バナナ チップス 歌。 バナナチップスのおすすめ人気ランキング10選【食べ方いろいろ!】

バナナチップス/少年ナイフ

バナナ チップス 歌

バナナチップス これに 限 かぎるね 遠 とおい 南 みなみの 国 くにからはるばる お 船 ふねに 乗 のって 運 はこばれてきた ココナツオイルの 香 かおりがするよ バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、Oh, Yeah! バナナチップス あった! あったョ スーパーマーケットのお 菓子売場 かしうりば すみの 方 ほうにひっそりと チョコレートの 陰 かげに 並 ならんでいる バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、Oh, Yeah! バナナチップス 一度食 いちどたべたら きっと 忘 わすれることの 出来 できぬ 味 あじ 食 たべだしたなら 止 とまらない あー、この 歯 はごたえこりゃたまらない バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、Oh, Yeah! バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、バナナチップス バナナチップス、Oh, Yeah! バナナチップス bananachippusu これに koreni 限 kagi るね rune 遠 too い i 南 minami の no 国 kuni からはるばる karaharubaru お o 船 fune に ni 乗 no って tte 運 hako ばれてきた baretekita ココナツオイル kokonatsuoiru の no 香 kao りがするよ rigasuruyo バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、Oh, Yeah! バナナチップス bananachippusu あった atta! あった atta ョ xyo ス suー パ paー マ maー ケット ketto のお noo 菓子売場 kashiuriba すみの sumino 方 hou にひっそりと nihissorito チョコレ chokoreー ト to の no 陰 kage に ni 並 nara んでいる ndeiru バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、Oh, Yeah! バナナチップス bananachippusu 一度食 ichidota べたら betara きっと kitto 忘 wasu れることの rerukotono 出来 deki ぬ nu 味 aji 食 ta べだしたなら bedashitanara 止 to まらない maranai あ aー、 この kono 歯 ha ごたえこりゃたまらない gotaekoryatamaranai バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、Oh, Yeah! バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、 バナナチップス bananachippusu バナナチップス bananachippusu、Oh, Yeah!

次の

バナナチップスは太る?カロリーや栄養からダイエット効果があるのかチェック!

バナナ チップス 歌

バナナ : 階級なし : 階級なし : 階級なし : : : : バナナ 英名 Banana 下位分類(種)• Musa acuminata• Musa balbisiana など バナナ(甘蕉、実芭蕉、: Banana 、 Musa spp. )は、バショウ属のうち、を食用とする品種群の総称である。 また、そののこと。 いくつかのからされた。 種によっては熟すまでは毒を持つものもある。 日本では古くは 芭蕉と呼ばれた が、実を食するものは 実芭蕉(みばしょう)とも呼ばれる。 食用果実として非常に重要で、の全世界での年間生産量は生食用バナナが9581万トン、料理用バナナが3581万トンで、総計では1億3262万トンにのぼる。 やの域で大規模に栽培されているほか、やでは主食として小規模ながら広く栽培が行われている。 また、花を料理に使う地域もあり、葉は皿代わりにしたり、包んで蒸すための材料にしたりするほか、屋根の材料などとしても利用される。 植物学上の特徴と分布 [ ] 原産地はを含むマレーシア熱帯アジアなど。 バナナの栽培の歴史はから始まったと考えられている。 「バナナの木」と言われるように、高さ数mになるが、実際にはであり、その意味では園芸学上ではなく(果菜。 詳しくは)に分類される。 その高く伸びた茎のような部分は(仮茎)と呼ばれ、実際には、葉鞘が幾重にも重なりあっているものであり、いわばタマネギの球根を引き延ばしたようなものである。 茎は地下にあって短く横に這う。 茎のような先端からは、長楕円形の葉(葉身)が大きく伸びる。 花 [ ] バナナの花と幼果 花(花序)は偽茎の先端から出て、下に向かってぶら下がる。 花序は1本の果軸に複数の果房(果段)がつき、各果房には10本から20本程度の果指から成っている。 大きなに見えるのはで、果指の部分が本当のバナナの花である。 果指一つ一つが一本のバナナに成長し果房がバナナの房となる。 なお、開花は一本の偽茎につき一回のみで開花後は株元から吸芽を出して枯れてしまう。 果実 [ ] 最初は下へ向けて成長するが、後に上へ向けて成長することから湾曲した形となる。 果皮の色は品種によって異なり、一般的に知られるものはからであるが、からまで多様である。 収穫後時間が経過するにつれて皮の表面に浮かぶ黒い斑点状のものは「スウィートスポット Sweet spot 」または「シュガースポット Sugar spot 」と呼ばれ、簡単な熟成のバロメータとなる。 成熟したバナナの皮にはの分解物が含まれ、を照射すると青色のを発する。 種などの食用バナナはであるためを作らない。 のなどで繁殖する。 品種 [ ] 原種 [ ] 詳細は「」を参照 キャベンディッシュは世界で生産されるバナナのほぼ半数を占め、日本のスーパーマーケット等で一般に売られている品種。 日本では主にから輸入される。 太さを保ちつつ長さもある大型のバナナ。 デザート用に栽培されている。 皮は厚くきれいな黄色になる。 AAAの同質三倍体の構成を持つ。 キャベンディッシュの原産はもあり得る。 19世紀には、イギリス人植物科学者によりにあるにもたらされた。 園芸品種は ()に因んで名づけられた。 日本ではで栽培されることもあるが、生育出来る北限に近いため結実しても本来のサイズには至らず、生産量は少ないという。 ラカタン Lakatan [ ] 色と形はキャベンディッシュとほぼ同じで、大きさは少し小さい。 が多く含まれ、やや酸味が高く味が濃い。 フィリピンではキャベンディッシュよりも味が好まれ、最も流通量が多い品種となっている。 レディ・フィンガー Lady Finger [ ] 果実の長さが7 - 9cmほどの小型バナナ。 皮は薄く、果肉はやわらかくて濃厚な甘みを持っている。 日本では主にフィリピンから輸入している。 「モンキーバナナ」とも呼ばれる。 通称としてフィリピン産を「セニョリータ」、産を「オリート」と呼ぶ。 シマバナナ [ ] 日本国内でも・を中心にバナナが栽培されている。 やでは、普通のものよりはるかに短くて小さいシマバナナという品種もよく見かける。 味は酸味がやや強い。 皮が薄く傷みやすい。 (東京都)で栽培されるキング種も「島バナナ」と呼ばれる。 詳細は「」を参照 AABの異質三倍体のゲノム構成を持つ品種はプランテーン(プランティンとも)と呼ばれ、バナナとは異なる果物(野菜 )に分類される場合もある。 生食されることはなく、加熱調理して食される。 世界生産量の2割弱を占める。 グロスミッチェル Gros Michel, 愛称 big Mike [ ] 種と同じくAAAの同質三倍体の構成を持ち、どちらもデザート用に栽培されている。 かつてはグロスミッチェル種が最も多く栽培されている品種であったが、20世紀中頃に世界的に蔓延したによって大打撃を受け 、現在では全生産量の1割ほどに留まっている。 打撃を受けたグロスミッチェル種の代替としてキャベンディッシュ種の栽培が急速に広まり、1960年代にはグロスミッチェル種の栽培は廃れてしまった。 2018年現在、「もんげーバナナ」という名で売られている。 その他 [ ]• ハイランド highland - やで栽培される料理用の品種。 遺伝子組み換え [ ] 1990年頃からに感染する菌病(パナマ病)が世界中で流行し始め、この栽培バナナが絶滅しないかどうか危ぶまれている。 そこでによってバナナの新しい品種を作成する試みも行われている。 栽培バナナは不稔で花粉や種子ができないため、導入された遺伝子が外界に広がってを引き起こす可能性は低く、に適していると言われる。 また、皮をむけば衛生的であり乳幼児でも摂食できるので、バナナ果肉中に抗原を生産させ、経口として利用するための開発が進められている。 衛生環境が悪く、電力が不安定で保存環境も悪い所でも、現地において衛生的で再生産可能な経口ワクチンになるのではないかと期待されている。 歴史 [ ] 主食として [ ] パプア・ニューギニア高地のワギ渓谷にあるでの発掘によって、人の到来以前の前期にオーストラリムサ Australimusa というニューギニア在来種が人の手によって栽培されていたいくつかの証拠が見つかっている。 東南アジアからニューギニアにかけての地域で栽培化されたバナナは、マレー・ポリネシア系民族がの島々に移住していくに連れて、それらの島々にも広がっていった。 また、西のにも栽培化から日を置かず伝播していった。 このため、東南アジアからインドにかけての地域においては現在の主要品種以外にも多くの種類のバナナが存在している。 東南アジアにおいては、より安定し貯蔵性にも優れたうえ収穫量も高いという植物が出現したため、原産地であるにもかかわらずバナナの重要性は限定的なものとなった。 一方、伝播した先のやアフリカにおいてはバナナをしのぐ栽培植物が出現しなかったため主要な食糧のひとつとなり、非常に重要な地位を占めることとなった。 ダン・コッペル著『バナナの世界史』 によると、古代のインド以西の地域において、バナナはと呼ばれていた。 マケドニア人のはインド遠征でバナナを見た時、これをイチジクと記したとされる。 また、で書かれた『』(の聖典)に出てくる楽園の禁断の果実「talh」はバナナと考えられており、語『』では禁断の果実は「エバのイチジク」と書かれているとされる。 このことから、実は『』に出てくるの実は、通説のイチジクではなくバナナであったとする仮説がある。 なお知恵の樹の実をとする俗説はこれより後世の誤訳に由来する。 確かなことは、リンゴは寒冷な原産とされ、があったとされる岸では育たないということである。 一方、西のにも、マレー系民族の移住したやアフリカ大陸東岸から紀元前後にバナナが伝播した。 バナナは熱帯雨林でも栽培ができ、それまでの主作物であったに比べて手間もかからず収量も多いため、やの熱帯雨林地域に急速に広がっていった。 コンゴ盆地にはに到達し、これによってに農耕民が展開することが可能になり、さらに余剰を生み出すことで人口が増加し、交易や文化が発達していった。 、がにより"発見"されて移民が始まると、に領からのイスパニョーラ島にバナナが導入された。 によってアメリカに移住させられたの故郷はバナナ生産地域であり、彼らによってバナナはカリブ海やの熱帯地域へと広まった。 大量生産の時代 [ ] ここまでの伝播は主食用の用途を主目的としており、ハイランド・バナナやプランテン・バナナの伝播の歴史であって、果物バナナはそれに付随して伝播していった。 これが大きく変わるのは、の後半にの資本が果物バナナの大規模な栽培に乗り出してからである。 マイナー・キースの創立した社がにに農園を作ったのを皮切りに、大企業が中南米へと進出し、広大な未耕地を開発して大農園を作り上げた。 や船などの輸送手段の改善によってバナナをアメリカの消費者へと送り届けることが可能になり、バナナはやコスタリカ、などの中米の小国において主要輸出品目となるまでになった。 に入るとさらに生産は拡大し、などにおいても商業生産が拡大していった。 この生産の急拡大と輸送手段の改善によってバナナは安価な果物として先進諸国において急速に広がっていった。 一方で、バナナ会社は寡占化が進み、最大手だったユナイテッド・フルーツ社はバナナ・プランテーション以外にめだった産業のない中南米の小国群を意のままに支配するようになり、こうした国家を指すという政治用語が生まれるまでになった。 一方で、アフリカのバナナ主食地帯にはにからが伝来し、バナナよりもさらに手間がかからず多収量であるため、またたくまにバナナ栽培地域へと広まった。 これによってかなりの地域で主食がバナナからキャッサバへと移行したものの、バナナを嗜好しバナナを主食作物として作り続ける民族もいまだ数多く存在し、料理用バナナは依然この地域の基幹作物の一つとなっている。 生産 [ ] 果物バナナ主要生産国 (100万トン) 29. 1 13. 3 7. 0 6. 8 6. 5 5. 8 3. 9 3. 8 3. 6 3. 0 0. 000032 世界総計 113. 3 ソース:FAO2016年データ バナナは域を中心に世界の広い範囲で栽培されている。 (FAO)の統計によると、2016年の時点で果物バナナ(FAO統計ではBananasと表示)の全世界での年間生産量は1億1328万トンである。 また、右図には表示されていないが料理用バナナ(FAO統計ではPlantainsと表示)の同年の全世界年間生産量は3506万トンである。 この二種のバナナを合わせた全体の生産高は、2016年で1億4834万トンとなる。 生食用バナナは、多くが大規模なプランテーションで栽培されている。 これは、(中南米)諸国およびフィリピンにおいてはバナナが当初から輸出産業として開発されたのに対し、インドやアフリカなどではまず自給用や国内消費用に生産の主眼が置かれているからである。 料理用バナナもやでは主食とされる重要な作物であり、世界のバナナ生産量のほぼ4分の1を占める。 生産量としてはが飛び抜けて多く、2009年には951万トンと料理用バナナ生産量の4分の1を占める。 ついで(356万トン)、(301万トン)、、、、、、の順となり、以上の国家が100万トン以上を生産する。 料理用と生食用を合わせて考えた場合、ウガンダのバナナ生産量はフィリピンを抜いて世界第2位となる。 料理用バナナは大規模プランテーションで生産されることはなく、小規模自営農が自らの消費分や近隣市場への出荷分を生産する。 また、バナナの木は早く大きくなるため、陰樹で成長の遅いなどと組み合わせるととしての役目も果たす。 これを利用し、では新しく拓いた農地にまず主食用のプランテンバナナやを植えて食料を確保し、その後にカカオの樹を植えて現金収入を確保するというやり方で生産を拡大し、ガーナはにはカカオの世界最大の生産国となった。 含有量は、昼夜の寒暖の差が大きい地域で生産されたバナナの方が多くなる。 流通と保存 [ ] 日本では、などのの侵入を防ぐため、の定めにより熟した状態ではできない。 このため、輸入するバナナはまだ青い緑熟のうちに収穫して、定温輸送船などで日本に運ばれる。 植物防疫法、等の諸手続きを経て輸入後、バナナ加工業者の所有する加工室内でガスと温度、湿度調整によりバナナの熟成を促す(という)。 日本では、他国より輸入されるバナナへのとして、(TBZ)および(イマザリル)の使用が許可されている。 しかしながら家庭で長期保存するには、購入した時点で熟成が進んでいることが多いため冷蔵庫保管が有利。 また、接触により傷みやすいため一般に行われている小売店での陳列とは逆の山型の方を上にして置くか、吊るして保存する。 完熟したバナナは冷凍しても凍らず包丁で切ることができる。 バナナやオレンジなどの輸入果実を卸売市場で取引するときの単位は「」であり、バナナの場合は1カートンが13kg(日本国内)である。 同じバナナでも、欧米では1カートンが18kgである。 生の黄色い若いバナナを35度のお湯に5分間浸けて置いてから引き上げ、余熱を持ったまま数時間放置すると、その間にバナナ中のであるの働きが活発になり、デンプンが分解され、が格段に上がる。 またお湯に浸けることで、バナナ中に抗ストレス物質が生成され、常温で2週間は黒く変色せず、保存性が格段に高まる。 病害 [ ] 栽培バナナは不稔でクローン繁殖であるために乏しい。 このため、一旦病気が発生すると致命的な打撃を受ける。 が引き起こし、実を腐敗させるフザリウム萎凋病() Race 1 は、20世紀中期まで広く栽培されていたグロスミッチェル種を壊滅させた。 こののち、Race 1 に耐性がある種が世界的に広く栽培されるようになった。 しかし、1990年頃発生し始めた Race 4 と呼ばれる変異体による新パナマ病はキャベンディッシュ種に感染し、、 、およびアフリカ諸国のバナナ栽培に損害を与え、近年は、、、、、中米諸国にも被害が広がっている。 2014年時点ではこの深刻な新パナマ病への対処法は見つかっておらず 、また、フザリウムの胞子が土に何十年と生き残るため土壌の消毒も必要で、このまま世界的に感染が拡大した場合10年以内にキャベンディッシュ種は全滅するとも言われ、や、による対策が急がれている。 なお、キャベンディッシュ種の素となった三種類のバナナ品種のうち、パナマ病に耐性の品種DH-Pahangのゲノムが解読されたところである。 Mycosphaerella fijiensis によって引き起こされる ()は、バナナの葉を黒く変色させ、を阻害して収穫量を半減させる病害である。 の噴霧で対処できるが、徐々にを獲得しており、有効性が低下している。 利用 [ ] バナナ 生 100 gあたりの栄養価 360 kJ 86 kcal とを添えた揚げバナナ 世界で生産されるバナナの約4分の3はデザート用、約4分の1が調理用である。 アフリカ諸国には、個人の摂取カロリーのうち半分をバナナに依存する地域も存在する。 バナナは多くの熱帯の人々にとって主要な源である。 栽培品種と成熟度に依存して、果肉の味はでんぷん質から甘味まで、質感は硬いものからどろどろなものまで差がある。 皮と内部はどちらも生のままあるいは調理して食べることができる。 新鮮なバナナの芳香の主要な構成要素はであり、やといったその他いくつかの要素も香りに寄与する。 成熟過程の間に、バナナはガスを産生する。 エチレンはの一つであり、香りに間接的に影響する。 エチレンは(でんぷんを糖に分解する)を誘導し、バナナの味に影響を与える。 より緑色の熟していないバナナはでんぷんの含量がより高く、その結果としてより「でんぷん質な」味を有する。 一方で、黄色のバナナは糖含量がより高いため、より甘い味がする。 そのうえ、エチレンは(バナナの細胞間のを分解する酵素)を誘導し、これによって熟すにつれてバナナは柔らかくなる。 種などのデザート用バナナは、皮を剥いてそのまま、あるいはやに入れるなどして生食される。 牛乳や氷などとともににかけてとしたり、のようなデザートの材料にすることもある。 などでは、バナナにを掛けたなどが屋台の定番の一品となっている。 では熟成前のバナナは塩・砂糖を振りかけ炭火焼で食べられている。 なお、乾燥させたものはバナナチップ(ドライバナナ)として販売されている。 料理用バナナは生食用バナナより、、等が豊富である。 デザート用(生食用)より大きく、一本の長さは30 - 40cm程。 基本的には熟す前の物を食用とする(熟した物を食用とすることもある)。 そのため、生の料理用バナナは、色は緑で、果物というより野菜のような青臭い匂いがする。 生のままでは皮も身も硬く、生食用バナナのように素手で皮を剥いてそのまま食べることはできないので、のように刃物で皮を剥き、煮たり蒸したりしてしてから食べる。 味や食感も芋に近く、ほとんど甘さはない。 ウガンダをはじめとする東アフリカではこうしたバナナ料理はと呼ばれ、主食として特に重要視される。 マトケは蒸したものが基本であり上等とされるが、煮たものもマトケと呼ぶ。 料理用バナナはハイランド種やプランテン種をはじめとするいくつかの品種があり、東アフリカにおいてはハイランド種が主食用、プランテン種は軽食用とされるが、や中南米においてはプランテン種は主食用とされる。 バナナのとしては、のように薄く切って素揚げにしたもの(そのままでは甘くないので、のをかけることもある)、東南アジアののようにをつけて揚げるもの、ののように潰してから揚げるもの、などがある。 フィリピンでは、バナナの実を煮込んだ上で、着色料を入れて赤色にしたが作られており、同様に一般的に使用されている。 、などでは、いわゆるモンキーバナナを焼いたものがとして屋台などで売られる。 バナナをと共にさせたであるはアフリカで広く飲まれている。 イギリスのスーパーマーケットでは最も需要の高い食品とされ、年間売上額は7億5000万ポンドに達する。 日本では、手軽に食べられるおやつとしても親しまれている。 花 [ ] フィリピン、、、などバナナの生産地ではバナナの花()を食用とする地域が珍しくない。 それらの地域では食用のバナナの花が市場で売られている。 食べ方は、蕾の外側の苞葉を排除して、つまり、蕾の皮を剥くと、可食部である芯が現れる。 そのままではアクがあり食べられないため、水にさらしてを抜いてから炒めて調理する。 苦味がある。 葉 [ ] バナナの葉に盛り付けた バナナの葉はやとして用いられ、もっぱら葉を取るための葉バナナも栽培される。 東アフリカでは調理用バナナをバナナの葉に包んで蒸したが主食である。 南インドの正餐では、料理をバナナの葉の上に盛り付けて食べる。 にはとを練り合わせて作った餅をバナナの葉で包んで蒸し焼きにするという伝統の菓子がある。 には、地面に掘った穴に、熱した石を入れ、バナナの葉で包んだ肉や魚などを置いて、土をかぶせて蒸し焼きにする「」という料理がある。 また、熱帯地方では簡易な家屋のを葺く材料としても使用される。 沖縄ではがの葉の繊維で織られる。 樹木 [ ] 熱帯ではないところでは観賞用に植えられることがある。 枯れた木は主に製紙用チップとして世界各国で利用され、果実と同じ匂いがする。 皮 [ ] バナナの皮は食べられないため、食用としては捨てられる部位である。 そのため、路上に遺棄された皮を踏んだ人が滑って転ぶ古典的なギャグとしての利用が世界的に知られている。 バナナの可食部に面する果皮の内側は多量のを含んでいるため、「」と呼ばれる現象が発現し、が低減するため滑りやすくなる。 この現象はワックスを塗った床が滑りやすくなるのと同じ原理である。 バナナの皮を踏んだ人が滑る表現の起源は定かではないが、出版物においては19世紀にオレンジの皮で滑る表現が存在し、1900年前後には、オレンジの皮・バナナの皮がそれぞれ別の曲で、歌の題材としても用いられた。 芸として確立させたのはヴォードヴィリアンのビリー・ワトソン(別名:ウィリアム・シャピロ、1876 - 1939)であり、1900年代初頭に舞台で持ちネタとして披露したことで名声を博し、「"スライディング"・ビリー・ワトソン」の異名を取った。 同様に、最初に登場した映画作品は不明だが、1910年代初めには既に定番の表現であったとされている。 その後、『A Healthy Neighborhood』(1913年)や 、『』(1915年)、『The Flirt』(1917年)、『ロイドの福の神』(1926年)など、視覚的な分かりやすさから多くのに用いられた。 ちなみにキートンは1921年の『キートンのハイ・サイン』で、仕掛けに通行人が引っ掛からないという進化させた表現を用いている。 文学ではが『』で中学生の「私」が現在の郊外で虎狩りを見物し、獲物を待つ間に食べたバナナで「妙案」を思いつき、「此のバナナの皮を下へ撒いておいて、虎を滑らしてやろう」と考える話が出てくる。 ギャグとして知られる一方で、摩擦係数の低減についての学術研究は長らく行われず、これを行った生体摩擦学者のらはにを受賞している。 食物としての入手容易性と、潤滑効果があることから、の習慣のある国・地域を中心に男性のに使用されることがある。 なお、バナナの皮にはを持つ、が微量ながら含まれているというもある。 、Berkeley Barbという新聞に冗談でバナナの皮にはが含まれていて麻薬作用を起こすと書かれたのが始まり であり、それが転じてブフォテニンが含まれている、となった。 日本における歴史 [ ] 詳細は「」を参照 の9年後の1903年に、日本統治下に置かれたからに向けて、7カゴのバナナを移入したのがバナナ輸入の始まりと言われている。 当時は一般人が入手出来ない高価な希少品であった。 中は輸入が途絶えるなどして、戦後には再開されたが、不急不要品としてにより輸入制限が課せられていた。 このため、希少品であることに変わりはなく、価格は4 - 5本につきサラリーマンの平均給与の2. 1963年にバナナ輸入が自由化され、フィリピン産バナナが台頭するなどにより安価な普及品へと変化した。 また日本向けバナナを生産しているのプランテーションにおいてやによる健康被害などの問題が出ている。 この問題を取り上げた『甘いバナナの苦い現実』も製作されている。 2003年前後から、標高700m程度の高地で通常より長い生育期間(70日程度)を経て栽培した食味の良いバナナがスーパーマーケットなどに出回るようになり、ブランド化が進んだ。 主なものに「スウィーティオ」「甘熟王」などがある。 平成22年度においては、日本のバナナ輸入の94. ついでからが3. その後はエクアドル産がシェアを伸ばしており、2017年の総輸入量98万6000トンのうち、フィリピンからが79万1000トンと最多を維持しているものの、エクアドルからも14万7000トンが輸入された。 産や産なども日本へ入ってきている(『』)。 2017年(29年)3月に産の「もんげーバナナ」が発売された。 バナナは元来、温暖な気候に適し、を挟んで北緯30度から南緯30度の間に位置する「バナナベルト地帯」のうち、年間を通して多雨でありながらなどの暴風が少ない地域で主に栽培された。 かつて極東では台湾が栽培の北限と言われていたが、上記のように、日本の本土や離島でも暖かい地域では収穫できていた。 とはいえ田中の幼少時にバナナは希少品で、病気見舞いなど限られた時にしか食べられなかったバナナ(グロスミッシェル種)の味を懐かしみ、自宅の庭で耐寒性に優れた「もんげーバナナ」を開発した。 「もんげー」は「すごい」を意味する岡山県のである。 凍結解凍覚醒法は、太古のを生き延びた能力を植物から引き出せるとの考えに基づく。 こうして開発された新品種は2018年5月時点、岡山県のほか、で出荷実績があり、から九州までの日本各地のほか、北部(、、)で栽培あるいは栽培準備が進んでいる。 文化 [ ] バナナとは切っても切れない関係にある• 「バナナ・バナナ」の意)という言い回しがあり、バナナが日常に根ざしていることが伺える。 では「食べ物」と「バナナ」を示す言葉が同じ であり、日本語の「ごはん」と「米飯」が同じであることと似ている。 に迎合的で卑屈なアジア人(主に中国系や日系)を揶揄する。 バナナは黄色い皮をむけば中身は白いので、「なのに中身は白人のつもり」という意味。 またアジア生まれのアジア人が、北米で生まれ育った移民の子孫が「外見はアジア人だが言葉や文化、思想などは欧米的」であることを指して揶揄的に使う。 もしくは本人たちが半ば自虐的に使うこともある。 一次産品に依存したの蔑称として Banana Repubic というものがある。 元々はの干渉を受けたを指していた。 の三番目物で『芭蕉』がある。 の作品で、芭蕉の精が中国のの僧の前に現れ、世の無常と芭蕉にまつわる故事を語り、舞をまう。 の好物としてのイメージが強い。 このため人種差別に使われることがある(後述)。 実際の動物はバナナに限らず様々な果実類・穀物・昆虫などを食べる。 では夏の季語(例「川を見るバナナの皮は手より落ち()」)。 バナナダイエットブーム [ ] 頃からでは「朝食にバナナを食べる」という「朝バナナ」なる解消法 が上やで取り上げられた。 3月には同法の提案者とされる「はまち。 」が書籍『朝バナナダイエット』を出版。 ブームの過熱ぶりにより、日本各地でバナナが一時期品薄状態になった。 作品 [ ]• - でバナナを描いた『』の• 『』 - 監督、主演• 元祖バナナの魂()• バナナ スピリット()• バナナ村に雨が降る()• バナナをたべるときのうた• 歌謡曲・ポップス• - バナナ生産国の。 1956年にが歌い大ヒットした。 バナナチップス()• ロック• (の17枚目のスタジオ・アルバム)• アニメソング• バナナダンス(いずみたくとそのファミリー)• () 人種差別行為 [ ] 上述のようにバナナは猿の好物とされ、猿を連想させるものでもあるため、では白人が黄色人・黒人選手を猿扱いする目的でバナナを競技場内に投げ入れることがあり、これが的行為とみなされる場合がある。 主に欧米の試合などで見られるが、とりわけ1970年以降、を中心に生まれの選手が増加したことに対し、バナナを投げ入れる差別行為が頻発した。 2014年4月27日にで行われた第35節の対戦において、バルセロナの選手が投げ込まれたバナナを意に介さすその場で食べるという行為に賞賛が集まり、世界的な差別撲滅キャンペーンへと発達した。 日本では2014年8月にのサポーターが試合中にバナナを振ったとして、無期限入場禁止やクラブに対する処分が下されている。 この事件から日本でも関心が深まることになった。 ギャラリー [ ]• がを「芭蕉」にしたのは門人の李下から芭蕉()の株を贈られ、大いに茂ったことにちなむ。 Pocket Oxford Dictionaryによれば、plantainはa type of banana eaten as a vegetableとなっていて「野菜」。 2011年秋頃より、キャベンディッシュ種に感染するパナマ病がフィリピンで発見されフィリピン主要紙上で数多く報道されている。 巨大企業が手がけていて現地の人が食べないで輸出用に回る。 類語: 白人に卑屈なヒスパニック 、 白人に卑屈なアメリカ先住民。 脂肪分解酵素や果糖による促進が解消に効果があるとされている。 発売後の1年半で関連本や文庫本も含めると120万部のベストセラーとなった。 日本国外の5か国で翻訳出版される。 (2009年11月11日の渋谷区立勤労福祉会館での著者による講演の告知より)• 書籍『朝バナナダイエット』の訳版はの大手書店で部門別売り上げ一位になるほどの人気となっているほか、でも版が出版されている。 日本のテレビ番組では、2008年放送の『』で取り上げられて以後、何度か紹介された。 さらに同年放送の『』でが減量に成功したとの事で反響を呼んだ。 出典 [ ]• 2011年8月25日閲覧。 Simone Moser et al. , "Blue Luminescence of Ripening Bananas", Angew. Chem. Int. 47, 8954 - 8957 2008. Yahoo! ニュース. 時事通信社. 2009年9月21日. の2009年9月27日時点におけるアーカイブ。 2009年9月26日閲覧。 東京都(2019年2月23日閲覧)。 Anne Dauwers, "Uganda hosts banana trial", Nature 447, 1042 2007. ピーター・ベルウッド『農耕起源の人類史』長田俊樹、佐藤洋一郎 監訳 京都大学学術出版会 2008年、 pp. 218-225. 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店 2004年9月10日 第2版第1刷 pp139-140• 『新書アフリカ史』第8版(宮本正興・松田素二編)、2003年2月20日(講談社現代新書)p68• 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店 2004年9月10日 第2版第1刷 p138• 2016年. 2018年7月8日閲覧。 - 「食品衛生の窓」東京都福祉保健局• 2011年2月22日. の2011年2月23日時点におけるアーカイブ。 2011年9月21日閲覧。 『』朝刊 2017年4月26日• FAO 2014年2月27日. 2014年4月22日閲覧。 FAO 2014年2月27日. 2014年4月22日閲覧。 , by Kai Kupferschmidt on 11 July 2012, 1:00 PM, Science• , Published online 11 July 2012, Nature• Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry. KGaA. Mui, Winnie W. ; Durance, Timothy D. 2002. Journal of Agricultural and Food Chemistry 50 7 : 1883—1889. "Isoamyl acetate 9. Salmon, B. ; Martin, G. ; Remaud, G. November—December 1996. Part I. Flavour and Fragrance Journal 11 6 : 353—359. 2011年7月21日時点のよりアーカイブ。 2010年2月17日閲覧。 2010年3月24日時点のよりアーカイブ。 2010年2月17日閲覧。 『ウガンダを知るための60章』pp189-190 吉田昌夫・白石壮一郎編著 明石書店 2012年1月10日初版第1刷発行• 『ウガンダを知るための60章』p117 吉田昌夫・白石壮一郎編著 明石書店 2012年1月10日初版第1刷発行• A・レウィントン『暮らしを支える植物の事典』(八坂書房) 208項• 『バナナの皮はなぜすべるのか?』()がこのギャグを包括的に研究している。 ガーディアン 2014年3月26日• , p. 7, -• 『バナナの世界史』p100 ダン・コッペル著 黒川由美訳 太田出版 2012年1月27日第1版第1刷• 『日本経済新聞』 2014年9月19日. 2014年9月19日閲覧。 Cecil Adams, , April 26, 2002• JFTC-• ,『バナナと日本人』,1982年• 『』朝刊2018年11月19日(くらしナビ面)2019年2月23日閲覧。 日本青果物輸出入安全推進協会 [ ]• ホームページ(2019年4月16日閲覧)。 TBSラジオ FM90. 2019年9月5日閲覧。 国産バナナの挑戦/熱帯作物がの気候でも育つ「凍結解凍覚醒法」『』2018年5月20日サンデー版(朝刊別刷り)。 三戸 幸久、『サルとバナナ』、東海大学出版会、2004。 毎日新聞• ITmedia News. 2008年10月7日. 2011年2月16日閲覧。 ZAKZAK. 2008年10月1日. 2011年2月16日閲覧。 毎日新聞. 2014年8月26日. の2014年10月4日時点におけるアーカイブ。 2014年8月27日閲覧。 SANSPO. COM 2014年5月5日• ゲキサカ 2014年4月29日• 『朝日新聞』. 2014年8月24日. の2014年11月4日時点におけるアーカイブ。 2014年8月27日閲覧。 スポニチ Annex、2014年8月30日 関連項目 [ ]• - M. (菓子)• (菓子)• - で特に経済的、人口的に発展しているバナナ型の地帯のことを表す。 - 東南アジアを中心に分布する神話の類型。 - 同製品の不凍性の表現として極地では凍ったバナナで釘を打てるというCMが話題となった。 - バナナに含まれるが、放射線を発している。 - 「マジカルバナナ」というある物から連想して次々に答えていくゲームがある。 - 「曲がったバナナ法」と呼ばれた。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 バナナに関連する および があります。 に関連の辞書項目があります。

次の

これ、ただ者じゃないんです。カルディのバナナチップが大人買い必至

バナナ チップス 歌

バナナ : 階級なし : 階級なし : 階級なし : : : : バナナ 英名 Banana 下位分類(種)• Musa acuminata• Musa balbisiana など バナナ(甘蕉、実芭蕉、: Banana 、 Musa spp. )は、バショウ属のうち、を食用とする品種群の総称である。 また、そののこと。 いくつかのからされた。 種によっては熟すまでは毒を持つものもある。 日本では古くは 芭蕉と呼ばれた が、実を食するものは 実芭蕉(みばしょう)とも呼ばれる。 食用果実として非常に重要で、の全世界での年間生産量は生食用バナナが9581万トン、料理用バナナが3581万トンで、総計では1億3262万トンにのぼる。 やの域で大規模に栽培されているほか、やでは主食として小規模ながら広く栽培が行われている。 また、花を料理に使う地域もあり、葉は皿代わりにしたり、包んで蒸すための材料にしたりするほか、屋根の材料などとしても利用される。 植物学上の特徴と分布 [ ] 原産地はを含むマレーシア熱帯アジアなど。 バナナの栽培の歴史はから始まったと考えられている。 「バナナの木」と言われるように、高さ数mになるが、実際にはであり、その意味では園芸学上ではなく(果菜。 詳しくは)に分類される。 その高く伸びた茎のような部分は(仮茎)と呼ばれ、実際には、葉鞘が幾重にも重なりあっているものであり、いわばタマネギの球根を引き延ばしたようなものである。 茎は地下にあって短く横に這う。 茎のような先端からは、長楕円形の葉(葉身)が大きく伸びる。 花 [ ] バナナの花と幼果 花(花序)は偽茎の先端から出て、下に向かってぶら下がる。 花序は1本の果軸に複数の果房(果段)がつき、各果房には10本から20本程度の果指から成っている。 大きなに見えるのはで、果指の部分が本当のバナナの花である。 果指一つ一つが一本のバナナに成長し果房がバナナの房となる。 なお、開花は一本の偽茎につき一回のみで開花後は株元から吸芽を出して枯れてしまう。 果実 [ ] 最初は下へ向けて成長するが、後に上へ向けて成長することから湾曲した形となる。 果皮の色は品種によって異なり、一般的に知られるものはからであるが、からまで多様である。 収穫後時間が経過するにつれて皮の表面に浮かぶ黒い斑点状のものは「スウィートスポット Sweet spot 」または「シュガースポット Sugar spot 」と呼ばれ、簡単な熟成のバロメータとなる。 成熟したバナナの皮にはの分解物が含まれ、を照射すると青色のを発する。 種などの食用バナナはであるためを作らない。 のなどで繁殖する。 品種 [ ] 原種 [ ] 詳細は「」を参照 キャベンディッシュは世界で生産されるバナナのほぼ半数を占め、日本のスーパーマーケット等で一般に売られている品種。 日本では主にから輸入される。 太さを保ちつつ長さもある大型のバナナ。 デザート用に栽培されている。 皮は厚くきれいな黄色になる。 AAAの同質三倍体の構成を持つ。 キャベンディッシュの原産はもあり得る。 19世紀には、イギリス人植物科学者によりにあるにもたらされた。 園芸品種は ()に因んで名づけられた。 日本ではで栽培されることもあるが、生育出来る北限に近いため結実しても本来のサイズには至らず、生産量は少ないという。 ラカタン Lakatan [ ] 色と形はキャベンディッシュとほぼ同じで、大きさは少し小さい。 が多く含まれ、やや酸味が高く味が濃い。 フィリピンではキャベンディッシュよりも味が好まれ、最も流通量が多い品種となっている。 レディ・フィンガー Lady Finger [ ] 果実の長さが7 - 9cmほどの小型バナナ。 皮は薄く、果肉はやわらかくて濃厚な甘みを持っている。 日本では主にフィリピンから輸入している。 「モンキーバナナ」とも呼ばれる。 通称としてフィリピン産を「セニョリータ」、産を「オリート」と呼ぶ。 シマバナナ [ ] 日本国内でも・を中心にバナナが栽培されている。 やでは、普通のものよりはるかに短くて小さいシマバナナという品種もよく見かける。 味は酸味がやや強い。 皮が薄く傷みやすい。 (東京都)で栽培されるキング種も「島バナナ」と呼ばれる。 詳細は「」を参照 AABの異質三倍体のゲノム構成を持つ品種はプランテーン(プランティンとも)と呼ばれ、バナナとは異なる果物(野菜 )に分類される場合もある。 生食されることはなく、加熱調理して食される。 世界生産量の2割弱を占める。 グロスミッチェル Gros Michel, 愛称 big Mike [ ] 種と同じくAAAの同質三倍体の構成を持ち、どちらもデザート用に栽培されている。 かつてはグロスミッチェル種が最も多く栽培されている品種であったが、20世紀中頃に世界的に蔓延したによって大打撃を受け 、現在では全生産量の1割ほどに留まっている。 打撃を受けたグロスミッチェル種の代替としてキャベンディッシュ種の栽培が急速に広まり、1960年代にはグロスミッチェル種の栽培は廃れてしまった。 2018年現在、「もんげーバナナ」という名で売られている。 その他 [ ]• ハイランド highland - やで栽培される料理用の品種。 遺伝子組み換え [ ] 1990年頃からに感染する菌病(パナマ病)が世界中で流行し始め、この栽培バナナが絶滅しないかどうか危ぶまれている。 そこでによってバナナの新しい品種を作成する試みも行われている。 栽培バナナは不稔で花粉や種子ができないため、導入された遺伝子が外界に広がってを引き起こす可能性は低く、に適していると言われる。 また、皮をむけば衛生的であり乳幼児でも摂食できるので、バナナ果肉中に抗原を生産させ、経口として利用するための開発が進められている。 衛生環境が悪く、電力が不安定で保存環境も悪い所でも、現地において衛生的で再生産可能な経口ワクチンになるのではないかと期待されている。 歴史 [ ] 主食として [ ] パプア・ニューギニア高地のワギ渓谷にあるでの発掘によって、人の到来以前の前期にオーストラリムサ Australimusa というニューギニア在来種が人の手によって栽培されていたいくつかの証拠が見つかっている。 東南アジアからニューギニアにかけての地域で栽培化されたバナナは、マレー・ポリネシア系民族がの島々に移住していくに連れて、それらの島々にも広がっていった。 また、西のにも栽培化から日を置かず伝播していった。 このため、東南アジアからインドにかけての地域においては現在の主要品種以外にも多くの種類のバナナが存在している。 東南アジアにおいては、より安定し貯蔵性にも優れたうえ収穫量も高いという植物が出現したため、原産地であるにもかかわらずバナナの重要性は限定的なものとなった。 一方、伝播した先のやアフリカにおいてはバナナをしのぐ栽培植物が出現しなかったため主要な食糧のひとつとなり、非常に重要な地位を占めることとなった。 ダン・コッペル著『バナナの世界史』 によると、古代のインド以西の地域において、バナナはと呼ばれていた。 マケドニア人のはインド遠征でバナナを見た時、これをイチジクと記したとされる。 また、で書かれた『』(の聖典)に出てくる楽園の禁断の果実「talh」はバナナと考えられており、語『』では禁断の果実は「エバのイチジク」と書かれているとされる。 このことから、実は『』に出てくるの実は、通説のイチジクではなくバナナであったとする仮説がある。 なお知恵の樹の実をとする俗説はこれより後世の誤訳に由来する。 確かなことは、リンゴは寒冷な原産とされ、があったとされる岸では育たないということである。 一方、西のにも、マレー系民族の移住したやアフリカ大陸東岸から紀元前後にバナナが伝播した。 バナナは熱帯雨林でも栽培ができ、それまでの主作物であったに比べて手間もかからず収量も多いため、やの熱帯雨林地域に急速に広がっていった。 コンゴ盆地にはに到達し、これによってに農耕民が展開することが可能になり、さらに余剰を生み出すことで人口が増加し、交易や文化が発達していった。 、がにより"発見"されて移民が始まると、に領からのイスパニョーラ島にバナナが導入された。 によってアメリカに移住させられたの故郷はバナナ生産地域であり、彼らによってバナナはカリブ海やの熱帯地域へと広まった。 大量生産の時代 [ ] ここまでの伝播は主食用の用途を主目的としており、ハイランド・バナナやプランテン・バナナの伝播の歴史であって、果物バナナはそれに付随して伝播していった。 これが大きく変わるのは、の後半にの資本が果物バナナの大規模な栽培に乗り出してからである。 マイナー・キースの創立した社がにに農園を作ったのを皮切りに、大企業が中南米へと進出し、広大な未耕地を開発して大農園を作り上げた。 や船などの輸送手段の改善によってバナナをアメリカの消費者へと送り届けることが可能になり、バナナはやコスタリカ、などの中米の小国において主要輸出品目となるまでになった。 に入るとさらに生産は拡大し、などにおいても商業生産が拡大していった。 この生産の急拡大と輸送手段の改善によってバナナは安価な果物として先進諸国において急速に広がっていった。 一方で、バナナ会社は寡占化が進み、最大手だったユナイテッド・フルーツ社はバナナ・プランテーション以外にめだった産業のない中南米の小国群を意のままに支配するようになり、こうした国家を指すという政治用語が生まれるまでになった。 一方で、アフリカのバナナ主食地帯にはにからが伝来し、バナナよりもさらに手間がかからず多収量であるため、またたくまにバナナ栽培地域へと広まった。 これによってかなりの地域で主食がバナナからキャッサバへと移行したものの、バナナを嗜好しバナナを主食作物として作り続ける民族もいまだ数多く存在し、料理用バナナは依然この地域の基幹作物の一つとなっている。 生産 [ ] 果物バナナ主要生産国 (100万トン) 29. 1 13. 3 7. 0 6. 8 6. 5 5. 8 3. 9 3. 8 3. 6 3. 0 0. 000032 世界総計 113. 3 ソース:FAO2016年データ バナナは域を中心に世界の広い範囲で栽培されている。 (FAO)の統計によると、2016年の時点で果物バナナ(FAO統計ではBananasと表示)の全世界での年間生産量は1億1328万トンである。 また、右図には表示されていないが料理用バナナ(FAO統計ではPlantainsと表示)の同年の全世界年間生産量は3506万トンである。 この二種のバナナを合わせた全体の生産高は、2016年で1億4834万トンとなる。 生食用バナナは、多くが大規模なプランテーションで栽培されている。 これは、(中南米)諸国およびフィリピンにおいてはバナナが当初から輸出産業として開発されたのに対し、インドやアフリカなどではまず自給用や国内消費用に生産の主眼が置かれているからである。 料理用バナナもやでは主食とされる重要な作物であり、世界のバナナ生産量のほぼ4分の1を占める。 生産量としてはが飛び抜けて多く、2009年には951万トンと料理用バナナ生産量の4分の1を占める。 ついで(356万トン)、(301万トン)、、、、、、の順となり、以上の国家が100万トン以上を生産する。 料理用と生食用を合わせて考えた場合、ウガンダのバナナ生産量はフィリピンを抜いて世界第2位となる。 料理用バナナは大規模プランテーションで生産されることはなく、小規模自営農が自らの消費分や近隣市場への出荷分を生産する。 また、バナナの木は早く大きくなるため、陰樹で成長の遅いなどと組み合わせるととしての役目も果たす。 これを利用し、では新しく拓いた農地にまず主食用のプランテンバナナやを植えて食料を確保し、その後にカカオの樹を植えて現金収入を確保するというやり方で生産を拡大し、ガーナはにはカカオの世界最大の生産国となった。 含有量は、昼夜の寒暖の差が大きい地域で生産されたバナナの方が多くなる。 流通と保存 [ ] 日本では、などのの侵入を防ぐため、の定めにより熟した状態ではできない。 このため、輸入するバナナはまだ青い緑熟のうちに収穫して、定温輸送船などで日本に運ばれる。 植物防疫法、等の諸手続きを経て輸入後、バナナ加工業者の所有する加工室内でガスと温度、湿度調整によりバナナの熟成を促す(という)。 日本では、他国より輸入されるバナナへのとして、(TBZ)および(イマザリル)の使用が許可されている。 しかしながら家庭で長期保存するには、購入した時点で熟成が進んでいることが多いため冷蔵庫保管が有利。 また、接触により傷みやすいため一般に行われている小売店での陳列とは逆の山型の方を上にして置くか、吊るして保存する。 完熟したバナナは冷凍しても凍らず包丁で切ることができる。 バナナやオレンジなどの輸入果実を卸売市場で取引するときの単位は「」であり、バナナの場合は1カートンが13kg(日本国内)である。 同じバナナでも、欧米では1カートンが18kgである。 生の黄色い若いバナナを35度のお湯に5分間浸けて置いてから引き上げ、余熱を持ったまま数時間放置すると、その間にバナナ中のであるの働きが活発になり、デンプンが分解され、が格段に上がる。 またお湯に浸けることで、バナナ中に抗ストレス物質が生成され、常温で2週間は黒く変色せず、保存性が格段に高まる。 病害 [ ] 栽培バナナは不稔でクローン繁殖であるために乏しい。 このため、一旦病気が発生すると致命的な打撃を受ける。 が引き起こし、実を腐敗させるフザリウム萎凋病() Race 1 は、20世紀中期まで広く栽培されていたグロスミッチェル種を壊滅させた。 こののち、Race 1 に耐性がある種が世界的に広く栽培されるようになった。 しかし、1990年頃発生し始めた Race 4 と呼ばれる変異体による新パナマ病はキャベンディッシュ種に感染し、、 、およびアフリカ諸国のバナナ栽培に損害を与え、近年は、、、、、中米諸国にも被害が広がっている。 2014年時点ではこの深刻な新パナマ病への対処法は見つかっておらず 、また、フザリウムの胞子が土に何十年と生き残るため土壌の消毒も必要で、このまま世界的に感染が拡大した場合10年以内にキャベンディッシュ種は全滅するとも言われ、や、による対策が急がれている。 なお、キャベンディッシュ種の素となった三種類のバナナ品種のうち、パナマ病に耐性の品種DH-Pahangのゲノムが解読されたところである。 Mycosphaerella fijiensis によって引き起こされる ()は、バナナの葉を黒く変色させ、を阻害して収穫量を半減させる病害である。 の噴霧で対処できるが、徐々にを獲得しており、有効性が低下している。 利用 [ ] バナナ 生 100 gあたりの栄養価 360 kJ 86 kcal とを添えた揚げバナナ 世界で生産されるバナナの約4分の3はデザート用、約4分の1が調理用である。 アフリカ諸国には、個人の摂取カロリーのうち半分をバナナに依存する地域も存在する。 バナナは多くの熱帯の人々にとって主要な源である。 栽培品種と成熟度に依存して、果肉の味はでんぷん質から甘味まで、質感は硬いものからどろどろなものまで差がある。 皮と内部はどちらも生のままあるいは調理して食べることができる。 新鮮なバナナの芳香の主要な構成要素はであり、やといったその他いくつかの要素も香りに寄与する。 成熟過程の間に、バナナはガスを産生する。 エチレンはの一つであり、香りに間接的に影響する。 エチレンは(でんぷんを糖に分解する)を誘導し、バナナの味に影響を与える。 より緑色の熟していないバナナはでんぷんの含量がより高く、その結果としてより「でんぷん質な」味を有する。 一方で、黄色のバナナは糖含量がより高いため、より甘い味がする。 そのうえ、エチレンは(バナナの細胞間のを分解する酵素)を誘導し、これによって熟すにつれてバナナは柔らかくなる。 種などのデザート用バナナは、皮を剥いてそのまま、あるいはやに入れるなどして生食される。 牛乳や氷などとともににかけてとしたり、のようなデザートの材料にすることもある。 などでは、バナナにを掛けたなどが屋台の定番の一品となっている。 では熟成前のバナナは塩・砂糖を振りかけ炭火焼で食べられている。 なお、乾燥させたものはバナナチップ(ドライバナナ)として販売されている。 料理用バナナは生食用バナナより、、等が豊富である。 デザート用(生食用)より大きく、一本の長さは30 - 40cm程。 基本的には熟す前の物を食用とする(熟した物を食用とすることもある)。 そのため、生の料理用バナナは、色は緑で、果物というより野菜のような青臭い匂いがする。 生のままでは皮も身も硬く、生食用バナナのように素手で皮を剥いてそのまま食べることはできないので、のように刃物で皮を剥き、煮たり蒸したりしてしてから食べる。 味や食感も芋に近く、ほとんど甘さはない。 ウガンダをはじめとする東アフリカではこうしたバナナ料理はと呼ばれ、主食として特に重要視される。 マトケは蒸したものが基本であり上等とされるが、煮たものもマトケと呼ぶ。 料理用バナナはハイランド種やプランテン種をはじめとするいくつかの品種があり、東アフリカにおいてはハイランド種が主食用、プランテン種は軽食用とされるが、や中南米においてはプランテン種は主食用とされる。 バナナのとしては、のように薄く切って素揚げにしたもの(そのままでは甘くないので、のをかけることもある)、東南アジアののようにをつけて揚げるもの、ののように潰してから揚げるもの、などがある。 フィリピンでは、バナナの実を煮込んだ上で、着色料を入れて赤色にしたが作られており、同様に一般的に使用されている。 、などでは、いわゆるモンキーバナナを焼いたものがとして屋台などで売られる。 バナナをと共にさせたであるはアフリカで広く飲まれている。 イギリスのスーパーマーケットでは最も需要の高い食品とされ、年間売上額は7億5000万ポンドに達する。 日本では、手軽に食べられるおやつとしても親しまれている。 花 [ ] フィリピン、、、などバナナの生産地ではバナナの花()を食用とする地域が珍しくない。 それらの地域では食用のバナナの花が市場で売られている。 食べ方は、蕾の外側の苞葉を排除して、つまり、蕾の皮を剥くと、可食部である芯が現れる。 そのままではアクがあり食べられないため、水にさらしてを抜いてから炒めて調理する。 苦味がある。 葉 [ ] バナナの葉に盛り付けた バナナの葉はやとして用いられ、もっぱら葉を取るための葉バナナも栽培される。 東アフリカでは調理用バナナをバナナの葉に包んで蒸したが主食である。 南インドの正餐では、料理をバナナの葉の上に盛り付けて食べる。 にはとを練り合わせて作った餅をバナナの葉で包んで蒸し焼きにするという伝統の菓子がある。 には、地面に掘った穴に、熱した石を入れ、バナナの葉で包んだ肉や魚などを置いて、土をかぶせて蒸し焼きにする「」という料理がある。 また、熱帯地方では簡易な家屋のを葺く材料としても使用される。 沖縄ではがの葉の繊維で織られる。 樹木 [ ] 熱帯ではないところでは観賞用に植えられることがある。 枯れた木は主に製紙用チップとして世界各国で利用され、果実と同じ匂いがする。 皮 [ ] バナナの皮は食べられないため、食用としては捨てられる部位である。 そのため、路上に遺棄された皮を踏んだ人が滑って転ぶ古典的なギャグとしての利用が世界的に知られている。 バナナの可食部に面する果皮の内側は多量のを含んでいるため、「」と呼ばれる現象が発現し、が低減するため滑りやすくなる。 この現象はワックスを塗った床が滑りやすくなるのと同じ原理である。 バナナの皮を踏んだ人が滑る表現の起源は定かではないが、出版物においては19世紀にオレンジの皮で滑る表現が存在し、1900年前後には、オレンジの皮・バナナの皮がそれぞれ別の曲で、歌の題材としても用いられた。 芸として確立させたのはヴォードヴィリアンのビリー・ワトソン(別名:ウィリアム・シャピロ、1876 - 1939)であり、1900年代初頭に舞台で持ちネタとして披露したことで名声を博し、「"スライディング"・ビリー・ワトソン」の異名を取った。 同様に、最初に登場した映画作品は不明だが、1910年代初めには既に定番の表現であったとされている。 その後、『A Healthy Neighborhood』(1913年)や 、『』(1915年)、『The Flirt』(1917年)、『ロイドの福の神』(1926年)など、視覚的な分かりやすさから多くのに用いられた。 ちなみにキートンは1921年の『キートンのハイ・サイン』で、仕掛けに通行人が引っ掛からないという進化させた表現を用いている。 文学ではが『』で中学生の「私」が現在の郊外で虎狩りを見物し、獲物を待つ間に食べたバナナで「妙案」を思いつき、「此のバナナの皮を下へ撒いておいて、虎を滑らしてやろう」と考える話が出てくる。 ギャグとして知られる一方で、摩擦係数の低減についての学術研究は長らく行われず、これを行った生体摩擦学者のらはにを受賞している。 食物としての入手容易性と、潤滑効果があることから、の習慣のある国・地域を中心に男性のに使用されることがある。 なお、バナナの皮にはを持つ、が微量ながら含まれているというもある。 、Berkeley Barbという新聞に冗談でバナナの皮にはが含まれていて麻薬作用を起こすと書かれたのが始まり であり、それが転じてブフォテニンが含まれている、となった。 日本における歴史 [ ] 詳細は「」を参照 の9年後の1903年に、日本統治下に置かれたからに向けて、7カゴのバナナを移入したのがバナナ輸入の始まりと言われている。 当時は一般人が入手出来ない高価な希少品であった。 中は輸入が途絶えるなどして、戦後には再開されたが、不急不要品としてにより輸入制限が課せられていた。 このため、希少品であることに変わりはなく、価格は4 - 5本につきサラリーマンの平均給与の2. 1963年にバナナ輸入が自由化され、フィリピン産バナナが台頭するなどにより安価な普及品へと変化した。 また日本向けバナナを生産しているのプランテーションにおいてやによる健康被害などの問題が出ている。 この問題を取り上げた『甘いバナナの苦い現実』も製作されている。 2003年前後から、標高700m程度の高地で通常より長い生育期間(70日程度)を経て栽培した食味の良いバナナがスーパーマーケットなどに出回るようになり、ブランド化が進んだ。 主なものに「スウィーティオ」「甘熟王」などがある。 平成22年度においては、日本のバナナ輸入の94. ついでからが3. その後はエクアドル産がシェアを伸ばしており、2017年の総輸入量98万6000トンのうち、フィリピンからが79万1000トンと最多を維持しているものの、エクアドルからも14万7000トンが輸入された。 産や産なども日本へ入ってきている(『』)。 2017年(29年)3月に産の「もんげーバナナ」が発売された。 バナナは元来、温暖な気候に適し、を挟んで北緯30度から南緯30度の間に位置する「バナナベルト地帯」のうち、年間を通して多雨でありながらなどの暴風が少ない地域で主に栽培された。 かつて極東では台湾が栽培の北限と言われていたが、上記のように、日本の本土や離島でも暖かい地域では収穫できていた。 とはいえ田中の幼少時にバナナは希少品で、病気見舞いなど限られた時にしか食べられなかったバナナ(グロスミッシェル種)の味を懐かしみ、自宅の庭で耐寒性に優れた「もんげーバナナ」を開発した。 「もんげー」は「すごい」を意味する岡山県のである。 凍結解凍覚醒法は、太古のを生き延びた能力を植物から引き出せるとの考えに基づく。 こうして開発された新品種は2018年5月時点、岡山県のほか、で出荷実績があり、から九州までの日本各地のほか、北部(、、)で栽培あるいは栽培準備が進んでいる。 文化 [ ] バナナとは切っても切れない関係にある• 「バナナ・バナナ」の意)という言い回しがあり、バナナが日常に根ざしていることが伺える。 では「食べ物」と「バナナ」を示す言葉が同じ であり、日本語の「ごはん」と「米飯」が同じであることと似ている。 に迎合的で卑屈なアジア人(主に中国系や日系)を揶揄する。 バナナは黄色い皮をむけば中身は白いので、「なのに中身は白人のつもり」という意味。 またアジア生まれのアジア人が、北米で生まれ育った移民の子孫が「外見はアジア人だが言葉や文化、思想などは欧米的」であることを指して揶揄的に使う。 もしくは本人たちが半ば自虐的に使うこともある。 一次産品に依存したの蔑称として Banana Repubic というものがある。 元々はの干渉を受けたを指していた。 の三番目物で『芭蕉』がある。 の作品で、芭蕉の精が中国のの僧の前に現れ、世の無常と芭蕉にまつわる故事を語り、舞をまう。 の好物としてのイメージが強い。 このため人種差別に使われることがある(後述)。 実際の動物はバナナに限らず様々な果実類・穀物・昆虫などを食べる。 では夏の季語(例「川を見るバナナの皮は手より落ち()」)。 バナナダイエットブーム [ ] 頃からでは「朝食にバナナを食べる」という「朝バナナ」なる解消法 が上やで取り上げられた。 3月には同法の提案者とされる「はまち。 」が書籍『朝バナナダイエット』を出版。 ブームの過熱ぶりにより、日本各地でバナナが一時期品薄状態になった。 作品 [ ]• - でバナナを描いた『』の• 『』 - 監督、主演• 元祖バナナの魂()• バナナ スピリット()• バナナ村に雨が降る()• バナナをたべるときのうた• 歌謡曲・ポップス• - バナナ生産国の。 1956年にが歌い大ヒットした。 バナナチップス()• ロック• (の17枚目のスタジオ・アルバム)• アニメソング• バナナダンス(いずみたくとそのファミリー)• () 人種差別行為 [ ] 上述のようにバナナは猿の好物とされ、猿を連想させるものでもあるため、では白人が黄色人・黒人選手を猿扱いする目的でバナナを競技場内に投げ入れることがあり、これが的行為とみなされる場合がある。 主に欧米の試合などで見られるが、とりわけ1970年以降、を中心に生まれの選手が増加したことに対し、バナナを投げ入れる差別行為が頻発した。 2014年4月27日にで行われた第35節の対戦において、バルセロナの選手が投げ込まれたバナナを意に介さすその場で食べるという行為に賞賛が集まり、世界的な差別撲滅キャンペーンへと発達した。 日本では2014年8月にのサポーターが試合中にバナナを振ったとして、無期限入場禁止やクラブに対する処分が下されている。 この事件から日本でも関心が深まることになった。 ギャラリー [ ]• がを「芭蕉」にしたのは門人の李下から芭蕉()の株を贈られ、大いに茂ったことにちなむ。 Pocket Oxford Dictionaryによれば、plantainはa type of banana eaten as a vegetableとなっていて「野菜」。 2011年秋頃より、キャベンディッシュ種に感染するパナマ病がフィリピンで発見されフィリピン主要紙上で数多く報道されている。 巨大企業が手がけていて現地の人が食べないで輸出用に回る。 類語: 白人に卑屈なヒスパニック 、 白人に卑屈なアメリカ先住民。 脂肪分解酵素や果糖による促進が解消に効果があるとされている。 発売後の1年半で関連本や文庫本も含めると120万部のベストセラーとなった。 日本国外の5か国で翻訳出版される。 (2009年11月11日の渋谷区立勤労福祉会館での著者による講演の告知より)• 書籍『朝バナナダイエット』の訳版はの大手書店で部門別売り上げ一位になるほどの人気となっているほか、でも版が出版されている。 日本のテレビ番組では、2008年放送の『』で取り上げられて以後、何度か紹介された。 さらに同年放送の『』でが減量に成功したとの事で反響を呼んだ。 出典 [ ]• 2011年8月25日閲覧。 Simone Moser et al. , "Blue Luminescence of Ripening Bananas", Angew. Chem. Int. 47, 8954 - 8957 2008. Yahoo! ニュース. 時事通信社. 2009年9月21日. の2009年9月27日時点におけるアーカイブ。 2009年9月26日閲覧。 東京都(2019年2月23日閲覧)。 Anne Dauwers, "Uganda hosts banana trial", Nature 447, 1042 2007. ピーター・ベルウッド『農耕起源の人類史』長田俊樹、佐藤洋一郎 監訳 京都大学学術出版会 2008年、 pp. 218-225. 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店 2004年9月10日 第2版第1刷 pp139-140• 『新書アフリカ史』第8版(宮本正興・松田素二編)、2003年2月20日(講談社現代新書)p68• 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店 2004年9月10日 第2版第1刷 p138• 2016年. 2018年7月8日閲覧。 - 「食品衛生の窓」東京都福祉保健局• 2011年2月22日. の2011年2月23日時点におけるアーカイブ。 2011年9月21日閲覧。 『』朝刊 2017年4月26日• FAO 2014年2月27日. 2014年4月22日閲覧。 FAO 2014年2月27日. 2014年4月22日閲覧。 , by Kai Kupferschmidt on 11 July 2012, 1:00 PM, Science• , Published online 11 July 2012, Nature• Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry. KGaA. Mui, Winnie W. ; Durance, Timothy D. 2002. Journal of Agricultural and Food Chemistry 50 7 : 1883—1889. "Isoamyl acetate 9. Salmon, B. ; Martin, G. ; Remaud, G. November—December 1996. Part I. Flavour and Fragrance Journal 11 6 : 353—359. 2011年7月21日時点のよりアーカイブ。 2010年2月17日閲覧。 2010年3月24日時点のよりアーカイブ。 2010年2月17日閲覧。 『ウガンダを知るための60章』pp189-190 吉田昌夫・白石壮一郎編著 明石書店 2012年1月10日初版第1刷発行• 『ウガンダを知るための60章』p117 吉田昌夫・白石壮一郎編著 明石書店 2012年1月10日初版第1刷発行• A・レウィントン『暮らしを支える植物の事典』(八坂書房) 208項• 『バナナの皮はなぜすべるのか?』()がこのギャグを包括的に研究している。 ガーディアン 2014年3月26日• , p. 7, -• 『バナナの世界史』p100 ダン・コッペル著 黒川由美訳 太田出版 2012年1月27日第1版第1刷• 『日本経済新聞』 2014年9月19日. 2014年9月19日閲覧。 Cecil Adams, , April 26, 2002• JFTC-• ,『バナナと日本人』,1982年• 『』朝刊2018年11月19日(くらしナビ面)2019年2月23日閲覧。 日本青果物輸出入安全推進協会 [ ]• ホームページ(2019年4月16日閲覧)。 TBSラジオ FM90. 2019年9月5日閲覧。 国産バナナの挑戦/熱帯作物がの気候でも育つ「凍結解凍覚醒法」『』2018年5月20日サンデー版(朝刊別刷り)。 三戸 幸久、『サルとバナナ』、東海大学出版会、2004。 毎日新聞• ITmedia News. 2008年10月7日. 2011年2月16日閲覧。 ZAKZAK. 2008年10月1日. 2011年2月16日閲覧。 毎日新聞. 2014年8月26日. の2014年10月4日時点におけるアーカイブ。 2014年8月27日閲覧。 SANSPO. COM 2014年5月5日• ゲキサカ 2014年4月29日• 『朝日新聞』. 2014年8月24日. の2014年11月4日時点におけるアーカイブ。 2014年8月27日閲覧。 スポニチ Annex、2014年8月30日 関連項目 [ ]• - M. (菓子)• (菓子)• - で特に経済的、人口的に発展しているバナナ型の地帯のことを表す。 - 東南アジアを中心に分布する神話の類型。 - 同製品の不凍性の表現として極地では凍ったバナナで釘を打てるというCMが話題となった。 - バナナに含まれるが、放射線を発している。 - 「マジカルバナナ」というある物から連想して次々に答えていくゲームがある。 - 「曲がったバナナ法」と呼ばれた。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 バナナに関連する および があります。 に関連の辞書項目があります。

次の