ファルカーク。 MACKINTOSH LONDON WOMEN マッキントッシュ ロンドン ウィメン

PROMOTION

ファルカーク

イギリスは運河が発達しており、運河に付随する建築物を多く見ることができます。 その中でもは今まで見たことのない形と大きさで圧倒されます。 昔は11のLock ロック を開け閉めして行き来していたそうですので、このボートリフトのおかげでだいぶ楽になりました。 Falkirk WheelはEdinburgh エディンバラ とGlasgow グラスゴー の間の町Falkirk ファルカーク 近郊にあります。 私はGlasgowからX37番のバスで行きました。 1時間30分くらいかかりました。 はその名の通り、車輪のようなリフトが回って船の上げ下ろしを行います。 車輪の直径は27mあり、高さは35mです。 私は詳しくありませんが、水中の物体の重さは押しのけた水の重さと同じであるというアルキメデスの原理で、両方のリフトはいつも600tを保っているそうです。 現在、Falkirk Wheelでは観光用としてというアトラクションがあります。 夏の間は60分のOriginal Tour オリジナル・ツアー は1日に8回、35分のRevolution Tour レボリューション・ツアー は1日5回催行されます。 95です。 私はOriginal Tourの当日券を購入しましたが、チケットオフィスは多くの観光客でいっぱいで、チケット購入だけで長い行列ができていました。 狙った時間のツアーに参加できない可能性もあるので、ウェブサイトで事前購入をお薦めします。 Falkirk Wheel Experienceの船からの眺め Falkirk Wheel Experienceの船は大きくて、多くの観光客と一緒に乗ります。 Falkirk Wheelが回っている間も船は水に浮かんでいることと、船体が低いことから、高く上がっている雰囲気はしませんが、回っているFalkirk Wheelを間近で見られるのは迫力がありました。 最上部に来ると水路から景色を眺められます。 近くの町や工場を見渡すことができるので、自分が高所にいることがわかります。 しばらくUnion Canalを進んで、また折り返すと、コンクリートでできたアーチをくぐります。 アーチをくぐる度に宇宙空間にいるような不思議な気分になりました。 再度Falkirk Wheelに乗って元に戻ります。 運河を進んでいる間はのんびりとした雰囲気ですが、60分たつと短く感じました。 Falkirk Wheelは一般の船も通ります。 当然一般の船が優先されるので、私が乗った船はその船が降りるまで待機しました。 別の角度からもWheelが回るのを見ることができて幸運でした。 正面から見るFalkirk Wheel.

次の

まるで観覧車のような巨大エレベーター「ファルカーク・ホイール」が面白い!

ファルカーク

下手な遊園地も真っ青です。 高さの違う2つの運河をボートが行き来する時には、 ボートのためのエレベーターが使われます。 こちらのエレベーターはスコットランドにある ファルカーク・ホイールと呼ばれるもの。 下の運河と上の運河の高低差は 25メートル弱だそうです。 トム・スコット氏のこちらのYouTubeビデオはこのかっこいいエレベーターが見た目だけでなく 仕組みまでかっこいい点を説明してくれます。 ファルカーク・ホイールには回転の軸を中心として両側に船が乗り込める 2つの大きな箱があります。 そしてそれぞれの箱には常に 500トンの水が入っています。 片側にボートが乗り込んだ際、ボートが押し出す水の重量はボートの重量と同じなので箱の中の重さは全く変わらずに500トンのままになります。 (ありがとうアルキメデス!) そのため2つのエレベーターは常に 重量のバランスが釣り合っていることになります。 そうすると動かすのに必要なエネルギーが格段に小さくなります。 なので必要な電力が大幅に少なくなっているそうです。 単純に500トンの水をこれだけの高さまで持ち上げるためには、摩擦の影響を除いて考えても最低でも 32キロワット時の電力が必要になります。 これはイギリスの平均的な家庭が 3日間で使用する電力量に相当します。 しかしこのエレベーターのように片側にもう一つ、同じ重量の水が降下している場合、大きくて重たい物が動き続けているだけで理論上は全く何の力も加えられていないことになります。 この仕組みを利用したことで、ファルカーク・ホイールは一回の上昇になんと 1. 5キロワット時しか電力を使っていないそうです。 20分の1以下にまで減らしているんですね。 トムさんによると、世界には下がって行く箱に水を大目に入れておくことで、重力の力だけを使ってボートを上下させるエレベーターも存在するそうです。 Chris Mills - Gizmodo US[] (塚本 紺)• Tags :•

次の

ファルカーク・ホイールとは

ファルカーク

下手な遊園地も真っ青です。 高さの違う2つの運河をボートが行き来する時には、 ボートのためのエレベーターが使われます。 こちらのエレベーターはスコットランドにある ファルカーク・ホイールと呼ばれるもの。 下の運河と上の運河の高低差は 25メートル弱だそうです。 トム・スコット氏のこちらのYouTubeビデオはこのかっこいいエレベーターが見た目だけでなく 仕組みまでかっこいい点を説明してくれます。 ファルカーク・ホイールには回転の軸を中心として両側に船が乗り込める 2つの大きな箱があります。 そしてそれぞれの箱には常に 500トンの水が入っています。 片側にボートが乗り込んだ際、ボートが押し出す水の重量はボートの重量と同じなので箱の中の重さは全く変わらずに500トンのままになります。 (ありがとうアルキメデス!) そのため2つのエレベーターは常に 重量のバランスが釣り合っていることになります。 そうすると動かすのに必要なエネルギーが格段に小さくなります。 なので必要な電力が大幅に少なくなっているそうです。 単純に500トンの水をこれだけの高さまで持ち上げるためには、摩擦の影響を除いて考えても最低でも 32キロワット時の電力が必要になります。 これはイギリスの平均的な家庭が 3日間で使用する電力量に相当します。 しかしこのエレベーターのように片側にもう一つ、同じ重量の水が降下している場合、大きくて重たい物が動き続けているだけで理論上は全く何の力も加えられていないことになります。 この仕組みを利用したことで、ファルカーク・ホイールは一回の上昇になんと 1. 5キロワット時しか電力を使っていないそうです。 20分の1以下にまで減らしているんですね。 トムさんによると、世界には下がって行く箱に水を大目に入れておくことで、重力の力だけを使ってボートを上下させるエレベーターも存在するそうです。 Chris Mills - Gizmodo US[] (塚本 紺)• Tags :•

次の