確定 申告 医療 費 控除 添付 書類。 確定申告の医療費控除に必要なものと提出書類とフォーマット 郵送と提出

確定申告に必要な添付書類 <場合別一覧まとめ>

確定 申告 医療 費 控除 添付 書類

そもそも医療費控除とはなんなのでしょうか? ざっくりと「たくさん医療費を支払ったら、申告をすることで、お金がいくらか戻ってくる」と覚えている人が多いのではないでしょうか。 国税庁のホームページには「自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることができる」とあります。 「自己または自己と生計を一にする配偶者やその他の親族」とは、主に一緒に住んでいる家族、扶養に入っている家族などを指します。 対象となる医療費は、毎年1月1日から12月31日までで計算されます。 1年間で支払った医療費の総額が10万円を超えるか、あるいは、申告者の所得が200万円未満の場合は所得の5%を超えた場合に申告ができます。 確定申告をすることで、所得税の一部が還付(戻ってくること)されるほか、新しい年度(6月から新年度に切り替え)の住民税額を減らすことができます。 1年間にかかった医療費の総額が計算できたら、実際どれくらい税金が戻るのか、簡単に計算してみましょう。 医療費控除を含む還付金の申告は、該当の年から5年間行うことができます。 例えば、平成25年(2013年)分については、平成30年(2018年)12月31日まで申告することができます。 諦めずに遡って申告することで、きちんと還付を受けることができますよ。 【参考】 以上、医療費控除の申告にまつわる基礎的な知識についてお届けしました。 少しずつ簡素化している医療費控除の申告。 払い過ぎた税金の還付は当然の権利であっても、忘れた頃に銀行に振り込まれるとちょっと得をした気持ちになりますよね。 こまめに領収書の整理をして、申告に備えておきましょう。

次の

医療費控除の必要書類はどんなものがあるの?種類は?注意点は?

確定 申告 医療 費 控除 添付 書類

個人事業主が確定申告の手続きを行う際には、確定申告書のみならず、申告内容に応じた書類を提出、または提示しなければなりません。 たとえば、医療費控除の適用を受ける場合には、医療費の明細書の提出が必要です。 ただし、添付書類の扱いは多岐にわたります。 コピーでは受け付けてもらえないもの、提出だけではなく見せるだけでも良いもの、実は添付が不要なものなど、さまざまなのです。 今回は、個人事業主が所得税の確定申告をする際の添付書類の扱いについて解説します。 確定申告の必要書類の提出方法 確定申告書に添付する書類の提出、提示方法には3つのパターンがあります。 (1)申告書と一緒に提出する (例)青色申告者用の青色申告決算書、白色申告者用の収支内訳書など 確定申告書とセットで提出しましょう。 なお、ホチキスなどで書類を留める際は、確定申告書がOCR(光学文字認識)処理されるため、確定申告書B第一表の左上、右上、左下の3カ所にある、黒い四角部分をふさがないように注意しましょう。 (2)添付書類台紙に貼って申告書と一緒に提出する (例)給与所得の源泉徴収票、公的年金の源泉徴収票など 書類を台紙等へ貼り付け、確定申告書とともに提出しましょう。 添付書類台紙は、税務署が配布している確定申告書一式に同封されているほか、国税庁ウェブサイトからもダウンロードできます。 書類を貼るスペースが不足した場合は、コピー用紙などで代用も可能です。 (3)添付書類台紙に貼って申告書と一緒に提出するか、提出の際に提示する (例)生命保険料控除証明書、医療費の明細書、本人確認書類など 書類を台紙等に貼り付け、確定申告書とともに提出するか、または確定申告書を提出する際に提示します。 台紙に貼り付ける方法は(2)と同じです。 提示とは、確定申告書を税務署に持参して提出する際に、税務署員に確認してもらう方法です。 原本は持ち帰ることができるため、書類が後日必要になる場合などは、この方法を選択しましょう。 確定申告書を郵送で提出する場合でも、提示が認められている書類は後日、返却してもらえます。 郵送する確定申告書に、下記を同封してください。 該当する書類について返却を希望する旨の書面• 返信用封筒• 返送してもらうのに必要な金額の切手 申告内容別の提出(添付)書類一覧 必要な提出・添付書類は、確定申告書で記入した欄に応じて決まります。 「確定申告書B 第一表」を参照しながら、どの欄に記入した場合にはどんな書類が必要なのかを確認しましょう。 提出、提示方法と書類の入手元についてもまとめました。 政治献金の場合は、選挙管理委員などの確認印が押印された「寄附金(税額)控除のための書類」の提出が必要です。 「(3)税金の計算」に関連する下記項目の控除については、必要な書類の条件がより詳細に決められています。 税務署に備え付けられているリーフレット、または国税庁ウェブサイトの該当ページで確認しましょう。 また、損益の通算の計算書や、上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除用の申告書付表など、確定申告書に「計算書(計算明細書)」や「付表」を使用した場合は、申告書と一緒に提出する必要があります。 提出・添付が不要な書類 提出(添付)が必要そうで、実は必要のない書類もあります。 勘違いしがちな書類についてまとめました。 総勘定元帳などの帳簿や、売り上げ、必要経費に関する領収書、請求書などの書類 原則として、これらの書類を確定申告時に提出する必要はありません。 ただし、帳簿書類は最大7年間の保存が法律によって定められています。 もし税務調査に入られた時にも提示を求められますので、大切に保管するようにしましょう。 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書 生命保険の満期金や解約返戻金などが記載された明細 外交員、ライター、デザイナー、プロスポーツ選手などの場合、売り上げ先から支払調書が配付される場合もあります。 また、生命保険などを解約した場合には、解約返戻金などが記載された明細が送付されてくることが一般的です。 これらの法定調書は、金額が一定額を超えると、売り上げ先や生命保険会社などによって、直接、税務署へ提出されます。 そのため、申告者は受け取った金額を間違いなく確定申告書に記入していればOK。 支払調書や一時所得に関する明細書そのものは、提出する必要がありません。 国民健康保険料に関する書類 社会保険料控除の適用を受ける際、書類の提出、提示が必要になるのは、「国民年金保険料」または「国民年金基金の掛金」のみです。 国民健康保険料は、領収書や自治体が証明する払込金額を元に、その金額を確定申告書へ記入すればよく、証明書を提出、提示する必要はありません。 医療費の領収書 2017年分の確定申告から、医療費控除を受ける際の「領収書」の添付が不要になりました(2019年までの確定申告までは医療費の領収書を添付しても受付けてもらえます)。 ただし、自宅で5年間の保存が義務付けられているため、注意が必要です。 医療費控除を受ける場合には「医療費控除の明細書」、セルフメディケーション税制の適用を受ける場合は「セルフメディケーション税制の明細書」のみを添付しましょう。 必要書類を提出しなかった場合はどうすればいい? 確定申告の際に必要だった書類について、提出漏れがあった場合は、速やかに管轄の税務署に連絡をしてください。 書類の提出について確認したうえで、対応しましょう。 書類を提出せずに放置しておくと、電話や「お尋ね」のような件名の文書で税務署から問い合わせが入る場合もあります。 税務署からの問い合わせは期限を設けられているケースが多いため、可能な限り、すぐに対応するようにしましょう。 e-Taxを利用して確定申告をした場合、添付書類の扱いについては以下のように定められています。 (1)書面に代えてe-Taxで送信できる書類がある 白色申告者用の収支内訳書や青色申告者用の青色申告決算書などは、e-Taxから送信すれば書面を提出、提示する必要がありません。 e-Taxからの送信が利用可能な手続きは、毎年変更の生じる場合があります。 e-Taxのホームページから各年の利用可能手続(所得税確定申告等)をご確認ください。 それらは、税務署へ直接、または郵送で提出、提示しましょう。 e-Taxを利用して申告データを送信したあとに、受付結果が通知されます。 通知を確認後に表示できる「申告書等送信票(兼送付書)」を印刷し、必要な書類とともに税務署に提出、提示してください。 ただし法定申告期限から5年間は、入力内容を確認するために、税務署から書類の提出、提示を求められることもあります。 この求めに応じないと、確定申告書への添付や提示がなかったものとして取り扱われますので、書類は必ず保管しておきましょう。 対象となる第三者作成書類• 給与所得者の特定支出の控除の特例に係る支出の証明書• 個人の外国税額控除に係る証明書• 雑損控除の証明書• 医療費の領収書• 社会保険料控除の証明書• 小規模企業共済等掛金控除の証明書• 生命保険料控除の証明書• 地震保険料控除の証明書• 寄附金控除の証明書• 勤労学生控除の証明書• 給与所得、退職所得及び公的年金等の源泉徴収票• オープン型の証券投資信託の収益の分配の支払通知書、配当等とみなされる金額の支払通知書、上場株式配当等の支払通知書(注2)• 住宅借入金等特別控除に係る借入金年末残高証明書(適用2年目以降のもの)• バリアフリー改修特別控除に係る借入金年末残高証明書(適用2年目以降のもの)(注1)• 省エネ改修特別控除に係る借入金年末残高証明書(適用2年目以降のもの)(注2)• 特定口座年間取引報告書• 政党等寄附金特別控除の証明書 注1 2008年分以後の所得税について適用となります。 注2 2009年分以後の所得税について適用となります。 注3 2011年分以後の所得税について適用となります。 出典:e-Taxウェブサイト (4)2017年1月4日以降は、PDF形式のイメージデータでe-Taxによる送信が可能に (1)と(3)に該当せず、税務署に提出、提示する必要のある書類は、2017年1月4日以降、PDF形式でe-Taxから送信できるようになりました。 これらも、法定申告期限から5年間は入力内容を確認するため、税務署から書類の提出、提示を求められることがあります。 書類は必ず保管しておいてください。 なお、イメージデータによる送信が可能な書類は、e-Taxのホームページからご確認ください。 ただし、書類の種類が増えるほど処理は煩雑になりがち。 確定申告の際は、記事内の表を参考にしてみてください。

次の

確定申告での医療費控除の添付書類変更|今まで通り領収証を送っちゃダメなんすか?

確定 申告 医療 費 控除 添付 書類

(写真=PIXTA) 医療費控除とは、1月1日から12月31日までに支払った医療費が一定額を超えると、その金額を所得金額から差し引くことができる制度です。 医療費控除として差し引くことのできる金額は、下記の計算式で求めることができます。 例えば、所得の合計が100万円の人であれば、その5%である5万円を差し引いた金額を医療費控除にすることができます。 2017年分の確定申告から変わった医療費控除 (写真=PIXTA) ポイント1、領収書の提出から明細書の添付へ 2017年分以後の所得税の確定申告より、医療費の領収書の提出は不要になりました。 その代わり、領収書の提出に代えて、医療費控除の明細書を提出することになりました。 医療費控除の明細書は、医療費の領収書に基づいて病院や薬局の名前、医療費の金額等を記入する書類です。 国税庁のホームページより明細書の様式をダウンロードできますが、確定申告書作成コーナーから確定申告書を作成すれば、医療費控除の明細書の内容が自動で確定申告書に反映されます。 ポイント2、セルフメディケーション税制が新設 セルフメディケーション税制とは、定期健康診や予防接種など、健康のため、病気予防のために取り組みをしている人を対象として新設された制度です。 その年中に支払った医薬品等の購入額が1万2,000円を超えると、超えた金額に対して医療費控除を受けられます。 (最高8万8,000円) セルフメディケーション税制は医療費控除の特例であり、通常の医療費控除と併用することができません。 どちらか一方の制度を選択することになります。 セルフメディケーション税制は、2017年1月1日から2021年12月31日までの間に支払った医薬品等の購入費用が医療費控除の対象となります。 医療費控除の明細書の書き方 (写真=PIXTA) 医療費控除の明細書は、「1医療費通知に関する事項」、「2医療費 上記1以外 の明細」、「3控除額の計算」の3つの項目から成り立っています。 まず、「1医療費通知に関する事項」は、健康保険組合等が発行する医療費に関する「お知らせ」を添付する場合に記入します。 受診した病院や医療費が記載された「医療費のお知らせ」が会社で配られたり、自宅に届いたりしていないでしょうか。 そのお知らせを添付すれば、「1医療費通知に関する事項」に金額を記入するのみで、明細の記入は不要です。 お知らせが複数枚ある場合は、合計額を記入します。 「医療費のお知らせ」が送られてくる時期は? 「医療費のお知らせ」が送付される時期は、健康保険組合によって異なり、国民健康保険の場合は自治体によって異なります。 例えば、協会健保の場合、2019年では1月15日に発送されました。 しかし、お知らせに記載されている内容は2018年11月から2019年9月受診分でした。 10月から12月受診分については、お知らせに記載されていませんから、自分で明細を作成する必要があります。 なお、WEBサイトで「医療費のお知らせ」を見ることができる健康保険組合もあります。 自分が加入している健康保険組合に閲覧できるサービスがあるか、健康保険組合のホームページ等で確認してみましょう。 「医療費のお知らせ」に記載されていること 「医療費のお知らせ」には、次の1から6すべての項目が記載されている必要があります。 被保険者等の氏名• 療養を受けた年月• 療養を受けた者• 療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称• 被保険者等が支払った医療費の額• 保険者等の名称 そのため、健康保険組合のホームページから閲覧内容を印刷できたとしても、その書類を確定申告で添付できるとは限りません。 これは、郵送される「医療費のお知らせ」にも当てはまることなので、自分のお知らせに、それらが全て記載されているか確認しておきましょう。 医療費の明細欄に記入する事項 「お知らせ」を利用しない場合は、明細を自分で作成します。 明細は「2医療費の明細欄」に領収書を見ながら医療を受けた人の名前、病院等支払先の名前等を記入します。 領収書ごとに書く必要はありません。 医療を受けた人、病院等ごとにまとめて記入ができます。 領収書は捨てずに保管 領収書の提出が不要になったとはいえ、明細書に記載した医療費については確定申告時期等から5年間自宅で保管する必要があります。 ただし、「医療費のお知らせ」を確定申告で添付する場合は、領収書の保管は不要です。 新方式への完全移行は2020年分の所得税の確定申告から 2019年分の所得税の確定申告においては、従来通り領収書を添付する方法でも申告が可能です。 しかし、翌年以降のことを考えると、新方式に早めに慣れておいた方が安心です。 制度を理解して正しく申告をし、還付を受けましょう。 文・前田菜緒(1級ファイナンシャルプランナー、) 【こちらの記事もおすすめ】 > > > > >.

次の