志穂美 悦子 年齢。 志穂美悦子の現在は花?強い?空手で旦那の長渕剛を!子供は?

志穂美悦子(ビジンダー)現在写真は?長渕剛を空手でKO?花も?娘は誰?

志穂美 悦子 年齢

今回は志穂美悦子さんと、その家族について調べてみます。 志穂美悦子さんはと、言うと「?」となってしまいそうですが、旦那(夫)は長渕剛さんです! 長渕剛さんの「奥さん(嫁・妻)」と言えばわかりやすいと思いますが、あえて志穂美悦子さんから調べたいと思います。 なぜなら、志穂美悦子さんは芸能活動を結婚と同時に家庭に入られ、表舞台に殆ど出て来ていません。 しかし、2018年11月21日「梅沢富美男のズバッと聞きます! 」に、30年ぶりにバラエティー番組に出演されます。 ですので、今回は志穂美悦子さんに焦点を当ててみることにしました! 現在のお仕事はフラワーアレンジメントの仕事されて活躍されています。 志穂美悦子のプロフィール 名前:志穂美悦子(しおみえつこ) 本名:長渕 悦子(ながぶち えつこ) 旧姓:塩見 悦子(しおみ えつこ) 生年月日 :1955年10月29日 出身: 岡山県西大寺市 血液型 :A型 職業: 女優・歌手・フラワーアーティスト まずは志穂美悦子さんの簡単なプロフィールなどです。 志穂美悦子さんの父親は、大蔵省 幣局省造に勤務されいて長女として生まれています。 志穂美悦子さんは、学生時代から千葉真一の熱狂的な大ファンだったそうです。 その時から夢は、スタントマン! そして千葉真一さんが主宰するジャパンアクションクラブに受験し入会されています。 入会と同時に、通っていた高校を転校し東京に上京されていました! かなりの熱狂ぶりですね。 その後、アクションスターとして活躍されています。 女優として活躍されていて、日本では初めて女優が自らスタントをするアクション女優としても有名でした! 映画やドラマなど数々の出演をされていましたが、長渕剛さんとの結婚を期に、絶頂期で芸能界を引退されています。 結婚され、主婦業に専念されていましたが、花の世界に魅了されフラワーアーティストとして活動をはじめていました! 志穂美悦子の今現在フラワーアーティストとしての活動  志穂美悦子さんがフラワーアレンジメントを始めたのは、大相撲の貴乃花親方の妻、花田景子さんからの誘いがきっかけだったそうです。 志穂美悦子さんは、元々花が好きだったそうで、フラワーアレンジメントのお花をもらって「いいな」と思ったそうです。 そして、花の芸術家として、世界的に有名なフラワーデザイナー・ダニエル オストの内弟子の前田玲子さん、清水はるみさんのアトリエに通い始めます。 最初は軽い気持ちで始めたそうですが、東日本大震災の時に、夫である長渕剛さんが経営されているカフェ『ROCK ON』の企画に賛同し、日本大震災復興支援・チベット難民キャンプ支援としてフラワーアレンジメントの写真集『Flower Arrangement INSPIRE 〜いちかばちか〜』を自費出版で発売され、売上金は全額寄付されています! そして、花を通じての支援活動を続け、東日本被災地やケニア、チベット難民キャンプなどにも行かれていました。 その後、被災地復興支援として「ひまわりプロジェクト」を立ち上げ、被災地にひまわりを咲かせています。 フラワーアレンジメントの世界に魅了され、最近では、「国際バラとガーデニングショウ」でステージパフォーマンスなどをされ「花活動家」として活躍して活動されています! アクション女優からの意外な転身ですね! しかも、軽い気持ちで始めたことで、今ではたくさんの場所で志穂美悦子さんは作品を展示されたり、ステージパフォーマンスをされていました。 テレビにの出演し27年ぶりに「はなまるマーケット」や「徹子の部屋」などに出演されています。 最近では、ハウステンボスで行われた世界フラワーショー「花の世界大会」に参加され、特別展示をされていました。 世界トップクラスのガーデンデザイナー・フラワーアーティストと共に参加されているほど、才能や実力があったのでしょうね! 動画の音楽に、長渕剛さんの曲など使っていましたし、ハウステンボスで特別展示された作品タイトルは「 黒湖紫鏡花 ~祈り~ 」と長渕剛さん連想させるタイトルですね。 夫婦仲も良いのか?と思いますが、過去には長渕剛さんの不倫騒動や、たいまで逮捕されたりとトラブルがありました! スポンサーリンク 旦那の長渕剛の離婚は? 長渕剛さんと結婚後は、芸能界を引退され、家庭に入っていた志穂美悦子さんですが、家庭に入る理由を「クセのある男なので専業主婦したい」と言われています。 確かに、長渕剛さんはクセがありそうというか、クセしかなさそうですねw 長渕剛さんは、過去に国生さゆりさんと不倫関係が噂され同時に、逮捕されています。 国生さんは会見を開いた際に、自分は使っていないとの身の潔白と、志穂美悦子さんを交えて話し合い、不倫関係を清算させたとマスコミに発表されました。 結構、修羅場っぽい感じを想像してしまいますね。 その後は、長渕剛さんの歌手生命の危機でしたが、志穂美悦子さんの内助の功で復帰されます。 そして、それまではあまりメディアなど出演は少なかったですがトーク番組やバラエティー番組に長渕剛さんは出演するようになっています。 その後、モデルの冨永愛さんとの不倫が噂されましたが、家族ぐるみの付き合いで志穂美悦子さんも公認の師弟関係でやましい関係ではいと否定されています。 冨永愛さんは長渕剛さんの大ファンだったそうです。 しかし、志穂美悦子さんは、冨永愛さんの独り舞台『愛なんて大嫌い』ウエルカムフラワー装花を手掛けたりもされていますので、家族ぐるみの関係でしょうね! 雨降って地固まるとも言いますし、長渕剛さんはクセが強い男と言われていましたので、その辺は覚悟されて一緒になられていますので、離婚はなさそうですね! むしろ、長渕剛さんを内助の功で支えていますので、長渕剛さんは志穂美悦子さんに頭が上がらないのでは?と思ってしまいますね! そして、才能ある2人ですが、子供も3人いて、3人とも様々な才能があり活躍されていました! スポンサーリンク 3人の子供 娘. 息子 の現在は? 長渕剛さんと志穂美悦子さんには3人子供がいます。 長女の文音さんと長男の航さんと次男の蓮さんです。 子供たちも才能あり、様々な道に進まれています! しかし、3人とも父親や母親の名前を、使わずに活動されていました! 最近は2世タレントは多く、全面的に2世として活動されいたりしていますが、長渕家は自分たちの力で活動されていました! 3人の子供さんについて調べてみました! スポンサーリンク 長渕剛と志穂美悦子の長女の文音さんは? 長渕剛と志穂美悦子の長男の航さんは? 長渕剛と志穂美悦子の次男の蓮さんは? 続きは次のページへ.

次の

志穂美悦子の今現在はフラワーアーティスト?若い頃の画像や娘、息子は?旦那(夫)長渕剛とは離婚しない?【梅沢富美男のズバッと聞きます!】

志穂美 悦子 年齢

志穂美悦子のプロフィール 志穂美悦子(しほみ えつこ)さんは、女優・歌手・フラワーアーティストです。 huistenbosch. 「 私もやりたい。 誰も、男の人でもやらないことをやりたいと思うようになりましたね」と 志穂美悦子さんは当時を振り返っています。 1972年8月、千葉さんが主宰する ジャパンアクションクラブ JAC を受験して合格。 親を説得し、10月に上京して入会するとともに 中延学園高等学校に転校し、1974年に卒業したそうです。 合格して2カ月で上京しちゃう行動力がすごいですね。 しかも、岡山から高校を転校しています。 実家の屋根から飛び降りて練習していたそうですので 親御さんも熱意に負けてしまったのでしょうか。 JACでの補強(筋トレ)では 千葉真一さんが 「男は50、悦子は30でいい」 と言われたことに対して、怒るという負けず嫌いエピソードも。 デビューが決まると、 芸名を考えてくれたのは、 千葉真一さんの当時の奥様、 野沢陽子さん。 「仕事で大成するには本名を崩してはいけない」というのが 野際さんの考えだったそうです。 日本初のアクション女優として活躍しました。 変身ヒーローの人気作「キカイダー01」ではビジンダー役を務め レギュラーになり、 人造人間ビジンダー・マリとして 子供たちを中心に大人気になりました。 1974年、映画『女必殺拳』の主人公に抜擢。 シリーズ化され海外でも公開されたことで 「Sue Shihomi」 の異名で世界的に知名度を高めました。 その後も数々の作品に出演し 演技派女優と呼ばれるまでになりました。 負けず嫌いで努力家の志穂美悦子さん。 美人ですが、性格が顔に出ていると思います。 長渕剛と結婚・芸能界引退 1986年6月ドラマ 「親子ゲーム」で 長渕剛さんと恋人役を演じたことがきっかけでした。 撮影中に志穂美悦子さんが左手小指の付け根を骨折。 病院に向かう際に、 長渕剛さんが付き添ったことから親密になったと言われています。 1986年、映画「男はつらいよ 幸福の青い鳥」でも共演しており この頃には、お互いに交際を認めていました。 1987年8月29日に結婚。 長渕剛さんは、 1981年に石野真子さんと結婚し、 離婚(1983年)していますので再婚でしたが、 志穂美悦子さんは、初婚のため、 天河大弁財天社(奈良県)で 挙式を挙げたそうです。 両家の親族、知人のみで行われたので マスコミからは極秘婚と言われていました。 そして、長渕剛さんの意向で芸能界を引退し、 「クセのある男なので専業主婦したい」と家庭に入りました。 「ソロモン流」の放送では 「正直なところ、辞めるつもりはなかったんですね。 自分も、好きな仕事でしたから、やりたいなと思っていたんです。 だから、結婚と同時に辞めるって思いは全くなかったんです。 ところが、(長渕剛さんが)音楽の方だったから 音楽の最前線に連れて行ってもらえることになって、 ライブを作り上げるところを見ているうちに ちょっと自分のことを優先できないなという気持ちになっていったんです。 」 と、話していらっしゃいました。 長渕剛さんのライブには、 いつも同行し、支えているそうですよ。 なんだか、お2人とも強そうな夫婦なのに 支え合っているっていうところが、いいですよね。 志穂美悦子の子供は? 長女は女優の文音(あやね)さん。 (Instagramより) 長男はミュージシャンの WA航RUこと航(わたる)さん。 次男は元レーシングカードライバーで、 現在はシンガーソングライターの ReNこと蓮(れん)さん。 でもまだ誰も形になってないから、ここからが勝負ですけどね。 」 という言葉に、愛情と厳しさを感じますね。 志穂美悦子は「長渕より強い」 先妻・石野真子さんとの離婚の原因もDVだと言われていましたが 妊娠中の志穂美悦子さんにもDVがあったのでは?と話題になったこともありました。 基本、女性には優しい長渕さん。 その愛情の裏返しか、うまく行かないと手が出てしまうことがあったようです。 出産後は極真空手の有段者である志穂美さんが、 ちょっとやり返すようになると 敵わないと悟った長渕さんは、空手道を始め 肉体改造に目覚めたと言われています。 それでも激情家の長渕ゆえに、つい夫人に手を出してしまった。 その瞬間、 志穂美の後ろ回し蹴りが見事に長渕の首筋にヒット。 志穂美の師である千葉真一は、その直後に電話をもらったと小堺一機の番組で明かした。 asagei. 長渕さんが夫婦喧嘩もできないというのがわかる気がしました。 「ちょっとやり返した」の意味が分からなくなるエピソードでしたね。 「できるかよ、 だって拳にタコができているんだぜ。 asagei. また、志穂美悦子さんは長渕さんの不倫も乗り越えてきました。 1995年に長渕さんが、大麻取締法違反で逮捕されると 不倫相手の国生さゆりさんは 「薬物に対する身の潔白と、 長渕夫人を交えて話し合い、長渕との不倫関係を清算させた」 と、記者会見で発表しました。 国生さゆりさんが潔いという話になりましたが 志穂美悦子も愛人と対峙するなんて、 なかなかできることじゃないと思います。 志穂美悦子の職業は、フラワーアーティスト 花の世界に魅せられ、 2010年より、ベルギー出身、世界的トップフラワーデザイナー・ ダニエル オスト氏の 内弟子であった前田玲子さん、清水はるみさん アトリエ花工房 胡桃 に、 フラワーデザインを習い始めます。 今までに作った作品は、1000点以上。 長渕剛さんのコンサート会場のウェルカムフラワーや 長渕剛さんのオフィシャルカフェ「ROCK ON」の装飾、 友人のイベントの飾り付けなど、多岐にわたります。 2011年、東日本大震災復興特別企画として、ライフワークのフラワーアートをまとめた写真集を上梓し売上金を被災地に寄付する。 翌年より、花を通じて東日本被災地、ケニア、チベット難民キャンプへの支援活動を続け、 2016年、JA長生と組み、被災地復興支援として「ひまわりプロジェクト」を立ち上げ、賛同したボランティアの人たちが全国より集まり、ひまわりを種より育て、宮城県、福島県、熊本県へ届けた。 17年には宮城県石巻市に、18年には熊本にひまわりを咲かせた。 2013年 奈良飛鳥村、天武天皇御陵献花。 2014年 世界遺産 奈良薬師寺にて「聖観世音菩薩に捧げる花展」を開催。 2015年、16年、17年 、18年「世界らん展」、16年、17年「国際バラとガーデニングショウ」にて特別展示、ステージパフォーマンスを披露。 で 梅沢富美男のズバッと聞きます! では 長崎ハウステンボスの世界フラワーショーの制作・展示に密着するそうです。 長崎ハウステンボスの 世界フラワーショーでは、開幕の3日前から現地に入り、丸2日かけて作っていった。 その現地での仕込み日を初日として、現在放送中であるフジTVの梅沢富美男さんの番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』の密着取材がそこから行われた。 わたしは家人様のツアー中は自分の仕事は入れないことにしている。 でもそのぶん、ツアーが終わると頂いていた仕事にどどっと入る。 頂ける仕事があるのはほんとにありがたいこと。 とくに11月は怒涛の日々だった。 いや、まだ終わってないから、もう少し続く。 ほんとに一瞬にしてなくなる時もある。 だから映像という記録にとどめてくれるのはほんとにありがたかった。 huistenbosch. そんな思いで作り上げました。 和の織りなす雅にその思いを込めて。。。 huistenbosch.

次の

志穂美悦子の今現在の画像は?徹子の部屋で夫・長渕や娘との生活を公開

志穂美 悦子 年齢

志穂美悦子のプロフィール 生年月日:1955年10月29日 出身地 :岡山県岡山市東区西大寺 身長 :163cm(ネット情報) 血液型 :A型 志穂美悦子さんは、1970年代から1980年代にかけて活躍した女優です。 手足の長いスレンダーな体型でアクション女優として絶大な人気を誇りました。 1955年10月29日生まれで、2020年3月時点で年齢は64歳になります。 また、身長はネット上の情報では163cmとされていますが、公式に発表されたデータではなく、本当のところは不明です。 志穂美悦子の経歴 志穂美悦子さんは、子供の頃から運動神経が抜群で、小学生時代から高校生時代まで陸上部に所属し、中学校時代に80メートルハードルで「13秒4」の岡山県歴代2位の記録を出しています。 1968年放送のドラマ「キティハンター」に風間洋介役として出演していたアクション俳優・千葉真一さんに憧れてスタント俳優になりたいという夢を抱きます。 志穂美悦子さんは、高校生時代の1972年に千葉真一さんが主宰する、アクション俳優・スタント俳優に特化した芸能事務所「ジャパンアクションクラブ(JAC)」を受験して合格。 その年のうちに高校を転校(中延学園高等学校)して上京し、翌1973年には、千葉真一さん主演映画「ボディガード牙」にて、主人公・牙直人の妹のマキのアクションの吹き替え役(技斗)に抜擢され、スタント俳優としてのデビューを果たしました。 さらに、翌年の1974年には「女必殺拳」の主人公・李紅竜役に抜擢されます。 「女必殺拳」は国内で大ヒットを記録してシリーズ化。 志穂美悦子さんは「女必殺拳 危機一髪」「帰ってきた女必殺拳」と立て続けに主演し、一躍アクション女優として絶大な人気を獲得しました。 志穂美悦子さんは、男性アクション俳優顔負けの華麗で激しいアクションで世界的にも知名度を上げ、映画やドラマに次々と出演。 年間のブロマイド販売数が数年間連続で1位を記録するなど、国民的アクションスターの地位を獲得します。 1970年代後半からは、アクション性の強い作品以外にも出演の幅を広げ、「やる気満々」「三男三女婿一匹III」などのホームドラマにも出演。 アクションができるだけでなく演技力もある実力派女優として高い評価を受けるようになりました。 その後も数々の作品に出演した後、1987年にミュージシャンの長渕剛さんと結婚し、それを機に芸能界から引退し、以降は芸能活動は行なっていません。 志穂美悦子の若い頃の画像まとめ そんな志穂美悦子さんの若い頃の画像を紹介します。 1974年公開の映画「女必殺拳」での志穂美悦子さんです。 この作品がきっかけとなり、志穂美悦子さんはスターアクション女優としての階段を駆け上がりました。 「女必殺拳」の大ヒットを受け製作された続編「女必殺拳 危機一発」での志穂美悦子さんです。 志穂美悦子さんの最高傑作との呼び声も高い1975年公開の映画「若い貴族たち 13階段のマキ」の志穂美悦子さんです。 1976年に出版された映画雑誌「映画情報」の表紙を飾った志穂美悦子さんです。 トップアイドル並みにかわいい顔立ちで、世界レベルとも評される本格アクションを演じていたわけなので人気が瞬く間に爆発したのも当然だと言えるでしょう。 1973年放送開始の特撮ドラマ「キカイダー01」の、後半のヒロイン役とも言えるビジンダーことマリ役を演じる志穂美悦子さんです。 新人時代の志穂美悦子さんがセンセーショナルなデビューを飾った作品として現在でも度々話題にのぼっています。 志穂美悦子の結婚相手はミュージシャン・長渕剛 アクションスターとして国民的人気を得ていた志穂美悦子さんでしたが、1987年8月29日に、当時同じく国民的なスターだったシンガーソングライター・長渕剛さんとの結婚を発表し、31歳で芸能界を引退しています。 志穂美悦子と長渕剛の結婚会見 結婚を発表するために入籍の2日前に会見を開いた長渕剛さんは「婚姻届を出しといてくれとスタッフに渡した」とぶっきらぼうな様子でコメントし、わずか5分ほどで会見を終了させてしまいました。 その翌日、志穂美悦子さんも会見を開き「昨日の彼は、悪気じゃないのでどうか誤解しないで」とぶっきらぼうな対応をした長渕剛さんをフォローして見せ、「彼のステージを早く子供に見せたいから早く子供を産みたい」「癖のある男だから専業主婦をしたい」とのろける姿も見せています。 志穂美悦子と長渕剛の結婚式 長渕剛さんは、当時、アイドル歌手だった石野真子さんと1981年に結婚したものの2年後の1983年に離婚しており、志穂美悦子さんとは2度目の結婚だった事から当初は結婚式を挙げずに入籍だけで済ませるつもりでいたそうですが、初婚である志穂美悦子さんの希望で結婚式を挙げる事になったそうです。 志穂美悦子さんは「芸能人としてではなく普通の人としてひっそりと」式を挙げたいとして、奈良県天河村の標高620メートルの山奥にある「天河大弁財天社」で、お互いの両親と親しい知人だけが参列する結婚式を、地元の住人にも気づかれないままこっそりと挙げています。 志穂美悦子と長渕剛の馴れ初めとは 志穂美悦子さんと長渕剛さんの馴れ初めは、1986年6月から放送されたホームドラマ「親子ゲーム」での共演でした。 「親子ゲーム」で、長渕剛さんは元暴走族の経歴を持つラーメン屋を営む矢板保役で主演。 志穂美悦子さんは、矢板保の恋人役でヒロインの三石加代の役を演じました。 本作は、2人の演じたカップルが元暴走族という設定から度々乱闘級の痴話喧嘩を起こすシーンが見せ場になっていたのですが、その喧嘩シーンの撮影中に、志穂美悦子さんが小指をテーブルにぶつけて骨折するというアクシンデントが発生。 この時、志穂美悦子さんを長渕剛さんが心配し、病院に運ばれる間もずっとそばに付き添っていたのが2人が交際に発展するきっかけになったそうです。 それから3ヶ月後の1986年9月には、写真週刊誌が長渕剛さんの自宅マンションから朝帰りする志穂美悦子さんの姿を激写。 この時には、長渕剛さんは「38度の熱が出た僕を彼女が看病してくれただけ」と熱愛を否定していましたが、実際にはこの時既に2人の交際ははじまっていたようです。 その数ヶ月後、1986年12月公開の映画「男はつらいよ 幸福の青い鳥」でも長渕剛さんと志穂美悦子さんは共演し、お互いに惹かれあいなあらも気持ちを伝えられない男女の役を熱演しています。 この映画公開に先立ってインタビューを受けた長渕剛さんは「盛り上がれば結婚ということもある」と志穂美悦子さんと結婚も意識して交際している事を認め、一方の志穂美悦子さんも「私たちの交際は隠れてコソコソするものではない」「いつも堂々と付き合っていたいと思う」と長渕剛さんとの熱愛を認めています。 志穂美悦子と長渕剛の夫婦エピソード 長渕剛さんといえば、1991年に報じられた女優・清水美砂さんとの不倫や、1993年に発覚した女優の国生さゆりさんとの不倫など、女遊びの激しさがよく知られています。 旦那・長渕剛さんの奔放さに、普通であればとっくに離婚を決断していそうなものですが、懐の深い志穂美悦子さんはそれを毎度受け流し、長渕剛さんのイメージに傷がつかないようスキャンダルが出る度に的確に対応させ、奥方として長渕剛さんを支え続けてきました。 こうした経緯もあって、自由奔放でヤンチャなイメージもある長渕剛さんも家庭の中では志穂美悦子さんの尻に敷かれ、おとなしくするようになったのだとか。 長渕剛さんは、テレビやラジオ、雑誌など、様々なメディアで「世の中で一番怖いのは妻」と公言しており、妻を怒らせると「あなた、5階から飛ぶことができる? (アクションスターである自分は5階から飛ぶことなど容易いという意味で)」と真顔で聞いてくるエピソードなども明かしています。 ある時には、志穂美悦子さんが師匠である千葉真一さんに泣きながら電話をかけてきて「どうしよう、長渕を殺しちゃったかも」と助けを求めた事があったそうです。 千葉真一さんが詳しく聞くと、どうやら長渕剛さんとの喧嘩がエスカレートし、志穂美悦子さんは思わず長渕さんの首筋を狙って回し蹴りを放ってしまい、直撃した長渕さんはそのまま倒れて失神してしまったとの事。 これを聞いた千葉真一さんは、あまりに豪快な夫婦喧嘩に思わず弟子の志穂美悦子さんを褒めてしまったんだとか。 志穂美悦子さんの長女・長渕文音さんは、2008年10月公開の映画「三本木馬術高校、馬術部」で主役の菊地香苗役に抜擢されて女優デビューしています。 長渕文音さんはその後、芸名を「文音」とし、2018年の映画「ばあちゃんロード」、2020年公開の映画「いけいけ!バカオンナ」にそれぞれ主演。 その他にも映画やドラマ、舞台などを中心に女優業を続けられています。 レーシングドライバー引退後は、シンガーソングライター「ReN」として活動しています。 父譲りの歌唱力と柔らかな歌声を持ち、アコースティックギターを基調としたレベルの高いアレンジの楽曲も注目されています。 今後の人気上昇が期待されるミュージシャンです。 志穂美悦子は現在フラワーアーティストとして活躍 男勝りの痛快なエピソードを数多く持つ志穂美悦子さんですが、なんと現在はフラワーアーティスト(花創作家)として活動されています。 2020年2月18日には、東京ドームで開催されたイベント「世界らん展2020-花と緑の祭典-」にゲスト出演し、花を使ったパフォーマンスを披露し、華麗ならんの花を使った繊細な表現と、自身のルーツともいえる俊敏なアクションを組み合わせた斬新なパフォーマンスで、訪れた観客達の視線を釘付けにしました。 志穂美悦子さんんがフラワーアレンジメントの世界に興味を持ったのは2010年の頃だそうで、渋い色合いの作品をプレゼントされて「良いな」と思ったのが本格的に取り組むきっかけだったとの事。 夫の長渕剛さんのコンサート会場を飾る、ウエルカムフラワーも志穂美悦子さんが担当しているそうです。 まとめ 今回は、国内を代表するアクションスターとして活躍した女優・志穂美悦子さんについてまとめてみました。 志穂美悦子さんは、千葉真一さんに憧れてアクション俳優になり、抜群の身体能力とキュートなルックスを武器に瞬く間にアクションスターに上り詰めました。 その後、大人気歌手の長渕剛さんと結婚して芸能界を引退。 3人の子供にも恵まれ、現在はフラワーアーティストとして活躍されています。 60代を迎えた現在もエネルギッシュに活躍を続ける志穂美悦子さんの活躍に今後とも注目していきたいと思います。

次の