キャンピングカーショー。 【東京キャンピングカーショー2019】東京ビッグサイトに180台以上が集結 7月20

北海道キャンピングカー&アウトドアショー2020

キャンピングカーショー

主催者からのメッセージ 新型コロナウイルスの広がりを受け、 開催の是非を話し合う中、私達にできることは何か、 考えてまいりました。 私達がいままでしてきたこと、これからもできることは、 「キャンピングカーを通して、多くの人々に夢を与えること」です。 私達の活動が、大変な状況に置かれている人々の希望や、 生きる活力になったならこれほど嬉しいことはありません。 しかしながら、この一ヶ月は、情勢の変化によっては いつでも中止する覚悟、人命第一で準備を進めてまいりました。 3月18日の北海道知事の記者会見にて、 19日からの緊急事態宣言解除の発表がありました。 「北海道は危機克服に向けた新たなステージに移行した」 「リスクを減らして、全体として、社会経済活動も回しながら、 感染拡大の防止の徹底を図っていく」の方針を受けて、 私達にできるあらゆる対策をしながら、開催を決定致しました。 まだまだ油断できる状況ではありません。 特にご年配の方や疾患がある方は、 ご無理なさらぬようお願い致します。 会場入口にて熱のある方は入場をお断り致します。 広い会場にて換気を徹底するため、 外と同じくらい寒いかもしれません。 また人命第一なのは変わりません。 情勢の変化により会期中であっても中止する 可能性がありますことをご了承ください。 どんな長い冬にも、春は必ず訪れます。 キャンピングカーに希望を乗せて。 -すべてのキャンピングカーを愛する皆さまへ。 北海道キャンピングカーフェスティバルを楽しみにしている皆さまへ 現状でできる最大限の準備を進めておりますが、情勢により急遽イベント中止の場合がございます。 新型コロナウイルスを含む感染症の予防及び拡散防止の対策• 入口にてサーモグラフィ体温測定にて、お客様の体温を確認させていただきます。 検温の結果、発熱が確認された場合、入場をお断りさせていただきます。 会場内にアルコール消毒液を設置いたしますのでご使用ください。 ご来場の際には、マスクの着用などをお願いいたします。 イベント関係者がマスク着用にて対応する場合がございますのでご了承ください。 定期的に会場内の換気をいたします。 暖かい服装でお越しください。 ご自身の体調に不安のある方は、くれぐれも無理をなさらないようお願いいたします。 ご来場いただきます皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

次の

さいたまキャンピングカー商談会

キャンピングカーショー

300台以上もの新型&定番キャンピングカーが勢ぞろい! 「ジャパンキャンピングカーショー」と言えば国内最大級の規模を誇る一大イベント。 今年は1月31日(金)~2月2日(日)の3日間、千葉県・幕張メッセの国際展示場にて開催。 67社・336台ものキャンピングカーが展示される予定です。 さらに、今年は展示ホールが第1〜第4と過去最大の展示面積となっています! 今年はキャンピングカーでの遊びや趣味を提案した体験型エリアを第4ホールに新設し、「宙(そら)キャンプゾーン」や「スノーフィールドゾーン」、「フィッシングゾーン」、「マリンライフゾーン」、「アウトサイドライフゾーン」 と5つのゾーンで構成。 キャンピングカーライフが分かりやすく紹介されています。 いろんな車両に実際に触れて楽しめる! 「ジャパンキャンピングカーショー」の見どころは、全国のキャンピングカービルダーが最新モデルを多く初出展すること。 今年のキャンピングカーの流行はもちろん、最新パーツや関連グッズなどもいろいろとチェックできるのです。 ドイツの老舗ハイマーのシドニーは高級さとアクティブさを兼ね揃えた日本でも使いやすい1台。 2月10日発売のBE-PALでは最新のキャンピングカーもたくさん登場します。 今年も100万円台の軽キャンパーから2000万円以上するの高級モーターホームまで、多彩なキャンピングカーが堪能できるはず。 会場はペットも同伴可能なほか、ソロキャンプYoutube動画で人気の芸人「ヒロシ」さんと 野外料理研究家「ベアーズ島田キャンプ」さんのキャンプトークショーを開催。 ほかにも、1月31日には女優・福原遥さんが受賞する第8回「キャンピングカーアワード」のトークショーをはじめ、キャンピングカーの魅力をPRする「キャンピングカーアンバサダー」に就任した女優の田中美奈子さん・俳優の岡田太郎さん夫妻のトークショーもあります。 ぜひ会場に足を運んで、いろいろなキャンピングカーに触れてみてはいかがでしょうか?

次の

北海道キャンピングカー&アウトドアショー2020

キャンピングカーショー

・キャブコン ・バンコン ・バスコン です! youtube【キャンピングカーTV】で200台以上のキャンピングカーを取材してきた、 私Tackleが絶対に見るべきキャンピングカーを紹介します。 王道のキャブコン みなさんがイメージする、ザ・キャンピングカーです。 運転席部分(キャブ)を残して、後ろを改造(コンバージョン)したものになります。 ベースはトラック(トヨタのカムロードやマツダのボンゴ)、もしくはハイエースの天井をカットして居住部分を取り付けたものもあります。 オプションつけたり、なんだかんだで700万円〜800万円が乗り出し価格になります。 ナッツRVというメーカーで製作されています。 良さは何と言ってもコスパの高さ!700万円ちょっとで、結構充実した装備(ソーラーパネル等)をつけられます。 ナッツRVさんのHPはこちらから 普段使いもできるバンコン キャブコンより値段が控えめなものが多く、その取り回しの良さから普段使いもできるバンコン。 ベース車は、そのほとんどがハイエース(レジアスエース )、もしくは日産キャラバンです。 定年退職した後にバスコンで北海道一周なんて、人生に夢があります。 どのメーカーもここに標準を合わせているので、 キャンピングカーに興味のある人、 最近はやってるみたいだから見に行ってみたい! どんな方も楽しめるショーになっていますので、気軽に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

次の