ザラ フィリップス。 ザラ・フィリップス、イギリス王室

ザラ・フィリップスとは

ザラ フィリップス

ザラさんは女王の長女アン王女の娘であり、五輪は、ウィリアム王子やヘンリー王子などと比較すると地味な存在である彼女にも、国際的な注目が集まる機会となった。 そこで今回は、普段はチャールズ皇太子の2人の息子たちの影に隠れがちな、エリザベス女王の「その他の孫たち」について紹介する。 まず、アン王女は、最初の夫であったマーク・フィリップスさんとの間に、長男ピーターさんとザラさんをもうけた。 現在34歳になるピーターさんは、大学卒業後、大手自動車メーカーのジャガー、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドなどで働き、現在は、スポーツ選手や芸能人のエージェント業務などを行うオーストラリアの会社の英支社の社長を務めている。 2008年にはカナダ人の一般女性オータム・ケリーさんと結婚し、既に2人の子供が生まれている。 ザラさんは、母の跡を継いで馬術の道に進み(アン王女も馬術で五輪出場経験がある)、2006年には世界馬術選手権で個人総合優勝を果たした。 2011年にはラグビー選手のマイク・ティンダルさんと結婚し、スポーツ夫婦として話題となった。 2王女は大学から仕事の世界へ アン王女の弟で、エリザベス女王の次男に当たるのがアンドリュー王子。 同王子と離婚した元妻セーラ・ファーガソンさんとの間には、ベアトリス王女(24)とユージェニー王女(22)という2人の娘がいる。 ベアトリス王女は、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジで歴史を学び、2011年に学士の学位を取得。 最近、ロンドンのとあるベンチャー・キャピタル会社に就職し、さらに金融関係の資格を取得するため勉強中であると報道された。 数年前からヴァージン・グループ傘下のヴァージン・ギャラクティック社に勤める男性と交際中である。 一方のユージェニー王女は、芸術史などを学んでいたニューカッスル大学を今年7月に卒業したばかりで、今後は芸術関係の仕事に就くことを希望していると言われる。 2010年から、友人の紹介で知り合った英国人男性と交際中。 最後に、エリザベス女王の末っ子であるエドワード王子は、妻ソフィー妃との間に、長女ルイーズちゃん(8)と長男ジェームズ君(4)をもうけている。 2人ともあまり公の場に姿を現さないが、これは、ルイーズちゃんが先天性の斜視であるため、両親がマスコミの目に晒すのを避けているとの報道もある。 ルイーズちゃんは現在、ウィンザーにある私立校、聖ジョージ校に通っている。 行事続きで人気高まる王室 昨年のウィリアム王子の結婚、今年の女王の即位60周年記念式典と、盛大なイベントが続き、ますます人気が高まっている最近の英国の王室。 ウィリアム王子やその妻キャサリン妃などに比べると、華やかさの点では劣るかもしれないが、本記事で紹介したような少々「マイナー」な王族についても知っておくと、英国の王室をより身近に感じられるようになるかもしれない。 次に大きな王室行事が行われる際は、テレビ中継によく目を凝らして、彼らの姿を画面の端に追ってみてはいかがだろうか。 長女アン王女は、慈善活動を積極的に行っていることなどで知られる。 最初の夫と離婚後、海軍軍人のティモシー・ローレンスさんと再婚。 次男アンドリュー王子は、2人の娘の母親セーラ・ファーガソンさんと1996年に離婚後は独身を貫いている。 末っ子の三男エドワード王子は、4人兄弟の中で最も目立たない存在。 アートやスポーツ関係などの慈善活動を行っている。 (猫山はるこ)• (13 October 2011 vol. 1322)• (7 June 2007 vol. 1099)• (5 May 2011 vol. 1299).

次の

ザラ・フィリップスとは

ザラ フィリップス

エリザベス女王の孫にあたるザラ・フィリップスさん(30)の夫にぼっ発した『浮気騒動』で、お相手の女性の身元が判明したという。 「デイリー・メール」紙が伝えた。 フィリップスさんの夫で、ラグビーのイングランド代表選手であるマイク・ティンダルさんは、結婚からわずか6週間後に、ラグビー『W杯』が行われているニュージーランドのバーでブロンド女性とキスや抱擁を交わすなど親密にしている姿をCCTVカメラにとらえられて騒動になった=写真下=が、このブロンド女性の正体がジェシカ・パーマーさん(29)=同上=で、ティンダルさんの元彼女だったことが明らかにされた(写真は「デイリー・メール」紙より)。 ジェシカさんの祖母で、英国のサマセット在住のジョアン・タートンさんは、「小さなことが大げさに書きたてられて、孫はとても憤慨している。 (ふたりは)数年前につきあっていたが、今は友人で、やましいことは何もない」と訴えている。 英国のバースに住むタートンさんの娘、つまりジェシカさんの母親とその夫も、ジェシカさんを励ますために、ジェシカさんが住むオーストラリアのシドニーへ向かったという。 ジェシカさんは英国のウィルトシャーで両親と暮らしていた2001年、バースのラグビー・チームで活躍していたティンダルさんと知り合い、やがて交際に発展したとされている。 恋人同士ではなくなってからも、ふたりの友人としての関係は続き、今年7月のフィリップスさんとティンダルさんとの結婚式にも、ジェシカさんは参列している。 ティンダルさんの広報担当者は、ジェシカさんは、ティンダルさんとフィリップスさんの両方と友人関係にあることを強調。 しかし、ジェシカさんの友人は、フィリップスさんが、ジェシカさんとティンダルさんの過去のロマンスについてどこまで知っているのかは疑問だと話しているという。 なお、ジェシカさんを大学時代から知るという別の友人は、「3人が友人同士なのは本当」としている。

次の

ザラ・フィリップス

ザラ フィリップス

獲得メダル ザラ・フィリップス 銀 総合馬術団体 ザラ・アン・エリザベス・ティンダル(Zara Anne Elizabeth Tindall (旧姓: フィリップス Phillips)、 - 、38歳)は、の王女である・の第2子・長女で、の孫。 父は マーク・フィリップス ()。 兄にがいる。 2019年5月6日現在、に次ぎ18位。 貴族称号は有しない。 人物 [編集 ] 市内の病院で、アン王女とマーク・フィリップスの間に誕生した。 エリザベス2世女王との初の孫娘であった。 英国王室メンバーも学んだ北部の名門寄宿学校校で学ぶ。 イギリスを代表するの選手であり、にはヨーロッパ総合馬術選手権で個人優勝を果たし、同年12月にはの最優秀スポーツ選手賞に選出された。 これを受け、が授与された。 及びに出場する予定であったが、いずれも愛馬の負傷により参加を断念した。 2010年12月21日に、のラグビー選手マイク・ティンダルとの婚約が発表され 、2011年7月30日にのキャノンゲート教会で結婚式を挙げた。 、の総合馬術団体に出場し、銀メダルを獲得した。 、長女を出産。 ミア・グレース・ティンダルと名付けた。 、次女レイナ・エリザベス・ティンダルを出産。 脚注 [編集 ].

次の