ジグザグ み こと。 FXのトレンド系指標 ジグザグチャートの見方と使い方。管理人によるFX初心者へ為になるコラム

【ジグザグ】命(みこと)はオトイロハのボーカル?噂の検証と素顔!

ジグザグ み こと

ZigZag(ジグザグ)の具体的な活用例 では実際のチャートを使って活用例を紹介していきます。 まず、 左の赤い四角で囲んでいる部分は上昇トレンドが発生している場面で、高値と安値が切り上がっているのがわかると思います。 そして、 切り上がった高値の起点となった安値が「押し安値」となります。 先ほども説明しましたが、 この「押し安値」は「相場の転換点」と関係するポイント(ここが「相場の転換点」となるわけではないです)で「 強い買い注文」があった部分として投資家に強く意識されます。 そして、その「押し安値」の部分に水平線を引いたのが図内の水色の線です。 高値と安値の認識に再現性が出るため自分の中でルール化しやすい という事です。 仮に自分の判断で高値と安値に水平線を引いたとしたら相場によって高値と安値の認識は変わってきます (極端な話、同じチャートでも見るタイミングによって判断が変わる可能性がある)。 ですがZigZagを使って高値と安値を判断した場合、当然ですが 常に同じルール(計算)によってラインが引かれるので相場によってブレがありません。 よって、再現性が求められる取引手法には取り入れやすいはずです。 ZigZag(ジグザグ)を使用する上での注意点 ZigZag自体は、高値と安値を見つけやすく非常に便利なインジケーターですが 使用する上でいくつか注意点がありますのでお伝えします。 エントリーポイントを見つけるのには向いていない あくまで高値と安値を繋いだラインですので、 エントリーポイントを見つけるためのインジケーターとして使用するのは難しいです。 あくまで他の根拠(水平線や他のインジケータによる売買のサイン)と併用するようにしてください。 表示する時間足によって高値と安値のポイントが違う 表示しているローソク足の時間によって高値・安値となるポイントが違うのにも注意が必要です。 下の2つのチャートをご覧ください。 赤の四角で囲んだ上昇トレンドの部分を見ていただきたいのですが 指標や要人発言などのファンダメンタルズの要因により、価格が急騰または急落し今までと比べて大きなローソク足や長いヒゲをつけたローソク足が出現した時は注意が必要です。 そのような時でもZigZagを使用すると、 長いヒゲの頂点を高値または安値として認識します。 仮にこのヒゲがなければ高値が切り上がっていましたが、ZigZagによるラインを見ると「横ばい」と判断できます。 その時の ローソク足の大きさ(それまでのローソク足との比較)や 相場の流れをしっかりと意識する事が重要となってきます。

次の

【エリオット波動】修正波のジグザグの基本定義と戦略【株式投資】

ジグザグ み こと

ジグザグは、5-3-5の3波の副次波で構成される修正波です。 2波動分の推進波を含んだ波(a波とc波)なので、修正波の中で最も調整幅が大きくインパクトがありますね。 副次波の構成 ジグザグの中の波である副次波は、5-3-5の波形ですが、インパルス-ジグザグ-インパルスが多く出現します。 ただし、ダイアゴナル-ジグザグ-ダイアゴナルのパターンもあります。 日足では、分かりやすいところと分かりづらいところがありますので、N字の修正に気を付けていると、なんとなく分かってきますよ。 インパルスやダイアゴナルは、下記の記事で学ぶことができますよ。 関連記事• スポンサーリンク 出現しやすいポイント ジグザグは、修正波であれば、どの位置でも発生する可能性があります。 具体的には、推進波の修正波や修正波の修正波で出現することになります。 推進波の修正波 推進波には、インパルスとダイアゴナルがありますが、その修正波にあたる2波と4波に出現する可能性があります。 特に、インパルスの場合は、2波に出現しやすい性質があるので、これは覚えておいて、実際に自分でチャートを見て確認してみることをおすすめします。 4波でも出現する場合がありますが、基本的に保ち合いのような動きをするフラットかトライアングルが多いです。 また、インパルスの2波と4波の関係は、オルタネーションなので、違う波形の修正波が出現しやすい特徴がありますよ。 すなわち、2波がジグザグなら4波がフラットかトライアングル、2波がフラットなら4波がジグザグかトライアングルといった具合です。 もう一つの修正波であるダイアゴナルの場合は、2波と4波のどちらもジグザグが出現する可能性があり、こちらは、オルタネーションの特徴はありません。 修正波の修正波 ジグザグは、修正波であるフラット、ジグザグ、トライアングルの副次波の修正波部分でも出現する可能性があります。 フラットの波形は、3-3-5なので、3の部分のa波とb波に出現する可能性があります。 フラットのa波とb波もオルタネーションの関係にありますので、片方がジグザグならもう一方がジグザグ以外の波形になりやすい特徴がありますよ。 そして、この記事で学んだように、ジグザグの副次波は、5-3-5なので3波部分であるb波にもジグザグが発生する可能性があります。 最後に、トライアングルですが、こちらは、3-3-3-3-3の5波動なので、すべての副次波でジグザグが発生する可能性がありますよ。 実践での戦略 私の場合、トレンドの3波に乗せる玉を建てるのにジグザグの動きを利用することが多いです。 大底や大天井は、初心者にとって分かりづらいポイントですが、押し目や戻りである2波から3波の遷移は、比較的易しく、利幅も期待できるので是非狙っていきたいポイントです。 逆に、4波でジグザグらしき波が出現した場合は、トレンド転換の可能性や波の数え間違いの可能性もあるので、見送ることが多いです。 この場合は、しっかりと底や天井を確認してから、次の波動を狙うことになります。 トレードの質が一段階上がる考え方 小波動の天井をつけ、中波動の押し目を狙うとき、注意すべきは、途中のフェイクです。 すなわち、ジグザグの場合は、b波にあたる位置ですが、フラットやトライアングルも同様、一発で転換することはほとんどありません。 だから、一回目の戻しは騙されないように注意してくださいね。 そして、もし、一発転換した場合は、それにつられて売買してはいけません。 なぜなら、前の小波動の残りの可能性があるので、天井や底が近い可能性があり、エントリーしたら、すぐに反転する可能性があるからです。 なお、エリオット波動を使って実際の取引をするときは、その本質について理解してないと、ほとんど役に立たないどころか逆効果になってしまいます。 その本質を理解して実践で使えるように下記のnoteでまとめましたのでご参考いただければ嬉しく思います。 note 今回は、以上です。 人気記事 スポンサーリンク.

次の

ジグザグドリブルの正しい練習方法と間違ったやり方!│少年サッカー育成ドットコム

ジグザグ み こと

・大きなトレンドを判断できる ・トレンドの転換点も見極めることができる ジグザグは大まかなトレンドを判断できるインディゲーターになります。 チャートを見慣れていない初心者の方は、ジグザグをMT4に表示させることで大きなトレンドの流れをつかむことが可能になります。 さらに、トレンドの転換点も見極められる優れものです。 しかし、トレンド転換を見極めるためにジグザグに変化がない場合もあります。 細かいトレンドを捉えないことも特徴の一つですので、より多くのpipsを狙うことができます。 注意点、インディゲーターは後追いになります。 出来上がったローソク足のデータから分析されて表示されます。 ジグザグの設定方法 水平線は利確ポイントとしても使う トレードする時間足は30分足になります。 先ほど水平線を引いた30分足と4時間足のラインに注目していきます。 中央の赤いラインを上に抜けてくるようであれば、利確は上の高値のラインまでに設定して買い ロング でエントリーをします。 逆に、中央の赤いラインを下に抜けてくるようであれば、利確は下の安値のラインまでに設定して売り ショート でエントリーします。 さらに、30分足で引いた青いラインも補助的に利用しながらトレードをしていきます。 たとえば、中央の赤いラインを抜けてきても反落して青いラインまで落ちてきたとします。 しかし、青いラインがサポートラインになって、そこから上昇をすることが考えられるので買い ロング エントリーをします。 ここでの利確ポイントとしては、一番上の高値になります。 そこまで待つのが怖いという方は、4時間足で引いた切り下げラインに利確ポイントを設定してみてもいいです。 さらに上昇が強いのであれば、lotを少し減らして買い増しをしていくこともできます。 時間経過とともにラインを変更していく.

次の