めまい 吐き気。 更年期の吐き気とめまい、その場の対処法と改善のコツ|快適な更年期を過ごす「イソフラボン倶楽部」

耳が原因のめまい(耳鳴りや難聴を伴う場合)

めまい 吐き気

めまいには脳の病気が隠れていることがある めまいには、 耳から神経、脳へと繋がる身体の一部の異常や、血流・血圧の異常によって起こるものと、 心因性といってストレスなどから引き起こされるものがあります。 耳やそれに関わる神経など、身体の中でも特に繊細な部分に関わる問題のため、様々な検査をしたうえで原因を判断します。 めまいで一番怖いのは、 脳神経や脳血管の病気が隠れていることです。 危険なめまいの特徴は以下の通りです。 初めて感じるタイプで、30分以上持続するめまい• ひどい頭痛や吐き気を伴うめまい• 手足の動かしづらさやしびれ、喋りづらさを伴うめまい このような特徴のあるめまいを感じた場合は、なるべく早く医療機関を受診してください。 また、めまいは原因が見つかるまで時間がかかり、治療を始めてもなかなかすぐには改善しないことの多い、難しい症状です。 むやみに 自己判断で治療を中止せず、気長に治療を続けていくことが大切です。 関連記事• めまいの種類は大きく3つ 回転性 回転性のめまいとは、 天井や周囲がぐるぐる回っているように感じるめまいのことです。 耳の器官の異常によって起こることが多く、耳の症状(耳鳴りや難聴など)を伴うことが多くあります。 目を閉じて横になると治まることが多く、吐き気止めや、乗り物用の酔い止めが効くこともあります。 動揺性・浮動性 動揺性あるいは浮動性のめまいでは、めまいを感じるだけでなく、 実際に身体がまっすぐに保てなかったり、ふらつきが起こったりします。 聴力に関係する耳以外の場所(脳や神経など)に関わっているため、頭痛やしびれを伴うこともあります。 身体を動かしたときに、めまいが強く出ることがあり、立ちくらみのようになることもあります。 浮動性のめまいを感じる高齢者の多くが、高血圧や糖尿病などの持病を持っているのも、特徴の一つです。 血圧を調整する機能が衰えているため、普通の人よりめまいが起きやすくなると考えられています。 また、さまざまな薬を飲んでいるため、その飲み合わせや副作用が原因になっていることも考えられます。 新しい薬を飲み始めて短期間でふらふらするようなめまいを感じた場合は、内服を続けるべきかどうか、薬を処方した医師と相談するとよいでしょう。 失神性 「立ち上がる」、「起き上がる」など、頭をそれまでの位置より上に持ち上げたときに、 脳の血流が急激に低下することによって起こります。 身体のふらつきなどの症状や、意識が遠のくような感覚を伴います。 このような場合の症状を一般的に「立ちくらみ」と呼びます。 また、排尿・排便後や、強い痛みを感じたときなど、副交感神経が急激に刺激されたときにも、血圧が急に下がることで、失神性のめまいを生じます。 失神性のめまいが起こったときは、その場に安静にする、頭を低くするなどして、脳への血流を戻すことが必要です。 それでも改善しない場合は、吐き気や便意を催すなどショックに近い症状が現れ、ひどい場合は失神してしまいます。 失神性のめまいは、体質によって起こりやすい人がいます。 なんとなく気分が悪くなり、「めまいが来そうだな」と思ったら、しゃがむ、壁に寄り掛かるなど、 転倒を防ぐために早めの対処をすることが大切です。 めまいの原因 ストレスなどの心因性 ストレスが溜まると、自律神経のうち交感神経が過剰に働いてしまい、自律神経のバランスが乱れます。 心因性のめまいは、 自律神経の乱れによって起こると考えられています。 心因性のめまいは、病気によるものでない分、治療が難しいといわれています。 検査をしても原因がはっきりせず、薬の効果も出づらいことがあります。 さらには、そのような治療経過がストレスとなり、めまいが悪化するといった悪循環に陥りやすい特徴があります。 心因性めまいの種類は、回転性や動揺性など、人によって、また時によってさまざまで、耳鳴りや不眠、頭重感を伴うことも多くあります。 低血圧 なんらかの理由で急激に血圧が下がると、脳への血流も不足します。 それにより、 脳への栄養が不足するため、立ちくらみのタイプのめまいを引き起こします。 また、日ごろから血圧が低い人では、もともと脳の血流が悪いので、少しのきっかけでめまいを起こしやすくなります。 横になるなど安静にすることで自然に回復しますが、安静の後に急激に動かないよう、注意する必要があります。 鉄分不足 鉄分不足の多くは血液を薄くしてしまうため、貧血を引き起こします。 脳への栄養や酸素の運搬が不足してしまうため、少しの運動で立ちくらみのようなめまいを引き起こします。 貧血を起こしている場合、めまいのほかにも少しの運動で動悸がしたり、息切れがしたりします。 スポンサードリンク 生理・生理前 生理前にホルモンバランスの乱れにより、さまざまな不快症状が起こることを、月経前症候群 PMS といいます。 PMSの症状の1つとして、めまいが起こることがあります。 また、 生理中の脱水や貧血によっても、めまいが起こることがあります。 脱水や貧血による場合は、水分摂取によってある程度改善が期待できます。 妊娠・妊娠初期 妊娠中のめまいの原因は、主なものとしては つわりによるものと、 貧血によるものの2つが考えられます。 つわりが起こるメカニズムについては十分に解明されていませんが、ホルモンバランス、代謝の変化、水分量の変化により、さまざまな症状が起こってくるものだとされています。 吐き気や脱水が原因でめまいがあることもあれば、つわりの症状が強くなり脳神経系が乱れることで、めまいが起こることもあります。 妊娠中で薬の使用も制限されるため、つらい症状が長期間になってしまう傾向があります。 また、妊娠中は体液量が増えて血液が希釈されるので、妊婦自身は貧血ぎみになります。 貧血により、脳への血流が相対的に不足するため、失神性のめまいを引き起こすこともあります。 寝不足 人がゆっくり休むには、自律神経のひとつである副交感神経が働くことが必要です。 睡眠が十分にとれず、自律神経に乱れが生じると、浮動性のめまいが起きやすくなります。 疲れ 筋肉の過緊張によって起こる疲れは、さまざまな場所の血流障害を起こします。 血流障害によって、脳にいく血液が不十分になると、浮動性のめまいを起こすことがあります。 また、疲れによって自律神経に乱れを生じた場合もめまいが起きやすくなります。 肩こり 肩から首にかけての筋肉の過緊張を肩こりと呼びますが、 めまいも首付近の筋肉の過緊張から起こることがわかっています。 首の筋肉の緊張で、めまいと肩こりが同時に起こりやすくなります。 病気が原因のめまい 病気が原因となるめまいには次のものが考えられます。 良性発作性頭位めまい症 耳の中の器官の障害によって起こるめまいです。 しばらく目をつぶって横になって安静にしていると多少楽になるのが特徴です。 他の人が目を見ると、左右に眼が揺れる「眼振」という症状が出ることがあります。 動かなければ、 めまいは数分から30分以内におさまってきますが、動くと再度出現します。 緊張型頭痛 このタイプの頭痛は、めまいと同じ、首や目など、頭や首の周辺の筋肉の緊張が原因で起こります。 頭痛が原因でめまいが起こる場合や、めまいが原因で頭痛がひどくなる場合が考えられますが、同じ原因から、頭痛とめまいが独立して起こっている場合も、大いに考えられます。 偏頭痛 片頭痛 偏頭痛の原因はいまだに明らかでなく、症状も様々ですが、めまいのある人のおよそ4割が偏頭痛でも悩んでいます。 逆に、偏頭痛もちの人の2割程度は、めまいの症状も感じています。 偏頭痛にめまいが伴う原因も明らかではありませんが、偏頭痛と思われる頭痛とめまいのどちらにも、重い病気が隠れている場合があります。 急にめまいと頭痛が始まったときは、まずは耳鼻科もしくは脳神経科を受診しましょう。 うつ病や不安障害 うつ病や不安障害に関わる自律神経系と、めまいが関わる前庭神経系は、お互いに作用しあっています。 そのため、 うつ病の人がめまいを感じることがあったり、逆にめまいを感じることでうつ病を引き起こしたり、重くしてしまったりすることがあります。 そのため、めまいを訴える人のうち、 1割程度はうつ病でもあるといわれています。 めまいのことで不安に感じたり、気分が沈んだりする場合は、耳鼻科の主治医に積極的に相談しましょう。 メニエール病 発作のように急にめまいを感じ、起き上がっていることすら難しくなります。 難聴や耳鳴りを伴うことがあり、頭を動かすと吐き気を感じることもあります。 数時間以内に治まることがほとんどですが、この発作を繰り返すと、耳鳴りや難聴が治らなくなってしまいます。 めまいといえばメニエール病というくらい有名な病気ですが、実はそこまで罹患者数は多くありません。 スポンサードリンク 突発性難聴 突然、耳が聞こえなくなったり耳鳴りを感じたりする病気です。 原因はまだよくわかっていませんが、めまいを伴うことがあります。 前庭神経炎 耳から脳へ繋がる、前庭神経というところに炎症が起こることで、めまいを感じます。 動くことも難しいぐらいの強いめまいが、数週間続きます。 風邪を引いたあとに、起こりやすい病気です。 消化管腫瘍 がんがある部分は刺激に弱く、出血に弱いものです。 大腸など消化管にがんがある場合、便に血が付きますが、自分が思っている以上に出血していることがあります。 結果として貧血が起こり、脳への血流が低下し、めまいが起こることがあります。 便に血が付く場合や血交じりの便が出る場合は、たとえ少量でも、明らかな痔や肛門付近の出血でない限り、医療機関を受診しましょう。 脳梗塞 脳内の平衡感覚を司る位置に脳梗塞が起こったとき、めまいを感じることがあります。 平衡感覚を司る部分は、脳内では「脳幹」と呼ばれていて、生命機能に関わる大切な場所です。 そのため、脳梗塞を起こしやすいと医師からいわれている人や、脳梗塞を経験したことがある人が急激にめまいを感じたら、早めに医療機関を受診しましょう。 脳腫瘍 脳梗塞と同じく、脳内の平衡感覚を司る位置に脳腫瘍があるとき、めまいを感じることがあります。 また、聴神経腫瘍といって、脳内にある 聴神経そのものに腫瘍が出来てしまった場合にも、めまいを生じます。 脳腫瘍は、脳のがんです。 ほかの場所のがんが脳に転移して起こる場合と、生まれたときから持っている場合があります。 生まれたときからある脳腫瘍は、場所によって無症状のこともあります。 無症状だった脳腫瘍が急激に大きくなり、今まで正常だった部分を圧迫して急激にめまいや頭痛、吐き気などの症状が出ることが稀にあります。 これらの症状が、急激に出た場合には、急いで医療機関を受診する必要があります。 高血圧症 高血圧の人がめまいを訴えることはよくありますが、高血圧の結果として、めまいが出るかどうかは、医師によって判断が違います。 めまいが起きたときに血圧が高かった、ということはよくありますが、めまいの結果、血圧が高くなっている、と判断することもできるからです。 めまいは、脳血流が低下しているサインである場合があります。 そのため、高血圧の人が、めまいがあるからと、血圧を下げる薬をすぐ飲むと、さらに血圧が下がり危険です。 主治医と相談し、 めまいが重大な病気のサインでないことを検査してもらうとともに、高血圧を伴うめまいの対処法などを確認しておくことが大切です。 関連記事• 起立性低血圧 失神性のめまいを生じる一番の原因です。 収縮期血圧(数値が大きい方)が20mmHg以上下がったとき、と定義されていましたが、高齢者ではそれほど下がっていなくてもめまいを感じることがあります。 起立性調節障害 10歳から16歳頃の思春期に多い種類の病気です。 立ち上がったり体勢を急に変えたりすることで、全身の血流が急激に悪くなってしまいます。 頭の血流が不十分になるため、めまいを感じることがあります。 他にも頭重感や耳鳴りなどの症状を訴えますが、 横になると回復するのが特徴です。 幼い子どもでは訴えがはっきりしないまま横になっていることが多いため、「活発でない、だらけている子ども」と勘違いされやすい病気です。 関連記事• 何科を受診すればよいか。 症状がめまいだけの場合は、耳鼻科を受診しましょう。 高血圧や糖尿病など、持病がある人は、まずは かかりつけ医に相談しましょう。 他科での治療が必要になる場合も、かかりつけ医からの 紹介状(診療情報提供書)があると安心です。 意識を失ったり、手足にしびれが出たりするなど、頭痛・めまい・嘔気嘔吐以外の症状を伴う場合は特に、神経内科もしくは脳神経外科を受診しましょう。 看護師からひとこと めまいは原因がわからないことも多く、根本的な治療が難しい病気です。 そのため、長い間めまいに悩まされる人も多く、とてもはつらいことだと思います。 めまいがあるときは、予定をキャンセルしたり、ゆっくり座れる場所を探すなど、症状が治まるのを待てる環境を作ることが大切です。 また、めまいによってストレスを溜めることのないよう、上手に付き合っていきましょう。

次の

朝のめまいと吐き気の原因は?5つの症状から判断できる

めまい 吐き気

めまいや吐き気の症状って、本当に辛いですよね。 季節の変わり目の寒暖差や気圧の影響で、自律神経の乱れてめまい・吐き気が出やすくなっています。 最近、めまいや吐き気に苦しんでいるツイートをよく見かけます。 読者のみなさんは、大丈夫でしょうか? 今日、朝からめまいひどい。 低気圧? 初めて過ぎてわけわからん。 僕の母も以前、メニエール病にかかったことがあるので、気持ちはとてもよく分かります。 その症状を、市販薬で素早く治せたら良いですよね。 今回は、めまいや吐き気に効果のある市販薬&対処法をご紹介します。 めまいの種類• 回転性・・・天井がぐるぐる回っている状態• 浮動性・・・ふわふわ・ゆらゆら宙に浮いている状態• 動揺性・・・ふらっと立ちくらみする状態 めまいの原因は、脳梗塞や脳溢血など、 脳の異常が原因のもの、メニエール病、突発性難聴など 耳の異常が原因のもの、寝不足やストレスなど、 日常生活が原因のものなど、多岐に渡っています。 めまいが強いからといって、必ずしも重篤な病気が原因だとは限りません。 人によっても感じ方も違います。 めまいそのものの症状と同時に出る症状がどんなものかを把握する方が必要です。 代表的な症状としては、 吐き気・ 嘔吐・ 貧血です。 手足の痺れや、強い頭痛、耳鳴りなどがある場合は、めまいの強さにこだわらず、一刻も早く病院へ行くようにしましょう。 吐き気とは? 吐き気とは、 食べた物を吐き出したくなるような、気持ちが悪く不快な状態を言います。 原因は、 胃炎や 胃潰瘍、 十二指腸潰瘍など、 消化器の異常であることもありますが、 お酒の飲み過ぎや 暴飲暴食、 薬の副作用、不安などの ストレス、 偏頭痛、 乗り物酔い、 つわりなど、多岐に渡ります。 吐き気の症状が出たら、普段のどのような生活習慣があるか思い出してみましょう。 食べ過ぎやストレスで胃に負担をかけているようなら 胃薬を、めまいを伴っていたら 酔い止めの薬など、状態に合わせて市販薬を使い分けましょう。 症状が酷い場合は、早めに病院へ行って医師の適切な診断を受けてください。 めまいと吐き気に効果のある市販薬 乗り物酔い用の薬 めまい・吐き気に効果のある市販薬として、すぐに思いつくのは、乗り物酔いした時に飲む、いわゆる「 吐き気止めの薬」ではないでしょうか。 乗り物に酔い用の薬は、めまい・吐き気全般の症状を、軽減します。 それでは、 ドラッグストアやネットで手軽に買える、乗り物酔い用の市販薬を、ご紹介します。 ドラッグストア・ネットで買える乗り物酔い薬• トラベルミンシリーズ• センパアシリーズ• アネロン 市販薬の中には、眠ることでめまいを軽減させるために、鼻炎薬で使われる、 抗ヒスタミン剤が含まれていることが多いです。 どの商品もシリーズで販売されているように、バリエーションが豊富です。 眠気を抑えたい場合は、カフェインが含まれているもの、 症状が出てから飲んでも効果が発揮されるもの、 お子様用、 チュアブルや 液体のものなど、シチュエーションに合わせて、適切なものを選びましょう。 漢方薬 漢方薬にも、めまい・吐き気に効果があるものがあります。 「 苓桂朮甘湯」は、 病院でもメニエール病と診断された時に、処方されることがあります。 めまい・吐き気に効く漢方薬• 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)・・・ぐるぐる・ふわふわ・立ちくらみ・頭痛・耳鳴り• 五苓散(ごれいさん)・・・急性胃炎・二日酔い• 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)・・・神経性胃炎・喉につかえを感じる時• 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・・・月経痛・月経不順・更年期障害 読者のみなさまは、 漢方薬と言うと、体に負担が少なくて安心なイメージを持たれていませんか? でも、 漢方薬にも副作用があります。 症状は 湿疹や胃の不快感・ 全身倦怠感、 肝機能障害などが引き起こされ、過去には死亡した例もあるのです。 漢方薬は本来、「証(しょう)」「「気・血・水(き・けつ・すい)」などの考え方を元に、その人の体質や状態、症状に合ったものを処方するものです。 市販の漢方薬は、一般の人が安心して使えるようにしてあるものだということを忘れないようにしてください。 めまいに効果が期待的な栄養素・食べ物• ビタミンB12(神経の修復)・・・豚肉・魚介類(しじみ・あさりなど)・レバー• ビタミンE(抗酸化作用・血液循環を良くする)・・・アーモンド・ゴマ・大豆・青魚(うなぎなど)・穀 類・緑黄色野菜• ビタミンC(免疫力UP・自律神経安定・抗酸化作用)・・・レモン・いちご・緑黄色野菜(赤ピーマン・ブロッコリーなど)・じゃがいも• 鉄分・葉酸(貧血性めまいに効果あり)・・・レバー・ほうれん草・ちんげん菜・小松菜・海苔・ひじき・プルーン• 水分・・・スポーツドリンク これだけの食べ物を毎回の食事に取り入れるのは難しいかもしれません。 そんな時は、 サプリメントを活用して、上手に取り入れるようにしましょう。 また、 食事の時間を規則正しくする、などの工夫も必要です。 めまい・吐き気に効果のある運動 めまいにならないよう、日頃から平衡感覚を鍛えましょう。 平衡機能訓練をするのも、効果的です。 あえて三半規管を刺激するように、頭・体を動かします。 フィギュアスケートの選手は、たくさん回転してるのに、めまいをしてないですよね。 それは、毎日スピンやジャンプの練習をしてる間に、三半規管が鍛えられているからです。 リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選• 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ• リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心 リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。 そのコンシェルジュが、 見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。 万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから 1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる• 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる• 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。 現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。 300社以上の登録会社は、 すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。 お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。 1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。 もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。 プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる• 見積り依頼はカンタン60秒で完了• 初心者でも安心して頼めるサイトつくり リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。 歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では 比較的早いうちから推奨していました。 厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。 またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、 お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。 「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

次の

めまいと胃痛を伴う事が特徴的な胃潰瘍

めまい 吐き気

めまいには脳の病気が隠れていることがある めまいには、 耳から神経、脳へと繋がる身体の一部の異常や、血流・血圧の異常によって起こるものと、 心因性といってストレスなどから引き起こされるものがあります。 耳やそれに関わる神経など、身体の中でも特に繊細な部分に関わる問題のため、様々な検査をしたうえで原因を判断します。 めまいで一番怖いのは、 脳神経や脳血管の病気が隠れていることです。 危険なめまいの特徴は以下の通りです。 初めて感じるタイプで、30分以上持続するめまい• ひどい頭痛や吐き気を伴うめまい• 手足の動かしづらさやしびれ、喋りづらさを伴うめまい このような特徴のあるめまいを感じた場合は、なるべく早く医療機関を受診してください。 また、めまいは原因が見つかるまで時間がかかり、治療を始めてもなかなかすぐには改善しないことの多い、難しい症状です。 むやみに 自己判断で治療を中止せず、気長に治療を続けていくことが大切です。 関連記事• めまいの種類は大きく3つ 回転性 回転性のめまいとは、 天井や周囲がぐるぐる回っているように感じるめまいのことです。 耳の器官の異常によって起こることが多く、耳の症状(耳鳴りや難聴など)を伴うことが多くあります。 目を閉じて横になると治まることが多く、吐き気止めや、乗り物用の酔い止めが効くこともあります。 動揺性・浮動性 動揺性あるいは浮動性のめまいでは、めまいを感じるだけでなく、 実際に身体がまっすぐに保てなかったり、ふらつきが起こったりします。 聴力に関係する耳以外の場所(脳や神経など)に関わっているため、頭痛やしびれを伴うこともあります。 身体を動かしたときに、めまいが強く出ることがあり、立ちくらみのようになることもあります。 浮動性のめまいを感じる高齢者の多くが、高血圧や糖尿病などの持病を持っているのも、特徴の一つです。 血圧を調整する機能が衰えているため、普通の人よりめまいが起きやすくなると考えられています。 また、さまざまな薬を飲んでいるため、その飲み合わせや副作用が原因になっていることも考えられます。 新しい薬を飲み始めて短期間でふらふらするようなめまいを感じた場合は、内服を続けるべきかどうか、薬を処方した医師と相談するとよいでしょう。 失神性 「立ち上がる」、「起き上がる」など、頭をそれまでの位置より上に持ち上げたときに、 脳の血流が急激に低下することによって起こります。 身体のふらつきなどの症状や、意識が遠のくような感覚を伴います。 このような場合の症状を一般的に「立ちくらみ」と呼びます。 また、排尿・排便後や、強い痛みを感じたときなど、副交感神経が急激に刺激されたときにも、血圧が急に下がることで、失神性のめまいを生じます。 失神性のめまいが起こったときは、その場に安静にする、頭を低くするなどして、脳への血流を戻すことが必要です。 それでも改善しない場合は、吐き気や便意を催すなどショックに近い症状が現れ、ひどい場合は失神してしまいます。 失神性のめまいは、体質によって起こりやすい人がいます。 なんとなく気分が悪くなり、「めまいが来そうだな」と思ったら、しゃがむ、壁に寄り掛かるなど、 転倒を防ぐために早めの対処をすることが大切です。 めまいの原因 ストレスなどの心因性 ストレスが溜まると、自律神経のうち交感神経が過剰に働いてしまい、自律神経のバランスが乱れます。 心因性のめまいは、 自律神経の乱れによって起こると考えられています。 心因性のめまいは、病気によるものでない分、治療が難しいといわれています。 検査をしても原因がはっきりせず、薬の効果も出づらいことがあります。 さらには、そのような治療経過がストレスとなり、めまいが悪化するといった悪循環に陥りやすい特徴があります。 心因性めまいの種類は、回転性や動揺性など、人によって、また時によってさまざまで、耳鳴りや不眠、頭重感を伴うことも多くあります。 低血圧 なんらかの理由で急激に血圧が下がると、脳への血流も不足します。 それにより、 脳への栄養が不足するため、立ちくらみのタイプのめまいを引き起こします。 また、日ごろから血圧が低い人では、もともと脳の血流が悪いので、少しのきっかけでめまいを起こしやすくなります。 横になるなど安静にすることで自然に回復しますが、安静の後に急激に動かないよう、注意する必要があります。 鉄分不足 鉄分不足の多くは血液を薄くしてしまうため、貧血を引き起こします。 脳への栄養や酸素の運搬が不足してしまうため、少しの運動で立ちくらみのようなめまいを引き起こします。 貧血を起こしている場合、めまいのほかにも少しの運動で動悸がしたり、息切れがしたりします。 スポンサードリンク 生理・生理前 生理前にホルモンバランスの乱れにより、さまざまな不快症状が起こることを、月経前症候群 PMS といいます。 PMSの症状の1つとして、めまいが起こることがあります。 また、 生理中の脱水や貧血によっても、めまいが起こることがあります。 脱水や貧血による場合は、水分摂取によってある程度改善が期待できます。 妊娠・妊娠初期 妊娠中のめまいの原因は、主なものとしては つわりによるものと、 貧血によるものの2つが考えられます。 つわりが起こるメカニズムについては十分に解明されていませんが、ホルモンバランス、代謝の変化、水分量の変化により、さまざまな症状が起こってくるものだとされています。 吐き気や脱水が原因でめまいがあることもあれば、つわりの症状が強くなり脳神経系が乱れることで、めまいが起こることもあります。 妊娠中で薬の使用も制限されるため、つらい症状が長期間になってしまう傾向があります。 また、妊娠中は体液量が増えて血液が希釈されるので、妊婦自身は貧血ぎみになります。 貧血により、脳への血流が相対的に不足するため、失神性のめまいを引き起こすこともあります。 寝不足 人がゆっくり休むには、自律神経のひとつである副交感神経が働くことが必要です。 睡眠が十分にとれず、自律神経に乱れが生じると、浮動性のめまいが起きやすくなります。 疲れ 筋肉の過緊張によって起こる疲れは、さまざまな場所の血流障害を起こします。 血流障害によって、脳にいく血液が不十分になると、浮動性のめまいを起こすことがあります。 また、疲れによって自律神経に乱れを生じた場合もめまいが起きやすくなります。 肩こり 肩から首にかけての筋肉の過緊張を肩こりと呼びますが、 めまいも首付近の筋肉の過緊張から起こることがわかっています。 首の筋肉の緊張で、めまいと肩こりが同時に起こりやすくなります。 病気が原因のめまい 病気が原因となるめまいには次のものが考えられます。 良性発作性頭位めまい症 耳の中の器官の障害によって起こるめまいです。 しばらく目をつぶって横になって安静にしていると多少楽になるのが特徴です。 他の人が目を見ると、左右に眼が揺れる「眼振」という症状が出ることがあります。 動かなければ、 めまいは数分から30分以内におさまってきますが、動くと再度出現します。 緊張型頭痛 このタイプの頭痛は、めまいと同じ、首や目など、頭や首の周辺の筋肉の緊張が原因で起こります。 頭痛が原因でめまいが起こる場合や、めまいが原因で頭痛がひどくなる場合が考えられますが、同じ原因から、頭痛とめまいが独立して起こっている場合も、大いに考えられます。 偏頭痛 片頭痛 偏頭痛の原因はいまだに明らかでなく、症状も様々ですが、めまいのある人のおよそ4割が偏頭痛でも悩んでいます。 逆に、偏頭痛もちの人の2割程度は、めまいの症状も感じています。 偏頭痛にめまいが伴う原因も明らかではありませんが、偏頭痛と思われる頭痛とめまいのどちらにも、重い病気が隠れている場合があります。 急にめまいと頭痛が始まったときは、まずは耳鼻科もしくは脳神経科を受診しましょう。 うつ病や不安障害 うつ病や不安障害に関わる自律神経系と、めまいが関わる前庭神経系は、お互いに作用しあっています。 そのため、 うつ病の人がめまいを感じることがあったり、逆にめまいを感じることでうつ病を引き起こしたり、重くしてしまったりすることがあります。 そのため、めまいを訴える人のうち、 1割程度はうつ病でもあるといわれています。 めまいのことで不安に感じたり、気分が沈んだりする場合は、耳鼻科の主治医に積極的に相談しましょう。 メニエール病 発作のように急にめまいを感じ、起き上がっていることすら難しくなります。 難聴や耳鳴りを伴うことがあり、頭を動かすと吐き気を感じることもあります。 数時間以内に治まることがほとんどですが、この発作を繰り返すと、耳鳴りや難聴が治らなくなってしまいます。 めまいといえばメニエール病というくらい有名な病気ですが、実はそこまで罹患者数は多くありません。 スポンサードリンク 突発性難聴 突然、耳が聞こえなくなったり耳鳴りを感じたりする病気です。 原因はまだよくわかっていませんが、めまいを伴うことがあります。 前庭神経炎 耳から脳へ繋がる、前庭神経というところに炎症が起こることで、めまいを感じます。 動くことも難しいぐらいの強いめまいが、数週間続きます。 風邪を引いたあとに、起こりやすい病気です。 消化管腫瘍 がんがある部分は刺激に弱く、出血に弱いものです。 大腸など消化管にがんがある場合、便に血が付きますが、自分が思っている以上に出血していることがあります。 結果として貧血が起こり、脳への血流が低下し、めまいが起こることがあります。 便に血が付く場合や血交じりの便が出る場合は、たとえ少量でも、明らかな痔や肛門付近の出血でない限り、医療機関を受診しましょう。 脳梗塞 脳内の平衡感覚を司る位置に脳梗塞が起こったとき、めまいを感じることがあります。 平衡感覚を司る部分は、脳内では「脳幹」と呼ばれていて、生命機能に関わる大切な場所です。 そのため、脳梗塞を起こしやすいと医師からいわれている人や、脳梗塞を経験したことがある人が急激にめまいを感じたら、早めに医療機関を受診しましょう。 脳腫瘍 脳梗塞と同じく、脳内の平衡感覚を司る位置に脳腫瘍があるとき、めまいを感じることがあります。 また、聴神経腫瘍といって、脳内にある 聴神経そのものに腫瘍が出来てしまった場合にも、めまいを生じます。 脳腫瘍は、脳のがんです。 ほかの場所のがんが脳に転移して起こる場合と、生まれたときから持っている場合があります。 生まれたときからある脳腫瘍は、場所によって無症状のこともあります。 無症状だった脳腫瘍が急激に大きくなり、今まで正常だった部分を圧迫して急激にめまいや頭痛、吐き気などの症状が出ることが稀にあります。 これらの症状が、急激に出た場合には、急いで医療機関を受診する必要があります。 高血圧症 高血圧の人がめまいを訴えることはよくありますが、高血圧の結果として、めまいが出るかどうかは、医師によって判断が違います。 めまいが起きたときに血圧が高かった、ということはよくありますが、めまいの結果、血圧が高くなっている、と判断することもできるからです。 めまいは、脳血流が低下しているサインである場合があります。 そのため、高血圧の人が、めまいがあるからと、血圧を下げる薬をすぐ飲むと、さらに血圧が下がり危険です。 主治医と相談し、 めまいが重大な病気のサインでないことを検査してもらうとともに、高血圧を伴うめまいの対処法などを確認しておくことが大切です。 関連記事• 起立性低血圧 失神性のめまいを生じる一番の原因です。 収縮期血圧(数値が大きい方)が20mmHg以上下がったとき、と定義されていましたが、高齢者ではそれほど下がっていなくてもめまいを感じることがあります。 起立性調節障害 10歳から16歳頃の思春期に多い種類の病気です。 立ち上がったり体勢を急に変えたりすることで、全身の血流が急激に悪くなってしまいます。 頭の血流が不十分になるため、めまいを感じることがあります。 他にも頭重感や耳鳴りなどの症状を訴えますが、 横になると回復するのが特徴です。 幼い子どもでは訴えがはっきりしないまま横になっていることが多いため、「活発でない、だらけている子ども」と勘違いされやすい病気です。 関連記事• 何科を受診すればよいか。 症状がめまいだけの場合は、耳鼻科を受診しましょう。 高血圧や糖尿病など、持病がある人は、まずは かかりつけ医に相談しましょう。 他科での治療が必要になる場合も、かかりつけ医からの 紹介状(診療情報提供書)があると安心です。 意識を失ったり、手足にしびれが出たりするなど、頭痛・めまい・嘔気嘔吐以外の症状を伴う場合は特に、神経内科もしくは脳神経外科を受診しましょう。 看護師からひとこと めまいは原因がわからないことも多く、根本的な治療が難しい病気です。 そのため、長い間めまいに悩まされる人も多く、とてもはつらいことだと思います。 めまいがあるときは、予定をキャンセルしたり、ゆっくり座れる場所を探すなど、症状が治まるのを待てる環境を作ることが大切です。 また、めまいによってストレスを溜めることのないよう、上手に付き合っていきましょう。

次の