ためしてガッテン 膿栓。 NHKためしてガッテン感想。口からでる白い物体(膿栓・くさい玉)が腎臓などの病気の原因に!?慢性扁桃腺炎に注意!

激臭!臭い玉=膿栓(のうせん)ができる原因と臭い理由とは?

ためしてガッテン 膿栓

臭い玉が原因で腎臓病になった のどにできるようになった臭い玉を放置したことが原因で、腎臓病になってしまった女性がいます。 のどにつかえた食べ物が腐敗したのかなと軽く考えていたからです。 すると急に体調を崩して、1週間ほどのどの痛みが続きました。 ようやく治りかけたころ突然、血尿が出たのです。 慌てて病院で検査を受けたところ、なんと腎臓病という診断。 しかも意外なことに、腎臓病はのどにできた臭い玉と深い関係があるというのです。 この臭い玉、どこにできるものなのでしょう? この女性、風邪をひくといつものどから…といいます。 じつはここにヒントがあります。 臭い玉は膿栓という細菌の死骸 風邪で痛めるのは「扁桃」と呼ばれるところ。 これまで扁桃腺と呼ばれてきた部位で、のどの両脇にある丸い部分です。 右左に1つずつあって直径はおよそ3cm、表面がでこぼこしています。 じつは臭い玉は、この扁桃のへこんだ部分に入っているのです。 実際に臭い玉を1万倍に拡大して見てみると、その正体は細菌のかたまり。 歯周病菌や大腸の悪玉菌などの仲間の菌でした。 そういった細菌が集まると、卵が腐ったようなにおいを発するといいます。 臭い玉の正式名称は「膿栓」。 バクテロイデスと呼ばれる細菌の仲間が多く存在します。 大腸の悪玉菌の仲間で、こういった細菌が過剰に密集したものが膿栓です。 1mmほどの膿栓に、1億~2億の細菌が密集しています。 スポンサーリンク 臭い玉が出る状態が長く続くのは問題 空気中に存在するばい菌が口の中に侵入すると、扁桃にたどりつきます。 扁桃は体を守る免疫器官。 T細胞の指示のもと、リンパ球などの免疫細胞がばい菌の侵入を阻止しようとするのです。 免疫細胞がばい菌と戦っている証拠がのどの腫れ。 いわゆる扁桃炎の状態です。 そして臭い玉、つまり膿栓はこのばい菌の死骸のかたまりだったのです。 膿栓自体にはとくに害のあるものではありません。 問題は、この臭い玉が出る状態が長く続くこと。 この扁桃で免疫細胞とばい菌との戦いが続くと、T細胞が間違った命令を出すようになります。 臭い玉が原因で腎臓病を引き起こす 扁桃は免疫を担うリンパ組織の一部です。 リンパ組織は扁桃以外にも鼠径部やわきの下など全身にあります。 そして、それぞれにT細胞が存在しているのです。 じつは全身のリンパ組織の中で、扁桃だけが体の外部に存在します。 このため、臭い玉が出る状態が続くということは、免疫システムが疲弊しているということ。 すると、免疫系の異常がおこりやすくなります。 扁桃のT細胞が間違った命令を出すと、全身の免疫細胞がばい菌などの敵がいないのに攻撃を開始。 腎臓や関節、肌荒れなどの症状がおきてくるのです。 それが今回のような腎臓病を引き起こしてしまいます。 スポンサーリンク 臭い玉の原因を元から断つ方法 この臭い玉、じつは口呼吸が原因で発生します。 そこで、口呼吸してしまうクセを治して鼻呼吸にする方法を紹介しましょう。 この方法は実際に病院でも勧められている方法。 認知行動療法と呼ばれています。 たとえばテレビやリモコン、スマートフォンなど、自宅の目立つ場所にシールを貼り付けるのです。 そして、それを見るたびに口を閉じるように意識します。 意識するだけで効果があり、だんだん口呼吸が改善されるのです。 口呼吸が治すことができれば臭い玉は減少。 原因を元から断つことができます。 いますぐ試してみましょう。 臭い玉の原因を解消する体操がある 臭い玉の原因となる口呼吸を解消するなら「あいうべ体操」がおすすめです。 臭い玉が出なくなるだけでなく、インフルエンザ予防にも効果があります。 この体操をやっている小学校は、冬にインフルエンザにかかる子ども9割も減りました。 あいうべ体操のやり方は簡単。 ゆっくり「あ・い・う・べ」と口を動かすだけ。 なるべく大きく動かすことがポイントになります。 口を動かすだけで声は出さなくてもOK。 1日30回ほど行えば、1か月ほどで口呼吸が改善してきます。 まず口を大きく開いて「あ」、次は口角を真横に引いて「い」、少し首に筋が張るくらい引きます。 そして唇を突き出して「う」、最後はあごの先を舐めるように「べ」と舌を出すのです。 スポンサーリンク 臭い玉の原因となる口輪筋をチェック 臭い玉の原因となる口呼吸は、口のまわりの筋肉である口輪筋の衰えも影響しています。 加齢などで口を閉じる筋肉が衰えてくると、口呼吸になりやすくなるのです。 そこで、口輪筋が衰えていないかチェックする方法を紹介しましょう。 まずは2リットルのペットボトルとたこ糸、直径3cmほどのボタンを用意。 たこ糸にボタンを取り付けたら、反対側をペットボトルの口に縛り付けます。 そして、ボタンを唇と歯の間にはさんで、口輪筋の力でペットボトルを持ち上げるのです。 持ち上げられなかったら口輪筋が衰えているサイン。 口輪筋を鍛えて口呼吸を治して、腎臓病を予防しましょう。 臭い玉を自分で取り除く方法 この臭い玉、自分で取り除く方法があります。 もっとも簡単な方法が「うがい」です。 ただし普通のうがいでなく、わざとのどの奥まで水が届くようにしてください。 そして、吐き出すときにもコツがあります。 水をいったん吐いたあとに、のどの奥の粘膜に付いた汚れをこそげ取るイメージで、のどの奥のほうから唾液を出すのです。 このうがいを何度か繰り返すと、唾液に混じって臭い玉が出てきます。 臭い玉が付着しているのはのどの奥の両脇。 ここを刺激して唾液を吐き出すことで、臭い玉を取り除くことができるのです。

次の

» 「臭い玉」の放置が原因で腎臓病になる理由

ためしてガッテン 膿栓

臭い玉はなぜできるのか?主な原因 臭い玉は扁桃腺の働きである「体の中に最近やウイルス、異物の侵入をさせない」作用によって、その ウイルスなどの死骸や食べ物のカスなどが溜まることでできてしまいます。 この臭い玉ができる場所は扁桃腺にある陰窩(いんか)という小さい穴です。 のどの奥、のどちんこの両脇に位置する組織です。 (画像出典:wikipedia) 「臭い玉なんかがどうして自分にできてしまったんだ…」 っていう思いが強いと思います。 臭い玉が強烈な ニオイを放つ原因は、 ウイルスなどの死骸と食べかす、それに膿汁が混ざったため、ドブのような、大便のような、ザリガニのような…とにかく非常に臭いワケです。 次からは臭い玉ができる理由を細分化して究明していきます。 臭い玉は「病気」が原因?! 風邪(熱、鼻炎などの症状) 風邪をひいた時に、いくつかの原因で「喉の奥に違和感」を感じる時があります。 これは風邪によって扁桃腺が腫れたり、のどが炎症を起こしているからです。 ただ風邪をひいた時にも扁桃腺というのは細菌などを侵入させないために働いていますので、健康な時に比べて「できやすくなる」傾向にあるようです。 筆者も実際に風邪をひいて熱と鼻炎が続いた時にはじめて「臭い玉」ができました。 風邪の場合に困るのは、「喉の違和感」を感じた時に「風邪のみが原因」だと思ってしまうことですね。 風邪が治った後に「喉の違和感」だけが残るので、変だと思った結果が「臭い玉」でした。 蓄膿症(副鼻腔炎)、後鼻漏 蓄膿症(副鼻腔炎)というのは鼻の奥に「膿」が溜まってしまう症状です。 これを自覚されている場合にはまず、蓄膿症の治療から進めることが先決です。 臭い玉(膿栓)と蓄膿症は専門が「耳鼻咽喉科」であるため、合わせて相談すると良いでしょう。 また、後鼻漏(こうびろう)というのは、通常鼻水というのは体の外に流れようとするものですが、これが喉の奥に流れる状態をいいます。 蓄膿症も、後鼻漏も「鼻の奥」もしくは「喉の奥」からくさいニオイを伴う場合があります。 蓄膿症や後鼻漏だと「鼻呼吸」がしにくくなるため、どうしても「口呼吸」に頼るようになります。 口呼吸をしてしまうと「ドライマウス」になりやすくなってしまいます。 このドライマウス。 実は臭い玉ができる大きな原因でもあるのです。 まずは耳鼻咽喉科の受診が必要ですね。 扁桃腺炎 子供のころに風邪をひくと、よく扁桃腺を腫らすことも多かったと思います。 大人であってもドライマウスや免疫力の低下から、風邪やインフルエンザの際に「扁桃腺炎」になる場合も大いにあります。 扁桃腺自体が自浄作用のように働いているため、炎症を起こすとその働きも強くなります。 臭い玉ができるのは、まさにその時で、喉の違和感とともに強烈なにおいを感じると、それが「膿栓」のはじまりです。 この場合も、風邪、インフルエンザが原因の「扁桃腺炎」である場合にはまず病院での受診からはじめてください。 逆流性食道炎 胃液などが喉の奥からこみ上げてくる「逆流性食道炎」は口臭の原因の一つではあります。 臭い玉というのは口腔内の環境バランスが崩れた場合にもできやすくなるので、逆流性食道炎で普段口の中に上がってくることのない強烈な「胃酸(呑酸)」により、間接的に臭い玉ができやすくなってしまう可能性も否定できません。 逆流性食道炎は、軽度のものから治療が必要なものもあります。 ご自分で判断される前にまずは一度病院で受診されることをおすすめします。 溶連菌(ようれんきん) 風邪にもよく似た症状である「溶連菌」は溶血性連鎖球菌という細菌のことを指します。 発熱、嘔吐、喉の痛み、かゆみ、発疹、舌の異常などが症状です。 受診結果として知る場合が多いのですが、やはり「風邪のような症状」「発熱」「喉の炎症」などの諸症状が起きると、扁桃腺の働きも強くなるので「臭い玉」ができやすい状況になるようですね。 溶連菌は飛沫感染するので、マスクをして「インフルエンザ」の患者を扱うようにしていないと、家族にも感染してしまいます。 まずは治療に専念なさってください。 便秘 便秘が長期間になると「口臭」が気になる人も多いようです。 これは「大便のニオイ」が上がってくるわけではなく、体調などが悪く、免疫力がなくなった場合に口腔内のバランスも崩れやすくなったためと考えるのが普通です。 臭い玉の強烈なにおいとして表現されるのが「ドブ臭い」「大便くさい」などがあります。 便秘が直接臭い玉の原因というわけではなく、便秘で体調のバランスを崩した時に口臭が出やすい。 その結果臭い玉ができる要因となった、という流れですね。 ピロリ菌 ヘリコバクター・ピロリ、ピロリ菌は日本人の約半数が感染していると言われています。 胃炎や十二指腸潰瘍などの原因にもなるピロリ菌が「臭い玉の原因」とイコールにはなりませんが、慢性的な胃炎などは口臭の原因にもなります。 今までの多くの病名が引き起こしているのは臭い玉の間接的な要因の一つとなる「口臭を発生させてしまうもの」というつながりがあります。 ピロリ菌を体内からなくしていく治療も現在ではかなり進んできているので、口臭予防というよりはその先にある病気予防のために受診されると良いでしょう。 性病 口から入るウイルスの一つにも「性病」関連のものがあります。 扁桃腺の通常の役割として「ウイルスや細菌などを侵入させない」というのがあります。 性病の中には性器、性器周辺に感染する場合と、口などを使用して行う行為の中で口腔内に侵入したウイルスから口臭の原因となる「臭い玉」につながった。 という考え方も否定できません。 臭い玉と年齢の関係ってあるの?! 幼児期、小学生、中学生、高校生、大学生 若い時でも「臭い玉」ができる可能性はあります。 子供であるがゆえに「風邪をひきやすい」や「ウイルスに感染しやすい」というところからも十分に原因となる環境はあると考えてよいでしょう。 また、現代の子供は「口呼吸」になってしまい、普段口を開けたままの子が多いと聞きます。 子供の口臭を感じたり「なんだか喉の奥が変」「鼻の奥から変なニオイがする」という時は大人側が気づいてあげる必要があります。 成年、中年、高齢者 年齢に関係なく「臭い玉」というのは誰にでもできる可能性があるものです。 また、加齢イコール口臭の原因ではなく、唾液の分泌が加齢によって少なくなり、「ドライマウス」になったせいで「臭い玉」ができるという流れもあります。 いびきをかく場合も、鼻呼吸ではなく、寝ている間の無防備な状態で口呼吸をしているわけですから、それはホコリや雑菌などを吸い込みやすくなっているので「臭い玉」もできやすくなるというワケです。 妊娠をすると「臭い玉」ができる?! 妊婦(妊娠前、妊娠中) 妊婦になったからという理由で「臭い玉」ができるのかというとそうではありません。 ただ、妊娠中は特に安静にしている場合も多く、化粧やファッションなどに気をかけてられない場合も多いでしょう。 臨月近くになると、お腹を支えながら起き上がるのも億劫になるので、つい朝の歯磨きをしなかったりして生活習慣を怠ってしまう場合もあります。 口腔内が清潔に保てていないと「臭い玉」ができやすいのですが、妊娠中はあくまでも「赤ちゃんと母体を優先」することが大事ですので、他の悩みは産後に解決していくつもりでいた方が精神衛生上良いと思われます。 それが原因で吐いてしまったり、ティッシュや洗面所でよだれを捨て続けないといけない… 安心して過ごしたい時期にこれでは困ってしまいます。 また妊娠中は臭い玉と呼ばれる「膿栓」ができやすいので、 口の中の気持ち悪さが強まってしまう場合もあります。 当サイトでは「」という膿栓や口臭対策に効果が期待できる商品を紹介しています。 下のリンク先の記事内にルブレンの全成分表が記載されています。 ) 2019-12-26 13:50 ルブレンの場合、妊娠した際の「すっぱいものが食べたい!」というほどではありませんが、爽やかな柑橘系の味なので、妊娠中にムリなく使えるマウスウォッシュです。 一般的なマウスウォッシュと違い、ジェルっぽい液体を口の中で転がすように使うのが特徴です。 ルブレンを使い続けていると唾液がサラサラとして気持ち悪くなく、体本来の自浄作用をサポートしてくれるので、ヨダレつわりにも効果が期待できます。 また、妊娠中にできやすくなっている「膿栓」も予防できるので、健やかな赤ちゃんを出産するために、心穏やかに過ごすためには必要になってくるアイテムかもしれません。 また、妊婦の方に人気なのが「口臭サプリ」です。 当サイトの「」ではコスパの良い「口内環境を正常化するサプリメント」を紹介していますので、参考までにご覧になってください。 2020-01-07 16:28 産後(出産後、妊娠後) 出産後にホルモンバランスの崩れから体形が変わったり、髪質が変わったりすることが良くあります。 これと同じように、何か体調がすぐれなかったり、今までなかったような「口臭」を感じる場合もあります。 「臭い玉」ができる原因の一つに「風邪」をひいた時というのがありますが、これも免疫力が落ちているなど、体調のバランスが崩れた時のものです。 不調が続くようであれば病院で受診して、臭い玉(病院では膿栓と言った方が良いかもしれません)の改善に努めましょう。 体調の変化で「臭い玉」ができる?! 疲れ(倦怠感、だるさ) 疲れを感じている時、疲れが抜けないと感じている時は「免疫力が下がっている時」でもあります。 免疫力が下がっていると風邪などのウイルス性の病気にもなりやすいので、ここから「臭い玉ができやすい体」になってしまう場合もあります。 「疲れ」というのは「臭い玉」だけではなく、様々な病気の入り口でもあります。 しっかりとした休養を心がけてしっかりと「疲れ」を取り除くことが先決です。 ストレス(精神的に不安定な状態など) 現代人は「ストレス」を感じない環境にいる場合の方が少ないものですが、特に強くストレスを感じるような環境に長くいると、体調を崩したりする可能性が高いです。 臭い玉の直接的な関係になくても、ストレス性の胃炎や精神的に不安定となるとホルモンバランスも崩れやすく、「何か原因はわからないけど臭い玉ができたてた」となる場合もあります。 ストレスの場合もしっかりと休養を心がけた方が得策と言えるでしょう。 体調不良(免疫力の低下、ホルモンバランスの崩れ) 臭い玉ができてしまうのは一般的に「ドライマウス」になった場合や「風邪」をひいた時です。 この場合の「体調不良」の原因として「免疫力の低下」であったり「ホルモンバランスの崩れ」が要因になっています。 「疲れ」や「ストレス」「体調不良」にも通じることですが、生活する気力が弱まっている時は「通常の生活習慣」を怠ってしまう場合もあります。 歯磨きやうがいなどが億劫になってしまっても、口の中を清潔に保つことは忘れないでおきましょう。 臭い玉の多くは「口呼吸」が原因? 口呼吸(ドライマウス)運動後の口内にも関係 臭い玉ができやすくなる大きな理由の一つに「口呼吸」があります。 口呼吸が多くなると、口の中のうるおいが失われ「ドライマウス」となります。 通常の鼻呼吸であれば、最近は鼻毛や粘膜によって体内への侵入を妨げられます。 これが口呼吸だとウイルスや細菌を体内に侵入させないために「扁桃腺」のみが活躍しなくてはなりません。 ここに白血球やウイルスの死骸がたまり、「臭い玉」になってしまう。 というわけです。 またスポーツなどの激しい運動をした後も喉の渇きや「口の中の渇き」を感じる場合も多いかと思います。 この場合も「口の中のうるおいを保つため」に水分補給やその後のケア(うがいや手洗い)を忘れずに行いましょう。 舌苔(舌のコケ)、歯垢 舌の上に覆うようにしてできるコケのようなものを舌苔(ぜったい)といいます。 これは細菌や汚れなどが集まってできるもので、口臭の原因の一つです。 臭い玉の成分も細菌の死骸や食べかすなどの汚れが蓄積してできたものです。 舌苔をそのままにせずに、歯ブラシでやさしく落としたり、専用の舌苔ブラシ、ラバーで定期的に除去した方が「臭い玉」予防にもつながります。 また「歯垢」についても普段から「食べたら磨く」を心がけて、口の中を清潔に保つことが重要です。 臭い玉の成分が細菌の死骸の他に、「食べかすなどの汚れ」があることを念頭に置いておくことが予防への第一歩となります。 関連記事 「」安全に取る方法と今までやってたNGな方法。

次の

ブログもりもり バカはばかばか! : 【膿栓・くさい玉・におい玉】ためしてガッテンで取り方を教えてくれる?

ためしてガッテン 膿栓

Sponsored Link 秋の深まりと共に、注意しなければいけないのが、乾燥による喉の痛み。 寝起きに喉がイガイガしてると、うわっ、風邪ひいた?と憂うつになりますよね~。 そんな喉の奥にひそむ「ニオイ玉(膿栓)」が、今夜のためしてガッテンで取り上げられます。 私は、初めて聞いた名前なのですが、 健康に詳しい方々の間では、すでに話題のワードなのですね!? 「くさい玉」「臭い玉」とも書き、口臭や肌荒れ、肩こりなどの 症状をも引き起こすとのこと・・・ 思わず、自分の喉をのぞき込んでしまいましたw どんな原因でできるのか、予防や対策を調査していきます。 ニオイ玉の原因は? のどの奥にある扁桃の表面には小さな穴があり、そこにリンパ球や白血球、 最近塊や食べかすなどが溜まってできたのがこの白い玉。 食べかすもたまっちゃうなんて、防ぎようがないですよね!? 私は、白い玉が飛び出た経験がないのですが、知らず知らずに飲み込んでいたようです・・・。 また、冬は乾燥しているため、ほこりや細菌も付きやすいんですって。 のどの調子が悪いなぁと感じたら、よーく喉の奥をチェックしてみてください。 予防や対策は? どうしても出来てしまう「ニオイ玉」 潰すと臭いので、口臭の原因にもなる。 なんとしても予防したいです! 発見したら、綿棒で掻きだしたくなりますが、 予防になるのが「うがい」! ・ぬるま湯でうがい ・紅茶や緑茶でうがい ・耳かきを使って取る ・膿栓は自分で取らない方が良い 特に緑茶でうがいすれば、カテキンの殺菌効果もあり良いようです。 今夜のためしてガッテンでは、どんな驚きの予防法が紹介されるのか・・・。 番組終了後にその秘訣を追記していと思います! 【追記】 番組内の解説で分かったことは・・・。 ニオイ玉自体は、死んだ細胞。 喉から侵入しようとする細菌と戦った後の残骸だというのです。

次の