色気 イラスト。 「キャラ別・男のイラスト色気表現」キャラクターの在りようをデザインする「設定」4類型

『このファン』メリッサの新イラスト。お色気作戦は成功するのか!?

色気 イラスト

イラストレーションにおいて、男性キャラクターの美しさ、かっこよさ、セクシーさを表現するポイントは、骨格や筋肉の付き方、仕草、ファッションなど様々な点で女性と異なります。 物語においては、線の細い美少年から筋肉質な格闘家、年齢を重ねた中高年男性など、人生のステージや立場によって、採用されやすい男性キャラクターの類型がいくつかあります。 「」では、「男性の色気」という抽象的で感覚的な概念をイラストとして表現するためのテクニックを紹介。 男性の体の構造と女性との主な違い、男性らしい体つきのバランス、顔と体の各パーツや動きのあるポーズの描き方をはじめ、「美形男子」「ハードボイルド」「格闘系」「ナイスミドル」といった類型ごとの描き分け方までカバーしています。 本記事では、CHAPTER2「男らしい体を学ぶ」より、男性らしい顔のパーツの描き方についての記述を抜粋してご紹介します。 ここでは、男女の顔の作りの違いと各パーツの特徴を解説します。 男性の顔 男性の顔は、角張ってゴツゴツし、各パーツが濃く描かれることが多いです。 目と眉は力強く、鼻は女性よりも大きく、鼻筋が通っています。 張ったエラとシャープな顎が特徴的です。 美形男子の眉は細め、格闘系は太く描きます• 鼻:鼻筋が通り、女性より大きめです• 口:引きしまった真一文字で、唇は薄めに描くのが一般的です 女性の顔 シャープな印象の男性と違い、丸みを感じさせる顔立ちです。 卵形の輪郭に大きなアーモンド型の目が特徴的。 鼻は男性よりも小さく低めで、口元は口角が上がり、唇はふっくらとしています。 頭蓋骨で見る男性の特徴 大きな特徴は額周辺と顎周り。 おでこは平らで眉骨が飛び出しており、顎はしっかりと発達して角張っています。 角度を変えて見た顔の表情 角度を変えて見ると、男性的な特徴が強調されたり、見えなくなる場合があります。 輪郭や目鼻立ち、口がどのように見えるかを把握しておきましょう。 横 横から見ると、平らな額と飛び出た眉骨、通った鼻筋、角張った顎は男性的です。 通常ではまつ毛はあまり描く必要はありませんが、美男子系のジャンルであればきっちり描きましょう• 美しい男性の横顔は、鼻、口、顎の先端が一本のライン上に並ぶように描くとよいとされています• 耳は目と同じ高さに描くとバランスがよくなります 斜め上 斜め上から見ると、頬から顎にかけたシャープな輪郭が特徴的です。 顔の中心線を通る鼻と口元が立体化され、表情がよく見えるアングルです。 縦のラインを意識して、鼻と口の中心部を描くようにします 俯瞰 髪の毛の部分が半分を占め、顔面の間隔が狭まって見えます。 髪の毛の流れやボリュームを意識して描くことが大切です。 眉と目、鼻と口の間隔がほとんどありません あおり 顔の中心線から目、鼻、口が弓状に外側に流れて見えます。 また、下から見た鼻の形は三角形、下顎骨(かがくこつ)はゆるやかな「W」のような形状をしています。 下から見ると、目は顔の球状に沿っているため、垂れ目に見えます 感情表現 口や目を描き分けることで、感情表現が豊かにでき感情の度合いに応じた描き分けができるようにしましょう。 笑顔 目を細めて目尻を下げたり、口は口角を上げたりすることにより、笑顔を作ることができます。 左:口角を上げるだけで微笑んで見えます 中:目をつぶり気味にして目尻を下げると嬉しさも表せます 右:目をやや細め、口を大きく開けることで笑っている表情が作れます 怒り 顔面に力が入った状態で、眉間にシワが寄り、歯を食いしばるなどの特徴が見られます。 左:無表情に近い状態ですが、口角が下がることで不愉快な感情を表します 中:眉頭をよせ、口角を大きく下げることで強い怒りを表現します 右:眉をつり上げ、歯を食いしばった状態は、怒りが爆発したイメージです 悲しみ 目と口角が下がった状態になります。 涙をこぼすことで大きな悲しみを表現できます。 左:目を細め、眉や目尻が下がり気味になることで悲しみを表現します 中:眉や口角を下げたまま、涙を流すことで強い悲しみを表します 右:開いた口を描くことで、感情が抑えられず声を出して泣いている印象になります.

次の

男の色気はどこで決まる?「セクシーさムンムンな男」の特徴7つ

色気 イラスト

この記事の目次• 視界の端からでも漂う色気!色っぽい女性に共通の見た目 色気があるとされる女性の特徴を、まずは見た目からチェックしていきましょう。 唇がツヤツヤでプルプル 色気のある女性と言えば、「唇」を連想する人も多いでしょう。 キスを連想させる部位である唇だからこそ、その部位から色気を感じる人は多くいます。 ツヤツヤでプルプルな唇を見ると、男性はドキッとする色気を感じます。 ちなみに色は赤よりもピンクの方が好ましいと感じる男性が多いようです。 リップグロスや口紅の使い方が上手い女性ほど、パッと見からの色気を感じさせています。 まつ毛が長くて目立つ 美人の特徴と言えば「目が大きくてまつ毛が長い」というのが挙げられますが、色気の感じられる女性は別に目は大きくないこともあります。 むしろ大切なのはまつ毛の方。 長いまつ毛が目を動かすたびにパサパサ動いたり、伏し目がちになったときにまつ毛が影を作っているのが、色気を生み出している大元です。 実際に「すだれまつ毛」と言って、敢えてまつ毛を巻かずに真っ直ぐの状態でマスカラをつけるメイク法もあります。 長いまつ毛が目を縁取っているのが、アンニュイな色気を出しているのです。 顔や体にホクロがある 女性からすれば厄介な存在に感じるかもしれませんが、多くの男性はホクロの位置に色気を感じています。 中でも次の位置にホクロがある人は、色っぽいと称されがち。 目元(泣きボクロ)• 口元や顎• 背中 ホクロは自然と目につきやすいですから、もしホクロの傍に胸や首、唇などがあるとそちらも目に入ってしまいますよね。 ホクロを見ていたら唇に目がいっていた…こんな状況に陥りやすいため、ホクロに色気を感じる人も多いようです。 また、ただ単に「チャームポイント」としてホクロを好きな男性もいますよ。 良い香りが漂っている 女性の色気や容姿を表す「色香」という言葉がありますよね。 文字通り、人は「香り」からは「色気」を感じやすい傾向にあります。 傍に来たときやすれ違ったときにフワッと漂う香りがある女性は、「女性らしい」「色っぽい」と感じられることが多くあります。 特に男性人気があるのは花の香りや石鹸の香り。 逆に香水臭くてきつすぎる臭いは、「色っぽい」というより「ケバい」の対象なので要注意。 メリハリのある体つき 色気のある女性と言えば、セクシーな体つきを連想するでしょう。 ですが別にボン・キュッ・ボンのパーフェクトボディでなくても構いません。 色気のある女性は、「スタイルが良い」というよりも「ボディラインを見せるのが上手」なのです。 例えば女性らしいラインを強調するワンピースや、お尻をふんわり丸く見せるパンツやスカートを履くなど…女性特有の身体のメリハリを見せています。 自分の身体にない部分に惹かれるのは男性も女性も同じこと。 男性の場合、胸やお尻、腰のくびれといった女性らしい部分に色気を感じて強く惹かれるのです。 話していると伝わってくる。 色っぽい女性の言動 ただの第一印象ではなく、実際に話してみることで「この人色っぽいな」と感じさせられること、ありますよね言動から色気を感じさせる女性の特徴を見ていきましょう。 ミステリアスで不思議な雰囲気 お喋りな人よりは、あまり多くを口にしない人に色気を感じることはありますよね。 自分のことを多く語らず、ミステリアスな雰囲気を醸し出している女性を見ると、男性は自然と引き寄せられていきます。 謎めいた部分を持つ女性には、「もっと知りたい」「自分が彼女の謎を解き明かしたい」と狩猟本能を刺激されるのです。 大事な部分は一切明かさずにのらりくらりとかわし続けるような、そんなミステリアスさは大きな魅力。 女性にはお喋りな人が多いからこそ、自分のことを語らない人は尚更目立って見えるのです。 包容力があって聞き上手 話し上手よりも聞き上手な女性の方がモテる…というのは有名な話ですよね。 いつでも話を聞いてくれて、すべてを受け入れてくれるような包容力のある女性は、多くの男性を惹きつけます。 包容力は母性の象徴です。 聞き上手で相手のことを受け入れる母性を見せられると、女性的な雰囲気から色気を感じさせられるのです。 実際、色気のある女性には強い母性が備わっていることがほとんど。 思わず抱きついて甘えたい気分にさせられる、そんな色気を持っているのです。 甘え上手で頼り上手 前述の母性とは相反しているようにも見えますが、色気のある女性の中には「甘え上手」だったり「頼り上手」だったりする一面が見られます。 なんの下心もなくちょっとだけ甘えてきたり、些細な頼みごとをしてきたり。 甘えられたり頼られたりすることで好意を示されると、異性として意識せざるを得ません。 実際、甘えるというのは誰にでもできることではありませんよね。 そんな「特別感」のある距離まで近づかれることで、男性は「手を伸ばせば届きそう」な色気を感じているのです。 礼儀正しく知性がある 色気があるということは、「セクシー」ではあっても「下品」であるというわけではありません。 むしろ洗練された美しさを持っているからこその色気なのであり、貞操観念が低くてだらしがないならそれは「軽そうな女」です。 セクシーな見た目や仕草を見せているのに、所作が礼儀正しくて言葉に血性が感じられる人は、本当に色っぽい女性です。 人としての気品と女性としての美しさ…これらが共存しているのを見ると、何だかドキッとさせられますよね。 こんなに礼儀正しい人にも女性的な一面がある…。 そう思うと、色気を感じざるを得ないのです。 食事のマナーや会話・手紙などでの言葉遣い…。 こんな部分から知性が見られる女性は色気を持っています。 見る人に色気を感じさせる、女性の何気ない仕草や動作 女性の色気は、ちょっとした仕草からもあらわれるものです。 色気の感じられる仕草は次の通り。 髪をかき上げる動作 色気を感じる仕草の王道です。 髪の毛をまとめ直そうとしたときや、邪魔な髪を耳にかけようとしたときなど…。 女性が髪の毛をかき上げるとき、首筋や耳元が少しの間だけ無防備に晒された状態になります。 普段は見えない場所がチラッと覗いて、これが男性にとっては色っぽく映るのです。 また、髪の毛をかき上げるときに髪からふわっと漂うシャンプーの香りに、思わずクラリと着てしまう人もいるようですよ。 上目遣いや流し目など、目の動き 「目力」という言葉もあるように、目には人の心を動かす力があります。 男性の場合は、女性の上目遣いや流し目に弱いようです。 上目遣いは顔を上げずに目だけで上を見る目つきのこと。 上目遣いで見つめると、男性の「守ってあげなきゃ」「甘えさせたい」という気持ちを煽ります。 女性的な可愛らしさ・か弱さを強調する目つきとも言えますね。 これに対して流し目とは、横顔のまま目だけでチラリと相手を見つめる様を言います。 流し目は相手に少しだけしか表情を見せません。 つまりチラリズムと似た状況を作り出すのです。 上目遣いには可愛らしいキュートな色気を、流し目にはアンニュイで艶やかな色気を出す特徴があるのです。 足を組み替える動作 女性の色気をストレートに伝えるのが、足を組み替える動作です。 できれば両足はきちんと揃えておいて、すり合わせるようにして足を組み替えるのがポイント。 女性が足を組み替えるとき、脚のラインや裏腿、ヒップラインまでが強調されてとてもセクシーな光景になります。 パンツスタイルでも脚線美が見られますが、スカートだと「見えそうで見えない」のチラリズムが生まれるのです。 相手がどんな女性でも、足を組み替える動作にはつい目線を寄せ付けられるのが男性の本能。 下品にならないように、あくまで気品を漂わせて足を組み替える女性が色っぽいですよ。 ゆっくりまったりと動く 色気のある女性の動作って、せかせかと忙しないことはありません。 どちらかと言えばまったりのんびりとした動作がほとんど。 動作がゆっくりな人は丁寧な印象を与えます。 女性らしい細やかさが伝わってきて、はんなりとした色気ある美人に見えるのです。 また、動作がゆっくりの方が、些細な手つきや表情の変化を見つけやすくなります。 その中で見つけた指の動きや目つきなどに、些細な色気を感じる男性も少なくありませんよ。 色気を手に入れるにはどうしたら?下品にならないように注意 色気のある女性になるには、色っぽい女性をマネするのが手っ取り早いです。 …ですがもちろん、ただのマネっこでは色気は手に入れられません。 根本を理解していなければ、どんな動作にも色気は宿らないのです。 色気を手に入れるために気をつけたいポイントを、最後にチェックしておきましょう。 女性らしさを意識するのが第一 「色気」の最も根本的な要素は、「女性らしさ」です。 丁寧な仕草も艶っぽいメイクも包容力も、全ては女性らしさを象徴するもの。 色気を見せたければ、繊細で柔らかくか弱い女性らしさを強く意識しましょう。 間違ってもガサツな一面を見せたり、汚い言葉で話をするのはNG。 女性らしさを意識してさえいれば、上に挙げたような色っぽい女性の特徴も自ずと身についていきますよ。 余裕を見せる、持つ いつも忙しなく動いていたり、じっとしていられなくて気が付くと何か発言しているようなことはありませんか?色気とは、押し付けるものではなくて周囲が感じ取るものです。 急いだり焦ったりすることなく余裕を見せている女性ほど、その余裕に男性が色気を見出しています。 逆に忙しない人だと、色気を見出すような隙はありません。 動作がゆっくりまったりとした人から色気が感じられるのも、本人の持つ余裕が由来しているのかもしれませんね。 自分に似合うものを見つける 人が持つ美しさは十人十色。 服やメイク、髪型などは人によって似合う・似合わないがあるのです。 色気を感じさせる女性たちは、自分に似合うものを見つけて自分の魅力を引き出すのがとても上手。 上半身と下半身のどちらを服でアピールするか、たれ目メイクと釣り目メイクのどちらで勝負するか。 こんな選択でいつも自分に合った方を選ぶから、適切な色気を引き出せているのです。 例えば胸元を強調して色気を出す女性がいれば、足を露出して色気を出す女性もいますよね。 自分にどんな色気があるのかさえ理解できていれば、自分から色気を引き出してそれをアピールすることも難しくはなくなります。 色気と下品の違いを知る 色気を目指した結果、セクシーを通り越して下品になってしまう残念な女性は少なくありません。 服の露出を増やせば良いというわけではありませんし、男性にベタベタとボディタッチをすれば良いというわけでもありません。 色気を目指して下品になってしまうと、ただの「軽い女」と思われてしまいます。 だらしがない、下品な女にはならないように、ある程度の気品を保って女性としての色気を出すように注意してくださいね。 色気は本人の魅力の一つ。 自分に似合う色気を身に付けて 色気というのは、誰にでも備わっている魅力の一つです。 自分の魅力に気づいてそれを上手く引き出しさえすれば、自然と「この人、なんか色っぽいな…」と思われるはず。 本人が自覚なしに何気なく見せた仕草や動作こそ、周りは色気を感じているものです。 ですから「色っぽい仕草をしよう!」と意気込むよりは、「私に似合う美しさを身に付けよう」と努力する方が色気は増しますよ。 自分の知識や教養を上手く見せつけて、あなたにしかない色気を手に入れてください。

次の

色気がある女性ってどんな人?地味なのになぜか男性を惹きつける人はここが違う!

色気 イラスト

イラストレーションにおいて、男性キャラクターの美しさ、かっこよさ、セクシーさを表現するポイントは、骨格や筋肉の付き方、仕草、ファッションなど様々な点で女性と異なります。 物語においては、線の細い美少年から筋肉質な格闘家、年齢を重ねた中高年男性など、人生のステージや立場によって、採用されやすい男性キャラクターの類型がいくつかあります。 「」では、「男性の色気」という抽象的で感覚的な概念をイラストとして表現するためのテクニックを紹介。 男性の体の構造と女性との主な違い、男性らしい体つきのバランス、顔と体の各パーツや動きのあるポーズの描き方をはじめ、「美形男子」「ハードボイルド」「格闘系」「ナイスミドル」といった類型ごとの描き分け方までカバーしています。 本記事では、CHAPTER2「男らしい体を学ぶ」より、男性らしい顔のパーツの描き方についての記述を抜粋してご紹介します。 ここでは、男女の顔の作りの違いと各パーツの特徴を解説します。 男性の顔 男性の顔は、角張ってゴツゴツし、各パーツが濃く描かれることが多いです。 目と眉は力強く、鼻は女性よりも大きく、鼻筋が通っています。 張ったエラとシャープな顎が特徴的です。 美形男子の眉は細め、格闘系は太く描きます• 鼻:鼻筋が通り、女性より大きめです• 口:引きしまった真一文字で、唇は薄めに描くのが一般的です 女性の顔 シャープな印象の男性と違い、丸みを感じさせる顔立ちです。 卵形の輪郭に大きなアーモンド型の目が特徴的。 鼻は男性よりも小さく低めで、口元は口角が上がり、唇はふっくらとしています。 頭蓋骨で見る男性の特徴 大きな特徴は額周辺と顎周り。 おでこは平らで眉骨が飛び出しており、顎はしっかりと発達して角張っています。 角度を変えて見た顔の表情 角度を変えて見ると、男性的な特徴が強調されたり、見えなくなる場合があります。 輪郭や目鼻立ち、口がどのように見えるかを把握しておきましょう。 横 横から見ると、平らな額と飛び出た眉骨、通った鼻筋、角張った顎は男性的です。 通常ではまつ毛はあまり描く必要はありませんが、美男子系のジャンルであればきっちり描きましょう• 美しい男性の横顔は、鼻、口、顎の先端が一本のライン上に並ぶように描くとよいとされています• 耳は目と同じ高さに描くとバランスがよくなります 斜め上 斜め上から見ると、頬から顎にかけたシャープな輪郭が特徴的です。 顔の中心線を通る鼻と口元が立体化され、表情がよく見えるアングルです。 縦のラインを意識して、鼻と口の中心部を描くようにします 俯瞰 髪の毛の部分が半分を占め、顔面の間隔が狭まって見えます。 髪の毛の流れやボリュームを意識して描くことが大切です。 眉と目、鼻と口の間隔がほとんどありません あおり 顔の中心線から目、鼻、口が弓状に外側に流れて見えます。 また、下から見た鼻の形は三角形、下顎骨(かがくこつ)はゆるやかな「W」のような形状をしています。 下から見ると、目は顔の球状に沿っているため、垂れ目に見えます 感情表現 口や目を描き分けることで、感情表現が豊かにでき感情の度合いに応じた描き分けができるようにしましょう。 笑顔 目を細めて目尻を下げたり、口は口角を上げたりすることにより、笑顔を作ることができます。 左:口角を上げるだけで微笑んで見えます 中:目をつぶり気味にして目尻を下げると嬉しさも表せます 右:目をやや細め、口を大きく開けることで笑っている表情が作れます 怒り 顔面に力が入った状態で、眉間にシワが寄り、歯を食いしばるなどの特徴が見られます。 左:無表情に近い状態ですが、口角が下がることで不愉快な感情を表します 中:眉頭をよせ、口角を大きく下げることで強い怒りを表現します 右:眉をつり上げ、歯を食いしばった状態は、怒りが爆発したイメージです 悲しみ 目と口角が下がった状態になります。 涙をこぼすことで大きな悲しみを表現できます。 左:目を細め、眉や目尻が下がり気味になることで悲しみを表現します 中:眉や口角を下げたまま、涙を流すことで強い悲しみを表します 右:開いた口を描くことで、感情が抑えられず声を出して泣いている印象になります.

次の