津軽 海峡 冬 景色。 Song “津軽海峡・冬景色”

【アカペラ楽譜】津軽海峡・冬景色(石川さゆり)〔アカペラ6声〕

津軽 海峡 冬 景色

しかし 石川さゆり「 津軽海峡・冬景色」は40年前の作品であるにも関わらず、今でも誰もが知る名曲。 一度聴けば誰の耳にも残ってしまうこのインパクトは、一体どこからくるのでしょう? そこには作詞・作編曲ともに 「聴く人を津軽海峡へ連れて行く」ある仕掛けがあったのです。 爆発力のあるイントロ この曲の大きな特徴の一つが、 インパクト大のイントロ。 まるでベートーベンの「運命」のような「ダ・ダ・ダ・ダーン」という始まり方です。 作編曲した三木たかし氏は、冬の津軽海峡の厳しい寒さ・海の荒さをイメージしてこの部分を作ったそう。 これを歌っている石川さゆり自身も、はじめて聴いたとき「何だこの曲は」と衝撃を受けたと語っています。 実はこの部分、 歌のメロディーよりも先にできたそうです。 これがベースとなりその後のメロディーが作られていったことを考えると、イントロはこの曲の核と言っても良いのではないでしょうか。 この1フレーズだけで、荒波の打ち寄せる冬の崖に、ぽつんとひとり佇んでいるような気分にさせます。 聴衆をワープさせる歌詞 ヒット曲の法則の一つに、「 つかみで印象強い動詞が使われていること」というものがあります。 昭和歌謡会の巨人と言われる阿久悠氏によって作詞されたこの曲も、まさにその方程式があてはまっています。 上野発の夜行列車降りた時から 青森駅は雪の中 想像してみてください。 上野を発車した次の行ではもう、しんしんと雪の降り積もる田舎の駅。 動詞は「降りた」だけですが、「上野発」「夜行列車」「雪の中」という、全て「動き」のある言葉が使われています。 つかみは、その歌詞の世界にワープできるかどうかが懸かっている重要な部分です。 より深く感情移入して聴いてもらうためには、ワープ力の強いつかみは欠かせません。 しかし普段人が感情を伝えたい・わかってほしいと強く思う時、多くはその感情表現に力を注ぎます。 自分はこんなに悲しいのだ、寂しいのだ、好きなのだと。 しかしそんな感情は世界中にありふれているし、だいいちその「独りよがり」を言葉で言ってしまうのは非常にナンセンスなのです。 では、「津軽海峡・冬景色」の感情表現はどうなっているでしょうか。 凍えそうな鴎見つめ 泣いていました 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに 「悲しい」「苦しい」「辛い」など、主人公の感情を直接示す言葉は、一つも入っていません。 唯一ある「泣く」という言葉も、「鴎見つめ」泣くという間接的な表現になっています。 それ以外では感情はおろか「誰も無口」で、海鳴り以外の音さえ発していません。 それなのに、まるで鮮やかに、激しく岸壁に打ちつける波と、その波のように冷たい悲しみに身を投じる女が見えてくるような気にさせます。 「感情移入できること」は、良い歌詞の大きな一つの条件です。 しかし、感情を語れば感情が伝わるのではありません。 ありふれた自己満足の感情表現より、たった一人の誰かの心にワープできる物語の方が、なぜだか人々の心に響いてしまうのではないでしょうか。 そんな考え抜かれた歌詞が、あの爆発力のあるイントロに続いてやってくるのですから、「ワープ」させられるのも無理ありません。 この作詞・作曲ともに素晴らしい「つかみ」の表現してくれた曲ですが、先にできたのは歌詞の方。 しかし、仮に歌詞だけ読んでも、メロディーだけ聴いても、もはや「津軽海峡・冬景色」でしかないような気がします。 これも 阿久悠氏が作り上げた歌詞の世界観を三木たかし氏が広げた結果だと言えるでしょう。 そしてもちろん、歌うのは歌唱力・表現力抜群の石川さゆり。 当時まだ19才だったにもかかわらず見事に演じ切った結果の、長年愛される名曲につながったのです。 「津軽海峡・冬景色」もう一つの意味 リリースから40年の時を経て、石川さゆり「津軽海峡・冬景色」は、当初とは少し違う新たな意味を持ち始めています。 それは「 年の瀬」。 紅白歌合戦ではこの曲かもう一つの代表曲「天城越え」を歌うことが多いため、この曲を聴くと、 ああ今年ももう終わるなあと壮大な日曜日のサザエさんを観るような気分になる方もいるのではないでしょうか。 この曲がヒットし、さらに誰にも愛される演歌として歌い継がれているその仕掛けは「 つかみ」。 今年を振り返って聴くのもよいですが、ぜひぐっと「つかま」れてそのまま雪の青森駅に降り立ってみるのもよいのではないでしょうか。 TEXT:サニー.

次の

津軽海峡冬景色

津軽 海峡 冬 景色

日本列島近海の 1. 黒潮続流 3. 黒潮再循環流 4. 動植物のの一つであるが津軽海峡に設定されている。 最終(約7万年~1万年前)の海面低下は最大で約130mであり、最大水深でも70mほどであるは完全に陸続きになった。 これに対し、最も浅い所でも140mの水深がある津軽海峡は、中央に大河のような水路部が残った。 両岸の生物相が異なる結果となった。 約3万3千年前から2万8千年前の最も寒冷だった時期には、などの大型哺乳類が本州に入った。 当時、冬の津軽海峡は凍結したらしい。 それらの種は温暖になってから本州からも北海道からも姿を消した。 津軽海峡中央部の海底には峡谷のような地形が東西に伸びているが、これはこの時期に水路部を流れた潮流が海底を削ったためと考えられている。 また海峡の日本海側はであるの分岐点であり、津軽海峡内には西から東へ流れるが存在する。 この津軽暖流は海峡の太平洋側にてと合流する。 交通 [ ]。 海の向こうに北海道がはっきり見える 鉄道 [ ] 最も幅が狭いのは海峡東側、のとのの間で、約18. 7kmある。 これに対し西側のと間は19. 5kmとやや長いが、水深が約140mと浅くなっていることもあり、鉄道専用のが(63年)に開通。 当初は専用のであったが、(28年)からはこの日開業したも通っている。 (63年)までは鉄道連絡船「」が運航された。 書類上の陸上交通路や構想 [ ] 道路トンネルや道路橋はないが、書類上は、、が海峡を横断している。 古くから構想が議論されているが、技術的にも資金的にも課題が多い。 海底道路トンネルに関してはがある。 海上交通 [ ] との間()、及び函館港との間()に航路が開設されており、旅客船・貨客船・貨物船・などが運航されてきた。 (22年)現在、函館港と青森港の間にと栗林商船グループの共栄運輸と日本通運グループの北日本海運が共同運航するの3社2ブランドが1日あたりフェリーを17~18往復、函館港と大間港の間に津軽海峡フェリーが1日あたり2~3往復運行している。 かつてはとを結ぶ三福航路(「三」は旧(現・外ヶ浜町)、「福」は福島町)もあったが、(10年)以来休航が続いている。 また青森市とを結ぶも存在した。 軍事 [ ] 軍事上の要衝でありのひとつに数えられる。 終戦まで海峡の海上閉鎖を目的としたがあり、各砲台への軍事物資や兵員輸送目的の鉄道建設が行われている(北海道側の、青森県側の)。 要塞地帯指定に基づいた保持で地域住民生活への制限がかけられた。 太平洋戦争中には米軍が空母艦載機を使ったを行っている()。 に基づくの幅が通常の12(約22. 2km)から3海里(5. 556km)にとどめられたの一つであり 、公海部分はを搭載した外国のを含め自由に通過することができる。 これについて、日本政府は「重要海峡での自由通航促進のため」と説明しているが、複数の元が、の「持ち込ませず」の原則を堅持しつつ、を積んだのを通すため だったと証言している。 同海峡のは・が中心であるが、とのが後ろに控えている。 警備 [ ] は同海峡の中心線を境界に北海道側が・、側が同の管轄となっている。 横断泳 [ ] 津軽は世界オープンウォーター協会が提唱する世界七大海峡()横断泳の一つに数えられる。 最初の挑戦者は福島町出身で当時国士舘大学三年生であった。 (41年)夏、途中で船につかまって休憩したが横断に成功した。 中島は後に世界の21海峡を泳破して遠泳への認識を世間に広げた。 女性初の単独横断者は青森市出身のピアノ教師。 (6年)、(現・)のから出発し、12時間28分かけて福島町松浦に到着した。 1990年7月に米国のDavid Yudovinも米国のSteven Munatonesも単独で横断した。 (20年)からは「」のチャレンジ(2008年はゴール前で断念)で、(平成21年)は「24時間テレビ」のチャレンジとは別の2グループも海峡横断にチャレンジした。 (平成24年)からにかけて、アイルランド人の(: )が青森県中泊町の権現崎から北海道の白神岬付近まで泳いで渡った。 この成功により、レッドモンドは世界七大海峡をすべて泳いで渡った世界初の人間となった。 7つの海峡のうち、ハワイの海峡とニュージーランドのの横断は2回目に成功したが、津軽海峡の横断は4回目の挑戦でようやく成功したという。 レッドモンドは読売新聞の取材に「津軽海峡は流れが速くて最も過酷だった」と語った。 (平成28年)朝から15時半頃にかけては、当時73歳、在住の男性が、青森県の権現崎から北海道の海岸(直線距離は約30km。 実際に泳ぐ距離は潮流の影響で45km前後になるといわれている)まで泳ぎ、最年長の横断者となった。 津軽海峡を題材にした作品 [ ]• 『』(歌:、作詞:、作曲:)• 『』(歌:、作詞・作曲:)• 『津軽海峡・大間崎』(歌:、作詞:、作曲:)• 『津軽海峡冬元気』(歌:、作詞: 作曲: 編曲:)• 『』(歌:()、作詞:、作曲:) 注釈 [ ]• 2013年11月5日. の2017年6月20日時点におけるアーカイブ。 2017年6月20日閲覧。 2017年6月20日閲覧。 『世界史の中の縄文文化』、雄山閣出版、1987年、90-91頁。 とはどちらも津軽海峡の海上区間を含んでおらず、またこれらの起終点もフェリー乗り場などの港湾に到達していない。 2009年6月21日. の2009年6月28日時点におけるアーカイブ。 2017年6月21日閲覧。 『昭和スポーツ列伝』文藝春秋、〈文春文庫 ビジュアル版〉、1992年7月10日、168頁。 2012年6月10日閲覧。 [ ] 読売新聞 2012年7月18日閲覧• 産経新聞. 2016年9月7日. 2017年6月21日閲覧。 日本経済新聞 2016年9月7日 2020年3月1日閲覧 関連項目 [ ]• の他の海峡 - 、、、• 元はの。 艦名は本海峡に因む。 外部リンク [ ]• (英語)• (英語).

次の

2020年 津軽海峡冬景色歌謡碑へ行く前に!見どころをチェック

津軽 海峡 冬 景色

概要 [ ] 元々1976年11月に発売された石川のコンセプトアルバム『 ()』の1曲だった。 少女が大人の女へと成長していく1年間を12曲で描いた同アルバムの最後を飾る12月の曲として制作された。 タイトルが先に決まっており、が作曲したメロディにが作詞をした。 その際に阿久側から「津軽海峡冬景色」のフレーズで終わるように要望があった。 歌詞の内容は、を発って最北端のにたどり着き、をこえてに渡る人々を描いたである。 の以降、ととの間の移動は、従前の国鉄()との乗り継ぎから、の時代に次第に移行していく。 にはとの間にジェット機()の運航が始まり、以後は青函連絡船の利用が減少傾向に転じるなど、ととの間の移動の障壁の象徴であるは次第に存在感を失っていくことになる。 この曲は当時、東京都にとって(や)への玄関口であったからに乗り、雪が降る・で降りて、黙ったままを渡って本州から津軽海峡を隔てた・に向かう青函連絡船へと乗り継いで行く人々の描写がある。 すなわち、北海道に縁がある人々の移動を表現したものである。 歌詞には青森県の風景が織り込まれているが、青森県民の日常的行為ではない。 発売当時、と北海道との間の交通手段は(やの他に)、青函連絡船を介したの列車があった。 この頃は経由の「」、経由「」などの夜行列車があり、青函連絡船への接続を前提に多数運転されていた。 歌詞はの回想までで、青函連絡船上の津軽海峡で北海道に帰る女性の心情を吐露させて終わる。 この曲は三木が作曲だけでなく、編曲も手掛けている。 イントロのテナーサックス演奏は佐野正明。 歌のタイトルの「津軽海峡」の後に中黒(「・」)を入れた理由を阿久自身は覚えておらず、後には「津軽海峡冬景色」という一つの象徴語なので、中黒は不要だと考えるようになったという。 雪の()• 累計売上は。 青森商工会議所の関係者が「あの歌のおかげで青森は暗いというイメージができて困る」と作詞者の阿久に苦言を呈したことがある。 本曲が歌われた当時は、上野発青森行きの夜行列車は「」、「」、「」、「」、「」、「」などが存在したが、2014年3月15日の「あけぼの」の定期運転終了をもって全廃となった。 そして2015年3月14日ダイヤ改正をもって上野・札幌間の「」の定期運転が終了し、同年8月22日札幌発をもって臨時列車としても廃止。 最後の上野・札幌間の夜行列車となった「」も2016年3月20日札幌発をもって運転終了となった。 また、翌日21日には青森・札幌間、いわゆるを通過する最終夜行列車かつ最終在来線列車となった「」が始発駅ので発車メロディが鳴った数十秒後、この曲のインストゥルメンタルのみがフルコーラスで流れ、曲の最中に汽笛を鳴らしてへと走って行った。 にはの横、7月にはと、歌詞に登場するゆかりの地にそれぞれが建立されている。 チェーン・やでこの曲をリクエストすると石川本人も出演するPVの中で、青函連絡船現役時代の風景を一瞬であるが見ることができる。 の戦で、相手ピッチャーが降りる時にの「」と交互に流れる。 から放送の、主演ののCM「編」に、石川が喫茶店の店主役で出演、ジョーンズの前で青函連絡船の時代を懐古しながら、同曲をにて披露している。 収録曲 [ ]• 津軽海峡・冬景色 作詞:/作曲・編曲:• 野の花のように 作詞:阿久悠/作曲:三木たかし/編曲: NHK紅白歌合戦 [ ]• 石川は『』で、紅白初出場となった()をはじめ、()、()、()、()、()、()、()、()、()、()と11回歌唱している。 1993年、2007年、2011年、2017年と4回紅組トリで披露したが、紅組における同一曲でのトリ回数では、同じく石川が歌唱する「」と並んで史上最多記録である(白組を含めたものではの「」の5回に次ぐ歴代2位タイ)。 また同一曲11回歌唱というのは、「天城越え」の通算11回(・まで)と並んで歴代1位の歌唱回数である。 さらに2007年(第58回)以降の石川は、隔年で「天城越え」と交互に歌うようになっている。 上述にもあるが、2007年の『第58回NHK紅白歌合戦』では阿久の追悼として、石川が紅組トリで同曲を歌唱した(白組トリおよび大トリも同じく阿久が作詞の「」を、が歌った)。 また、2009年の『第60回NHK紅白歌合戦』でも三木を追悼し同曲を歌唱した。 にが実施した「」では、紅組39位にランクインされた(但し、同年の紅白歌合戦で石川が歌唱したのは「スキウタ」で紅組16位だった「天城越え」)。 カバー・トリビュート [ ]• にがカバー。 アルバム『おもいで酒』に収録。 にが()による『一片落葉』としてカバー。 アルバム『島國之情歌第六集』に収録。 にバンドネオン奏者、ホセ・リベルテーラがカバー。 (アルバム『タンゴ・ミーツ・ジャパン』)• にの蔡幸娟が日本語と(標準中国語)による『黄昏的海辺』としてカバー。 アルバム『夏威夷航路』に収録。 にの黃乙玲がによる『咱的一生咱的愛』としてカバー。 アルバム『紅的演歌1』に収録。 にの蔡小虎がによる『最痴情的人』としてカバー。 アルバム『虎之演歌・貳』に収録。 にはのゲーム『』のオフィシャルグッズとして、ネット通販限定で販売されたカバー曲CD『』にキャラクターの1人「萩原雪歩()」の曲として収録された(2007年発売の「」に再収録)。 に、がカバーした(アルバム『歌鬼2~阿久悠 vs. フォーク~』収録)。 に、(平和島静雄 役) がテレビアニメ『』DVD3巻完全生産限定版の付属CDでカバーした。 に、がカバーした(アルバム『』収録)。 こちらはアンジェラが出演するのCMでも歌われている。 2011年に、がカバーした(アルバム『』収録)。 映像ソフト化もされている。 に、がカバーした(シングル「」収録)。 脚注 [ ] [].

次の