面接 自己 紹介 例。 自己紹介をするときの注意点|マイナビ新卒紹介|新卒学生向け無料就職エージェントサービス

パート面接の自己紹介で「好印象をもってもらう」ための方法

面接 自己 紹介 例

面接で自己PRを聞かれたらどうする? ポイントと注意点をチェック! 面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ 自己PRでは、「何を、どのように述べるのか」を意識することが大切です。 転職面接では、ほとんどの場合、自己PRを求められます。 志望動機と同じくらい重視される質問ですから、事前に対策を練っておくことが大切です。 ここでは、自己PRをする際にアピールすべきポイントや注意点を解説します。 自己PRでアピールすべき3つのポイント 転職面接は、企業とのお見合いのようなものです。 「自分が言いたいこと」だけを声高にアピールしても、良い結果を得ることはできません。 自分の実績を伝えるのが自己PRですが、相手が何を求めているのかを理解しておかなければ、一人よがりになってしまいます。 自己PRの内容を考える前に、まずは伝えるべき3つのポイントを整理しておきましょう。 企業の求める人物像と合致する点 自己PRは自分のアピールポイントや実績を伝える場ですが、これはあくまでも、「その企業にとって自分がいかに有用な人間であるか」をアピールするために行っていることを忘れないようにしましょう。 自己PRで伝えるべきなのは、自分の輝かしい実績ではなく、「企業から見て魅力的だと感じてもらえる実績」です。 どれだけ立派な実績があっても、企業が求める人材像とかけ離れた分野のエピソードしか語れないようであれば、魅力的な人材だと思ってもらうことはできません。 そのため、転職面接の自己PRで語る内容は、企業ごとに変える必要があるのです。 そのためには、応募先の企業の求人票を見返します。 「求める人材」という項目がないでしょうか。 企業の求人サイトや求人票には、どのような人材を求めているのか、具体的に書いてあることが珍しくありません。 「必須」「優遇」と、項目を分けてほしい人材を指定しているケースもあります。 さらに、企業の近年の事業展開や、経営方針、経営者インタビューなどをチェックすることで、より深く企業が求めている人材像や、今後どのような経営展開をしていきたいのかを知ることができます。 しかし、たとえ資格を保有していなくても、関連する業務に携わったことがあったり、学んだことがあったりした場合は、アピールポイントとなります。 また、経験したことがない仕事であっても、別の業務の実績が評価される可能性もあります。 このように、自己PRを述べる際は、自分の実績の中から企業が求めていると考えられるものをピックアップして伝えるようにしましょう。 アピールポイントの根拠となる具体的なエピソードと成果 仕事に限らず、誰かを説得する際には、その根拠を伝えるのが効果的です。 その際の根拠は、主観的なものや感情論ではなく、客観性がなければいけません。 これは転職面接における自己PRでも同様です。 「営業として顧客からの高い信頼を得ています」と言ったとしても、それが本当なのか嘘なのかを面接官が判断することはできません。 本人の思い込みで、実際には信頼を得られていないこともあるかもしれません。 そこで、「高い信頼を得ている」と主張できるだけの根拠を提示します。 この根拠とは、リピート率や売上のような「数字」であったり、顧客満足度の高さで表彰を受けたといった「他者からの評価」であったりします。 将来の展望 自己PRでは、入社した後でどのように働いていくつもりなのかにもふれるようにしてください。 企業の採用担当者が本当に知りたいのは、「入社した後、それを自社で活かして働くことができるかどうか」だからです。 いくら優れた実績があっても、その企業で役立てられないのであれば意味がありません。 「顧客のニーズを理解し、満足度を向上させてきた経験を活かし、業界顧客満足度ナンバー1の御社で、さらなるリピート率の向上と新規顧客獲得に邁進したいと考えております」というように、企業が求めている人材像を踏まえた上で、自分を採用するメリットについて伝えましょう。 自己PRをする際に注意したい4つのポイント 続いて、自己PRをするときに気を付けておきたい4つのポイントと、それらを踏まえた自己PR例をご紹介します。 結論を最初に話す 自己PRでは、結論を最初に述べましょう。 ここでいう結論とは、「PRポイント」のことです。 たとえば、「コミュニケーション能力が高い」のであれば、最初にそれを言います。 その後で、「根拠やエピソード」「得られた仕事上の実績」「転職後の活かし方」などと続けてください。 最初に結論を述べておけば、話の流れを理解した上でその後の説明を聞いてもらえます。 この段落でも、「自己PRでは、結論を最初に述べましょう」と、結論を初めに書いていますね。 相手に何かを説明する際に便利な方法ですから、ぜひ身に付けておきましょう。 仕事への活かし方を意識する 「コミュニケーション能力が高い」というのは、それだけでは単なる本人の特性でしかありません。 実際に、それをどのように仕事に活かしているのか、また、今後どう活かしていくつもりなのかが大切です。 また、「コミュニケーション能力が高く、誰とでも仲良くなれます」だけでは、仕事上の強みとはいえません。 コミュニケーション能力は、職種を問わず求められることが多いものですが、もう一歩進んで、自分自身がその能力をどう活かすつもりなのかについて考えておく必要があります。 さらに、その「活かし方」が、応募先の企業のニーズに合致したものでなければ選考を通過することはできません。 スキルの活かし方はひとつではありません。 応募先の企業でどのような活躍を求められているのか、併せて検討しておきましょう。 アピールポイントをしぼる 「コミュニケーション能力が高い」「問題解決能力に優れている」「チャレンジ精神が旺盛」など、アピールしたい能力がたくさんある方もいるでしょう。 しかし、いくつものアピールポイントを、短い自己PRの時間内に全て話そうとすると、全体の印象がぼやけてしまいます。 複数のアピールポイントについて述べるのではなく、相手先の企業がより強く求めていると考えられる能力と、それを表すエピソードにしぼって伝えるようにしてください。 書類の自己PR欄と内容を合わせる 自己PRは、履歴書や職務経歴書にも書く場合があります。 また、自己PRで述べた入社後の活かし方は、志望動機にも通じることです。 面接官は、手元に履歴書や職務経歴書を持っていますから、書類の内容と面接で話している内容に食い違いがないようにしなければいけません。 提出した履歴書や職務経歴書は必ず控えを取って、面接の前に内容を再確認しておきましょう。 自己PRの時間 自己PRの時間は、1分や3分など、時間を指定されてまとめるように指定されることがあります。 特に、1分と指定されるケースは多いため、あらかじめどの程度の分量で1分の自己PRになるのかを計っておく必要があります。 一般的には、1分で話せる言葉はおおよそ300文字程度だといわれています。 そのため、自己PRも、300~400文字程度でまとめるのがおすすめです。 実際の自己PR例を見て、分量について考えてみましょう。 <自己PR例> 私の強みは、向上心があり、そのための努力ができることです。 前職では個人向け営業をしておりましたが、1年目の成績は社員50名中40番目でした。 営業成績はお客様からどれだけ支持を得られているかの指針だと思っておりましたので、この結果には大きなショックを受けました。 同時に、お客様から支持される営業になりたいとあらためて感じ、必ず翌年は1番になると誓いました。 それから、お客様とより深くコミュニケーションをとるため、商品知識や政治経済、経営、テクノロジーなど、様々な分野の勉強を行いました。 さらに、上司や同僚とプレゼンの練習をしたり、優秀な営業からテクニックを学んだりと、営業面でのスキルアップにも努めました。 結果、翌年は営業成績トップを獲得。 以降は、連続して1位の成績を収めています。 この経験から、努力し結果が出ることでよりモチベーションが上がり、さらに努力ができるのだと学びました。 この強みを活かして、御社の営業の仕事に貢献したいと考えています。 この自己PRは、およそ400文字です。 実際に話してみて、自分がこの分量を何分で話せるのかを計ってみてください。 1分ぴったり、もしくは少し超える程度かと思います。 もし、1分を大幅に下回るようであれば、話す速度が早すぎると考えられます。 自分なりの自己PRを考えるとともに、実際に下書きを見ないで自分の言葉で話し直した場合に何分になるのか、練習をしておきましょう。 自己PRは面接におけるアピールタイム 自己PRは、面接において自分の魅力を面接官に自由に伝えることができる重要なアピールタイムです。 応募先の採用担当者にとって魅力的に映る内容を考えてから面接を受けるようにしましょう。 企業研究を十分に行うとともに、印象に残るキャッチーなフレーズを織り込むといったテクニックを使うとより効果的です。 あなたの長所を活かした自己PRを、キャリアアドバイザーが一緒に作成します!.

次の

バイト面接で行う自己紹介のコツがわかる! 話す内容や例を紹介|バイト・仕事を楽しむキャリアマガジンCareer Groove by モッピーバイト

面接 自己 紹介 例

1.自己紹介と自己PRの違い 面接の際、「自己紹介をしてください」と言われるケースと「自己PRをしてください」と言われるケースがあります。 よく似た言葉ではありますが、どちらを言われるかで企業の「聞きたい」と思っていることは異なるので注意が必要です。 「自己紹介」は自分を知ってもらうためのもの 自己紹介とは、あなた自身の所属や人柄などを簡単に伝えるためのもの。 氏名や現職について(会社・部署・職種など)、趣味・特技などを完結にまとめたものが、自己紹介です。 面接官より「簡単に自己紹介をしてください」と言われたときは、1分ほどでこれらの要素を簡潔に伝えるようにしましょう。 「自己PR」は自分の魅力を伝えるためのもの 自己PRとは、あなたの強みや長所について伝え、企業に「採用したい」と思ってもらうためのものです。 具体的には、資質(性格)やスキルなどをアピールします。 これまでの経験を交えて、どんな時にどのようにあなたの強み・長所が発揮されたのかを伝えることで、自分の魅力をアピールしましょう。 2.面接での自己紹介で必ず伝えるべき3つの項目 自己紹介の際は、「氏名」「現職または前職について(社名・所属・職種について)」「締めの言葉(意気込みなど)」の3つのポイントを盛り込むようにします。 現職・前職については、今回希望する仕事において活きるスキル・資格があれば併せて簡単に伝えるようにしましょう。 また、締めの言葉については、どうして今回の仕事・会社に関心を持ったのかを伝えられると、その後の自己PRもしやすいはずです。 ポイントは、あくまでも簡潔にわかりやすく伝えること。 面接の導入として、「もう少し話を聞きたい」と思ってもらえるよう、あえて伝えすぎないことを意識するとよいでしょう。 「自己紹介をお願いします」と質問されたときの答え方 自己紹介を求められる理由 面接で採用担当者は、「求職者が自社で活躍できるか」という点を見極めようとします。 そして、面接会場に入場したタイミングから、見極めは始まっています。 単に名前や生い立ちを話すだけではなく、自分のキャリアやアピールポイントを簡潔に伝えられるようにしましょう。 回答のポイント 伝えるのは要点だけ。 30秒~1分程度にまとめよう。 中途採用の面接における自己紹介は、あなたの「これまでの職務経歴」を簡潔に伝える場です。 遠い過去まで遡ってダラダラ話したり自身の強みや志望動機まで盛り込んだりせず、要点を絞って話すようにしましょう。 また、企業によっては「3分で話してください」と言われる場合もありますので、短いバージョンと長いバージョンを考えておくのも良いでしょう。 表情や話し方の抑揚まで意識しよう。 面接のオープニングとなるのが、自己紹介。 そのため、面接官は内容の濃さよりも、表情や話し方に注目している場合が多いです。 明るい笑顔や強弱をつけた話し方を意識するだけでも、相手はあなたの話を「もっと聞いてみたい」と思うハズ。 目線の配り方など、細かな点まで注意してみてください。 本日はよろしくお願いいたします。 私は5年間、居酒屋チェーンを経営する会社で店長業務に従事してまいりました。 2年前からはエリアマネージャーとなり、特に従業員の満足度の向上に注力してきました。 その結果、全社の2年以内の社員定着率が70%であるのに対し、担当エリア内では98%という成果をあげました。 今回は営業職という異業種へのチャレンジですが、この経験を活かして、御社では顧客満足度の高い営業パーソンとなって売上に貢献していきたいと考えております。 その他、面接でよく聞かれる質問とお手本回答 ここからは、自己紹介以外に面接でよく聞かれる質問と、それに対するお手本回答を解説します。 ぜひ、面接での参考にしてください。 「前職の退職理由は何ですか?」 回答例 売上だけでなく、お客様の満足も追求できる営業になりたかった。 というのが退職の動機です。 しかし、現在の職場は売上重視の考え方が強く、自分の行動が受け入れられない場面もありました。 その点、御社は提案力と対応スピードの速さを強みにお持ちです。 御社であれば、自身が目指す「売上と顧客満足を両立できる営業」を実現できると考えております。 ポイント 前職の批判は厳禁。 前向きな話し方で、正直な気持ちを伝えよう。 中途採用の面接において非常によく聞かれるのがこの「退職理由」。 面接官は、退職理由は前向きなものばかりではないことをもちろん理解しています。 そのため、回答の際は「環境のせいにしていないこと」「仕事に前向きに取り組める人間であること」が伝わるような話方を心がけましょう。 そのためには、うそをついたり前職を批判したりせず、正直な気持ちを前向きに伝えることが大切です。 というのも、たとえば前職でマイナスに感じていたポイントが次の企業にも当てはまってしまうと、面接官は「うちもすぐに辞めてしまうのでは?」と不安に感じてしまうからです。 退職理由は次の企業に当てはまらず、かつ志望動機を満たせるものであるほど「うちの考え方を理解している」「活躍してくれそうだ」といった評価を受けやすいでしょう。 学生からご年配の方までさまざまな年代のお客様と接する中で、相手に合わせたコミュニケーションの取り方や提案ができる力を身につけました。 この力を活かして店舗の売上に貢献するため、特に売り場作りでは常連のお客様に声をかけ、商品の並び方の感想やどんなアイテムがあったら嬉しいかなどを調査。 自身のこの取り組みをもとに「お客様アンケートの実施」を会社に提案し、採用していただきました。 その結果、年間売り上げ前年比120%を達成し、社内で表彰していただくこともできました。 今回は商品企画という初めての職種へのチャレンジですが、前職で培った消費者のニーズを汲み取り形にしていく力は、十分に活かせると考えています。 具体的な数字を用いるとなお良し。 職歴について話す際は、その環境の中で「あなたはどう考え、どう行動を起こし、どんな成果を上げたのか」を必ず盛り込むようにしてください。 また、その行動によって「売上が10%アップした」「全社員の残業時間を月20時間削減できた」など、数字を用いることで具体性もアップします。 自分の成果を伝えるだけでは、「この人は自分の能力ばかりアピールしている」という印象を受けてしまいかねません。 そのため、その経験を「今後どう活かしていけるのか」まできちんと伝えるようにしましょう。 そうすることによって、企業側もあなたの活躍する姿をイメージしやすくなります。 「当社を志望した理由を教えてください」 回答例 大学時代に環境学を専攻しており、当時から貴社の環境ビジネスに魅力を感じておりました。 御社は顧客満足を重視する風土だと伺いましたので、貢献できると考えております。 海外向けの営業は未経験ですが、大学時代に1年間バックパッカーの経験があり、海外を飛び回るフットワークの軽さや交渉力、思考力は十分備えていると自負しております。 ポイント 会社の方針と自分のやりたいことをマッチさせよう。 志望理由を通して、企業はあなたの「志望度や熱意の高さ」の他に、「社風や方針に合うかどうか」を見極めたいと考えています。 そのため、志望理由では応募企業が大切にしている考えや今後の展開と、自分の強みや目標などをリンクさせて話をしましょう。 そうすることで、面接官にも「この人はうちに合いそうだ」「長期的に活躍できそうだ」という印象を持ってもらえやすいです。 自身の体験エピソードを盛り込むと、オリジナルの志望理由に。 志望理由を述べる際には、なぜそう考えたのかという「根拠」が重要なポイントとなります。 「~だと思うから」といった個人的な主張だけではやはり信憑性は低く思われてしまいがち。 そのため、自身の体験を根拠として交えることによって、より志望理由に現実味やオリジナリティを出すようにしましょう。 「あなたにとって仕事とはどんな存在ですか」 回答例 自分が成長するために必要な場所だと考えます。 例えば、現職の接客においても、入社時はなかなか自分に自身が持てず上手くいかないことも多くありましたが、お客さまの様子やなにげない会話から相手が求めるものを探り、自信をもって伝えることで、「あなただから買いたい」と言ってもらえたことがありました。 単に求められることだけではなく、自分だからこそ提供できる価値を考え、行動し続けることで、社会人としても人としても成長していけると考えます。 貴社においても、この考え方は忘れずに、日々の仕事にあたりたいです。

次の

面接での自己PR回答例|転職の面接対策完全ガイド|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

面接 自己 紹介 例

面接で自己PRを聞かれたらどうする? ポイントと注意点をチェック! 面接対策完全ガイド 転職成功ノウハウ 自己PRでは、「何を、どのように述べるのか」を意識することが大切です。 転職面接では、ほとんどの場合、自己PRを求められます。 志望動機と同じくらい重視される質問ですから、事前に対策を練っておくことが大切です。 ここでは、自己PRをする際にアピールすべきポイントや注意点を解説します。 自己PRでアピールすべき3つのポイント 転職面接は、企業とのお見合いのようなものです。 「自分が言いたいこと」だけを声高にアピールしても、良い結果を得ることはできません。 自分の実績を伝えるのが自己PRですが、相手が何を求めているのかを理解しておかなければ、一人よがりになってしまいます。 自己PRの内容を考える前に、まずは伝えるべき3つのポイントを整理しておきましょう。 企業の求める人物像と合致する点 自己PRは自分のアピールポイントや実績を伝える場ですが、これはあくまでも、「その企業にとって自分がいかに有用な人間であるか」をアピールするために行っていることを忘れないようにしましょう。 自己PRで伝えるべきなのは、自分の輝かしい実績ではなく、「企業から見て魅力的だと感じてもらえる実績」です。 どれだけ立派な実績があっても、企業が求める人材像とかけ離れた分野のエピソードしか語れないようであれば、魅力的な人材だと思ってもらうことはできません。 そのため、転職面接の自己PRで語る内容は、企業ごとに変える必要があるのです。 そのためには、応募先の企業の求人票を見返します。 「求める人材」という項目がないでしょうか。 企業の求人サイトや求人票には、どのような人材を求めているのか、具体的に書いてあることが珍しくありません。 「必須」「優遇」と、項目を分けてほしい人材を指定しているケースもあります。 さらに、企業の近年の事業展開や、経営方針、経営者インタビューなどをチェックすることで、より深く企業が求めている人材像や、今後どのような経営展開をしていきたいのかを知ることができます。 しかし、たとえ資格を保有していなくても、関連する業務に携わったことがあったり、学んだことがあったりした場合は、アピールポイントとなります。 また、経験したことがない仕事であっても、別の業務の実績が評価される可能性もあります。 このように、自己PRを述べる際は、自分の実績の中から企業が求めていると考えられるものをピックアップして伝えるようにしましょう。 アピールポイントの根拠となる具体的なエピソードと成果 仕事に限らず、誰かを説得する際には、その根拠を伝えるのが効果的です。 その際の根拠は、主観的なものや感情論ではなく、客観性がなければいけません。 これは転職面接における自己PRでも同様です。 「営業として顧客からの高い信頼を得ています」と言ったとしても、それが本当なのか嘘なのかを面接官が判断することはできません。 本人の思い込みで、実際には信頼を得られていないこともあるかもしれません。 そこで、「高い信頼を得ている」と主張できるだけの根拠を提示します。 この根拠とは、リピート率や売上のような「数字」であったり、顧客満足度の高さで表彰を受けたといった「他者からの評価」であったりします。 将来の展望 自己PRでは、入社した後でどのように働いていくつもりなのかにもふれるようにしてください。 企業の採用担当者が本当に知りたいのは、「入社した後、それを自社で活かして働くことができるかどうか」だからです。 いくら優れた実績があっても、その企業で役立てられないのであれば意味がありません。 「顧客のニーズを理解し、満足度を向上させてきた経験を活かし、業界顧客満足度ナンバー1の御社で、さらなるリピート率の向上と新規顧客獲得に邁進したいと考えております」というように、企業が求めている人材像を踏まえた上で、自分を採用するメリットについて伝えましょう。 自己PRをする際に注意したい4つのポイント 続いて、自己PRをするときに気を付けておきたい4つのポイントと、それらを踏まえた自己PR例をご紹介します。 結論を最初に話す 自己PRでは、結論を最初に述べましょう。 ここでいう結論とは、「PRポイント」のことです。 たとえば、「コミュニケーション能力が高い」のであれば、最初にそれを言います。 その後で、「根拠やエピソード」「得られた仕事上の実績」「転職後の活かし方」などと続けてください。 最初に結論を述べておけば、話の流れを理解した上でその後の説明を聞いてもらえます。 この段落でも、「自己PRでは、結論を最初に述べましょう」と、結論を初めに書いていますね。 相手に何かを説明する際に便利な方法ですから、ぜひ身に付けておきましょう。 仕事への活かし方を意識する 「コミュニケーション能力が高い」というのは、それだけでは単なる本人の特性でしかありません。 実際に、それをどのように仕事に活かしているのか、また、今後どう活かしていくつもりなのかが大切です。 また、「コミュニケーション能力が高く、誰とでも仲良くなれます」だけでは、仕事上の強みとはいえません。 コミュニケーション能力は、職種を問わず求められることが多いものですが、もう一歩進んで、自分自身がその能力をどう活かすつもりなのかについて考えておく必要があります。 さらに、その「活かし方」が、応募先の企業のニーズに合致したものでなければ選考を通過することはできません。 スキルの活かし方はひとつではありません。 応募先の企業でどのような活躍を求められているのか、併せて検討しておきましょう。 アピールポイントをしぼる 「コミュニケーション能力が高い」「問題解決能力に優れている」「チャレンジ精神が旺盛」など、アピールしたい能力がたくさんある方もいるでしょう。 しかし、いくつものアピールポイントを、短い自己PRの時間内に全て話そうとすると、全体の印象がぼやけてしまいます。 複数のアピールポイントについて述べるのではなく、相手先の企業がより強く求めていると考えられる能力と、それを表すエピソードにしぼって伝えるようにしてください。 書類の自己PR欄と内容を合わせる 自己PRは、履歴書や職務経歴書にも書く場合があります。 また、自己PRで述べた入社後の活かし方は、志望動機にも通じることです。 面接官は、手元に履歴書や職務経歴書を持っていますから、書類の内容と面接で話している内容に食い違いがないようにしなければいけません。 提出した履歴書や職務経歴書は必ず控えを取って、面接の前に内容を再確認しておきましょう。 自己PRの時間 自己PRの時間は、1分や3分など、時間を指定されてまとめるように指定されることがあります。 特に、1分と指定されるケースは多いため、あらかじめどの程度の分量で1分の自己PRになるのかを計っておく必要があります。 一般的には、1分で話せる言葉はおおよそ300文字程度だといわれています。 そのため、自己PRも、300~400文字程度でまとめるのがおすすめです。 実際の自己PR例を見て、分量について考えてみましょう。 <自己PR例> 私の強みは、向上心があり、そのための努力ができることです。 前職では個人向け営業をしておりましたが、1年目の成績は社員50名中40番目でした。 営業成績はお客様からどれだけ支持を得られているかの指針だと思っておりましたので、この結果には大きなショックを受けました。 同時に、お客様から支持される営業になりたいとあらためて感じ、必ず翌年は1番になると誓いました。 それから、お客様とより深くコミュニケーションをとるため、商品知識や政治経済、経営、テクノロジーなど、様々な分野の勉強を行いました。 さらに、上司や同僚とプレゼンの練習をしたり、優秀な営業からテクニックを学んだりと、営業面でのスキルアップにも努めました。 結果、翌年は営業成績トップを獲得。 以降は、連続して1位の成績を収めています。 この経験から、努力し結果が出ることでよりモチベーションが上がり、さらに努力ができるのだと学びました。 この強みを活かして、御社の営業の仕事に貢献したいと考えています。 この自己PRは、およそ400文字です。 実際に話してみて、自分がこの分量を何分で話せるのかを計ってみてください。 1分ぴったり、もしくは少し超える程度かと思います。 もし、1分を大幅に下回るようであれば、話す速度が早すぎると考えられます。 自分なりの自己PRを考えるとともに、実際に下書きを見ないで自分の言葉で話し直した場合に何分になるのか、練習をしておきましょう。 自己PRは面接におけるアピールタイム 自己PRは、面接において自分の魅力を面接官に自由に伝えることができる重要なアピールタイムです。 応募先の採用担当者にとって魅力的に映る内容を考えてから面接を受けるようにしましょう。 企業研究を十分に行うとともに、印象に残るキャッチーなフレーズを織り込むといったテクニックを使うとより効果的です。 あなたの長所を活かした自己PRを、キャリアアドバイザーが一緒に作成します!.

次の