いで対応する」を意味していますが、 「迅速に対応します」という文章は 「素早く対応する・スピードを上げて対応する」の意味のニュアンスがある違いがあるのです。 まとめ 「早急」と 「迅速」の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「早急」というのは、 「とても急ぐこと・至急」を意味する言葉です。 「迅速」という表現は、 「行動や動作が極めて速いこと・物事の進捗が早いこと」を意味しています。 「早急」と 「迅速」の違いを詳しく調べたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

次の

「迅速な対応」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

早急 迅速

Contents• 早い対応のお礼を敬語で表すと? 「早い対応」を丁寧な表現にする場合はどうしたら良いでしょうか。 いくつか似たような表現の仕方がありますが、 「早速のご対応」「早々のご対応」「迅速なご対応」といった言葉を使うのが良いでしょう。 また、最後の迅速の場合には「ご迅速な対応」というように、尊敬語である「ご」を迅速に付けた形の言い方をすることもできます。 相手に応じて適切な言葉を選び、相応しい使い方をする必要がありますので、 きちんと意味や用途を知った上で使えるようにしましょう。 早速と早々と迅速の違いは? 3つの例を出しましたが、 どれも似ていて何が違うのかよく分からないという方も多いと思います。 どの言葉も「早い」「素早い」という意味になりますが、用い方には少しづつ違いがあります。 早々 目上の方に使うのは失礼ですので、 上司や先輩社員、取引相手に対してはあまり使わない方が良いでしょう。 新年早々、ありがとうございました。 早々にご連絡頂きまして感謝申し上げます。 迅速と早速 使い方の注意点 失礼のないようにしたい場合は「迅速」か「早速」を用いれば良いということが分かりましたが、ここで、注意点を示したいと思います。 「迅速なご対応をして頂き、ありがとうございました」というように 「ご~」と「~頂き」は一緒に使うことが出来ません。 「ご~」は「迅速」か「対応」のどちらかにかしか付けることが出来ませんので気をつけましょう。 これは一つ目の「早速」にも同じように当てはまります。

次の