イワタニ 焼肉 プレート。 イワタニのフッ素加工焼肉プレートは子連れキャンパー必見!

イワタニの焼肉プレートは煙はでる?

イワタニ 焼肉 プレート

焼肉が食べたいっ! コロナで不要不急の外出自粛が続いていますが、みなさんどうお過ごしでしょうか。 うちもキャンプはもちろんの事、外食なども控えている毎日で御座います。 そんな中、あ~、焼肉が食べたい~、となった筆者。。。 いつもなら、焼肉屋さんに行って食べるんですが、こんなご時世ですからね。 ガマン、ガマンとしていたのですが。。。 あ、自宅で焼肉やればいいやんっ?! みなさんは自宅で焼肉やってますか?! うちはかみさんが肉が得意ではないのもあって、自宅焼肉未経験(笑) まぁ、今までは食べたくなったらお店に行けばよかったからね。 道具もなくてどうしようかと思ったのですが、良い機会なので自宅焼肉やってみました! コロナなんて焼いて食べてしまえっw って事で、先ずは道具探しからです。 焼肉するのに何で焼く?! まぁ、これが一番の課題ですよねw 焼肉を何で焼くか?! 一番手っ取り早いのは焼肉用のカセットコンロですかねぇ~ これに目を付けましたw Amazonの情報を掲載しています 仕組みとしては焼肉屋でよく見るプレートに穴があってその下は水がある、あのやつです。 これが調べてみると煙もほとんど気にならないようで評判もいいみたい。 分離型シングルバーナーで使うには丸アミのせればいけるみたいだし、お値段1000円ぐらい! コスパもバッチリ、手持ちの分離型シングルバーナーも使えるし文句なしじゃないですか! 既にみんな知ってるw?! で、近所のカインズで安かったので買ってきましたw 大小あるみたいですが、選んだのは小の型番が「CB-P-Y2」のやつ。 スペックはこんな感じです。 受け皿 こちらが受け皿の内側。 ここに水を入れるんですね。 裏側はこんな感じ カセットコンロの五徳に合わせて凹みがありました。 プレート これがプレートで、焼いた肉の油が落ちる溝と穴です。 表面はアルミダイカスト フッ素コーティング されてるから洗うのも簡単みたいです。 裏はこんな感じで、コーティングなし。 アルミなので軽いです。 イワタニの焼肉プレートを分離型シングルバーナーに載せてみる。 では分離型シングルバーナーにイワタニの焼肉プレートを載せてみますね。 使うのはOPTIMUS Vega。 五徳は3つでそんなに大きくないです。 そのまま乗せると分かりづらいので裏返しで試してみると、ん~、このままでは五徳が外れますね。 なので、予定通りに丸アミを置いてからの分離型シングルバーナーにすると。。。 バッチリ!、イワタニの焼肉プレートを分離型シングルバーナーに置く事が出来ましたw ひっくり返えしてたのを元に戻すとこんな感じ。 いい感じかなw キャンプに持っていって、テーブルで使うとなるとこんな感じですかね。 輻射熱でテーブルが焦げない様にカーボンフェルトを敷いて、その上に置くかな。 あまり焦げ付いてないですね。 その後、自分で洗ってみたんですが、流石にコーティングされているだけあって普通の食器用洗剤でサクッと洗う事が出来て掃除も簡単でしたw。 このイワタニの焼肉プレート、安いしおすすめですよw いやぁ~、自宅で焼肉、もっと早くにやっとけば良かったなぁ~w.

次の

おうち焼肉が捗る!「イワタニ 焼肉プレート(大)」レビュー。│べるぞう父さんの3年前から積立投信はじめました。

イワタニ 焼肉 プレート

注意書き パッケージの裏側になります。 イワタニカセットフー専用アクセサリーと書いていますが、正直、ゴトクが4つに別れているコンロならなんにでも合います。 カセットコンロは基本的に4つに別れていると思うので、大体のものが合うかと思います。 ただし、キャンプ用のミニコンロは4つに別れていない(3つとか)ものが多いと思うので、そういったものは不安定になって使用できないのでご注意を。 我が家のカセットコンロはこれ 私が使っているカセットコンロは・・・ イワタニ カセットフー BO ボー EX 高火力でキャンプなどに持ち運びしやすいケース付きの商品。 これは携帯性があり、火力の強いのでおすすめのカセットコンロです!安心のイワタニブランドですしね! 装着! 本商品の特徴として、 ・無駄な油のカット ・煙が少ない という特徴があります。 それは鉄板の溝のある形状、中央部分が下るように坂になっている点、端に余計な油を落とす穴、穴の受け口に水受けがあるので、ヘルシーで部屋に焼肉の臭いが残りにくくなっています。 スポンサーリンク ズーム! ズームにするとわかりやすいかと思います!かっこいい形状ですね! 今回用意した食材はこれ! 今回用意した具材は ・牛肉(豪州産) ・キャベツ ・しいたけ ・玉ねぎ ・かぼちゃ ・ニンジン のオーソドックススタイル。 ワインももちろん用意してまっせ! 本日のワインはうきうきさんの福袋で当たったイタリアの「アマローネ・デッラ・ヴェルポリチェッラ・クラッシコ 2012年」です!コルヴィーナ等のイタリアの品種を使ったフルボディのワインでアルコール度数は15%。 肉に合いそうですね! まずは油をしこうじゃないか! まずは油代わりにホルモンを焼いていきます!既にいい匂いが漂ってきますね? ! 肉を焼いていくぜ! 油を敷き終えたらどんどん具材を置いていきます!まずはお肉からいきます・・・うん、美味しい! やっぱり、この商品、無駄な油もカットされて煙が少ないですね。 前評判通りで安心しました!さすが、売れ筋商品間違いはありませんでした! 焼肉を終えて、1時間も立たないうちに匂いは部屋から消えてました! 使い終わったら・・・ 写真でわかるでしょうか?プレートの溝に油が落ちています!それだけでなく、水受けにもかなり油が浮いています。 これ全て身体に入れてたら危ないな・・・。 まとめ いかがでしたか?さすが、長期ヒット商品だけあります。 手軽に焼肉が家庭で楽しめますし、キャンプなんかでも活躍すること間違いなしかと思います!我が家でも購入して1ヶ月で4、5回使ったほどです!.

次の

イワタニ焼肉プレートCB

イワタニ 焼肉 プレート

出典: 「家で焼肉を楽しむ方法ないかな〜」とネット通販サイトを探索していたところ、 1000円ほどで買える「焼肉プレート」なるものを発見! しかも安心のイワタニ製です。 Amazonでは1600件を超えるレビューを集め、8割以上もの人が星4つ以上の高評価! ちなみに上の画像をスクショしたときには、品薄により価格が上がってしまっていました。 焼肉好きの間で話題の、ヒット商品のようです。 買ったのは、岩谷産業「焼肉プレート」 さっそくポチポチっと購入したイワタニの焼肉プレート。 品番はCB-P-Y3です。 「達人」の文字が光りますね。 肉を載せるプレート、受け皿、リフターの3つが入っていました。 ディテールを見てみよう 受け皿に水を張って使用するようです。 なるほど、これで煙が出にくくなるんでしょうか? プレートには溝があり、中央が盛り上がった形状とあいまって、穴から油が落ちる構造。 表面にはもちろんフッ素加工が施されています。 つまり、 空焚き厳禁です。 プレートには手で掴めるような部分がないので、リフターを使って持ち上げます。 まあこれは失くしてしまっても、割り箸か何かで代用できそう。 カセットフーシリーズに適合 こんなふうに、カセットコンロに設置して使用します。 パッケージには「イワタニカセットフー専用」と記載されていました。 ちなみに「風まる」や「タフまる」もカセットフーシリーズです。 【NG例】いつものホットプレートの場合 イワタニの焼肉プレートを使ってみる前に、いつも使っているホットプレートで焼肉をしてみました。 肉から出た油が煙に…… やはりどうしても煙が立ち昇りますね。 この煙は「油煙」と呼ばれ、肉から出た油が熱されて発生します。 ミスト状になった油を含んでいるそうで、それが部屋の壁や床にべったりと付着することによって、何日も消えないニオイの原因となるようです。 油はねも盛大に…… 油はねもこの通り。 スイッチ部分が大汗をかいたような状態になりました。 もちろんテーブルもべったべたです。 油は言うまでもなく肉から出たもの、それが熱されてはね飛んだというわけです。 床が滑るようになるのは、油煙と油はねのコラボによるものでしょう。 油はねだけが原因とは思えない広範囲にわたって、床がヌルヌル状態になってしまいます。 というわけで、煙もニオイも油はねも、すべては 肉から出た油が熱されることによって発生する事案のようです。 つまり家焼肉の宿敵は、肉から出る油と言えるでしょう。 このイワタニ焼肉プレートなら、構造的にクリアできそうだと期待が高まってきました。 まずサイズ的に使い勝手がいいですね。 家族4人でちょうどよく焼きながら食べられました。 気になる煙は……!? 結論から言ってしまうと、 煙は発生します。 ではそれがどの程度のものなのか、じっくりとご確認ください。 よ~く見てください、ちょろっと煙が立ち昇っていますね。 さらに煙が出てきました。 しつこく撮影したんですが、これがマックスの煙となりました。 一方、こちらがホットプレートで発生した煙です。 両者の条件を完全に揃えることはできませんでしたが、 明らかに煙のボリュームが違いました。 肉から出た油が、穴から受け皿へと落ちていきます。 受け皿は炎を避ける形状なので、油が熱し続けられる状況は発生せず、煙が出にくいというわけです。 自宅での焼肉で、これほどまでに煙が出ない状況は初めて見ました。 油はねも微量 油はねも微々たるものでした。 ホットプレートではスイッチ部分が大汗をかいていましたが、マーベラスのボンベ部分は小粒の汗といったところ。 差は一目瞭然です。 まるでホットプレートが役立たずみたいな論調になっていますが、焼きそばやお好み焼きなど、ホットプレートならではの活躍シーンもあることを断っておきます。 気になった点は? 油を落とす構造ゆえ、 小さい野菜などは受け皿に落ちてしまいます。 とはいえ穴がないと煙もうもうでニオイの原因となるわけですから、これは致し方のない仕様ではあります。 褒めてばかりなのも気味が悪いと思うので、あえて弱点として挙げてみました。 このプレートで家焼肉に革命を このプレートは、焼肉好きにとって救世主となる存在です。 Amazonレビューが盛り上がるのもよくわかりました。 ちなみにイワタニカセットフーシリーズではないカセットコンロでも、問題なく使えました。 大抵のカセットコンロには4本構成のゴトクがあるので、受け皿が普通にフィットします。 もちろんイワタニがテストを重ねた組み合わせではないことを知った上で、自己責任での使用となりますが。 以上、革命的に煙を抑える、イワタニ焼肉プレートをご紹介しました。 これでもう、 いつでも気軽に家焼肉を楽しめます。 ベランピングや庭BBQでも、ご近所の迷惑にならない範囲で室内に限らず愛用できるアイテムですね!.

次の