昭和30年 歳。 1955年(昭和30年)生まれ~年齢・干支・学歴・厄年早見表

1955年

昭和30年 歳

他の紀年法 [ ]• 干支:(きのとひつじ)• 日本(月日は一致)• 30年• 2615年• (月日は一致)• 44年• ・(月日は一致)• 4288年• 44年• :2497年 - 2498年• :1374年5月7日 - 1375年5月16日• :5715年4月7日 - 5716年4月16日• MJD :35108 - 35472• LD :135949 - 136313 スズキ初の軽自動車 1月 [ ]• - が「」を発売し、同時に「」も登場。 - 前穂高岳にて「」発生• - ビキニ被災補償でアメリカ合衆国が200万ドルの慰謝料を支払うことが日米の間で公文交換される。 - が「」を発売(発売の「」の源流で、10月に「ダットサン・210」も発売)。 - 国鉄電車がへ転落し、30余名が死傷• - 衆議院解散() 2月 [ ]• - の建設現場にて爆発事故。 死者19名、負傷者多数。 - ソ連首相辞任。 日本トルコ通商協約成立。 - が東京版発刊、同時に同紙の発行元がから分社化、株式会社デイリースポーツ社を設立(3月1日に神戸新聞社に吸収合併され解散)。 - 英国が製造開始発表• - ので(犠牲者99名)• - が「」を創刊。 - が「」を創刊。 - 投票(解散()) 3月 [ ]• - 召集(閉会)。 航海訓練所練習船が地域の日本将兵の遺骨5889体と元日本兵4人を乗せて帰国。 - 第二次鳩山内閣発足 4月 [ ]• - テレビ(現在の)開局• - 栄電社(後の、現在の)設立• 4月7日 - イギリスで首相が引退、が後任に• - 通産省に原子力課新設• - の炭鉱で大規模なボタ山崩落事故()が発生(犠牲者68人)• - ので開催 5月 [ ]• - が「ぺんてるくれよん」を発売。 5月1日 - が「オリンパス35S」を発売(9月には「オリンパスワイド」も発売)。 - がの完全回復を宣言• - (犠牲者168名)• - 結成、冷戦激化• 5月14日 - 内で修学旅行生を乗せたバスが橋から転落し12名が死亡。 - の先代のターミナルビルが開館。 - 内部の内紛から監督が辞任し、が選手兼任で監督復帰。 - 初版発行()• - が来日。 6月 [ ]• 現行の発行開始。 - で同学会と大学当局が対立、総長が監禁暴行される()• - ので開催されたで、レース車両が観客席に飛び込む事故が発生。 死者84名。 - ソ連初のダイヤモンド鉱山・が発見される。 - 全廃 7月 [ ]• - が完成。 - 「」が発生• - のに開園• - 経済審議庁をに改組• - (現在の)設立• - の中河原海岸で水泳講習中の橋北中学校の女子生徒36名が水泳訓練中に溺死()。 8月 [ ]• - の玩具用花火工場が爆発。 死者18名()。 - にある火薬工場にて爆発事故があり死者3名()。 - が少女漫画雑誌「」を創刊。 - 第1回開催• - が初の発売。 - の(作)除幕式• - が発覚 9月 [ ]• - が「」を発売。 - の投手が通算300勝を達成、シーズン終了後に現役引退。 - 連越、越南祖国戦線に改組• 9月10日 - 日本が GATT に正式加盟• - のが交通事故死。 10月 [ ]• 10月1日 - が「フェザーシャンプー」を発売。 - で『 ()』、で『』が放映開始。 - が自社初の軽自動車「」を発売。 - が左派と右派の分裂状態を4年ぶりに解消()• - はがに4勝3敗で2年ぶりの日本一。 - オーストリア議会が永世中立を決議。 11月 [ ]• 11月1日 - の茂尻炭鉱でガス爆発事故、60人死亡。 - 「」発刊()• 11月3日 - 開業• - 結成(ら)• - 発足によりのはじまる。 - 調印。 - 社会党の再統一に刺激され、二大保守政党のとが合併し、が誕生する()。 その後38年間続いたいわゆるの幕開けとなる。 - 第23回臨時国会召集(開会) 12月 [ ]• - モンゴメリー・バス・ボイコット事件(1955年、)• 12月1日 - が料金前納式の公衆電話機を発売。 - との都市提携成立(日本初の)。 - トヨタ自動車が「」を発売。 - 日本のへの加盟にソ連がを行使• - 第24国会召集(閉会)• - の九州の拠点としてが設立される。 、「」を開設。 が進む• との二大政党制(55年体制)がはじまる。 (崩壊)• の始期• のにおいてが発見される。 名古屋、神戸、東京など全国的に毒ガが異常発生し被害続出 周年 [ ] 周年であること自体に特筆性のある項目(元のトピックの特筆性ではありません)のみ記述してください、また期間限定イベント(五輪、万博など)は開幕日-閉幕日起点で記述してください 以下に、過去の主な出来事からの区切りの良い年数()を記す。 ・()関連、終結から10周年。 - 軍による解放。 - -。 - -。 - -。 - 撃沈。 - -。 - -。 - 受諾。 - 調印により()終戦。 - 生誕120周年。 - ラジオ放送開始30周年。 - (当時は広島県物産陳列館)竣工40周年。 - から90周年。 - 施行30周年(当時は25歳以上の男性に投票権があった)。 - 創立40周年。 - による日露講和条約()50周年。 - 発売開始10周年。 - 結党10周年。 - 発足10周年。 - 創設20周年。 獲得10周年。 40周年(旧制中学時代を含む)。 芸術・文化・ファッション [ ]• 優勝 読売ジャイアンツ• (最高優勝)• 初場所• 春場所 千代の山雅信• 夏場所• 秋場所• (監督:、主演:)• (監督:)• () (監督:)• () (監督:)• (監督:)• (監督:)• (監督:)• (監督:、主演:・)• (監督:、特撮監督:、主演:)• (監督:)• (監督:、主演:・)• 1955年の文学• 第33回(1955年上半期) - 『白い人』• 第34回(1955年下半期) - 『太陽の季節』• 第33回(1955年上半期) - 該当作品なし• 第34回(1955年下半期) - 『強力伝』、『香港』• 第1回 - 『探偵小説辞典』• 1955年のテレビ• 真昼は考える• 1955年のラジオ• - 、• - 、元女子プロ選手・• - 、(家族会)元副代表• 1月3日 - 、• 1月3日 - 、プロ野球選手• 1月3日 - 、プロ野球選手• - 、、、• 1月5日 - 、の政治家、首相• - 、、、• - 、• - 、作家、• - 、• 1月13日 - 、女優、元• 1月13日 - 、政治家• - 、元プロ野球選手• - 、• - 、声優• - 、• - 、• 1月20日 - 、• - 、• - 、女優• 1月22日 - 、• - 、• - 、ミュージシャン()• 1月26日 - 、• 1月26日 - 、• - 、の政治家• 1月28日 - 、 2月 [ ]• - 、元• 2月1日 - 、• - 、・• - 、• 2月4日 - 、• - 、俳優• 2月5日 - 、• - 、• 2月8日 - 、• - 、• 2月10日 - 、医師・政治家• - 、• - 、・俳優• 2月12日 - 、声優• 2月12日 - 、元プロ野球選手• - 、ポップ・• - 、アナウンサー• 2月17日 - 、俳優• 2月17日 - 、元プロ野球選手• 2月17日 - 、作家• - 、元、• - 、俳優、、• 2月23日 - 、元プロ野球選手• 2月23日 - 、プロ野球選手• 2月24日 - 、元ドライバー• 2月24日 - 、元プロ野球選手• - 、アナウンサー• 2月27日 - 、元プロ野球選手• - 、元アナウンサー 3月 [ ]• - 、俳優• 3月2日 - 、政治家• - 、タレント• - 、俳優• - 、• - 、作曲家・編曲家• - 、• - 、レーサー• - 、政治家• - 、元• - 、元• 3月15日 - 、声優• 3月15日 - 、選手• - 、俳優• - 、元プロ野球選手• 3月18日 - 、・• - 、俳優• - 、シンガーソングライター• 3月20日 - 、プロ野球選手• - 、サッカー監督• 3月21日 - 、第38代• - 、漫画家• - 、元バスケットボール選手• - 、・俳優• - 、フリーアナウンサー 元アナウンサー• - 、大学教授• - 、漫画家• - 、作曲家 4月 [ ]• - 、アマチュア野球指導者• - 、元• - 、漫画家• - 、プロ野球選手• - 、サッカー指導者、元サッカー選手(元日本代表)• - 、• - 、プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、• 4月13日 - 、• - 、• - 、元プロ野球選手• 4月18日 - 、元プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• 4月19日 - 、・• 4月19日 - 、選手• - 、• - 、元サッカー選手• - 、、• - 、・• 4月26日 - 、メジャーリーガー• - 、・奏者• - 、• 4月29日 - 、元プロ野球選手• 4月29日 - 、声優、俳優、音響監督、脚本家• 4月29日 - 、女優 5月 [ ]• - 、• - 、元• - 、• - 、指導者• - 、元プロ野球選手• 5月9日 - 、元プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、メジャーリーガー• - 、女優• 5月16日 - 、• - 、ソフトウェア技術者• - 、俳優• - 、プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• 5月25日 - 、落語家、タレント• 5月25日 - 、プロ野球選手• - 、、• - 、タレント• - 、元プロ野球選手• 5月30日 - 、元プロ野球選手• - 、• 5月31日 - 、 6月 [ ]• - 、元選手• - 、元• 6月6日 - 、プロ野球選手• - 、者• 6月8日 - 、• - 、元プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - (竹中尚人)、• - 、女優• - 、元プロ野球選手• - 、元サッカー選手• 6月21日 - 、俳優• - 、元プロ野球選手• 6月24日 - 、経済学者• - 、元プロ野球選手• - 、• 6月26日 - 、元プロ野球選手、長野県議会議員• - 、女優• - 、元、元• 6月29日 - 、、元、 7月 [ ]• - 、• 7月1日 - 、• - 、ケネディ行政大学院教授• 7月2日 - 、元• - 、、教授• 7月3日 - 、元• 7月3日 - 、選手• - 、アナウンサー• 7月6日 - 、• - 、• - 、声優• - 、精神分析医• 7月13日 - 、元プロ野球選手• - 、プロ野球選手• - 、• 7月18日 - 、元プロ野球選手• - 、映画監督• 7月20日 - 、小説家、エッセイスト• - 、元、指導者• 7月21日 - 、弁護士• - 、• - 、、社長• - 、• 7月28日 - 、プロ野球選手 8月 [ ]• - 、元• - 、元プロ野球選手• - 、元• - 、元野球選手• - 、・・ドラマデザイン社代表取締役・元ドラマ部門• 8月9日 - 、元アメリカンフットボール選手• 8月9日 - 、元アメリカンフットボール選手• - 、による日本人拉致の被害者の1人• 8月10日 - 、プロ野球選手• - 、・• - 、• 8月13日 - 、元プロ野球選手• - 、実業家• - 、格闘家・シュートボクシングの創始者• - 、声優• - 、元プロ野球選手• - 、歌手・• - 、漫画家• - 、俳優• - 、• - 、• 8月28日 - 、声優• - 室山眞弓、漫画家コンビ「」姉• 8月30日 - 、元プロ野球選手• 8月30日 - 、プロ野球選手• - 、陸上選手 9月 [ ]• - 、指導者・・俳優• - 、• - 、プロ野球選手• - 、書評家・経営者• 9月4日 - 、・・• 9月4日 - 、声優• - 、政治家• - 、• - 、アマチュア野球指導者• - 、• - 、プロ野球選手• - 、• - 、漫画家• - 、小惑星探査機「」のプロジェクトマネージャー• - 、サッカー選手• - 、プロ野球選手• 9月26日 - 、女優• - 、 10月 [ ]• - 、・• - 、メジャーリーグ審判員• - 、元• - 、• - 、元プロ野球選手• 10月8日 - 、• 10月8日 - 、プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、・• 10月11日 - 、• - 、プロ野球選手• - 、歌手、俳優• - 、タレント• - 、、。 - 、小説家・• - 、・• 10月24日 - 、元プロ野球選手• 10月24日 - 、• - 、選手• - 、の創立者• - 、元女優• - 、プロ野球選手 11月 [ ]• - 、映画監督• - 、• - 、歌手・タレント• 11月5日 - 、• 11月5日 - 、女優・声優• - 、映画監督• - 、王国第四代国王• - 、政治家• - 、・• 11月13日 - 、プロ野球選手• - 、元選手• - 、俳優• 11月16日 - 、• - 、選手• - 、調教師• - 、声優• - 、国際• - 、俳優・声優• - 、・• - 、野球部監督• - 、 12月 [ ]• - 、歌手• - 、• - 、• - 、大相撲元、年寄・• 12月9日 - 、• - 、俳優・• - 、ミュージシャン• 12月14日 - 、キャスター• - 、ミュージシャン• - 、フォーク歌手• - 、・・俳優• - 、ミュージシャン• 12月21日 - 、• - 、元プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、• - 、元プロ野球選手 死去 [ ] 「」も参照 1月 [ ]• - 、• - 該当者なし フィクションのできごと [ ] ゴジラとアンギラスが出現する。 画像は映画ポスター 死去 [ ]• - 、小説『』と映画『』の主役。 2月6日 - から来日した「現代の」と大評判のの女性・鮎川マリとその母・君江の正体を暴いて欲しいと矢部杢衛の依頼とそれを阻む脅迫状を受け、はの田舎町「射水町」を訪れる。 翌7日、23年前の同日に殺害された矢部英二の父・杢衛がその息子と同じの「底なし井戸」のそばで殺される。 (小説『』)• 下旬 - 、静養のために鬼首村を訪れる。 (小説『』)• - エメット・L・ブラウン博士が自宅トイレの床で滑って転び、便器で頭を打ったショックでの原理(次元転移装置)を思いつく。 同時に30年後の未来であるからマーティ・マクフライという少年が現れる。 この日から博士は30年間「次元転移装置」実現の為、家も財産ごと使い込む事になる。 (映画『』)• - 午後10時4分、ヒル・バレーのタウンスクエアにある裁判所の時計台に雷が落ち、それ以降時計が止まったままとなる。 マーティ・マクフライは1955年のエメット・L・ブラウン博士の協力により、この落雷をタイムマシンのエネルギーとして利用し1985年に戻る事に成功する。 (映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』)• とが出現。 (映画『』)• SF作家(没)が、『』で度のを受賞する。 (小説『』) 脚注 [ ] 注釈.

次の

1955年生まれ・昭和30年生まれ・今年65歳の有名人

昭和30年 歳

そして65歳からは国民年金の受給開始年齢になりまして、厚生年金等と併せた金額を受け取ることが出来ます。 原則25年以上何らかの公的年金に加入していたことが条件です。 それでは62歳から65歳までの定期年金と、65歳からの生涯年金の2つに分けて説明致します。 なお、厚生年金の説明=共済年金の説明として話を進めますが、その違いは厚生年金でいう2階部分のさらに上に3階部分が付くということです。 これを職域加算と言いますが、これ以外の仕組みは厚生年金と同じです。 それでは説明に入ります。 厚生年金・共済年金からの支給 62歳から65歳になるまでは2階部分だけの厚生年金が出ます。 2階部分というのは、加入した期間の収入の違いによって年金額に差が出る部分のことです。 つまりAさんとBさんが同じ加入期間なら、収入の多かった人のほうが年金額が多くなるのです。 仕組みはこの辺にして、繰り返しますが昭和30年4月2日~昭和32年4月1日生まれの方は62歳になったらその月から厚生年金の2階部分だけの年金が出始めるのです。 ちなみにわずかな期間しか会社員や公務員をやっていなかったという方も、1年以上その期間があり、国民年金の加入期間と併せて原則25年以上あればその分は年金が出ます。 国民年金は"保険料"の額が決っています。 "年金額"も収入に関係なく加入期間だけで計算されます。 ちなみに20歳から60歳までの40年間を全て何らかの公的年金に加入され、保険料を納めていた方は国民年金からは年額約80万円受給できます。 会社員でも公務員でも自営業でも、何らかの形で保険料を納めていればOKです。 厚生年金・共済年金からの支給 まず65歳まで受給できる2階部分の厚生年金が、引き続き65歳以降一生涯支給されます。 それと、厚生年金から『経過的加算』という年金がプラスされて支給されます。 では、経過的加算とはどういうものでしょう。 国民年金は20歳から60歳までの加入期間を元に計算されますが、厚生年金は20歳未満でも60歳以後も加入期間に入ります。 つまり厚生年金の加入期間には入るけれど、国民年金の年金を計算する期間には入らない期間が働き方によっては出てきます。 例えば高校を卒業してすぐに会社員をされている方などは20歳までの期間は国民年金の年金額を計算する対象期間とはされません。 そこで、そのように国民年金の計算から除外された期間は経過的加算として厚生年金から支給してくれるのです。 少しわかりづらかったですね。 ただ年金額から言えば主要な部分ではなく、わからないからといってそう気にすることはないと思います。 + 厚生年金から支給される経過的加算 *なお、厚生年金等に原則20年以上加入している方で、国民年金が出始めるときなどに65歳未満の配偶者がいる、18歳未満の子供が居るなどの 条件に合う方は約20万円の「加給年金」が加算されます。 その上対象となる方が65歳未満の配偶者であって、65歳になるまでは「特別加算:昭和18年4月2日以降生まれの方で約18万円」が支給されます。 以上が受給開始年齢ですが、あくまで原則ですし、表現もわかり易さを優先して正確でないものも使っております。 例えばここで言う62歳~65歳までの年金は「特別支給の老齢厚生年金」と言いまして、2階部分は収入に比例しているということから「報酬比例部分」と呼びます。 また、公的年金の加入期間は25年ないと年金が出ないというのは最近は浸透してきた話ですが、ほんの一例として例えば会社員や公務員期間を合算した期間が24年あるという昭和30年4月2日~昭和32年4月2日生まれの方は、それだけで年金受給資格を得るということなど、 細かく例外も設定されています。

次の

1955年生まれ・昭和30年生まれ・今年65歳の有名人

昭和30年 歳

三橋美智也は昭和5年、北海道で生まれました。 母親が民謡歌手で、美智也も5歳で初舞台を踏みます。 そしてなんと9歳で全道民謡コンクールで優勝します。 小学校卒業後、国鉄に就職。 働きながら民謡一座で歌い、津軽三味線を勉強しました。 19歳で上京。 民謡教室でアルバイト、ボイラーマンの仕事もしていました。 23歳でキングレコードの専属歌手としてデビュー。 1年後には『おんな船頭唄』が大ヒット。 その後も多くのヒット曲を歌い、昭和30年代前半は「三橋で明けて三橋で暮れる」と言われるほどだったそうです。 民謡で培った高い音程とこぶしが魅力の歌声ですね。 「民謡三橋流」の家元となり、門下生には千昌夫、細川たかし、石川さゆりがいます。 リンゴ村から 矢野亮作詞 林伊佐緒作曲 三橋美智也 昭和31年 好きだった人が田舎の町を出ていって幾歳か過ぎてしまいました。 今でも「覚えているかい?」と問いかけます。 歌っていると、主人公の気持ちに共感し、まるで自分のことのように思える名曲ですね。 古城 林鞠太郎作詞 細川潤一作曲 三橋美智也 昭和34年 冒頭の「松風さわぐ丘の上」で一気に古城の世界に引き込まれます。 松の木が風でザワザワと音を立てています。 栄華の昔の面影も消え、今は石垣も崩れてしまった。 古城はひとり、何を想っているのだろう。 こちらも名曲ですね。 哀愁列車 横井弘作詞 鎌田俊与作曲 三橋美智也 昭和31年 冒頭の高い音程の伸ばしは三橋美智也ならではと言えるでしょう。 歌うのは難しいので、セラピストが大きな声で歌い、皆をリードしましょう。 次は 村田英雄です。 昭和4年、佐賀県で生まれました。 三橋美智也より一つ歳上です。 村田英雄も三橋美智也のように、子供の頃から芸を仕込まれていました。 養父母が旅回り一座に入っていたのです。 4歳で初舞台。 5歳の時に浪曲師酒井雲に弟子入りします。 13歳で真打になったのですから大したものですね。 20歳で上京し、浪曲師として注目を集めるようになります。 29歳の時、古賀政男に見いだされ、古賀政男作曲の『無法松の一生』でデビュー。 なかなかヒットが出なかったのですが、32歳の時に『王将』が大ヒットしました。 下の動画は三波春夫と共演した浪曲「義士の本懐」です。 浪曲をご存知ない方はどうぞ。 三味線と二人の浪曲師の息がぴったりですね。 無法松の一生 吉野夫二郎作詞 古賀政男作曲 村田英雄 昭和33年 浪曲「無法松の一生」は村田英雄の十八番の演目でした。 この曲を受け、三船敏郎と高峰秀子の主演で映画化されました。 浪曲も映画もぜひ一度視聴されることをお勧めします。 人生劇場 佐藤惣之助作詞 古賀政男作曲 村田英雄(昭和34年) 楠木繁夫(昭和13年) 昭和13年に楠木繁夫が歌った歌を、村田英雄がリバイバルしました。 尾崎士郎の自伝的小説がもとになっています。 男性が好きな歌です。 王将 西條八十作詞 船村徹作曲 村田英雄 昭和36年 将棋棋士の阪田三吉をモデルにした曲。 ほとんどの人がよく歌えます。 将棋の好きな男性には特に人気があります。 3人目は 島倉千代子です。 昭和13年、品川区で生まれました。 15歳で日本音楽高等学校に入学、16歳でコロンビア全国歌謡コンクールで優勝し、デビューします。 デビュー曲の『この世の花』は200万枚のヒットとなり、人気歌手となりました。 30年代には『この世の花』『りんどう峠』『逢いたいなァあの人に』『東京だよおっ母さん』『からたち日記』『恋しているんだもん』などたくさんのヒット曲があります。 この世の花 西條八十作詞 万城目正作曲 島倉千代子 昭和30年 島倉千代子の歌はいじらしく純な女心が歌われているものが多く、女性に人気があります。 大正から昭和初期に生れた方々は、見合い結婚が多く、たとえ、好きな人がいても、親の言うことを聞いて結婚する人がほとんどでした。 2番の「想う人には嫁がれず 想わぬ人の言うまま気まま」という歌詞には、そんな意味も含まれているのかもしれませんね。 東京だよおっ母さん 野村俊夫作詞 船村徹作曲 島倉千代子 昭和32年 お母さんの手を引いて東京見物をします。 1番は二重橋、2番は靖国神社、3番は浅草ですね。 2番の歌詞、「優しかった兄さん」に逢いに行くおっ母さんの気持ちになって、涙する人も多いです。 からたち日記 西沢爽作詞 遠藤実作曲 島倉千代子 昭和33年 想いを寄せる人と相合傘をした経験はありますか? 肩と肩が触れ合ったりしてときめきました。 3拍子、2拍子、4拍子とコロコロ拍子が替わりますが、歌う側には自然に感じられる不思議な曲です。 まだ時間があるようなら、下記の中から選んで歌うのもいいかもしれません。 後半は坂本九の活躍が目立ちますね。 どの歌もよく歌える歌です。

次の