トリスタン 七 つの 大罪。 第24巻 ベートーヴェンとフンメルの七重奏曲、他

第24巻 ベートーヴェンとフンメルの七重奏曲、他

トリスタン 七 つの 大罪

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、クラリネット、ホルン、ファゴットによる七重奏曲で、6楽章からなります。 交響曲第1番と同時期に書かれたこの作品は、第1番と同じく輝かしい響きを持ち、シンフォニックな響きは室内楽というイメージでは収まりきらないほどです。 やはり原曲の室内楽版が持つ柔らかい響きのブレンドが、ピアノ版では失われてしまいますが、輝かしさは増す感じです。 第5楽章のスケルツォでは、高音を活かしたリストならではのアレンジが効果的で、ピアノ曲としての新しい魅力が生まれています。 この編曲には全部で7つの改訂版があるらしく、リストは演奏する度に違うアレンジで演奏していたとのこと。 これはオルガン独奏版もあります。 主旋律の美しさを主体とした小品です。 それ以前にも聴いていたようですが、ブダペストでの演奏により感銘を受けたようです。 原曲は1832年に作曲され、1841年に改訂されています。 全12曲あり、6曲がロッシーニ、残りはタドリーニという作曲家のものとのこと。 勇壮なマーチのような曲です。 リストはこの曲を好んでいたらしく、他にオルガン伴奏を伴うテノール独唱曲(S682)、1860年頃にオルガンとトロンボーンの器楽曲(S679)を作っています。 これが最終バージョンです。 原曲は女声3部の合唱曲で、1844年にパリで初演されたものです。 憶えやすい旋律が魅力的な曲です。 この曲の異稿はすべて第56巻に収められています。 ハワードの解説によると、当時の作曲家達を支援したとのこと。 また新ドイツ楽派の音楽の熱心な支持者だったとのこと。 不穏なイントロ以外は全体的にゆるやかな曲です。 、運命の女神が使う水晶球のようです。 こちらは力強く迫力のある曲です。 エンディングはリスト独自のもの、とのこと。 なかなか技巧的な曲です。 全部で6曲あります。 この短い導入はリストによってつけられたのだと思います。 真中でウェーバーの主題が登場しますが、ほとんどリストによるオリジナルだと思います。 『カフカ、映画に行く』ツィシェラー著( 瀬川祐司訳 みすず書房 )のP98〜P107で、カフカが1912年に無声映画で『テオドーア・ケルナー』というケルナーの生涯を扱った映画を観ていることが紹介されています。 『カフカ、映画に行く』で知ることのできる情報から、ケルナーは、たった23歳しか生きておらず、彼は1813年に詩人、劇作家として成功した年に、リュッツォウの自由部隊に入り戦死してしまったようです(その辺がロマン主義の芸術家達に好まれたのでしょうか)。 ハイドンを思わせる作風です。 編成はフルート、オーボエ、ホルン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ピアノです。 1804〜1811年までアイゼンシュタットのエステルハージー侯の宮廷楽長も務めました。 そのころ、リストの父、アーダムと親交があったようです。 フンメルはシュトゥットガルトの楽長を2年務めた後、ワイマールの宮廷楽長となります。 幼少期のフランツ・リストの教育の為に、アーダムは、ワイマールにいるフンメルに最初依頼をしたのですが、金額が折り合わず、残念ながら、フランツはフンメルに師事することができませんでした。 フンメルは19世紀ロマン主義の台頭に、その存在感を揺るがされた作曲家でした。 フンメルの名声は徐々に下火となっていきます。 ロンドンにおいてはパガニーニの伴奏者をさせられ、フンメルは苦い思いをした、とのこと。 そして1837年にフンメルは死去します。 フンメルが死去して10年後、フランツ・リストはワイマールの宮廷楽長に就任します。 ワイマールにはまだフンメルの家族が住んでいました。 フンメルの家族は、リストによって、フンメルの業績の影が薄れてしまうのを恐れ、リストの就任に徹底して反対しました。 時にはメディアを使って、リストを非難したとのこと。 リストはワイマールの宮廷楽長に就任した年にフンメルの編曲を行っているわけです。 前々任者のフンメルに敬意を表したのでしょうか?それともフンメルの家族達の気を少し和らげようとしたのでしょうか?リストはこの頃に、ワイマールで、若い頃によく演奏したフンメルのピアノ協奏曲を演奏したりもしています。 ベートーヴェンの七重奏曲と異なり、フンメルの七重奏曲は、曲を形作っている中心楽器はピアノとなります。 弦楽や管楽器は装飾的なフレーズや、長音でコード感を強めるような働きをしている場合の方が多いです。 リストのピアノ独奏曲はすべてをピアノで演奏することで重厚な響きの独奏曲となっていると思います。

次の

【元ネタ】メリオダス、エリザベス、ホーク

トリスタン 七 つの 大罪

トリスタンは10歳に メリオダスとエリザベスの息子、トリスタン王子は10歳になり、リオネスの城下町を走っています。 後ろからは城兵がトリスタンを追いかけます。 トリスタンの顔は、メリオダスとエリザベスに良く似てますね。 右目は青色、左目は緑、髪の毛は銀色の長髪です。 右目の青はエリザベス、左目の緑はメリオダス、髪の色はエリザベス、ボサボサの髪質はメリオダスだけど、毛先の方は真っ直ぐでエリザベスっぽい感じです。 トリスタンは、リオネスの人々へ向け、大事件ですよ!と叫びます。 トリスタンと同年代の子供たちは、何の騒ぎだ?と聞き、国を揺るがす悪の計画を知ってしまったとトリスタンは言います。 しかも、そのせいで悪の手先に追われているとトリスタンは言いますが、トリスタンを追いかけているのは城兵です。 トリスタンは、口の軽い侍女から、今夜、城にあの伝説の逆賊、七つの大罪が集まるらしい!と言い、自分は王子として、リオネスの平和を護る聖騎士として、奴らを捕らえる義務があるのだ!と豪語します。 皆に力を貸して欲しいとトリスタンはお願いしますが、晩飯だから帰ると、皆はトリスタンを相手にしません。 一人ででも七つの大罪を捕まえてやる!と、城へ戻るトリスタン。 再び集まった七つの大罪 城に戻ったトリスタンの顔を、後ろから捕まえる母親のエリザベス。 みんなで探したというエリザベスに、大罪人たちが僕のことを!?と警戒するトリスタンに、もちろんそうよ?とエリザベスはクスクス笑います。 トリスタンはエリザベスに、パパ上(メリオダス)と大罪人たちが今夜、王国を転覆させるとの情報が・・・と報告しますが、随分、探し回ったぞ!?と、トリスタンを呼ぶ声が。 トリスタンが声の方を振り返ると、そこには父親のメリオダスと、バン、ゴウセル、キング、ディアンヌが。 ディアンヌは人差し指でトリスタンの頭をポンポンしながら、二人に似てすごく可愛いと言い、キングもトリスタンが可愛いのを認めた上で、オイラ達の子に比べたら・・・と言います。 ゴウセルは、早速トリスタンの闘級を調べ、子供ながらにすごいな、流石は団長と王女の息子だと感心します。 トリスタンはゴウセルから離れ、パパ上(メリオダス)たちが、王国から追われる大罪人であることを知っていると言います。 そして今夜、クーデターを起こすためリオネス王国へ集まったことは、へンディ(ヘンドリクセン)さんや、ハウザーさんにも裏を取ったので、言い逃れは出来ませんよとトリスタン。 メリオダスは、悪い表情をし、指を鳴らしながら言います。 まさかすべてお見通しとはな、褒めてやろう。 だが、知られちまった以上、生かしておくわけにはいかねぇな。 父親が本当に大悪党だったことにショックを受けるトリスタン。 ディアンヌは、まさか本当のこと何も教えてないの?とメリオダスに聞き、その方が面白いじゃんかとメリオダスは答えます。 それを聞いたバンは、俺もやりゃ良かったと悔しがります。 七つの大罪の真実を知る トリスタンはメリオダスに飛びかかり、パパ上(メリオダス)なんか、この聖騎士トリスタンが成敗してくれます!と言い、素手でメリオダスを攻撃しますが、全て片手で受け流すメリオダス。 メリオダスはトリスタンに、お前、聖騎士になりてえのかよ?と聞き、力強く「うん!」と返事をするトリスタン。 悪者を成敗するのが聖騎士だからね!と、得意げにトリスタンは言います。 ディアンヌは、変な親子と笑い、ゴウセルも、団長らしいと言います。 トリスタンは、リオネスを大罪人の好き勝手にはさせない、外に出て尋常に勝負です!と言いますが、エリザベスは、もうそろそろ出ましょうかと言い、メリオダスも、もう時間かと嬉しそうな顔をします。 すっかりおじいちゃんになったバルトラが現れ、ワシも一緒に行くぞ〜いと言い、隣にはスレイダーが。 皆が外へ出ると、花火が上がります。 城の外にはリオネスの人々が集まっており、トリスタンの10歳の誕生日を祝います。 王子、王女がいることに喜ぶ人がいれば、伝説の英雄、七つの大罪の姿に喜ぶ人もいます。 トリスタンと同年代の子達は、自分の誕生を忘れるな!とトリスタンに言います。 エリザベスは、今日はトリスタンの10歳の誕生日だから、お父さんは今日のためにみんなを集めてくれたと説明します。 トリスタンは、パパ上は大悪党の親玉だったってと、信じられない様子ですが、あれを見ればわかるだろと、バンはトリスタンにメリオダスの姿を見せます。 人々から慕われているメリオダスに、本当に大悪党なら、国中の連中にあんなに慕われると思うかよとバンは言います。 ゴウセルはトリスタンの誕生日に、特別な贈り物をあげようと言い、大罪人と呼ばれた「七つの大罪」の真実の物語をトリスタンに見せます。 父親メリオダス、母親エリザベス、そして七つの大罪のこれまでの戦い、真実の物語を見て、涙を流すトリスタン。 続編「黙示録の四騎士」(仮)決定! 後日、メリオダス、エリザベス、トリスタンの三人は草原に出かけます。 そこでメリオダスとトリスタンは組手をしながら話をします。 よくも本気で、自分の父親を大悪党と信じ込めたものだとメリオダスは言い、教えなかったパパ上が悪いんだ!とトリスタン。 エリザベスは二人に、お昼の準備ができたと声を掛け、二人はエリザベスの方へ向かいます。 メリオダスはトリスタンに、お前は一体、どんな大人になっていくことやらと言い、未来のことなんで誰にもわからないよとトリスタンは答えます。 メリオダスは「そうだな」と答えながら、空を見上げながら言います。 逆に言いかえれば、お前の未来は無限に広がっているんだよ、あの空みてーに。 トリスタンは、でもどうせ僕は、王様にならないといけないんでしょ?と聞きますが、別に他のものになりたきゃそれでいいと言います。 もちろん聖騎士だっていいんだぜ?とメリオダスは言いますが、それなら僕もう決まってるよ!とトリスタン。 トリスタンは言います。 「七つの大罪!!」 これで七つの大罪は完結になりますが、七つの大罪の続編、次の世代の物語の制作が決定しているようです。 タイトルは、「黙示録の四騎士(仮)」で、いつからスタートするのかはまだ不明です。

次の

『七つの大罪』堂々の完結!次回作『黙示録の四騎士』(仮)がめちゃくちゃ楽しみな件!

トリスタン 七 つの 大罪

15,592• 3,708• 7,479• 2,017• 217• 1,634• 497• 598• 169• 116• 11,303• 103• 1,478• 1,568• 540• 277• 372• 544• 130• 273• 364• 196• 295• 226• 330• 446• 213• 126• 428• 238• 116• 139• 2,188• 774• 398• 114• 258• 176• 151• 129•

次の