ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論。 【ポケモン剣盾】トゲデマルの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

ゲンガー育成論 : 【先発特殊アタッカー】襷ゲンガー|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

ゲンガーの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 60 65 60 130 75 110 タイプ タイプ1 タイプ2 ゴースト どく 特性 のろわれボディ 30%の確率で受けた技を使えなくする 長所・短所 非常に優秀な種族値で、初代から活躍し続けてきたゴーストタイプの強豪です。 特に 特攻種族値が130とかなり高く、 素早さ種族値も110と高速特殊アタッカーとしてかなり優秀な能力を持っています。 また、攻撃技も変化技も多種多様なものが揃っており、 アタッカーとしてもサポートとしても使える万能なポケモンでもあります。 メガシンカこそ仕様の関係で無くなったものの、代わりに キョダイマックスを得たことで新しい使い方もできるようにもなりました。 …が、第八世代でドラパルトが現れてしまったせいで アタッカーとしての活躍の場を一気に奪われてしまうという事態に。 サポート型にしようにも ミミッキュやギルガルドの存在があり、それもままならない状態です。 結果、 メガシンカ以外は特に弱くなったわけでもないのに使い道が無くなって使用率がマイナー並に激減する羽目になってしまった模様です。 今後 DLCで旧ポケモンが多数登場するようになるため、そちらでゲンガーの使い道をまた得られるようになるのを祈りましょう。 育成論 特殊アタッカー型 努力値 特攻:252(実数値182) 特防:4(実数値96) 素早さ:252(実数値178) 技構成 解説 これまでも使い続けられてきた、特攻と素早さに特化した高速アタッカーの型です。 元々ゲンガーは技の多さと特攻・素早さの高さから、 対面性能の高い高速アタッカーとして使われてきました。 ドラパルトの台頭で厳しいことになってしまっていますが、それでも今の環境で通用する性能はあるので引き続き特殊アタッカーとして使用します。 努力値は当然 特攻と素早さに特化し、さらに性格補正も加えて 素早さも最速にしておきます。 また、持ち物は きあいのタスキにすることで連続技以外は耐えられます。 元の耐久の低さや特性と合わさって相性がいいので持たせておきましょう。 技構成は対フェアリータイプも兼ねた一致技の ヘドロウェーブは確定。 サブウェポンの きあいだまと補助技として おにびを持たせます。 これで最悪攻撃が通らない相手が来たとしても、 おにびで火傷を撒いてスリップダメージと攻撃ダウンのデバフをかけることができます。 もう一つの一致技は火傷状態の相手にダメージが倍になる たたりめか、安定した性能の シャドーボール。 好きな方を入れましょう。 実演してみた では、このゲンガーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 話題に出した天敵のドラパルトがいるんですがどうしたらいいでしょう。 対戦、よろしくお願いします。 まさかあのゲンガーがメジャーポケモンじゃなくなる環境が来るとはだれも思ってなかったと思います。 使用率が激減しても実力は衰えてません。 オーロンゲくらいならヘドロウェーブで一撃で落とせます。 先制技でも使われない限り、ゲンガーも速く動けるんじゃないかなと。 弱点を突いたとはいえ、ダイマックス相手にもこのダメージ。 やはり上位互換に近いのが現れたせいで使われないだけで、 実力に陰りは無いようですね。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 長い間環境で活躍し続けたポケモン、ゲンガーの育成論でした。 強力な特殊アタッカーとして君臨し続けた種族値と、攻撃も補助もなんでもござれの技の数々。 他の強豪ゴーストが君臨する今の環境でも、まだまだ戦える実力は十分にあります。 以上、管理人、八卦がお送りしました。 次回もよろしくお願いします。

次の

ゲンガー 育成論

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるゲンガーの育成論と対策について掲載しています。 ゲンガーのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 高い素早さと相性の良いきあいのタスキなどを合わせ、先制で複数回攻撃すること相手を倒すことができます。 わるだくみで積みアタッカーとしても活躍 わるだくみを使うことで積みアタッカーとして採用することができます。 一度わるだくみを積むことができれば一貫性の高いゴースト技で相手に大きなダメージを与えることができます。 ダイマックスすることで、わるだくみで上昇した抜き性能をさらに向上させることができます。 タイプ一致技であるどくタイプの攻撃をダイマックス技のダイアシッドにすることで、 攻撃しながらとくこうを上昇させることができるため、安易に受け出してきた相手をそのまま倒すことができます。 豊富な変化技で味方をサポート ゲンガーはおにびやこごえるかぜ、さいみんじゅつ、みちづれなど 豊富なサポート技を習得します。 変化技を組み合わせて行動することで相手に読まれづらい立ち回りをすることができます。 みちづれや特性「のろわれボディ」によって倒されるときでも相手に負荷をかけることができるため、きあいのタスキと合わせることで高いストッパー性能を持つポケモンです。 タイプ一致のゴースト・どく技は相性補完が優れており、一貫性も高いため、全抜きや大きな削りを入れることが期待できます。 メインウエポン以外にも幅広いタイプの攻撃技を習得するので、ギャラドスやアーマーガアを対策する場合には10まんボルト、ヌオーやトリトドンを見る場合にはエナジーボールなど、パーティに合わせて技を編成することができます。 覚える補助技が多岐にわたることから相手に読まれにくく、高い素早さから確実に役割を果たすことができます。 ちょうはつやトリックルームは特に読まれにくいことから、相手の起点作りを阻止することや裏のトリルエースにトリックルームを読まれずに繋ぐことができます。 メガゲンガーを彷彿とさせるかげふみ状態にすることで自らが場にいることで相手を縛っていく動きが狙えます。 ダイホロウの防御下降はゲンガー自身に恩恵は少なく、キョダイマックス個体を採用するメリットは大きいです。 優秀な補助技を豊富に習得することから滅びターンを稼ぐ手段は豊富にあり、相手の行動に合わせて自身のタイプ変化による受けやみがわりの設置、技を縛り行動回数を減らす、火力を削ぎ落とすなどパーティに合わせて採用することが可能です。 ゲンガーのおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・で習得 ・高威力の一致技 ・ダブルでは味方を巻き込む ・で習得 ・威力よりもどく状態を優先する場合に採用できます ・Lv48で習得 ・一貫性の高いタイプ一致技です ・Lv24で習得 ・積極的に状態異常と合わせる場合に採用できます ・で習得 ・ひこうやみずタイプへ抜群を取れます ・で習得 ・ヌオーやトリトドンなどの4倍弱点を狙う場合に ・で習得 ・ドラゴンや地面に弱点を突くことができ、後続へのサポーとしても使うことができます ・で習得 ・苦手なあく、はがねタイプへの打点になります ・Lv54で習得 ・高い素早さときあいのタスキを合わせることでストッパー性能をたかめることができます ・で習得 ・裏のサポートをしながら相手の物理攻撃力を下げることができます ・基本技 ・相手に一切の行動を取らせることなく一方的に行動することができるようになります ・で習得 ・相手の起点作りや積み展開を阻止することができます ・で習得 ・読まれにくく相手の意表を突いて裏のトリルエースへ繋ぐことができます ・で習得 ・耐久ポケモンに対して安全に動けます。 素早さが高いため先制みがわりで様子を見ることもできます。 ゲンガーのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 低い耐久を補うのに用います。 基本的にはこれ。 アタッカーとして火力を伸ばしたい場合に使用します。 みがわりを用いる場合の選択肢となります。 ゲンガーの対策 注意点 高い素早さと豊富な技を習得するため、おにびや弱点技には特に注意が必要です。 きあいのタスキを持っていることが多く、一度は攻撃を耐えてくるためみちづれなどで相打ちを取られないように注意しましょう。 対策方法 きあいのタスキ前提で動く ゲンガーは耐久力が非常に低いため気合のタスキを持っていることが多いです。 その前提で動くことが必要になってきます。 すなあらしやステルスロック、先制技持ちなどを入れておけば突破しやすいでしょう。 おすすめ対策ポケモン ポケモン 詳細 ゲンガーよりも素早さが高いため、上から倒すことができます。 ダイマックスすることでシャドーボールを耐えることができ、みちづれを気にせずダイジェットやダイホロウで倒すことができます。 タイプ一致技をどちらも半減にすることができるため余裕を持って後出しすることができます。 すなおこしによってきあいのタスキを潰すことができるため、かみくだくやストーンエッジで一度攻撃するだけで相手を倒すことができます。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【鎧の孤島】|ゲームエイト

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

「きあいのタスキ」による行動保証の恩恵を受け、対面で確実に1匹持って行ける型となります。 主にドラゴン・格闘・悪タイプを倒すための武器として役立つ技。 受け崩しの武器として起用。 ギャラドスや水ロトムも対象に含められるため、非常に強力。 くろいヘドロ持ちゲンガー 性格 おくびょう 努力値 HP204 特攻52 素早さ252 実数値 HP161-攻撃76-防御80-特攻157-特防95-素早さ178 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 道具「くろいヘドロ」を持った相手に嫌がらせをしながら戦う「ゲンガー」です。 耐久調整は技「おにび」込みで 「アイアント」の「ダイスチル アイアンヘッド 」を確定3発まで耐えることができます。 素早さは最速調整なので、アイアントよりも早く動けるためダイマックスターンを稼げるのが強みと言えます。 現環境では、ダイマックスターンを枯らす仕事や、技「こごえるかぜ」「おにび」による後続サポートがメインの立ち回りとなります。 後続のサポートをする 「ゲンガー」は技範囲が広いことからサポートに周ることも可能です。 技「おにび」で相手からのダメージを減らしたり、技「こごえるかぜ」で素早さを下げる動きも強力です。 ゲンガーの対策 素早さの高いポケモンで弱点をつく 「ゲンガー」の魅力である高い素早さ種族値も、より素早いポケモンで対策してしまえば何ら問題ありません。 元々耐久の高いポケモンではないことから、高火力で上から殴る方法が一番ゲンガーを倒しやすいと言えます。 おすすめは特性「いたずらごころ」を持ったポケモンで、上から技「ちょうはつ」や「アンコール」を撃ち技を縛る動きです。

次の