タエス。 シモンズ (歌手)

サン・スタエ教会

タエス

必ずしもこの環境下であれば飼育できることを確約するものではございません。 【種類詳細】 オーストラリア原産のレインボーフィッシュです。 オーストラリアの西部から北部にかけて広く生息するスプレンディダ種の亜種で、赤い尾ビレと体側の農色のラインが美しい種です。 体側下部には特徴的な黒いラインが見られ、他亜種との判別はもっとも容易といえるでしょう。 飼育は容易で餌は人工飼料で十分で中性付近の水を好みます。 性格は温和ですが、発情したオスは同種に対して気の荒い部分を見せます。 色揚げ効果のあるエサを使用するとよいでしょう。 【飼育のコツ】 水質にもうるさくなく飼育は容易です。 より美しい体色のために色揚げ効果のあるエサが効果的です。 【混泳の注意点】 温和で混泳に適した種です。 サイズが同程度の温和な種と混泳させると良いでしょう。 発情したオスは同種に対して気の荒い部分を見せます。 【繁殖】 十分に成熟したペアであれば繁殖は容易です。 水草の繁茂したレイアウト水槽で本種を単独飼育していると水草などの基質に粘着卵を産みます。 孵化後の稚魚は小さいのでインフゾリア等を用意する必要がありますが、ある程度育てば沸かしたてのブラインシュリンプを食べることが出来ます。 個体サイズや模様、雌雄の指定についてはお受け致しかねますのでご了承下さい。 飼育魚の性質、飼育環境によっては混泳が不可能な場合もございます。

次の

african cichlids wild

タエス

アフリカンシクリッド マラウイ湖・タンガニイカ湖 *税抜き価格表示です。 Otopharynx lithobates オトファリンクス リトバテス 分布:マラウィ湖 全長:14cm レッドトップアリストクロミスの呼称であまりにも有名な中型の ポピュラー種です。 体側中央・尾柄部、その中間の3ヵ所に 四角形の暗色斑を持ち、背鰭外縁は赤橙色に縁取られる。 Champsochromis caerulea カムプソクロミス カエルレア 分布:マラウィ湖 全長:25cm マラウィ湖の水深55m前後の比較的深い水域に生息する 大型種です。 体型は細身で餌となる小魚を素早く捕食する。 Copadichromis azureus コパディクロミス アズレウス 分布:マラウィ湖 全長:14cm クリソノートゥスの名前で古くから親しまれてきた美しいウタカの一種 である。 マラウィ湖産シクリッド類の精査により、本種の学名は アズレウスとされた。 メタリックブルーの色合いは、トップクラスの青さです。 Dimidiochromis compressiceps ディミディオクロミス コムプレシケプス 分布:マラウィ湖 全長:22cm マラウィ湖に広く分布する。 著しく側偏した体型が特徴的な ポピュラーなマラウィアンシクリッドである。 Tyrannochromis macrostoma ティラノクロミス マクロストマ 分布:マラウィ湖 全長:30cm 迫力ある大型マラウィアンシクリッドです。 岩礁域に好んで 生息し、大きな口は魚食性に適応したものです。 Nimbochromis linni ニンボクロミス リンニ 分布:マラウィ湖 全長:30cm マラウィ湖全域の岩礁域に生息するポピュラー種です。 吻長があり、その先端には特徴的な口が下向きに開く。 Aulonocara mamelela アウロノカラ マメレラ 分布:マラウィ湖 全長:15cm 胸鰭以外、すべてが鮮やかな黄色に染まる。 Buccochromis lepturus ブッコクロミス レプトゥルス 分布:マラウィ湖 全長:30cm マラウィ湖の砂底域に生息するポピュラーな大型種です。 口が大きく、吻長の長い顔つきは独特である。 基調色は、黄色味の強い灰色です。 Cheilochromis euchilus ケイロクロミス エウキルス 分布:マラウィ湖 全長:20cm やや肥大した唇をもつ、1属1種の中型種。 雄の婚姻色は青、橙、黄が複雑に混ざり合い非常に美しい。 Neolamprologus leleupi ネオランプロローグス レレウピー 分布:タンガニイカ湖 全長:12cm レモンシクリッドと呼ばれ古くから知られる種です。 気が強く ペアー形成に時間がかかるため、タンガニイカ3年物と呼ばれる。 Altolamprologus compressiceps アルトランプロローグス コムプレシケプス 分布:タンガニイカ湖 全長:12cm 高い体高と著しく側偏した体型が特徴的なポピュラーな 中型種です。 色彩に地域変異がみられる。 Lepidiolamprologus kambae レピディオランプロローグス カンバエ 分布:タンガニイカ湖南部 全長:20cm エロンガートゥス種をさらに暗褐色化させた、ランプロローグス 類の一種。 Julidochromis dickfeldi ジュリドクロミス ディックフェルディ 分布:タンガニイカ湖 全長:10cm 中型でポピュラーな人気種であるが、本属の中で 最も水質に敏感でデリケートな面がある。 タンガニイカ湖北東岸の ブルンディから採集される一地域変異群で、黒色の横帯は 6本、体色の青白色は比較的淡い。 Ophthalmotilapia ventralis オフタルモティラピア ヴェントラリス(オレンジカップ) 分布:タンガニイカ湖 全長:20cm ザンビアにあるカラムボ川河口域に分布する。 目の上方が橙黄色を呈する。 Pseudocrenilabrus multicolor ドワーフ・エジプシャンマウスブルーダー 分布:アフリカ北東部 全長:6cm マウスブルーダーの繁殖入門種といえる、古くから親しまれて いる小型シクリッドです。 メス・オス共に灰色の体色にやや光沢 のある鱗辺を持つ程度と地味である。 Nanochromis transvestitus ナノクロミス トランスベスティタス 分布:コンゴ川 全長:7cm 灰色の基調色に不明瞭な暗色の黄帯が6本入る。 飼育は容易である Hemichromis lifalili ヘミクロミス リファリリィ 分布:コンゴ川周辺 全長:12cm ウバンギ川に生息する最も美しいレッドジュエルシクリッドです。 体色はオス・メスともに鮮やかな赤色で、各鰭、体側、頬部には 多くのブルースポットが現れる。 オスの尾鰭の斑紋は黒色斑と赤い模様が混ざり美しい。 (珍種・希少種) *よく売れています。 注文前に在庫確認を住所・氏名を書いたメールで御連絡ください。 各鱗辺は、コバルトブルーに 輝き、縦条状の黄色い細い稿が6〜7本みられる。 体軸に沿った1本の暗褐色縦条は雌・雄共に明瞭に入る。 尾鰭の上葉には明瞭な暗色円斑が数個ある。

次の

技術基準適合証明機種の申請について

タエス

概要 [ ] レインボーフィッシュの起源は約2億年前にあるとされ、が主要な進化を遂げたおよびから分離していた(つまり淡水魚が存在しなかった)地域に海水魚が進入し、これらが長い年月を経て次第に淡水に適応していったものと考えられている。 分類群は、トウゴロウイワシ目のメラノタエニア科、プセウドムギル科、テルマテリナ科、ベドティア科などいくつかの科にまたがる。 中心となるメラノタエニア科は最大でも12cm程度の中・小型魚で、体形は日本ののようで平べったく、体色はメタリックな色の光沢を持つ美麗種が多い。 雄雌で外見に差の出るが見られ、いずれも雄の方が体色が鮮やかでひれが長く伸びる傾向がある。 このほかの科も形態または性質が似ており、一括して「レインボーフィッシュ」として扱われている。 飼育は比較的容易な種が多い。 もともと海水起源の魚であるため、純淡水性の種でも中性~弱アルカリ性の硬水を好むものが多いが、生息環境によっては弱酸性~中性の範囲を好む種もいる。 日本では水道水のpH・硬度ともにあまり高くないためか、後者のように弱酸性に適応できる種の流通が多い傾向にある。 一方で、書籍などでは汽水魚と同じ章で紹介される事が多く、全ての種が汽水魚であるという誤解も少なくない。 おもな種類 [ ] メラノタエニア科 Melanotaeniidae [ ] は、ともいう。 、および周辺の島々に50種ほどが分布する。 メラノタエニア属 Melanotaenia [ ]• オーストラリアン・レインボー 英名 Black-banded rainbowfish、または Dark Australian rainbowfish。 全長10cmほど。 オーストラリアに分布し、の淡水域か汽水域に生息する。 ダイヤモンド・レインボー• ダイヤモンド・レインボー 英名 Ornate rainbowfish。 学名をカナ読みしたラディノケントルス・オルナトゥスで呼ばれる事もある。 全長5cmほど。 オーストラリア東部に分布。 名前の由来は黒い縁取りのある鱗の光沢をのになぞらえたもの。 青みがかったタイプや赤みがかったタイプなど、いくつかの変異が存在する。 プセウドムギル(シュードムギル)科 Pseudomugilidae [ ] は、3属で計20種弱の淡水および汽水魚からなる。 細身の体型で一見すると日本のメダカのような外見をしているが、メラノタエニア科に近縁。 欧米では本科の特徴である目の青い光沢から、本科を総称して()と呼ぶ。 ニューギニア島とその周辺の島々、オーストラリア大陸に分布する。 3cmから5cm程度のレインボーフィッシュとしては小型のものが多い。 キウンガ属 Kiunga [ ] は、2種からなる。 プセウドムギル属 Pseudomugil [ ] は、16種からなる。 アルー諸島産の地域変異「アルーII」• 英名 Spotted blue-eye。 全長3cmほど、オーストラリア北部、ニューギニア島、などに分布し、熱帯雨林の小川や沼地などに生息する。 縁の黒い鱗が全身に斑点のような模様を形作り、雄の背びれと尻びれは扇のように発達する。 バタフライという名はやや上向きに付いた胸びれをはばたかせるように泳ぐことに由来し、同属のレインボーフィッシュに共通する特徴となっている。 体色が黄緑色の個体が養殖によって多く流通するが、アルー諸島に生息する「アルーIV」と呼ばれる青白い個体も稀に見られる。 なおアルーIVとはアルー諸島内の採集地によるコードネームであり、日本での流通は聞かれないがアルーI~IIIも発見されている。 サザンブルーアイレインボー• 英名Pacific blue-eye。 全長4㎝ほど。 青い目を際立たせるような、透明感のある淡い黄色の体を持つ。 オスのヒレは体よりも濃い黄色に染まり、縁は黒くなる。 オーストラリア東海岸の広範囲の淡水域に分布し、地域変異によって色味や体格などが異なる。 プセウドムギル科で最初に発見された種である。 英名 Paska's blue-eye。 全長は3cmほどでバタフライ・レインボーの色違いのような体形をしており、ヒレは黄色、腹部はうっすら紫色に染まる。 後述のティミカに似る部分があるが、本種は成熟しても地色がかなり薄く、背部に青いラインが現れないもしくは不鮮明である点が異なる とされる。 水質悪化に気をつければ、飼育は難しくない。 輸入が稀なので繁殖は困難。 英名 Red neon blue-eye。 日本では別名、ファイアーレッド・レインボーとも。 パスカイに似るため混同されたり、亜種と考えられパスカイsp. レッドネオンなどの名が用いられた事もあったが、の地名の「ティミカ」および2016年に付いた学名の「ルミナータス」が次第に定着していった。 成熟したオスは濃いオレンジの体色を呈し背部に金属光沢のある青いラインが現れる。 輸入の稀なパスカイとは対照的に、養殖個体の流通で急速に普及している。 英名 Neon blue-eyeまたはBlueback blue-eye。 全長3cmほど。 雄は各ひれが黄色と黒に染め分けられ、体側に青い光沢が見られる。 オーストラリア北部のにある帯に生息する種。 雨季には塩分濃度が著しく下がる水域のため純淡水にもある程度は耐えられるが、汽水を再現した弱アルカリ性の塩水の方が状態よく飼育できる。 爽やかな体色で人気がある一方で、幻のレインボーフィッシュと称される事もあるほど流通は稀。 スカトゥリギニクチス属 Scaturiginichthys [ ] は、 Red-finned blue-eye の1種のみ。 テルマテリナ科 Telmatherinidae [ ] は、インドネシアの(セレベス島)、のミソール島、ワイゲウ島などに分布。 10数種がいる。

次の