バリデーション 認知 症。 症状が和らぐ!会話が戻る! 認知症の心を知るバリデーション [運動と健康] All About

バリデーション療法で認知症の方とのコミュニケーションを円滑に!

バリデーション 認知 症

バリデーションって何? バリデーションの意味 英語では「Validation」で、和訳すると 「確認や承認」の意味があります。 そして、認知症ケアのバリデーション法は、とりわけ「承認」的な意味合いが強い理論です。 バリデーション法とは、 ・本人が感じている感情や感覚を 否定しない ・本人に混乱があっても現実として 共感し受け止める ・結果として、 本人が生きている実感がもてる という考え方です。 そして考案者のナオミ・ファイルさんは、高齢者の認知症の方には解決ステージとして4つの段階があり、それぞれのステージにおいて効果のある14の手法を紹介しています。 バリデーションで期待できる効果 バリデーション法によって 期待できる効果は、 ・利用者にとっては、認知症の進行や社会性の回復などです。 ・介護する側の家族や職員は、姿勢と行動の仕方を理解できるので負担軽減 にもなります。 流れとしては、下記になります。 そして、直接コミュニケーションをとる中でどのように対応すれば良いか、という問いに対し、バリデーションは 「あるがままを受け入れ、高齢者を変えようとしない」姿勢で関わる事を理念としています。 関わる中でバリデーションの手法がありますが、基本的に高齢者に作用させようとうモノではなく、 関わる介護者が『共感』姿勢をとれるようにする為のテクニックになっています。 また、考案者のナオミ・ファイルさんも個々に価値観や病状も異なる高齢者に対し、画一的なマニュアル手法はなく、日内変動も加味した上で、その時々の状況での手法の使い分けが必要と説いています。 4段階の解決ステージ• バリデーション法では、認知症高齢者が抱える 4段階のステージがあるとしています。 「認知の混乱」の段階 出来ない事を認識し始める段階 ・基本的な身の回りの事は出来る ・時間感覚が薄くなったりや物忘れをし始めている認識がある。 ・苛立ちや悲しみの感情が出てくる。 ・取り繕う意識により作話で表現したりする。 ・読み書きは出来るが、新しいこと覚えたくない。 など 「日時・季節の混乱」の段階 見当識障害や物忘れが顕著になってくる段階 ・身の回りの事も補助が必要になってくる。 ・時間や場所の見当識がなくなっきて、名前を思いだすのに苦労する ・現実にしがみつくより、内に引きこもるようになる。 ・読む事は出来るが、判読出来る字が書けなくなる。 ・単純なゲームは可能だが、ルールのあるゲームが難しい。 など 「繰り返し動作」の段階 言葉ではなく、動作による感情や希望の表出をするようになる段階 ・身の回りの事が出来ず、介助が必要。 ・言葉ではなく、動作による感情や希望の表出をするようになる。 ・時間感覚は本人独自の感覚になっていく。 ・読み書きは意欲自体無くなり、出来なくなってくる。 「植物状態」の段階 完全に自分の内の世界にこもってしまい、話さなくなる段階。 ・周囲の環境との相互関係がほとんどなくなっていく ・認知機能の評価も困難になる バリデーションで行う14の手法• 皆さんの周囲の中で、 「この人と話しやすい」 「何でも話せちゃうな」 って方はいませんか? バリデーションの手法は14種類ありますが、実は専門的なものではなく 普段からコミュニケーションの中で自然と行っていたりする事だったりします。 話やすい人は、もしかしたら既にバリデーションのいくつかが自然とできてる人かもしれません。 コミュニケーションをとる中で『共感』姿勢が取れてる方と話すと、自分の思いを出しやすくなりますし、承認されている感覚も得られます。 下記でバリデーションの手法を紹介します。 センタリング 精神の集中をする事です。 呼吸を整え、怒りや焦りなどの気持ちを一旦解放し、コミュニケーションを取りたい相手に意識を集中させます。 相手への共感をするには、自分の感情を落ち着かせ解放する必要があります。 相手にとって事実の言葉を使う 認知症のBPSD(周辺症状)のような言動や行動があった際、 ・自分自身の感情を問う「なぜ?〇〇したの?」のような表現 ・本人の世界を否定してしまう印象を与える表現 は避け、 間違いがあっても「本人にとっての事実」としてコミュニケーションをとる。 そして、 「誰が」「何を」「いつ」「どこで」「どのように」の部分で相手の世界に合わせ、質問をしていきます。 周辺症状の要因が怒りや悲しみによるものであれば、否定されずコミュニケーションをとる中で気持ちが緩和される可能性があります。 リフレージング その人が言った事の 要点を介護側が言葉で繰り返すことです。 相手に合わせて、声の調子や早さ、会話のリズムなども同じ調子にしてみます。 お年寄りからすると、自分が言った言葉を相手から聞くと、共感してもらえた感覚が得られ元気が出てきます。 極端な事を言って、感情を出してもらう あえて最悪な状況を考えてもらい、現状の怒りや悲しみを解放させる事です。 最悪な状況は感情表現がしやすいので、そうした気持ちを出してもらう事で感情が落ち着かせる事ができます。 結果として、不安を和らがせるケアになります。 反対のことを想像してもらう お年寄りが問題に感じている事に対し、反対の問題がない状況を想像してもらい、自分にとって馴染みのある解決方法を思い出してもらう。 思い出話しをする レミニシングともいいます。 過去を思い出してもらう事で、 昔対処していた感覚や方法を呼び覚まし、今の状況の気持ちを乗り越えられるようにします。 真心を込めて、視線を合わせる• 介護者がそばで優しく視線を合わせていると、お年寄りは愛情を感じ、安心した気持ちになります。 視力が落ちた方でも視線は感じ、意識がぼーっとしている方も 今の現実を再認識するような事もあります。 あえて曖昧な表現で伝える 認知症の進行によって、言葉の理解や表現が難しくなってしまう事があります。 しかし、 固有名詞などは出てこないけど、「あの男、女」「それ、あれ」など 曖昧で幅を持たせた表現を使う事でコミュニケーションは繋がる 事があります。 よくデイサービスなどでは、同じくらいの認知症の進行度の利用者同士で延々と笑ってコミュニケーションが続く場合があります。 途中で、具体的な指摘が入ってしまったら、話はストップしてしまうのですが、お互いに曖昧な表現を使う事で会話を続ける事が出来るのです。 結果として、会話交流の機会が持て、自分の世界にこもっていく状態になるのを防ぎます。 なので、 はっきりと低い声で優しく話すことが出来れば、安心感を与える事ができます。 何度も聞き返しで苦労されている方は、声量の前に 音の高さを意識してみるといいかもしれません。 ミラーリング 相手の動作や感情を観察しながら合わせること。 例えば、 ・探し物をしている方がいれば、一緒に探してみる。 ・徘徊行動がある方がいれば、一緒に歩いてみる。 鏡に映したように 一緒に同じ行動をとる事で、相手の世界に入り、共感を示すことができます。 内気な方も、行動から共感する事で、 外へ意識を向けるきっかけになる場合もあります。 満たされない人間的欲求と行動を結ぶ 出来ない行動が増え、満たされない欲求を他の行動で埋め合わせようとする場合があります。 その中で周囲の人が問題視するものが、BPSD(周辺症状)となります。 満たされない欲求がどの行動に結ばれているのかをコミュニケーションを通して理解していきます。 一見おかしな行動でも、本人の中の理由として「どんな感情があるのか?」「どんな欲求があるのか?」を理解し、 介護する側が受け入れられるようになればケアする側も気持ちは楽になります。 その人の好きな感覚に合わせる 視覚、聴覚、嗅覚、触覚など人によって好きな感覚がそれぞれあります。 趣味趣向や仕事や経験などで、敏感なポイントが変わります。 コミュニケーションをとる中で、相手にとってイメージしやすい感覚の表現を使うことで、相手の世界に入りやすくなります。 また、言葉の表現が上手く出来なくなってきている方が、 使う表現がどの感覚からきている表現なのかもコミュニケーションを取りやすくするきっかけになります。 例 「あの時バーンっていって・・・」が、バーンとした景色(視覚)なのか、バーンと音がなったのか(聴覚)、あるいは視覚聴覚両方の出来事なのか。 タッチング 介護者が親密な行為として、 お年寄りに触れる事です。 なので、介護職とその人との関係性やコミュニケーションの内容によってタッチの仕方を変えます。 安心感を与える事と、認知症の進行により内にこもってしまった人の意識を外に向けてもらえる効果があります。 しかし、身体が動かなくなった方でも抵抗感のある方もいるので、無理に行うのは適切ではありません。 言葉の理解や表現が難しくても、好きだった曲は最後まで覚えて歌える人もいますよね。 歌うことによって、言葉を口に出す機会になり、気持ちも元気になります。 まとめ• バリデーションは、 高齢者の否定をせず、あるがままを受け入れることで共感する姿勢を介護する側がもてる方法です。 介護福祉士や社会福祉士の試験では、 受容と 傾聴の概念を勉強する機会もあり、介護職の現場では、共感する姿勢での介護を普通に行っている方も多いかもしれません。 どちらかというと、介護中のご家族がバリデーションを知ると 気持ちの負担が減るように思います。 関わり方を掴むきっかけになるかもしれません。 今回は以上になります。 読んで頂きありがとうございました。 どこかでお役に立てたら幸いです。

次の

一般社団法人 公認日本バリデーション協会

バリデーション 認知 症

たとえば、「夜中に部屋にだれかが忍び込んだ」とお年寄りが言い出した時、「部屋にだれかが忍び込んだのね」とお年寄りの言葉を繰り返します。 その人が視覚的な表現が好きなら「どんな服を着ていたの」などと聞きます。 「怖かったのね。 人生で一番、怖かったのはなに」と、極端な表現を使うのも有効です。 こうした会話の中で、お年寄りは人生の苦労を語り、失望や不安を吐き出すことができます。 「心の中にとじこめた思いが問題行動となって現れる。 でも、だれかがその思いをわかってあげれば問題行動は消える」というのがバリデーションの基本的な考えです。 (平成14年8月25日 読売新聞・やさしい介護学) バリデーション療法の現場 痴呆症のお年寄りに穏やかな感情を取り戻してもらうことを目指す「介護術」の実践が様々に進められている。 とりわけ注目を集めているのが、アメリカ生まれの「バリデーション療法」。 これまで困難とされてきた痴呆症患者とのコミュニケーションに取り組んで成果を上げており、日本でも徐々に広がってきた。 寝たきりの男性の目を見つめながら、スウェーデン人看護婦がささやくように子守歌を歌いかけ、ほおを優しくなでる。 男性は気持ちよさそうに目をつぶり、目元に涙をあふれさせた。 さらに涙をたたえた目を開いて、看護婦の目をしっかりと見返した。 岡山県笠岡市にある「きのこ老人保健施設」(篠崎人理施設長)では、二年前からスウェーデンの専門家を招いてバリデーション療法の研修を続けている。 「いつもはほとんど反応のないお年寄りとコミュニケーションが成り立つ瞬間はとても感動します」と篠崎さん。 この男性は八十代で、重度のアルツハイマー病。 ふだんは身動きせず、うつろな表情で口を開けたままのことが多かったという。 バリデーション(「認める」という意味)は、アメリカのソーシャルワーカー、ナオミ・フェイルさんが始めたコミュニケーションの技術。 アメリカ、スウェーデンなどで普及し、最近、日本でも取り入れるところが出てきた。 原則は、「痴呆の人をそのまま受け入れる」こと。 痴呆症の問題行動ととらえられていた叫びや徘徊なども、その人なりの意味があるとして介護者は受け入れる。 「真心をこめたアイコンタクト(目と目を合わせること)を保つ」「低い、優しい声で話す」「タッチング(触れる)」といった振る舞いも、「受け入れて、共感する」ための技術として考案された。 高橋誠一・東北福祉大教授(老人福祉)は「介護者が共感することで痴呆の症状が悪化しないことは、介護現場では知られている。 しかし、『共感』はそう簡単なことではない。 そのためのテクニックや考え方を体系付けた点でバリデーションは画期的だと思う」と評価する。 「受け入れる」姿勢は徹底している。 同施設内の鉢入れから土を食べてしまう男性がいた。 通常なら「異食」ととらえ、部屋に閉じ込めてしまうこともある行為。 しかし、バリデーションでは、「意味がある」と考える。 家族に聞いて調べたところ、男性は元農家で、現役時代、土の酸性の度合いを調べるため、よく土をなめていたという。 スタッフは、問題行動をとがめるのをやめ、土のうえに食べても害のないコーヒーの出し殻をまくようにした。 やはりスウェーデンから看護婦を招いてバリデーションを取り入れた栃木県のグループホーム「能羅坊(のうらぼう)」でも、「母親のところへ帰りたい」というお年寄りには、「それでは一緒に行きましょう」と出かけることにしている。 途中でお茶を飲んだり、トイレに行ったりするうちに、お年寄りは落ち着きを取り戻す。 管理者で僧侶でもある田中雅博さんは「あなたのお母さんはもう死んでいますと指摘しても不安が増し、症状も悪化するだけ。 痴呆の人の主観的な世界を否定せず、尊重して介護することが大事」と話している。 主なバリデーション療法 新聞やホームページに掲載されたものを編集したので、14あるテクニックの全てではありません。 参考としてみてください。 詳しくは書物が発行されていますので、そちらお読みください。 信頼を築く。 言ったことを繰り返す(リフレージング) 認知症の人は、相手が自分の言うことを繰り返して確認すると安心する。 声の大きさや抑揚も出来るだけ同じようにする。 極端な表現を使う 最悪、最善の事態を想像させる。 例えば、「この食事はまずい」と文句を言ったら、「今まで食べた中で最悪ですか」と聞く。 それが感情を発散させる手助けになる。 身体に触れる(タッチング) 指先で、ほほの上部に軽く円を描くようになでたり、両手で肩と背中をさすったりして、気持ちを静める。 お年寄りの好きな感覚を用いる 視覚的な表現が好きな人には視覚的な表現で聞く その他 思い出を話す はっきりした低い、優しい声で話す 音楽を使い 事実に基づいた言葉を使う バリデーション(認めるという意味)法では、具体的なコミュニケーションの方法を示しています。 アルツハイマー病の第一ステージである「認知障害」の段階では、「リフレージング(=本人の言葉を繰り返す)」「思い出話をする」「好きな感覚を用いる」「極端な表現を使う」が有効なテクニックだそうです。

次の

バリデーションにおける15のテクニック 認知症介護と障がい者支援

バリデーション 認知 症

バリデーション療法では、様々な形で患者との接点を持ちます。 【症状】 認知症患者が、他人を非難したり盗んだと責めたりすることがある。 【理由】 過去に押し込めた感情を外に出して解決しようとしている。 【治 療】 認知の混乱の場合 施設に居て「家に帰りたい」と泣き出すのに、「家はもうない」「私が居るから大丈夫」といっても解決しません。 解決のためには次章のようなテクニックを提唱しているそうです。 上記の例は、認知の混乱で他人に不安や怒りをぶつけているわけですので、事実のみを尋ねることが大切なそうです。 「いつ」「どこで」などを使い、感情面に触れるような「なぜ」の質問は避ける。 日時の混乱の場合 相手の目を見つめ、低く優しい声で話すことで安心させます。 すると、症状が改善し、会話や行動が落ち着くそうです。 【効果の客観的評価】 避難をしたり不平を言ったり、失禁したりする頻度を評価表を使って点数表示し変化を見ます。

次の