横浜 ラーメン屋 バイト。 元バイトAKB・梅澤 愛優香さんが経営するラーメン屋に行ったら本人降臨! AKBメンバーとの思い出、アイドルを辞めた理由、ラーメンにかける思いを語ってもらった

横浜らーめん 武蔵家 綾瀬店

横浜 ラーメン屋 バイト

Our premium ramen has burst on the land of Kanagawa, on the foothill of Mt. Afuri in 2001. Endorsed by this beautiful nature of Mt. Afuri, we prepare you the earthy bowl of Ramen with plenty of flavors, colours, and textures at play, using best quality ingredients from all over Japan. We hope you enjoy our mellow slick bowl for the soul. AFURIが大切にしているのは、「素材のちから」。 着色料、保存料などは元より、化学調味料(うま味調味料)のような人工的なものは使用致しません。 小さなお子様や、お身体を気にされている方にも安心して召し上がっていただける、安全で美味しい商品作りを日々心がけております。 We AFURI cherish "the power of the ingredients". From the beginning, we do not use artificial ingredients like coloring agents, food preservatives, chemical umami seasoning, etc. Day-to-day we make every effort to create safe and delicious products that can be enjoyed by small children and those who are concerned about their health. 阿夫利山の清らかな天然水から生まれた、らーめん。 弾力のあるしっかりした真空手揉み麺に魚介出汁の冷たいつけダレがくせになる、つけ麺。 食欲をそそるのは、オーダーごとに炭火で炙られるチャーシュー、爽やかな柚子の香り。 一緒にいただく小さなごはんたちも隠れた逸品ばかり。 細部までこだわり抜いたAFURIのメニューの紹介です。 Led by the signature bowl of Yuzu Shio Ramen, springy Tsukemen noodles alongside the subtle dipping Umami Tare might be your next guests. All murky bowls we offer are the tempest of nutrition-rich tender flavors. Strips of sliced pork belly, finely charcoal-grilled by order, will amuse you as your tableside company. Still savoring?

次の

梅澤愛優香(元バイトAKB)のラーメン屋の場所や評判は?経歴や高校も調査!

横浜 ラーメン屋 バイト

ラーメン屋のきついところは飲食店の中でも店員・お客さんともに男性が圧倒的に多いため非常に体育会系で大きな声を出すことが求められます。 お客さんの多い昼頃なんかはもちろん休む暇は無く常に店内を歩きまわり、注文を受け、ラーメンを提供する、の繰り返しで足はけっこう痛くなります。 ラーメンは地味に重いので連続で何杯も持つことで腕も痛くなってきます。 普段運動していない人は、忙しい昼間の時間帯だけでクタクタになる可能性もあります。 夏が非常に暑いことも覚悟しておかなければなりません。 合う合わないがはっきり出てくると思いますが、職人肌な人が多いだけなので慣れれば全然問題ないと思います。 ラーメン屋の仕事はイメージ通りできついことは少なくないと思います。 けれど、忙しい時間帯になんのトラブルもなく仕事を裁けたときは達成感で満ち溢れます。 いいこともあります。 まかないとまではいかないも、休憩でたまにラーメンを作ってくれることが何回かあり嬉しく思ったこともあります。 単なるアルバイトとしてラーメン屋で働くのもいいし、将来ラーメン屋を開きたい、そんな考えを持っている人にとってはラーメン屋でのアルバイトはすごく価値のあるものだと思います。 丼が熱くて運ぶのが大変 ラーメン屋のバイトできついこと… 小さなことで申し訳ないのですが、ラーメンのどんぶりがすごく熱いことです。 ラーメン屋によっては素手で運ばなければならないことも多く、スープもたっぷり注がれていたりすると案外運ぶのが大変だったりします。 最初は慣れないので火傷しそうになりつつ、どんぶりを運ぶことになります。 どんぶりの横の部分をもってしまうと熱いので、どんぶりの縁と底の熱くないところをもって運ばないと大変です。 どんなに熱くてもどんぶりをひっくり返してしまっては大変なのでガマンして運びます。 テーブルに置くときに誤って手に熱いスープが飛んでしまったとしても、お客さんの手前笑顔で通さなければいけません。 お店が忙しいときは熱さなんて気にしていられないので、コツと忍耐が大切です。 ラーメン屋バイトは空腹と手荒れと匂いがきつい 高校生の頃、新しく出来たラーメン屋でバイトをしてました。 大体16:00〜19:00で、何がキツかったって、高校から直行でバイトに行くと、ちょうどお腹が空く時間なんです。 美味しそうなラーメン、餃子、チャーハン… もう、お客様に運んでる最中にも食べたくて。 空腹時に食べ物を目の前にしちゃうとキツかった。 それ以外には、洗い物をしていると、いくらクリームを塗っても、手がガサガサになるんで、女子としてはキツかったです。 あとは、バイトが終わると、頭からつま先までかなり強烈な匂いが染み付いていて、バイト帰りに遊びに行く事が出来なくて、一旦家に帰ってお風呂に入らないと行けなかったので、それも遊びたい盛りの当時はキツかったです。 でも、遊びに行けない分バイト代は溜まりましたが。 潔癖症気味の自分に洗い場は向いてませんでした 自動食器洗い機が無くて、手洗いだったのが1番辛くて嫌でゴム手袋を持参していました。 潔癖症とは言いませんが近いものがあるので、会計の時に手が触れてしまうのも嫌なのに、あかの他人の使用済みの食器に触れないといけない何て最悪だ、としか思えませんでした。 しかし、初日からこんな個人的な事で挫折してもいられなかったので、何だかんだ引っ越さないといけなくなるまで働いて、引越し先が本当に遠かったのでそれを理由に辞めました。 1年ちょっと働いていたのですが、他に辛かった事は特に無かったです。 私の勤務時間は9時から17時だったので、忙しい時間は昼と夕方でしたが、夕方は昼ほど忙しくないので、残業する事もほとんどなかったです。 立ち仕事、若干の油汚れ、洗い場担当などに強い抵抗を感じる方はよく検討してから働くか決めた方がいいですよ。 ラーメン屋バイトは暑さと匂いに耐えなければなりません 夏は暑いです!特に昼時。 店内は冷房が効いてはいますが、お客さんの出入りが激しくて、ドアが頻繁に開閉し、そのたびに熱気が店内に入ってきます。 厨房から立ち上がる湯気も、高温多湿でさらに臭いがきつい。 麺を茹でる臭いは強烈です。 その上、炒め物は液体調味料の醤油系を中華鍋に入れるたびに、蒸発した熱気と臭いが立ち上ります。 多分、お腹を空かせたお客さんにとっては、食欲をそそるとってもいい臭いなのかもしれませんが、数時間も同じ店内にいると、もうきつくてたまりません。 そして、お昼時は行列ができるくらいお客さんが集中するので、店内で常に小走りです。 お水を運んで、注文をお聞きして、厨房に注文を通して、料理があがるとテーブルまで運び、会計し、テーブルを片付けて、次のお客さんをお迎えする。 熱いラーメンは、立ち上がる湯気をまともに顔に受けるので、暑いし、臭いし、化粧は崩れるし、額や鼻の下は常にじっとりと汗をかいています。 トレーにラーメンどんぶりを載せるとき、お客さんのテーブルに下ろすとき、指が入らないように気をつけていますが、どんぶりが斜めになったりして、無意識に親指の先端が入ってしまうときがあります。 当然熱いので、ビクっとしますが、声をたてたりするとお客さんに気付かれてしまいますし、とにかく耐えます。 しんどいです。 おばさんから逆恨みされました ホールのバイトを2年間していましたが、とにかく提供の時に手が熱い。 料理を読み上げしてから提供するまでの時間が異常に長く感じるし、熱いものに触れる機会が何気に多いからキッチンでもないのにヤケドだらけになる。 私のバイトしていたところはチェーン店で、店長がやたら接客マナーにうるさい人だったからバイト初日にマニュアルとメニューを渡されて、明日までに暗記するようにとか無理難題を押し付けられて初日で逃亡する人が続出し、常に人手不足だった。 勤続1年越えてくると、バイトでも社員レベルの仕事を任せられたりする。 私はバイトのはずなのに、バイトの面接を任されて不採用にしたおばさんから逆恨みされて大変だった。 でも、まかない付きだったし、飲食店のバイトは何かしら問題があるものだと割り切っていたので続けられたのだと思う。 これから来るコロナ不況に危機感を持つ人達が殺到中.

次の

横浜らーめん 武蔵家 綾瀬店

横浜 ラーメン屋 バイト

そんな彼女が作る渾身の一杯、アイドルを辞めた理由、そしてラーメンにかける熱い思いを聞いてきた。 ・開業2年目の「麺匠 八雲」 「会いに行けるアイドル」ならぬ、「食べに行ける元アイドルのラーメン」を目当てに私が降り立ったのは、東京は葛飾区にある京成電鉄・堀切菖蒲園(ほりきりしょうぶえん)駅。 都内でもなかなかディープなスポットと言えるが、5分ほど歩くとたどり着くのが 「麺匠 八雲(やぐも)本店」だ。 事前にチェックしたホームページによると、 店主は若干22歳の梅澤 愛優香(うめざわ まゆか)さん。 高校卒業後にバイトAKBとしてアイドル活動していたが、2年ほど前に「八雲」を開業させたとのことだ。 ちなみに「バイトAKB」とは何なのかは、のちに詳しく触れよう。 「八雲」の店舗内へと入ってみると8席ほどのカウンター席に、梅があしらわれた絵やぼんぼりの照明など、どことなく「和」を感じる雰囲気。 清潔感のある店内は、いかにも女性が店主の店らしい。 ちなみに2階には座敷席もあり、今回はそちらに案内していただいた。 メニューを見てみると、ラーメンの種類の多さに驚かされる! 王道の「味噌」「塩」「醤油」はもちろん「バターラーメン」「スタミナラーメン」「海老ワンタンメン」などもある。 マジで元アイドルのラーメン屋なのか? と疑わざるを得ないほど豊富なラインナップだ。 ということで、そちらを注文。 ほどなく、美人の店員さんが丼を届けにきた。 お~ウマそう~…… って、丼を持ってきたの、 店主の梅澤さんやないかーーーい!? 本人キターーーーー!! その後、ご本人にゆっくりと話をうかがう機会を得られたのだが、その模様をお伝えする前にとりあえず目の前のラーメンをいただきます。 まずは、少し縮れがかった中太麺を丼引っぱり出して、ひとすすりすると…… あぁ~コレ好きなヤツ。 小麦の風味をしっかり感じさせてくれるヤツです。 ツルっとしながらも、モチモチとした食感がたまらない。 その麺と絡み合ってくるのが、熱々のスープ。 透き通っていて綺麗だが、一口と飲むと濃厚な味わい! そしてノド元を過ぎると 味噌の芳醇な香りが鼻から抜ける。 それでいてホッと温かい気持ちになるのは、味噌を愛する日本人の性(さが)でしょうか。 後味は意外にもスッキリだ。 忘れてはならないのがチャーシュー。 噛むほどに広がる旨味……濃厚な味噌スープとの相性バツグンじゃないか。 気が付けば、あっという間に完食……。 ごちそうさまでした。 ・店主の梅澤 愛優香さんにインタビュー さて、食べ終えるとちょうどお昼の営業時間が終わったところだったので、先ほど自らラーメンを届けに来てくれた 元バイトAKBの店主・梅澤 愛優香さんに色々とお話をうかがった。 と、その前にまずは 「バイトAKB」について軽く説明しておこう。 「バイトAKB」とは、某アルバイト求人情報サイトとAKB48によるタイアップ企画であり、 1万人以上の応募の中から約250倍の難関を突破して選ばれた50人のメンバーのことだ。 梅澤さんもそのバイトAKB(一期生)の一人で、2014年8月~2015年2月にかけてアイドル活動をしていたという。 そうそうたるメンバーァァ!! 「(笑)NHK紅白歌合戦のリハーサルステージにも立たせてもらったので、当時の主要メンバーとは大体ご一緒させていただきました。 当時、たかみなさんは総監督でしたが、ステージ上の演出や進行など、物事を誰よりも把握していて、メンバーをとりまとめていました。 ・ラーメン屋「八雲」開業へ 歌やダンスなどの厳しい稽古をしながら国民的アイドルたちと共に華々しいステージに立っていた梅澤さんだが、そんなかたわら、よなよなラーメン作りに精を出していたという。 バイトAKBを卒業した後(2015年2月)もラーメンの試作を重ねていたのですが、2017年にやっと自分の納得のいく味のラーメンが完成したんです。 22歳となった現在は、フランチャイズ店も含めると4店舗の経営者なんですよね? 「そうです。 お客様と接することを大事にしているので注文取りも、調理も、接客も、お会計もします。 まだ22歳だから、ぶっちゃけ遊びたくないですか? 私が22歳のときは、いかに働かずにして遊ぶことを考えていま……というか今(34歳)も考えています。 「……私の場合は、今は自分の好きなラーメンで、自分の納得のいく味で、お客様が笑顔になって喜んでくださっているので……ただただ、それが嬉しいです。 楽しいです」 ぐっ……キラキラしてまぶしい……心の底からラーメン作りが楽しいのだろう。 ・アイドルへの未練、ラーメンへの思いは しかし、せっかく1万人以上の応募をくぐり抜けてAKBグループに入ったのに、もったいないというか……。 バイトAKB卒業後は、そのまま本格的にアイドルへの道を歩もうと思わなかったのだろうか。 もう卒業したとはいえ、一般の人よりはアイドルへの道がまだ開かれているように思うのですが……例えば「アイドルを目指しながら、引き続きラーメンを研究する」という選択肢はなかったのですか? 「そもそも昔から1つのことに集中するタイプなんです。 あっちもこっちもやると集中力が途切れてしまうので。 アイドルとラーメン屋、相通じる部分ってありますか? 「やっぱり、お客さんの顔を見ながら接することですかね。 終始、穏やかに落ち着いた語り口調でインタビューに応じてくれたが、「自分の作ったラーメンでお客様が笑顔になってくれるのが、ただただ嬉しい」と語った時に見せた嬉しそうな表情が非常に印象的だった。

次の