ご丁寧なご対応 ビジネス。 「ご丁寧にありがとうございます」は嫌味?正しいビジネスメールなら…

【テンプレート】お願いするビジネス文書・依頼文を書くときの3つのポイント

ご丁寧なご対応 ビジネス

「ご対応」の正しい使い方 「ご対応」という表現は 、「対応」に「ご」をつけた尊敬語で、相手にこちらの事情や状況をお汲みとって対応していただきたい時や、対応していただいた時に使います。 相手の行動を左右する言葉ですから、尊敬の念をもって丁寧な表現を使うようにしましょう。 例えば、相手から誠意ある対応を受けた心遣いに対して感謝の思いをあらわす場合、「迅速なご対応をいただきありがとうございました」という使い方をします。 使うタイミング 「ご対応」を使うシーンには、これから対応していただきたい旨をあらわすシーンと、これまで対応していただいたことへの感謝の言葉をあらわすシーンがあります。 どちらの場合も使うタイミングを逃さないようにしたいものです。 とくに感謝の言葉をあらわすさいには、 伝える機会を逃してしまったら、相手に伝わらない、理解されないことがありますので、できるだけ早く伝えるようにしましょう。 たとえ短い言葉や文章でも、早く伝えることによって相手に好印象を与えます。 「ご対応」の言い換え表現 「ご対応」の言い換え表現は「ご説明」「ご案内」「ご配慮」などがあります。 対応してもらった内容によって適切な表現に変えるとよいでしょう。 ご対応を正しく使い円滑な関係を築くコツ 「迅速なご対応ありがとうございました」というフレーズは、質問やクレームなどに対して素早く誠意ある対応をしてくれた相手に、感謝の気持ちを丁寧な言葉で表現したいときに使います。 このように感謝の気持ちを言葉にして丁寧に伝えないしっかりと感謝の気持ちを伝えることで、こちらの印象も良くなり、相手の対応も変わってくることがあります。 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」というフレーズは、こちらが期待していた通り、あるいはそれ以上の適切な対応をしてくれたときに、感謝の気持ちを「迅速なご対応ありがとうございました」と同じようなフレーズで表現しています。 このような似た言い回しをいくつか覚えておくと、言葉のバリエーションも広がりますね。 迅速な対応の「迅速」と「最速」や「急速」との違い 「迅速」と「最速」や「急速」は少し違った意味になります。 「迅速」は物事の進行が速いことをさしています。 それに対して「最速」は対象となるものの中で最も速いことです。 また、「急速」は物事の起こり方が進む速度が非常に速いことを示しています。 一見、似ている言葉ですが使用する場面も変わってくるため使い分けに注意しましょう。 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」を使う場面 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」は、ビジネスシーンで使用頻度が高いフレーズのひとつです。 それだけ私たちはビジネスを通じて人と関わる機会が多いということでしょう。 その中には、自分一人で完結する仕事ばかりではなく、急な飛び込みの仕事や客先からの緊急クレームの対応など、同僚や上司、取引先の力を借りないと出来ないこともあると思います。 そのような時、かわりに素早い対応してくれた相手に、「迅速なご対応をいただきありがとうございました」という丁寧な言葉で感謝の思いを伝えることは、協力してくれた相手とのより強い信頼関係を築いていくうえでとても大切なことです。 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」を使う場面 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」も、こちらが手に負えない難しい仕事を適切に対応してくれた相手に使うフレーズです。 同じ言葉のかけ方ひとつで相手の対応だけでなく、品格や信頼も上がっていきます。 相手の対応に対して、こちらも丁寧な敬語で応えることは、私たちビジネスパーソンにとって基本的なマナーとして覚えておきましょう。 今回は、急を要する案件でしたが 貴社のご支援なしでは、進めることができなかったかと存じます。 今後も、何かとお世話になることと存じますが、 何卒よろしくお願い申し上げます。 心よりお礼を申し上げます。 何かとご面倒をおかけすることもあるかと思いますが 今後ともご指導、ご助言をいただきますよう よろしくお願い申し上げます。 丁寧な対応とご丁寧な対応の違い 丁寧な対応とご丁寧な対応の意味は基本的に変わりません。 使用する場面にも差はありません。 しかし、ご丁寧な対応の方が丁寧な対応よりも相手を更に敬った表現になっています。 目上の人に使用する際はご丁寧な対応を使用した方がよいでしょう。

次の

懇切丁寧とはどういう意味?使い方と懇切丁寧な対応をするための9個のポイント

ご丁寧なご対応 ビジネス

前者は適当、後者は不適です。 見出しの「ご丁寧なご対応」も適当です。 「ご丁寧」は形容動詞の語幹「丁寧」に「ご」を付けた尊敬語、「ご対応」は名詞(あるいはサ変 動詞の語幹)「対応」に「ご」をつけた尊敬語、です。 この場合の「ご」は丁寧語ではないのでご注意ください。 ) よって、両方を敬語にした「ご丁寧なご対応」は、間違った言い方ではありません。 いわゆる二重 敬語でもありません。 二重敬語とは一語に二つ以上の同種の敬語を使った言い方で、一般に 誤った敬語使用法とされていますが、「ご丁寧なご対応」は「丁寧」「対応」という別の二語を それぞれ尊敬語にしているので二重敬語ではないのです。 また、一般に(理論ではなく慣用として)、敬語が連結する場合、前者を省き後者(文末の敬語表現) を残すことは可能とされています。 よって、「丁寧なご対応」は可です。 それに対し、前者を残し後者(文末の敬語表現)を省いた「ご丁寧な対応」は不適切であるとされています。 結局ご質問のような場合、「ご丁寧なご対応」はくどい感じがするので、改まった場面や書き言葉 以外は、「丁寧なご対応」でよいと考えます。 東京に30年ほど住んでいましたが、 そこでは「帰る」ときに「じゃあ行こうか」などと言うこともあったと記憶します。 ただ、東京では福島 ほどこの言い方を聞かなかったので、方言ではないが、地域によって使用差がある言い方と言えそう です。 西日本ではどうなのか、ぜひ聞きたいものです。

次の

「ご対応ください」よりも丁寧な言い換え敬語・メール例文

ご丁寧なご対応 ビジネス

上記したことではありますが、日本語は遠回しに、遠慮がちに言うことが美徳である、という風潮があります。 「忙しいものは忙しいんだから仕方ないじゃないか」と思う部分もありますが、ビジネスシーンでは自分と同じ感性の人ばかりではありません。 年齢層も大きな幅があります。 こういった些細なことでも気にする人は多くいらっしゃいますので、忙しい状況を表現する場合の「忙しいのでー」は失礼な印象を与えてしまいます。 多少面倒に感じてしまうこともありますが、しっかりと「立て込んでいる」といった言葉を使いましょう。 日常的にな会話で「バタバタしていてー」等をアルバイトの時に使っている人たちもこれから社会人として生活していくならば、こういった遠まわしに言うことで避けられるトラブルを考えて、今後のためにもこの言葉を覚えておきましょう。 ・この企画は専務の肝いりだから、必ず成功させよう。 ・梃入れのために、本社からやり手の社員が配属されてきた。 ・今月はニッパチだけど、目標達成が見込めそうだ。 ・ローンチした新サービスが、上々の滑り出しだ。 ここ一番の決めセリフに使える言葉から、相手を唸らせる気のきいた言葉、 今さら人に聞けないカタカナ語や経済用語まで、 その意味と用法をわかりやすく解説! ビジネスシーンで使うと効果的な ことわざや慣用句、四字熟語も収録。 語彙力を磨きたい、ビジネスパーソンの必携書!

次の