発情 期 の 猫 の 鳴き声。 発情期の猫の鳴き声対処法|スプレー行動もうまく切り抜けよう!

猫の発情期と対策について【獣医師が解説】

発情 期 の 猫 の 鳴き声

メニュー• <発情期の行動> オス猫は発情すると、興奮 しやすくなり、荒々しくなります。 発情したオス同士はもちろん、 他の猫ともケンカになることも多くなります。 *独特な大きな声で鳴き続ける *食欲不振になることも 食欲より性欲が増す *落ち着きがなくなり、外に出たがるようになる。 *攻撃的になるため、引っ掻いたり噛み付いたりする。 *壁や柱にオシッコを吹き掛ける(スプレーと言われる行動) オス猫はこのオシッコを撒き散らす 尿スプレー行動が一番飼い主泣かせですね。 by sinp0813 <尿スプレー行動> オス猫の分かりやすい発情サイン として尿スプレーがあります。 オス猫は、 オシッコの臭いによる マーキングで 縄張りを主張します。 そのため、 柱や家具などの目立つ ところに オシッコを吹きかけます。 ただ、このスプレー行動をしない オス猫もいるため、尿スプレーが ないからと言って、発情していないとは言えません。 また、発情期のオス猫 去勢をしてない オス猫 のオシッコは臭いが強烈 より臭く になります。 スポンサー リンク <発情の周期> オス猫の発情は基本的に、 メス猫の発情行動・鳴き声・ フェロモンによって促されるため、 特定の発情期は決まっていません。 ただし、外で暮らす猫の発情に よって誘発される場合には、外猫 メス の一般的な発情期である 春から秋にかけて オス猫も発情期に入る場合が多いです。 マンションなどで完全室内飼育で 同居の未避妊のメスがいる場合などは、 室内猫は季節に関係なく発情がくる 可能性があるため、その都度、オス猫 も発情します。 逆に、完全に隔離されて外猫の気配や 匂いも分からないような環境 マンション の高層階など で飼育されているオス猫 の場合には、発情する機会も少なくなる といえます。 ただし、猫の嗅覚や聴覚は人間とは 比べ物にならないくらい優れているため、 かなり離れた場所にいるメス猫の発情を 感じ取ることができます。 また、オス猫は去勢をしない限り、 生涯にわたって性欲をキープする ため、定期的 近隣のメス猫の発情期に 伴う に発情が訪れます。 高齢によって、発情が終息する ということも基本的にありません。 <去勢手術という選択> オス猫の発情期を抑えるための 最も有効な手段は去勢手術です。 発情期のオス猫は、鳴き声や スプレー行動など、室内飼育の 場合は、飼い主にとっては大変な 試練とも言えます。 しかし、 交尾できない猫のストレスは、 人間が 思っている以上のものです。 動物の生殖行動は本能であり、 強烈な欲求です。 子孫を望まないのであれば、 去勢手術をしましょう。 去勢手術をすることにより、 外出や他猫との喧嘩も防げるため、 病気の予防にもなります。 エイズや白血病などの感染症を防げる また、 事故などに会う危険も回避できます。 特にスプレー行動などは、 室内での飼育が大変になるので、 その行動が現れる前に去勢手術を するのが望ましいと言えます。 しかし、早期の去勢手術には 賛否両論あり、獣医師によっても 見解は分かれるところですので 早期の手術についてのメリット・ デメリットを 獣医師に確認してから の手術をオススメします。

次の

朝・夜中の猫のうるさい鳴き声の原因は?今すぐできる5つの対策!

発情 期 の 猫 の 鳴き声

猫がずっと鳴いてるのは発情期? 猫がずっと鳴いていると、発情期がきたのかな?と思ってしまいますね。 発情期になると、大きな声でずっと鳴き続けるために頭を悩ませる飼い主さんも多いでしょう。 でも、その鳴き声は 本当に発情期の鳴き声ですか? ここでは、 猫の発情期について知っておきましょう。 猫の発情期の鳴き声 猫の発情期の鳴き声は、普段聞いたことのないような鳴き声で「 ワォーン」や「 ナォーン」といったとても大きな声で鳴くのが特徴です。 オス猫よりもメス猫の声のほうが大きく、 昼夜かまわずずっと鳴いています。 不妊去勢手術を行っていても、猫によっては発情期がきてしまうこともありますが、発情期の猫の鳴き声を止めさせることは 猫にとってストレスとなるため、そのまま見守ることしかできません。 発情期の期間 猫の発情期は、春先や秋頃の年2~3回が一般的ですが、室内飼いされている猫に 季節は関係ありません。 室内の蛍光灯などに1日14時間以上当たっている場合では 発情期が誘発されるため、季節に関係なく発情期がやってきます。 また、外に発情期の猫がいても鳴き声やニオイ、気配などで誘発されて発情期となることもあります。 発情期がきてもずっと鳴いてる期間は 3日~1週間ほどなので、猫が 発情期にみられる行動を起こしながら鳴いている場合では見守ってあげましょう。 Sponsored Link ご飯が足りない・お腹が空いている 猫は、ご飯が足りない、 お腹が空いているということを訴えるためにずっと鳴くことがあります。 生命活動を維持するために 十分な栄養が摂れていないことも考えられるため、ご飯の量は適切なのか、与えているフードの栄養バランスに偏りはないかを 確認してください。 トイレが汚い 猫はとても きれい好きです。 トイレが汚れていると、 排泄を我慢してしまうこともあります。 人間と違って、猫が排泄を我慢してしまうと すぐに体調不良につながるため、 トイレが汚いことを鳴いて訴えることがあります。 猫が排泄を我慢してしまうことで引き起こされる病気は、膀胱炎や結石、腎臓病、尿毒症などがあり、どれも 重篤化すれば命に係わる病気でもあるので、トイレはいつも清潔に保ってあげましょう。 体調が悪い 猫は 体調不良を隠す動物です。 しかし、飼い主さんに 助けを求めるためにずっと鳴いていることもあります。 猫の体に何らかの異常が起こっており、 緊急を要する事態であることがほとんどですので、動物病院を受診してください。 食欲や排泄などいつもと変わりはないか、顔つきはどうか、運動量はどうかなど普段から観察しておき、少しでも いつもと違うと感じた場合は、獣医師に相談することで病気の早期発見につながります。 甘え鳴き 猫が 甘えた声でずっと鳴いてるときは、 甘え鳴きです。 飼い主さんにかまってもらいたい、遊んで欲しい、何かおやつが欲しいなどの甘えなので、 可能なときは答えてあげましょう。 ただし、 毎回甘えられたら要求を満たしてあげてしまうと、 我慢のできない猫になってしまうため、 メリハリをつけて甘えさせてあげることも大切です。 甘え鳴きをしつけることはできますが、その前に なぜ甘え鳴きをするのか考えてみてください。 スキンシップが足りていない、遊んであげる時間が少ないなど、猫に 寂しい思いをさせていることが原因であることもありますよ。 猫の鳴き声が外から聞こえる場合は? 続いては、猫の鳴き声が 外から聞こえてくる場合について見ていきましょう。 いくら自分の飼い猫ではないとはいえ、ずっと鳴いてるのは気になりますね。 発情期ならともかく、 発情期ではない鳴き声がずっと聞こえてくるときにはどんなことが考えられるのかをご紹介します。 子猫のSOS 発情期以外の猫の鳴き声で、外から聞こえてくる可能性が高いのは、 子猫のSOSのサインです。 お腹が空いた、挟まって動けない、寒い、降りられない、不安、怖い、痛いなど、さまざまな 生命に係わるSOSであることが考えられます。 親猫とはぐれてしまって 親猫に助けを求めている声ではありますが、しばらく様子を見て親猫が現れないようであれば、 救出してあげることも考えなければいけません。 溝などに挟まっていたり、どこかに落ちて登れないでいたり、高いところから降りられないのであれば、助けてあげれば自分で親猫の元に帰っていくこともありますが、そうでなかった場合のことも考えれば、素直に 動物保護団体に連絡しましょう。 保健所や愛護センターでは、一定期間後里親がみつからなければ殺処分となってしまうため 避けてくださいね。 親猫の教育中 親猫が子猫を スパルタ教育している最中にも、子猫が 親猫を呼ぶためにずっと鳴くことがあります。 そういった場合では、 近くに親猫がいることも多いため、様子を見て判断してください。 この時は、高いところから降りられない、といった場合がほとんどです。 親猫が子猫を 独り立ちさせるためにわざと子猫にさせているためのものですが、子猫のずっと鳴いてる声を聞くのは、心配になってしまいますね。

次の

発情期の猫の鳴き声対処法|スプレー行動もうまく切り抜けよう!

発情 期 の 猫 の 鳴き声

猫と暮らしている人であれば、多くの人が疑問に思うのが鳴く理由です。 声色や仕草などで、ある程度何が言いたいのかわかるという人もいるでしょうが、何を伝えたいのか正確に理解するのは至難の業。 猫が伝えたいことがわかればいいのに…と思うのは飼い主共通の思いでしょう。 完全ではありませんが、猫が鳴く理由がわかれば、ある程度理解することはできるかもしれません。 猫が鳴く理由は?なぜ鳴くの? 猫が鳴く理由のひとつは、親しい相手へのおねだりです。 ごはん時に鳴きながらご家族について回るのは、「ごはんをちょうだい!」と言っているのでしょう。 他にも甘えたい場合や遊んでほしい場合など、相手に対して何かをしてほしいから鳴くのです。 これは猫がご家族を親しい存在だ、安心できる存在だと認識しているので、問題はありません。 また、敵に対して威嚇する場合や、相手にどこかへ行ってほしい場合にも猫は鳴いて伝えます。 たとえば子育てをしていて、別の猫が近づいてきたときなどに鳴くといったケースです。 これ以上近づいたら攻撃するぞという意味があるので、完全室内飼育されている猫よりは、屋外の猫によく見られるかもしれません。 鳴き方も異なっていますし、体毛や、瞳孔や耳の状態などを総合的に観察すると、どちらの意味で鳴いているのかがある程度推測できるでしょう。 【関連記事】 【関連リンク】 猫が鳴くときは発情期? もうひとつ、猫が鳴く理由に、求愛行動があります。 この場合、明らかに通常とは鳴き方が異なっています。 求愛行動は春先と夏に多く見られますが、室内飼育の猫の場合は他の季節でも見られることがあります。 発情期の鳴き声は雄・雌ともにかなり音量が大きく、夜中に猫たちの愛の語らいに、たたき起こされたという経験をお持ちの方も多いでしょう。 このような鳴き方は・手術をしていない猫にしか見られません。 発情期の鳴き声対策は難しいものですが、子をとる予定がない飼い猫であれば、避妊・去勢手術を行うこともひとつの手です。 雄猫が鳴くとき 雄猫は発情期になると攻撃的になったり、落ち着きがなくなる、しきりとマーキングを行うなど、さまざまな兆候がありますが、そのひとつが独特な鳴き声です。 発情した雌猫の鳴き声に反応していると考えられ、人間の赤ちゃんが泣いているような声で、遠くまで響くように大きく鳴くのが特徴です。 雌猫が鳴くとき 発情期の雌猫の場合も、鳴き方の変化は発情の兆候を示すもののひとつ。 雄猫と同じく、人間の赤ん坊のような鳴き声をあげますが、雄猫よりも若干低い鳴き声になる傾向があります。 子猫が鳴くとき 子猫が鳴く理由で多いのは、おなかが空いているときが多いでしょう。 生後3ヵ月までは、野生でも母猫から食べ物をもらうのが一般的です。 そのほか、甘えたいとき、寂しいときや不安を感じているとき、寒いときなど、子猫はさまざまな理由でよく鳴きますし、大人猫のようにしぐさが伴わないので、もしかしたら鳴く理由を特定するのが、より難しいかもしれませんね。 【関連記事】 鳴き声の種類別に猫の気持ちを解説 前述のとおり、猫の鳴き声は1種類だけではありません。 どのような鳴き方をしているのかに加え、どのような行動をしているのかも合わせて観察して、猫の気持ちを読み取ることが重要です。 いくつかの鳴き声を例に、猫の気持ちを考えてみましょう。 「ニャッ」という短い鳴き声 短い声で「ニャッ」と鳴くのは、人間で言えば挨拶のような感じです。 猫によっては名前を呼ばれたときや、優しくなでてもらった場合などに、反射的に短い声で「ニャッ」と鳴くこともあります。 基本的にはいずれも、好意的な場合と思ってよいでしょう。 「ニャオ」「ニャオォ」という鳴き声 おいしい食べ物をもらったときなど、喜んでいる意思表示です。 甘えたい場合などに子猫がよく出す鳴き声なので、猫が「ニャオ」と甘えた感じで鳴いている場合には、かまってあげましょう。 子猫が母猫を呼ぶときにもこのような声で鳴くことがあります。 基本的に信頼できる相手に向けた鳴き声です。 「ニャーーーン」と長く鳴くとき 猫が「ニャーーーン」と長く鳴く場合は、何かを訴えている可能性があります。 たとえば食器のまわりでこのような鳴き方をしたときは「ごはん」、ドアや窓の近くで鳴いた場合には「外に出してほしい」、トイレ付近なら「汚れているよ!」というように、そのときどきのシチュエーションと合わせて、何を要求しているのか考えてあげてください。 また、長さだけではなく、強い調子で鳴くこともありますが、その場合には触られたくないなど不機嫌さを伴っていることが多いようです。 口を閉じて「ンー」と鳴く 口を閉じた状態で「ンー」「ウー」と低く唸るような鳴き声を出すときは、近寄らないでほしいときなどに、威嚇をしていると思ってよいでしょう。 このような声を出している猫にむやみに近寄ると、攻撃される可能性があるので、気をつけましょう。 基本的に、慣れているご家族に対しこのような声はあまり出さないでしょうが、猫同士のケンカのときや、見知らぬ人や不審なものに警戒している場合などに見られることがあります。 「シャーー」「フーッ」と強く鳴く 敵意をむき出しにしているときに、「シャーー」「フー」と強い調子で鳴くことがあります。 もしご家族に対してこのような鳴き方をする場合には、猫は自分の方が上の存在だと思っているかもしれません。 また、猫は縄張り意識が強いので、機嫌が悪いときに自分の縄張りに他者が入ってくると、このような鳴き方をすることがあります。 猫が落ち着くまで、近寄らないことが賢明です。 「ケケケッ」「カカカッ」と鳴くとき 「ケケケッ」「カカカッ」「ニャニャニャッ」と鳴くのは、「クラッキング」と呼ばれる反応です。 獲物を狙っているときや、なかなか獲物が捕まえられない場合にこのような鳴き方をします。 狩りをしない飼い猫でも、おもちゃを狙っているときや、窓の外に鳥がやってきたときなどに、このような鳴き声を出すことがあります。 かすれた鳴き声のとき かすれたような鳴き声や、口は動いても声があまり聞こえない場合は、甘えているサイン。 俗に「サイレントニャー」などと言われる、子猫によく見られる鳴き方です。 飼い猫の場合には、大人になった猫でもこのような鳴き方をして甘えるケースも見られます。 鳴き声がおかしいとき 普段と鳴き声が違う、何か鳴き声がおかしい場合には、ストレスを感じていたり、病気が原因であることも考えられます。 かすれた甘え声によく似ていることもありますが、元気がない、暴れる、頻繁に身体を掻くなど、鳴き声以外の猫の様子と合わせて判断することが大切です。 気になる場合は、動物病院へ連れて行きましょう。 鳴き声がうるさいときの対策 前述のとおり、猫が鳴くときには理由があります。 たとえばおなかが空いたときや遊んでほしいとき、トイレが汚いとき、外に出たいときなどの要求鳴きは、状況に応じて対応してあげれば、おとなしくなることが多いでしょう。 夜間に鳴くことが多い場合には、1頭で遊べるように工夫することや、普段の食事を少量にして、寝る前に追加で少しごはんを与えるなどの対策もひとつの手です。 また、病気やストレスで鳴くこともあるので、明らかにおかしいと感じたら、早めに動物病院へ連れて行くことが大切です。 普段おしゃべりな子が、逆に鳴かなくなるというのも異常のサインです。 ちなみに、またたびを与えると静かになるという説もあるようですが、効果のほどは定かではありません。 またたび好きの子などに、試してみるとよいかもしれませんね。 しつけでうるさい鳴き声を予防 発情期のうるさい鳴き声を予防する方法としては、避妊・去勢手術がありますが、100%防げるかとどうかは難しいところ。 子どものときから遊ぶときには思いきりかまって遊んであげ、寝るときには放っておくなど、生活にメリハリをつけることは鳴き癖を防止するのに効果的です。 また、うるさく鳴いているときにはごはんをあげず、静かになってから与えるなど、「鳴く=要求が通る」という学習をさせない方法を試してみるのもよいでしょう。 猫の鳴き声アプリで反応をみてみよう 最近はスマートフォンの普及により、いろいろなアプリがあります。 猫の鳴き声アプリを使ってみると大半の猫が面白いように反応してくれます。 猫の鳴き声を人間の言葉に翻訳できるというアプリもあります。 いつか、猫と会話できる日がやってくるかもしれませんね! 【関連記事】 【関連リンク】 可愛い子猫との出会いをお探しなら 末永く一緒に暮らせる、大切な家族と幸せな出会いをしたいものですね。 そんな出会いをお探しなら、を活用してみては?全国のペットショップから探すことができる情報サイトです。 受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30 アニコム損保のペット保険() 監修獣医師 RANKING• 猫と一緒に暮らすとき、一体なにを用意すればよいのでしょうか。 猫を迎えるにあたって初日に必ず用意しておくべ... 2020. 愛猫のお手入れをすることには、うれしいメリットがたくさんあります。 まず、身体を清潔に保つことで、健康維持... 2020. 猫と一緒に暮らす人なら、誰もが気になる猫の病気。 大切なわが子が病気にならないように気を付けたいことや... 2020. 愛猫がなつかないから、手放したい……そんな風に思い詰めることがあるかもしれません。 精一杯尽くしているのに... 2020. ワクチンとは感染症を予防するために病原体を無毒化または弱毒化した薬液です。 ワクチンを身体に接種すると、感染症... 2020.

次の