洗濯 槽 クリーナー おすすめ。 洗濯槽クリーナーおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

洗濯槽クリーナーおすすめ人気ランキング20選【2019年最新比較】

洗濯 槽 クリーナー おすすめ

洗濯機の構造は複雑で、掃除をしようと思っても人間の手ではすみずみまで掃除することはできません。 洗濯槽の裏側など、手が届かない部分があるためです。 しかし、洗濯機の掃除をしないと洗濯槽には汚れが蓄積されていき、雑菌やカビを繁殖させていきます。 この雑菌やカビが洗濯時に衣類に付着し、生乾きの臭いになったり、洗濯したのになぜか臭いということになってしまうのです。 洗濯槽クリーナーはそのような事態を防ぐのに役立ちます。 洗濯槽クリーナーを使用すると通常の洗濯機内の掃除では手が届かない、洗濯槽の裏のような目に見えない部分の汚れを落とすことができます。 大切な衣類を守るためにも洗濯槽クリーナーを使用して洗濯槽を洗浄することは定期的に行うようにしましょう。 現在家庭で使用されている洗濯機の種類は縦型、ドラム式、そして二層式の3種類になります。 それに伴って洗濯槽クリーナーも洗濯機のタイプによって異なるもの、全タイプに対応しているタイプのものがあります。 洗濯槽クリーナーを選ぶ際はまず、自宅の洗濯機に対応しているものかを確認するようにしましょう。 使い方を間違うと洗濯機を痛めたり、吹きこぼれたりとトラブルの元になります。 自宅の洗濯機に合ったタイプであること、そして用法を確認してから使用するようにしましょう。 特にドラム型の洗濯槽クリーナーは構造上どうしても吹きこぼれやすくなります。 実際、市販されている洗濯槽クリーナーはドラム型には使用できないと書かれている製品が多くあります。 しかし、ドラム型はドラムが斜めになっている構造上、水が溜まりやすく、そこからカビが繁殖しやすくなります。 ドラム型の洗濯機を使用されている場合はよりこまめなお手入れが必要になるので、ドラム型対応洗濯槽クリーナーをしっかりと把握しておきましょう。 久しぶりに洗濯槽の掃除を行うという場合はつけおき可能な洗濯槽クリーナーを選びましょう。 洗濯槽全体に洗浄成分を行き渡らせ、汚れを完全に除去する効果を高めるためです。 ただし、つけおき可能な洗濯槽クリーナーは時間がしっかりととれる時に使用するようにしましょう。 逆に、忙しくて時間があまり取れないという方はつきおきのいらない製品を選びます。 つけおき不要の製品は専用力が高いタイプが多く、このタイプでつけおきを行うと洗濯機を炒める可能性があるので注意が必要です。 しかし、素早く洗濯槽を綺麗にしたいという場合には非常に役立つ製品になっています。 しかし、基本的にはこびりついた汚れの除去にはじっくりと時間をかけて洗浄力を染み込ませるのが有効な手段です。 縦型の洗濯機であればつけおき可能な洗濯槽クリーナーで一晩つけおきを行うと十分な効果が期待できます。 ドラム式をお使いの場合はつけおきすること自体が難しくなってしまいます。 その場合は洗濯コースのつけおきコースを3回程度繰り返すことでつけおくのと同じ効果を得られます。 この場合は洗濯槽クリーナーの使用量が多くなってしまうので、その点には注意しましょう。 普段からあまり汚れがたまらないように、頻回で洗濯槽クリーナーを使用すれば毎回つけおく必要はありません。 つけおきはあくまで、長い時間をかけて蓄積されてしまった汚れの除去のためなので、定期的に洗濯槽の洗浄を行う癖をつけましょう。

次の

【超強力】メーカーの洗濯槽クリーナーで掃除してみた【おすすめ】

洗濯 槽 クリーナー おすすめ

洗濯槽の洗浄をしていますか?洗濯槽の洗浄は1~2ヶ月に1度が理想ですが、定期的にお手入れしている方は少ないかもしれません。 洗浄をしていない洗濯槽は、汚れ(石鹸カス・皮脂・水垢)や雑菌が付着していて不衛生な状態です。 洗濯槽に汚れや雑菌が付着していると、洗濯物から生乾き臭がしたり洗濯機の中も臭くなります。 洗濯槽に付着している汚れやカビは、酸素系か塩素系のクリーナーで落としましょう。 今回は、『酸素系と塩素系の洗濯槽クリーナーの違いや使い方』などをご紹介します。 洗濯槽を1度も洗浄したことがなく、汚れや雑菌まみれの状態でも洗濯槽クリーナーを使えば一撃です。 洗濯槽クリーナーで清潔な洗濯槽へ戻しましょう。 洗濯槽クリーナーは酸素系と塩素系がありますが、いずれにしても洗濯槽をキレイにしてくれることに変わりはありません。 では、酸素系と塩素系の洗浄クリーナーはどちらを使うべきなのでしょうか?洗濯槽クリーナーを選び方がわからない人は、ぜひ参考にしてください。 【掃除頻度に合わせて酸素系や塩素系を選ぶ】 酸素系の洗濯槽クリーナーは、半年や1年など掃除をほとんどしていない時に使います。 酸素系の洗濯槽クリーナーの主成分は、過炭酸ナトリウムで泡の力で汚れを落とすのが特徴です。 酸素系の洗濯槽クリーナーは塩素系と違い、鼻につくニオイはほとんどありません。 酸素系は薬品臭がないことからニオイが苦手な方でも使うことができます。 一方、塩素系の洗濯槽クリーナーは、1ヶ月~2ヶ月に1回くらいのペースで掃除をしている方におすすめです。 塩素系の洗濯槽クリーナーは、次亜塩素酸ナトリウムが主成分で強力な殺菌効果があります。 また、雑菌やカビの繁殖を抑制する効果も強力で、清潔な洗濯槽をキープしやすいのも特徴です。 ただし、塩素系の洗濯槽クリーナーは鼻につくニオイがあり、不快に感じる方もいるでしょう。 【洗濯機に合う洗濯槽クリーナーを選ぶ】 洗濯機のタイプは、縦型・ドラム式・二槽式の3種類があります。 洗濯槽クリーナーは洗濯機のタイプに合わせて選びましょう。 洗濯機のタイプに合わない洗濯槽クリーナーを選ぶと、洗浄中に吹きこぼれたり故障の原因になります。 特に注意したいのがドラム式洗濯機です。 ドラム式洗濯機は洗浄中にクリーナー液が吹きこぼれしやすいことから、縦型や二層式洗濯機に対応している商品よりも少ないと考えましょう。 【汚れ具合に合わせてつけおきが可能な洗濯槽クリーナーを選ぶ】 洗濯槽の汚れが気になる場合は、つけおきができる洗濯槽クリーナーを選ぶのもいいでしょう。 長時間つけおきをすることで洗浄力がアップし、洗濯槽の隅々までキレイに洗浄できます。 【つけおき対応の洗濯槽クリーナーは粉末と液体がある】 つけおきが可能な洗濯槽クリーナーは粉末と液体がありますが、両者の違いは洗浄剤の溶けやすさと洗濯槽への浸透スピードです。 粉末の洗濯槽クリーナーは、完全に溶けるまでに時間がかかり洗浄液の浸透スピードも遅くなります。 反対に、洗浄剤が水に溶けやすく素早く浸透するのは液体です。 洗濯槽を清潔な状態へ戻すために、酸素系と塩素系の特徴をチェックして違いを理解しましょう。 理由は、酸素系と塩素系はそれぞれ洗浄効果や使用頻度が変わるからです。 【酸素系の特徴】 ・主な成分は過炭酸ナトリウムで殺菌力は塩素系よりも弱い ・泡で汚れを剥がして落とす ・汚れ落ちは確認しやすい ・刺激は弱く鼻につくニオイがない 【塩素系の特徴】 ・主な成分は次亜塩素酸ナトリウムで殺菌力が強い ・汚れを溶かして落とす ・落とした汚れは確認しにくい ・刺激は強くプールのような臭いがする 【洗浄効果】 系統に関係なく洗濯槽クリーナーを使うと、汚れ落としや除菌をすることはできます。 ただ、それぞれ主成分が違うため目的に合わせて使い分けるのもおすすめです。 例えば、生乾き臭をなくしたい時は酸素系が良く、刺激や塩素系のニオイが気になる方は酸素系を使いましょう。 【使用頻度】 酸素系は1~2ヶ月程度に1回・塩素系は半年に1回くらいが目安です。 酸素系と塩素系の洗濯槽クリーナーの違いがわかったら、使い方を詳しく見ていきましょう。 洗濯槽クリーナー基本的な使い方・つけおき方法・効果をご紹介していきます。 数ヶ月や1年くらい洗浄をしていない洗濯槽もキレイになります。 【酸素系の使い方:基本】 35度~40度くらいのお湯を高水位までためて、酸素系の洗濯槽クリーナーを投入しましょう。 次に、標準コースか洗濯槽コースを選びます。 洗濯槽の洗浄・すすぎ・脱水が終われば洗浄完了です。 酸素系の洗濯槽クリーナーは、水よりもお湯の方が発砲力が増します。 洗浄効果をアップさせるために、35度~40度くらいのお湯で洗濯槽を洗浄しましょう。 【酸素系の洗浄効果】 殺菌力は塩素系に比べると弱いですが洗浄効果は同じです。 ただし、酸素系の洗濯槽クリーナーは汚れを剥がして落とすことから、洗浄や除菌に時間がかかります。 【塩素系の使い方:基本】 水を高水位までためたら、塩素系の洗濯槽クリーナーを投入します。 次に、標準コースか洗濯槽コースを選びましょう。 洗濯槽の洗浄・すすぎ・脱水が終われば洗浄完了です。 塩素系の洗濯槽クリーナーは必ず水を使いましょう。 お湯を使うと化学反応を起こしガスが発生します。 【塩素系の洗浄効果】 塩素系の洗濯槽クリーナーは汚れ落ちがわかりにくいですが、洗浄力と殺菌力は最強です。 洗濯槽の汚れや菌などを溶かして黒カビを漂白する効果があります。 ただし、ドラム式洗濯機はつけおきができません(構造上、洗浄剤が吹き出る可能性や故障リスクがあるため)。 【つけおき:縦型や二層式洗濯機】 つけおきタイプの洗濯槽クリーナーを投入し、洗濯槽の洗浄をするところまでは基本的な使い方と同じです。 あとは、数時間待ってからすすぎと脱水を行います。 ドラム式洗濯機をつけおきしたい場合は、基本的な使い方の流れを3回くらい繰り返しましょう。 洗濯槽クリーナーで繰り返し洗浄することで、つけおきの状態と同じような効果があります。 【つけおきの洗浄効果】 つけおきは洗濯槽を洗浄液で浸し続けることで、確実に汚れや雑菌にアプローチできるのがポイントです。 ガンコな汚れを落とし、黒カビとカビ胞子の除去や漂白効果があります。 洗濯槽クリーナーで洗浄した後は、洗濯機のふたを開けて湿気がこもらないようにしましょう。 洗濯機のふたを開けると風通しが良くなり、洗浄後はカビや雑菌の繁殖予防につながります。 しかし、洗濯機のふたを開けたままの状態はホコリが入りやすいことから、ふたを閉める方もいるでしょう。 せっかく洗濯槽クリーナーで洗浄を行っても、洗濯機のふたを閉めてしまうとカビや雑菌の繁殖を促すことになります。 清潔な洗濯槽をできるだけキープするために、クリーナーを使った後は洗濯機のふたを開けて湿気対策をしましょう。 ただし、小さなお子さんがいる家庭は注意しないといけません。 洗濯機のふたを開けたままにしていると、お子さんが洗濯機の中へ入る可能性があります。 特にドラム式洗濯機は要注意です。 洗濯機を洗濯カゴの代わりに使っている方や、洗濯後、衣類などを入れっぱなしにしている方はいませんか?当てはまる方はやめましょう。 汚れた衣類や洗濯後の扱いが間違っていると、洗濯槽クリーナーでキレイにしてもすぐにカビや雑菌が繁殖します。 洗濯機の中へ衣類やタオルなどを入れたままにする行為は、カビや雑菌が繁殖しやすい環境です。 また、カビや雑菌が繁殖するのは洗濯槽だけではありません。 衣類やタオルなどの繊維にもカビや雑菌が発生し生乾き臭の原因になります。 洗濯槽にカビや雑菌を繁殖させないためには、エサとなる汚れや水分をできるだけ残さないことです。 洗濯前の衣類などはカゴに入れる・洗濯後はすぐに洗濯物を取り出すようにしましょう。 洗濯槽をつけおきして洗浄する場合は、つけおきが可能な洗濯槽クリーナーを使います。 理由はつけおきができない洗濯槽クリーナーで洗浄を行うと、洗濯槽が傷む可能性があるからです。 洗濯槽クリーナーは即効性タイプと遅効性タイプがあり、つけおきが可能な洗濯槽クリーナーは遅効性タイプです。 遅効性タイプは長時間、洗濯槽が洗浄液に浸ることを考えて洗濯槽へダメージを与えないようにする成分が含まれています。 もう1つ、パッケージに記載してある放置時間を守りましょう。 つけおき時間を長くしたからと言って、洗濯槽の洗浄効果がアップするわけではありません。 むしろ、記載してある放置時間よりも長くつけおきすると、洗濯槽を傷めるリスクが高まると考えましょう。

次の

洗濯槽クリーナーのおすすめ人気ランキング11選!塩素系・酸素系別でご紹介

洗濯 槽 クリーナー おすすめ

洗濯機の内部は 湿気や洗剤のカス、食べ物やホコリなどのゴミが溜まりやすい場所です。 それをエサとして洗濯槽にカビや雑菌が繫殖すると、清潔に洗濯ができなくなります。 また、黒カビや雑菌が嫌な臭いの原因となる場合も。 だからこそ、洗濯機も 定期的なクリーニングが必要です。 洗濯機のタイプや洗剤の成分、そして使いやすさなどを考慮しながら、定期的に使用したくなる洗濯槽クリーナーを見つけてみましょう。 洗濯槽クリーナーの選び方 まずは、洗濯槽クリーナーの選び方をご紹介します。 洗濯槽クリーナーは「塩素系」や「酸素系」などの成分に着目して選ぶことができます。 それだけでなく、ドラム式洗濯機や縦型洗濯機など、 持っている洗濯機に対応しているか、扱いやすいタイプかどうかも重要なポイントです。 ぜひ、洗濯槽クリーナーを選ぶときの参考にしてみてください。 「塩素系」か「酸素系」か?成分をチェック 洗濯槽クリーナーは、「塩素系」と「酸素系」の2種類に分けられます。 洗濯機の中には洗剤のカスや食べ物の汚れ、ホコリなど雑菌のエサとなるものが多く溜まっています。 そのまま放置することで目に見えない菌が増殖したり黒カビが発生したりする原因に。 そこで活躍するのが「塩素系」の洗濯槽クリーナーです。 主に塩素酸ナトリウムが使われており、 汚れや雑菌を分解する強い殺菌力があります。 今まで洗濯槽を掃除していなかった場合や、一度でしっかりと汚れを落としたい場合に向いています。 一方で、定期的に洗濯槽を掃除している場合やそこまで強い洗浄力を求めていない場合は「酸素系」がおすすめです。 炭酸ナトリウムが主な成分で、 発泡により汚れを剝がし取ります。 使用すると汚れが浮いてくるので、目に見えて確認しやすいところも特徴です。 「粉末」や「液体」などのタイプをチェック 使いやすさを左右するのが 粉末や液体などといった洗濯槽クリーナーのタイプです。 粉末タイプは、少し時間を置き、洗濯槽の汚れを隅々まで落としたい場合や「つけ置き」をする場合におすすめです。 しかし、粉末状になっている成分を水に溶かさないといけないので、短時間でクリーニングを済ませたい場合には向いていません。 一方で、液体タイプは水に溶けやすく手軽に使えるところが特徴です。 塩素系の場合も液体タイプなら指定分量を注ぐだけなので、手や衣服を汚すことが少なく安全に使えます。 他にも、使用頻度に合わせて使い切りタイプや大容量タイプなどもチェックしてみると、洗剤の保管もしやすく無駄なく使えるでしょう。 対応している洗濯機かどうかもポイント 洗濯機の種類によっては、使用できる洗濯槽クリーナーが限られます。 ドラム式洗濯機や縦型洗濯機などそれぞれの種類によって、ドラムの形状や材質が異なるためです。 非対応の洗濯槽クリーナーを使ってしまうと十分に洗浄できないだけでなく、 洗濯機の故障につながる可能性も。 どのタイプの洗濯機に対応しているのかはパッケージに記載されているので、購入時にチェックするといいでしょう。 とくに、ドラム式の場合は、 使用できるメーカーを指定しているケースもあります。 また、洗濯槽の内部に付いているゴミ取りネットの洗浄に使える商品と使えない商品があるところも、チェックしたいポイントです。 ゴミ取りネットに対応していない場合は、洗濯槽クリーナーを使用する前に取り外すようにしましょう。 【酸素系】おすすめ洗濯槽クリーナー5選 まずは、酸素系の洗濯槽クリーナーを厳選してご紹介します。 酸素系の商品はどちらかというと、 時間をかけてゆっくりと汚れをはがす商品が多いです。 その分、環境や素肌にやさしい成分にこだわっている商品も。 とくに、成分や香りを重要視したい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。 シャボン玉せっけん• 無添加 シャボン玉 洗たく槽クリーナー 500g• 3個 税込み1,650円• つけ置きで汚れをしっかり除去• 洗濯槽の裏側に隠れた黒カビや汚れまで洗浄します。 洗浄成分は無添加シャボン玉石けんと酵素系の漂白剤、重曹を配合。 プラスチック槽・ステンレス槽のどちらにも使えます。 「シャボン玉せっけん洗たく槽クリーナー」は過炭酸ナトリウムや重曹を主成分とした、 環境に優しい洗濯槽クリーナーです。 原料には天然系の成分を使用して、無添加にこだわっています。 合成界面活性剤や塩素、香料を使っていないので、クリーニング中の臭いも気になりません。 ゆっくりと3時間~4時間つけ置きをすることで、洗濯槽の裏側にある黒カビや汚れをしっかり剝がします。 除菌効果もあるので定期的なお手入れに使用するのがおすすめです。 また、1回分の使い切りタイプとなっているので、保管するスペースを取りません。 ドラム式洗濯機には使えませんが、ステンレス槽とプラスチック槽の両方で使えます。 アリエール 洗たく槽クリーナー サイエンスプラス• 3個 税込み548円• 除菌や消臭を重視したい場合に• 活性酵素パワーでカビ胞子を99. ファブリーズとの共同開発で消臭効果も期待できます。 塩素系非使用の粉末状なので洗濯槽に残りにくく、使用後すぐに洗濯できます。 つけ置きなしで手軽に使える、酸素系の洗濯槽クリーナーです。 「アリエール洗たく槽クリーナー サイエンスプラス」は1回分の使い切りタイプで、粉末状のクリーナーを洗濯槽に注ぐだけで準備完了!洗濯の標準コースを1度回すだけで、あっという間に洗浄が終わります。 独自の活性酸素成分を配合しており、目に見えない雑菌やカビを分解してくれます。 ステンレス槽では、カビ胞子除去率が99. また、ファブリーズと共同開発しているので、洗濯後の臭いの原因となるカビや雑菌にもアプローチします。 汚れを落とすだけでなく、 除菌や消臭を重視したい人にもおすすめです。 LEC(レック)• 洗濯槽の激落ちくん• 4個セット 税込み757円• ドラム式洗濯機でも使える• カビの胞子だけでなくカビの菌糸まで根こそぎ除菌。 カビの根まで除去するクリーナーです。 ステンレス槽とプラスチック槽に加えてドラム式洗濯機にも使えます。 黒カビが繰り返しできてしまうのは、カビの胞子を除去してもカビの菌糸までは取り除けていないから。 「レック洗濯槽の激落ちくん」は、カビの菌糸に着目し独自の漂白活性化剤を配合しているところが特徴です。 黒カビ菌糸除去率99. また、洗浄力は高くても塩素系ではないので、香りなどが気になりません。 洗濯槽の汚れがひどい場合には、お湯を利用して3時間ほどつけ置きをすると頑固な汚れもスッキリ除去できます。 ドラム式洗濯機を始め、洗濯機の種類を問わず利用できるところも大きな魅力です。 SARAYA(サラヤ)• arau. (アラウ)洗濯槽クリーナー• 3個 税込み1,222円• 100%植物原料を使用した優しいクリーナー• 植物原料100%の無添加せっけんと天然ハーブを配合。 合成界面活性剤不使用でヤシ油とパーム油からつくられた植物性のやさしい純せっけん成分のクリーナーです。 「arau. 洗濯槽クリーナー」 は環境と素肌にやさしい 100%植物由来の原料にこだわった、洗濯槽クリーナーです。 合成界面活性剤や保存料、化学香料を使用していないので、1ヶ月に1回など定期的なお手入れにも、安心して使用できます。 天然ハーブのスペアミントの香りで、洗濯槽のこもった臭いをリフレッシュできるところも嬉しいポイントです。 ぬるま湯を使い2時間~4時間つけ置きすることで、酸素系の洗浄成分が洗濯槽の裏側に潜む黒カビや雑菌をしっかりと除去。 1回のクリーニングで、気になる汚れがスッキリ!1回の使い切りタイプなので、計量などの手間も省けます。 ヱスケー石鹼• すっきり洗濯槽クリーナー• 税込み1,242円• 環境に配慮した洗濯槽クリーナー• 塩素や合成界面活性剤を使わず、過炭酸ナトリウムの発泡パワーで汚れを落とす環境に配慮したクリーナーです。 プラスチック槽、ステンレス槽どちらにも使えます。 約100年もの歴史を持つ、老舗の石鹸メーカーの商品です。 「ヱスケー石鹼すっきり洗濯槽クリーナー 」は、漂白剤として過炭酸ナトリウムを、洗浄成分として脂肪酸ナトリウムを配合しています。 余分な成分を配合しておらず、環境にやさしいところが特徴です。 塩素系の香りが苦手な人や素肌にもやさしい洗濯槽クリーナーを探している人におすすめです。 粒子の細かい粉末タイプなので水に溶けやすく、洗濯槽内部の黒カビや蓄積している汚れをはがしてくれます。 また、 使い切りサイズの個包装となっているので、ストックしておくときにも便利です。 一方で、ドラム式洗濯機には使えないので、注意しましょう。 純閃堂• カビ取り侍洗濯槽用• 税込み1,980円• 強力な汚れもおまかせ!• 洗剤を研究する博士が開発した黒カビ専用の強力なカビ取り洗濯槽クリーナーです。 有効成分を高濃度に配合し、深部の強力な黒カビまで分解・除去・洗浄します。 カビ取り専門店から発売されている塩素系の強力な洗濯槽クリーナーです。 「純閃堂カビ取り侍洗濯槽用」は洗剤の濃度が高く塩素酸ナトリウムの他にも特殊な成分を配合しており、洗濯槽の深部に溜まった黒カビや雑菌をスッキリと落とします。 ドラム式や縦型、二層式など種類を問わず使用でき、長年愛用している洗濯機の汚れを取り除きたい場合や黒カビ、カビの臭いを防ぎたい場合におすすめです。 防カビ剤も配合されているので、ステンレス製の洗濯槽にも安心して使えます。 また、 ゴミ取りネットの汚れや雑菌まで落とせるので、これ1つで洗濯機のお手入れが完了するところも嬉しいポイントです。 エステー• 洗浄力洗たく槽クリーナー• 2個 税込み393円• 約3分でスッキリ!使い方が簡単• 3分で洗たく槽のカビを除去してくれます。 再付着防止剤配合ではがれたカビも洗たく槽に付きにくくなっています。 くずとりネットもしっかり除菌してくれます。 「エステー洗浄力洗たく槽クリーナー」は時間をかけないで、黒カビや雑菌を隅々まで除去したい人におすすめの商品です。 洗いからすすぎまで 約3分の運転で、洗濯槽に溜まった汚れを落とします。 水酸化ナトリウムなどを配合しておりカビ胞子除去率は99. また、再付着防止剤も使用しているので、剝がれた黒カビや雑菌がもう一度洗濯槽に付着する心配がありません。 液体タイプで使いやすく、ドラム式や縦型洗濯機など種類を問わず使えるところも魅力的です。 ゴミ取りネットにも使えるので、洗濯槽をリフレッシュすることができますよ。 ジョンソン• 洗たく槽カビキラー• 3個 743円• 洗浄と除菌が同時にできる• 独自の浸透成分ではりついたカビも細かく強力に分解し、目に見えない菌もしっかりと除菌します。 防サビ成分を配合しステンレス槽にも安心して使えます。 次亜塩素酸塩や水酸化ナトリウムなどを主な成分に、洗濯槽の裏側にこびりついた汚れまでしっかりと除去してくれます。 ヌメリや黒カビ、雑菌を分解するだけでなく、同時に 除菌や消臭もできるところが特徴です。 また、「ジョンソン洗たく槽カビキラー」は独自の浸透成分が素早く作用するので、つけ置きをする必要もありません。 短時間でお洗濯から洗濯機のクリーニングまで済ませたい人にも向いています。 ドラム式洗濯機や縦型洗濯機など、種類問わず使えるところもポイント。 液体タイプなので必要な分だけ使用し、使わないときはキャップをしておけば清潔な状態で保管できます。 パナソニック• 洗濯槽クリーナーN-W1• 税込み2,178円• 電機メーカーの洗濯槽クリーナー• 洗濯機を知り尽くしたパナソニックの洗濯槽クリーナーです。 洗濯槽の裏側に付着した石けんカスや黒カビを洗浄します。 「パナソニック洗濯槽クリーナーN-W1」 は、洗濯機のことを知り尽くした電機メーカーから発売されている商品です。 パナソニック以外のメーカーにも使えるのはもちろんのこと、ステンレス槽、プラスチック槽ともに使用できます。 5Lの容器1本でクリーニング1回分となっており、洗濯槽の裏側についた黒カビや雑菌、臭いの原因を分解し清潔な状態へと戻してくれます。 しつこい汚れをしっかり分解してくれるので、あまりお手入れをしていなかった場合や気になる汚れを落としたいときにおすすめです。 液体タイプなので扱いやすく、洗濯機に注ぐだけで手軽に利用できます。 NIITAKA(ニイタカ)• 洗たく槽カビクリーナー• 税込み1,235円• 大容量タイプで定期的なお手入れに• 業務用洗剤メーカーがつくった大容量の高濃度液体タイプのクリーナーです。 しつこい汚れもしっかりと分解し消臭効果も期待できます。 「NIITAKA(ニイタカ)洗たく槽カビクリーナー」 は、業務用洗剤メーカーが作った縦型洗濯機専用のクリーナーです。 大容量タイプとなっており、半年に1回お手入れができるように日にちが書き込めるシールがついています。 濃度が濃く、 1回のクリーニングで黒カビや雑菌をしっかりと取り除けるところが特徴。 消臭もできるので、嫌な臭いの予防にもつながります。 液体タイプとなっており、適量を注いで5時間~11時間つけ置きします。 その間にしつこい汚れもしっかりと分解してくれるので、1度の使用でも効果が期待できますよ。 普段のお手入れと併せて、年に数回のスペシャルケアとしておすすめです。

次の