加熱式 タバコ。 加熱式タバコと電子タバコの違い!

加熱式タバコと電子タバコの違い!

加熱式 タバコ

この記事の目次• 加熱式タバコの4種類 加熱式タバコとは電熱線でリキッドやカートリッジ、タバコの葉などを加熱することで、煙ではなく水蒸気を発生させて、それを楽しむものですね。 この加熱式タバコには、主に4つの種類があります。 加熱式タバコの種類を説明していきます。 タバコの葉を使ったもの 加熱式タバコの種類、1つ目はタバコの葉を使ったものです。 タバコの葉をペースト状にしてカートリッジに入れて、それを加熱して水蒸気を楽しむものですね。 現在の日本では、 IQOS(アイコス)やglo(グロー)、Ploom Tech(プルームテック)の3種類があります。 この種類の加熱式タバコは、タバコの葉を使っていますので、ニコチンを摂取することができます。 また、タールは大幅カット(約90%)されていますが、完全にカットすることはできないので、発がん性のある有害物質を吸い込むことには変わりありません。 リキッドタイプのもの 加熱式タバコの2種類目はリキッドタイプのものです。 リキッドを加熱式タバコの本体に注入して、それを加熱するタイプのものです。 フレーバーはタバコ系、フルーツ系、ドリンク系、スイーツ系、ミント系などいろいろなものが揃っています。 日本では薬事法によって規制されていますので、 日本で販売されているリキッドタイプのものにはニコチンは含まれていません。 海外で販売されているリキッドタイプのものには、ニコチンが含まれているものがあります。 個人使用目的での個人輸入で量などを守れば、ニコチン入りのリキッドを日本で使用することは可能です。 カートリッジタイプのもの(ニコチンなし) 加熱式タバコの3つ目の種類は、カートリッジタイプのものです。 これもニコチンなしのものになりますね。 吸い終わったら、カートリッジを交換するだけなので、 リキッドタイプのものよりもメンテナンスは簡単で、使いやすいことがメリットですね。 カートリッジタイプのものも、フレーバーはたくさんありますが、リキッドタイプのものよりはやや少なめになります。 使い捨てタイプのもの(ニコチンなし) 加熱式タバコの種類、4つ目は使い捨てタイプのものです。 これもニコチンは含まれていません。 使い捨てタイプのものは、フルーツ系のフレーバーが多く、 ビタミンやコエンザイムQ10などの健康・美容成分を摂取できる健康志向のものが多くなっています。 リキッドタイプやカートリッジアイプのものに比べると、やや割高になりますが、使い終わったらそのまま捨てられて、メンテナンスはいらないので、ズボラさん&面倒くさがり屋さんにはおすすめです。 互換機種の有無 加熱式タバコの選び方の2つ目は、互換機種の有無です。 IQOS、glo、Ploom Techはすべて、正規の本体があります。 でも、互換性機種が出ているものもあります。 IQOSのカートリッジに使える機種、Ploom Techのカートリッジを使える機種などですね。 互換性機種の方が、正規の本体よりも連続吸引ができたり、メンテナンスが楽だったり、おしゃれだったりするので、加熱式タバコに慣れてくると、正規の本体よりも互換性機種を選ぶ人も多いんです。 ちなみに、IQOSやプルームテックは互換機種が複数出ていますが、gloは2018年8月時点では互換機種は出ていないですね。 互換フレーバーの有無 加熱式タバコの3つ目の選び方は、互換フレーバーの有無です。 互換フレーバーとは、電子タバコのカートリッジが使えるかどうかですね。 タバコの葉を使った加熱式タバコのカートリッジも使えて、さらにニコチンなしの電子タバコのカートリッジも使えたら、お得な感じがするし、一石二鳥な気分になりますよね。 連続吸引ができるか 加熱式タバコの4つ目の選び方は、連続吸引ができるかどうかですね。 IQOSやgloは1本ごとに充電しなければいけませんが、プルームテックは1回の充電でカプセル5個は吸える計算になっています。 また、IQOSは互換機なら充電せずに連続で吸えるようになっているものもありますね。 デザイン 加熱式タバコの選び方、最後はデザインです。 本体や互換機それぞれ色々なデザイン・色がありますので、あなたの好みに合わせて選んでみると良いと思います。 おすすめの加熱式タバコのランキング12選 おすすめの加熱式タバコのランキングを第1位~第12位までご紹介します。 ご紹介する12個の中から選べば、あなたにピッタリ合う加熱式タバコの機種を選ぶことができるはずです。 価格は2018年8月時点でのAmazonでの価格になります。 電子タバコのランキングも見たい人は、関連記事を参考にしてくださいね。 関連記事 ・ 第1位 IQOS 出典: 価格 9170円 おすすめの加熱式タバコのランキング、第1位はIQOSです。 IQOSはフィリップモリス社が販売している加熱式タバコで、先ほどご紹介したようにフレーバーは9種類あります。 互換機種もたくさん登場していますが、やっぱり正規品が一番信頼性があるので、第1位にしました。 とりあえず、加熱式タバコデビューをしてみたいという人は、IQOSを選んでおけば、間違いないのではないでしょうか。 第2位 プルームテック 出典: 価格 3994円 おすすめの加熱式タバコランキング、第2位はプルームテックです。 プルームテックはJTが販売している加熱式タバコで、フレーバーは5種類(9月にもう1種類が発売予定)となっています。 フレーバーは少ないですが、互換機種が多いこと、またニコチンなしの互換カートリッジも販売されていること、さらに正規品という安心感から第2位にランクインしました。 第3位 glo 出典: 価格 3388円 おすすめの加熱式タバコランキング、第3位はgloです。 gloはブリティッシュアメリカンが販売している加熱式タバコになります。 IQOSやプルームテックに比べると、フレーバーの種類は15種類と非常に多いのです。 でも、互換機種がないこと、さらに本体のデザインはカッコいいのですが、一体型になっていて、ボックスを持って吸うような感じになるので、「タバコを吸っている気分にならない」という口コミが多いので、第3位にランクインしました。 第4位 VAPESOON 出典: 価格 4850円 おすすめの加熱式タバコランキング、第4位はVAPESOONです。 VAPESOONはIQOSの互換機で、小型設計ながら連続25本を吸引できるという優れものです。 IQOSは1本吸うごとに充電が必要なのですが、この互換機なら1日充電せずに使えるので、便利ですね。 また、電子タバコはバッテリーの爆発事故が報告されていますが、このVAPESOONは五重の安全設計で作られていて、安全性が非常に高いので、第4位にランクインしました。 正規品のIQOSと比べて半額程度の値段なのも嬉しいですね。 第5位 GeFive 出典: 価格 3000円 おすすめの加熱式タバコランキング、第5位はGeFiveです。 これもIQOSの互換機になります。 このGeFiveのおすすめポイントは、何と言ってもスマートなところです。 正規品のようにボックスの本体が必要なわけではなく、ペン型の本体からそのまま充電できますので、非常にコンパクトですよね。 連続で15本程度を吸うことができますので、よほどのヘビースモーカーでなければ、1に近い充電すれば十分でしょう。 第6位 GeeMo 出典: 価格 1080円 おすすめの加熱式タバコランキング、第6位はGeeMoです。 GeeMoはプルームテックの互換機になりますね。 正規品よりも安く、さらにバッテリーの持ちが良いので、プルームテック愛用者には人気の互換機になっています。 プルームテックのカートリッジを使えるのはもちろんですが、GeeMo用のカートリッジも販売されているので、幅広いフレーバーを楽しむことができます。 GeeMo用のカートリッジはニコチンなしですので、少しずつ禁煙していきたい人にはこの加熱式タバコはおすすめです。 第7位 WEECKE C-VAPOR3 出典: 価格 7980円 おすすめの加熱式タバコランキング、第7位はWEECKE C-VAPOR3です。 この加熱式タバコは、今までご紹介してきた加熱式タバコとはちょっと違います。 これは、普通の紙タバコの葉でもシャグでも、IQOSなどの加熱式タバコも使えるという優れものです。 紙タバコのやIQOSなどを分解して、これで加熱すれば、タバコを楽しむことができるんです。 だから、ある意味、最強の互換機と言えるかもしれません。 紙タバコは節約にもなりますよ。 大体4分の1~5分の1にタバコ代を抑えることができます。 もちろん、タバコやヒートスティックを分解するので、それなりに面倒ですが、これ一本でいろいろなタバコ、フレーバーを楽しむことができるので、おすすめです。 第8位 FLEVO 出典: 価格 954円 おすすめの加熱式タバコランキング、第8位はFLEVOです。 FLEVOはプルームテックの互換機になります。 FLEVOはもともとカートリッジタイプの電子タバコで、ニコチンなしでタバコ味やメンソール、フルーツミックスなどのカートリッジがあります。 そして、このFLEVOにこのようなアトマイザー互換チップを使うことで、ニコチンありのプルームテックのカプセルを使うことができるようになるんです。 出典: そのため、とても便利な電子タバコであり、加熱式タバコの互換機なのですが、この互換アトマイザーキットを使わないといけないのが面倒なので、第8位となっています。 第9位 FyHit Relax VAPORIZER 出典: 価格 6980円 おすすめの加熱式タバコランキング、第9位はFyHit Relax VAPORIZERです。 これは、第7位のWEECKE C-VAPOR3と同じ、紙タバコの葉も使えるというヴェポライザーですね。 温度調節ができて、2200mAhとバッテリーも大容量なのですが、ちょっとバッテリーが熱くなりやすい、タバコの葉が口に入りやすいなどの口コミがあるので、第9位のランクインとなりました。 第10位 Eonfine IQOS互換機 出典: 価格 4000円 おすすめの加熱式タバコランキング、第10位はEonfine IQOS互換機です。 このIQOSの互換機は、連続で20本程度を吸うことができるのが特徴です。 また、世界で最も進化したヒートコントロールTMテクノロジーを採用しているので、360度均一に加熱してくれるので、よりヒートスティックの味を楽しむことができるんです。 クリーニング機能が付いているのも嬉しいポイントですね。 第11位 DBLプルームテック互換電子タバコ 出典: 価格 1045円 おすすめの加熱式タバコランキング、第11位はDBLのプルームテック互換電子タバコです。 このDBLの電子タバコは、プルームテックと互換性があるので、プルームテックのカプセルを吸うことができます。 また、DBLのカートリッジには、ブルーベリー、ライチ、メロン、マスカットなどのフルーツ系のフレーバーが充実しています。 さらに、C-TEC、GEEMOなどのカートリッジも使えるので、幅広いフレーバーを楽しむことができますね。 第12位 XMAX STARRY 出典: 価格 9800円 おすすめの加熱式タバコランキング、第12位はXMAS STARRYです。 これも、市販の紙タバコやIQOS、gloのヒートスティックを使えるヴェポライザーですね。 バッテリーの持ちも良く、使いやすいのですが、9800円と他のヴェポライザーと比べると、やや値段が高いのが難点です。 加熱式タバコのおすすめランキングについてのまとめ.

次の

加熱式タバコは火事になる危険はない?吸い殻を発火させない方法も

加熱式 タバコ

加熱式タバコは火事になる危険性が低い!と公式発表あり• 消防庁より、「火災の危険性は極めて低い」と発表 総務省の消防庁が行った実験で、• 加熱式タバコの火事への危険は、ほとんどない って結果が出たんです。 販売元以外の実験だと、さらに安心感がありますよね! しかも、 公的な機関が行ってくれ、加熱式タバコの注目度の高さを感じます。 詳細をカンタンに説明すると、 3つの実験で明らかになる• 寝タバコを想定し、フトン繊維への着火実験 紙巻きタバコなら、寝タバコで火事になったケースは多いですね。 実験では、加熱式タバコなら、 フトンの繊維でも、燃えるような現象は見られなかかった実験結果が。 就寝前にタバコを吸う習慣がある人は、危険性を回避するためにも、加熱式タバコの方が安全ってことですね。 もちろん、• アイコスだったら、寝ながら吸ってもOK ってことにはつながらないので、注意。 ゴミ箱へ吸い殻を廃棄した時の着火実験 紙を入れたゴミ箱の中に、加熱された• アイコス• グロー• プルームテック のタバコを入れても、 吸い殻の温度は、すみやかに下がって、炎が出る症状は見られなかったとのこと。 火がついてなくても、 「すぐゴミ箱へ捨てるのは、抵抗がある」 って人も多いですが、火事へつながる心配は少ないんですね。 加熱式タバコがたまった灰皿へ、火付きの紙巻きタバコを入れた時の着火実験 加熱式タバコは、火を広げる原因にはならなかった結果に。 アイコス:表面の一部が変色しただけ• グロー:点火した紙巻タバコを入れると燃えた• プルームテック:穴が空き、内部の粉末が出てきただけ グローのみ、火の元になる紙巻タバコがあると、燃える アイコス、プルームテックは、いずれも、火が出る現象は見られなかったんです。 火元と接することがあると、燃えてしまうのは仕方ないですね。 >>参考: 以上、3つの実験より、 「加熱式タバコだけが原因で火事になることは、かなり低い」 って結果が出たワケです。 公式でも、• アイコス• グロー• プルームテック の各加熱式タバコ販売会社ごとに、注意を促しています。 以下で、具体的にどんな警告をしてるか見ていきましょう。 加熱式タバコごとの火事に対する注意事項 どの加熱式タバコも、説明書に警告文あり アイコス• 燃えやすいものの近くでは使用NG 「本製品及び関連する付属品を引火性のもの(ベンジン・シンナー・スプレー・整髪料など)や可燃性のもの(たとえば寝具)の近くや、火がつきやすい環境(ガソリンスタンドなど)で、使用・充電しないでください。 爆発や火災の原因となります。 アイコス• プルームテック• グロー どの加熱式タバコの販売元でも、注意喚起を行っています。 まだまだ、普及して間もない、加熱式タバコ。 直接、火を使わないので、紙巻きタバコよりは安全ではあります。 でも、 これからどんな問題が起きるかわからないので、利用者の 一人一人が、注意しながら取り扱っていくことが重要なのかなと感じます 吸う時のまわりの環境はもちろん、 吸い殻の取り扱いにも、注意すべきです。 加熱式タバコの吸い殻を発火させない方法 絶対、火事にならないといった甘い意識は捨てる 実験では、火事の危険性はかなり低いとの結果が出ましたが、そのまま受け止めてたら危ないです。 火は出ていないが、高温になるので、• 火事へつながる可能性はゼロではない って点は、頭に入れておきたいですね。 直接、炎が出なくても、 間違った使い方をしていると、• やけどをする• 高温の蒸気で、喉を痛める などの影響が出るかもしれません。 グローからは警告されていますが、火がつきやすい環境で使用すると、爆発をする って大きな事故へつながる場合も、考えられます。 普及して間もない今だから、前例がないだけで、 危険性はある点を意識して使用したいですね。 吸い殻は、冷ましてからゴミ箱へ アツアツの吸い終わりのヒートスティックを、ゴミ箱へポイッと捨ててないですか? 燃えやすい紙類が入っていたら、 高温の吸い殻とどんな反応をするかわからないためですね。 必ず、温度が下がってから、まとめてゴミ箱へ入れるようにしたいですね。 やはり、専用のタバコ灰皿は1つ用意しておきましょう。

次の

やはり加熱式タバコの有害性は低かった!厚生労働省が測定データを発表!

加熱式 タバコ

加熱式タバコは火事になる危険性が低い!と公式発表あり• 消防庁より、「火災の危険性は極めて低い」と発表 総務省の消防庁が行った実験で、• 加熱式タバコの火事への危険は、ほとんどない って結果が出たんです。 販売元以外の実験だと、さらに安心感がありますよね! しかも、 公的な機関が行ってくれ、加熱式タバコの注目度の高さを感じます。 詳細をカンタンに説明すると、 3つの実験で明らかになる• 寝タバコを想定し、フトン繊維への着火実験 紙巻きタバコなら、寝タバコで火事になったケースは多いですね。 実験では、加熱式タバコなら、 フトンの繊維でも、燃えるような現象は見られなかかった実験結果が。 就寝前にタバコを吸う習慣がある人は、危険性を回避するためにも、加熱式タバコの方が安全ってことですね。 もちろん、• アイコスだったら、寝ながら吸ってもOK ってことにはつながらないので、注意。 ゴミ箱へ吸い殻を廃棄した時の着火実験 紙を入れたゴミ箱の中に、加熱された• アイコス• グロー• プルームテック のタバコを入れても、 吸い殻の温度は、すみやかに下がって、炎が出る症状は見られなかったとのこと。 火がついてなくても、 「すぐゴミ箱へ捨てるのは、抵抗がある」 って人も多いですが、火事へつながる心配は少ないんですね。 加熱式タバコがたまった灰皿へ、火付きの紙巻きタバコを入れた時の着火実験 加熱式タバコは、火を広げる原因にはならなかった結果に。 アイコス:表面の一部が変色しただけ• グロー:点火した紙巻タバコを入れると燃えた• プルームテック:穴が空き、内部の粉末が出てきただけ グローのみ、火の元になる紙巻タバコがあると、燃える アイコス、プルームテックは、いずれも、火が出る現象は見られなかったんです。 火元と接することがあると、燃えてしまうのは仕方ないですね。 >>参考: 以上、3つの実験より、 「加熱式タバコだけが原因で火事になることは、かなり低い」 って結果が出たワケです。 公式でも、• アイコス• グロー• プルームテック の各加熱式タバコ販売会社ごとに、注意を促しています。 以下で、具体的にどんな警告をしてるか見ていきましょう。 加熱式タバコごとの火事に対する注意事項 どの加熱式タバコも、説明書に警告文あり アイコス• 燃えやすいものの近くでは使用NG 「本製品及び関連する付属品を引火性のもの(ベンジン・シンナー・スプレー・整髪料など)や可燃性のもの(たとえば寝具)の近くや、火がつきやすい環境(ガソリンスタンドなど)で、使用・充電しないでください。 爆発や火災の原因となります。 アイコス• プルームテック• グロー どの加熱式タバコの販売元でも、注意喚起を行っています。 まだまだ、普及して間もない、加熱式タバコ。 直接、火を使わないので、紙巻きタバコよりは安全ではあります。 でも、 これからどんな問題が起きるかわからないので、利用者の 一人一人が、注意しながら取り扱っていくことが重要なのかなと感じます 吸う時のまわりの環境はもちろん、 吸い殻の取り扱いにも、注意すべきです。 加熱式タバコの吸い殻を発火させない方法 絶対、火事にならないといった甘い意識は捨てる 実験では、火事の危険性はかなり低いとの結果が出ましたが、そのまま受け止めてたら危ないです。 火は出ていないが、高温になるので、• 火事へつながる可能性はゼロではない って点は、頭に入れておきたいですね。 直接、炎が出なくても、 間違った使い方をしていると、• やけどをする• 高温の蒸気で、喉を痛める などの影響が出るかもしれません。 グローからは警告されていますが、火がつきやすい環境で使用すると、爆発をする って大きな事故へつながる場合も、考えられます。 普及して間もない今だから、前例がないだけで、 危険性はある点を意識して使用したいですね。 吸い殻は、冷ましてからゴミ箱へ アツアツの吸い終わりのヒートスティックを、ゴミ箱へポイッと捨ててないですか? 燃えやすい紙類が入っていたら、 高温の吸い殻とどんな反応をするかわからないためですね。 必ず、温度が下がってから、まとめてゴミ箱へ入れるようにしたいですね。 やはり、専用のタバコ灰皿は1つ用意しておきましょう。

次の