教えてくれて 敬語。 「教える」の敬語表現は?目上の人やビジネスで使える言い回しも

教えてくれてありがとうって英語でなんて言うの?

教えてくれて 敬語

仕事をやっていく中で、初めは何かと教えを乞いたくなることもあるかと思います。 しかし、上司などの目上の人に「教えてください」という言い方をするのは丁寧さに欠ける気がするものです。 これは正しい敬語表現なのでしょうか? 今回は、目上の人に教えを乞う際の丁寧な言い方について解説していきます。 「教えてください」は敬語だが、ビジネスシーンで使うには丁寧さに欠ける そもそも、「教えてください」という表現も正しい敬語ではあります。 ただし、 「ください」は元々「くれ」という命令形であるため、丁寧さに欠ける印象になってしまいます。 したがって、人によっては「教えてください」という表現は不快に思われてしまうかもしれません。 社外の人に使う場合や、立場の離れた人に使う場合は特に注意が必要です。 ちなみに、「教えてください」のように他の動詞に「ください」が付く場合は漢字ではなくひらがなで書くのが一般的です。 「教えてください」をより丁寧にした表現 「お教えください」 尊敬や謙譲の意を表す接頭語「お」を付けて 「お教えください」とすると、より丁寧な表現になります。 「お教えくださいませ」 「お教えください」に、さらに丁寧の助動詞「ます」を付した 「お教えくださいませ」は、さらに丁寧な表現になります。 また、 「お教えくださいませんか」のように疑問形にすると、一方的に頼むより相手の意向を伺う表現となり、より丁寧です。 一方、 「お教えくださいませ」に「です」を加えた「お教えくださいませんでしょうか」という表現も見られますが、これは二重敬語となり誤りです。 「お教えいただけませんか」 「ください」の代わりに「いただく」を用いた 「お教えいただけませんか」という表現も可能です。 ここでの「いただく」もひらがな表記が一般的です。 「教える」の類義語を用いた表現 「ご教示ください」 「教え示すこと」という意味の言葉「教示」を用い、 「ご教示ください」とするのも丁寧な表現です。 この表現は、 単純な事柄や方法について教えを乞う際に用いられることが多い表現です。 「ご教授ください」 「教え授ける」という意の言葉「教授」を用いた表現 「ご教授ください」とすることも可能です。 こちらは、「ご教示ください」の場合と比較すると、 より専門性の高い事柄について教えを乞うときに用いられます。 「ご教示ください」「ご教授ください」についても、助詞「ませ」を用いてより丁寧な表現にすることも可能です。 「ご教示くださいませ」「ご教授くださいませ」といった形になります。 その他の表現 その他にも、 「ご指導ください」「ご意見をお聞かせください」「ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます」など、教えを乞う様々な表現があります。 また、「お教えいただけると幸いです」のように、 「~いただけると幸いです」とするとより丁寧な表現になります。 一方、「ご教示願います」のように「~願います」という表現も見られますが、これは丁寧さに欠けるとされることもあります。 「ご教示のほど、よろしくお願いいたします」とするのが、ビジネスシーンでは正しい表現です。

次の

「教えていただく」の敬語・類語・使い方・言い方・例文|ビジネス

教えてくれて 敬語

LEARN 英語での敬語表現!「教えてください」など依頼する場合の英語表現を紹介します。 人に何か頼み事をするとき、言い方には気をつけたいものです。 特にビジネスの世界では、業務に関する依頼はよくあることで、言い方一つで相手が受ける印象が変わったり、ビジネスの成功や失敗にも関わってくることがあります。 何かお願いをするときに丁寧な言葉遣いができればお互いに気持ちよく働くことができますし、目上の人に質問をするときにも使えます。 今回は、ビジネスシーンなど敬語を使う場面で何かを依頼したり、質問をするときに使える英語表現を紹介していきます。 英語には敬語があるの? より丁寧な依頼フレーズ より丁寧にお願い事をしたい場合は、以下のような表現を使うこともできます。 "Would you mind if 〜?"は、「〜していただけますか?」という依頼の表現です。 先方にとって迷惑にならないかを確認しながらお願いする表現です。 遠回しに聞こえますが、英語では話し言葉でも書き言葉でも使われることが多いフレーズの一つです。 Would you mind if I ask you to dispatch the prototype to us by tomorrow? 明日までに弊社宛に試作品を発送していただけますか? "I was wondering if 〜?"は、直訳すると「〜かどうかなと思っていたのですが」という意味になります。 お願い事をしていいかどうか迷っていたという意味を含めることで丁寧さを表現します。 I was wondering if you could reschedule the meeting? 会議のスケジュールを変更していただけないかと思っているのですが。 関連記事: 「教えてください」の英語表現 "inform" 伝える、教える "inform"は、"tell"(教える)や"let someone know"「(人に)知らせる」に比べるとよりフォーマルに聞こえる表現です。 情報などを「伝える」というニュアンスで、仕事に必要なお知らせや連絡事項などを教えてほしいときに使うことができます。 I was wondering if you could inform us of any changes at least three days in advance. 最低3日前までには変更をお知らせいただけたらと存じます。 Please inform us as soon as possible should any change arise. 変更があれば、できるだけ速やかにご連絡をお願いいたします。 依頼、お願いをする英単語"ask" "ask"を使ったフレーズ 「質問」に該当する"question"は、"ask"(聞く)という動詞とセットで使われることが一般的です。 この "ask"を使って丁寧に依頼をしてみましょう。 Can I ask you a question? 一つ質問してもよろしいでしょうか。 Do you mind if I delegate this project to you? この仕事をあなたにお任せしてもいいですか? Could I ask you to attend this workshop with me, please? このワークショップに一緒に参加していただけませんか。 I was wondering if you could help me prepare for my presentation. プレゼンの準備を手伝っていただけたらと思っているのですが。 要望など"ask"より丁寧な英単語"request" "request"を使ったフレーズ 依頼事項が取引に関わる重大な要望であるため、 "ask"よりさらに丁寧な表現を使ってお願いしたい場合は、"request"を使うのがオススメです。 We would like to request the pleasure of your presence at the ceremony. セレモニーへのご臨席をお願い申し上げます。 We would like to request that you provide us with the latest information on the project. そのプロジェクトの最新情報を提供いただけるようお願い申し上げます。 顧客とのやりとりや、契約などに関する依頼事項に多く使われる表現ですが、日常生活の中でも使うこともあります。 I would like to request a full refund of my purchase. 購入した商品の全額返金を希望します。 仕事場で上司などに承認依頼をするときにも、下記のように使うこともできます。 I would like to request your approval. 承認をよろしくお願いいたします。 関連記事: アドバイスなどを求める英単語"seek" "seek"を使ったフレーズ 相手の意見やアドバイスなどを求めるときは、"seek"(探す)を使います。 もちろん、承認や依頼をする場合にも使えるとても丁寧な表現です。 I would like to seek your advice on this matter. 本件についてアドバイスをいただきたいのですがよろしいでしょうか。 I was wondering if I could seek your permission to give the green light to the project. プロジェクトのゴーサインをいただきたいのですが。 知的な作業・作品などを依頼するときの英単語"commission" "commission"を使ったフレーズ 最後に、 技術者や芸術家など専門家に対して知見や技術などを使った知的な作業・作品などを依頼するときに使う"commission"についてご説明します。 "commission"とは"commit"(委託する・積極的に関わる)という意味の言葉に由来しています。 つまり、専門家に仕事を依頼すると引き換えに満足のいく成果物が期待できる場合に使われます。 日常会話ではほとんど使うことはありませんが、専門的な仕事を取り扱うビジネスシーンでは業務委託をしたり発注するときに非常に有効な表現です。 We have decided to commission the web designer to renew our website. ウェブデザイナーに会社のホームページのリニューアルを依頼することにしました。 We would like to commission you to improve our e-mail system. 私たちのメールシステムの改善を担っていただきたいのですがよろしいでしょうか。 場面に応じた頼み方を覚えよう 英語には敬語表現があること、丁寧に頼みごとをする表現がさまざまあることを、例文を挙げながらご紹介してきました。 プライベートにおいてもビジネスにおいても、人にお願いごとをすることは少なからず誰にでもあります。 依頼をされる側に気持ちよく受け入れてもらえるように、いつでも丁寧な表現を使うことを心がけましょう。 この記事をシェアする•

次の

ご教授?ご教示?教えを乞う場合の敬語あれこれ

教えてくれて 敬語

「お教え願えますでしょうか?」は「教えてください」の丁寧な敬語表現です。 仕事や私生活ではたくさんの人と関わることも多く、周囲の人の知恵や経験を教えてもらうことでスムーズに仕事などが進むことはよくあります。 このように周囲の人に「教えてください」ということを丁寧な敬語で表現した言葉が「お教え願えますでしょうか?」という表現です。 この表現は、「お教え」という部分や「願えますでしょうか?」といった部分に、相手を敬う気持ちが含まれており、教えてもらう際に丁寧な表現であると言われています。 相手を敬って丁寧な敬語表現をすることで、人間関係を良好に保つことができますし、仕事をうまく進めやすくなるなどのメリットもありますので、ここからは特にビジネスシーンにおいて「お教え願えますでしょうか?」を使う際の注意点をお伝えします。 丁寧な言葉遣いと態度で「教えてください」と頼まなければ、相手から快く教えてもらうことはできません。 また、丁寧に教えてくださいと頼まなければ、相手に不快感を与えてしまって、教えてくれなかったり、上辺では教えてもらうことができても、コツやポイントなどの重要なことについてふれずにわかりにくい説明しかしてくれない可能性もあります。 このように、人間関係を円滑に保ちながら、より良い情報を教えてもらうために、「教えてください」と丁寧にお願いすることはとても大切であると考えられています。 そのため、「お教え願えますでしょうか?」といった丁寧な敬語表現を使う必要があると言われています。 「教示」とは、「教える」と「示す」という漢字が組み合わさって単語であり、教えてほしい相手に範囲を限定せずに教えてもらいたいと依頼する時に有効です。 「ご教示いただけますでしょうか?」の他にも、似た表現として「ご教授いただけますでしょうか?」という表現があり、どちらも頻繁に使われる表現ですが、「教授」という言葉は厳密に言うと、ビジネスシーンにはあまり適していないと言われています。 それは、「教授」という言葉に「学問や芸能などの分野について、長期間に渡って知識やノウハウを伝授する」といった意味合いがあるからです。 学問や芸能について、長期的に教えを伝授していただくといった意味合いがある「ご教授いただけますでしょうか?」という表現は、使える状況が限定されるので注意が必要です。 お教え願いますという表現は、丁寧な表現ではあるのですが、「お教え願えますでしょうか?」のように、相手の意向を伺う要素がないことから、少し丁寧な度合いが劣ると言われることが多い表現です。 しかし、ある程度親しい間柄である場合には、適切な距離感を表現するために「お教え願います」と言った方が良い場合もあります。 「お教え願います」は、いつも接する気心の知れた先輩や同僚に使われることが多く、「お教え願えますでしょうか?」と大袈裟に言うことで嫌味になることを避けたい時などに使われます。 このように、状況や教えてほしいと考えている相手との距離感によって、うまく言葉を使い分けることが、何かを教えてもらう時のポイントであると言われています。 「お教え願えますでしょうか?」の類語の2番目は、「教えてもらうことはできますか?」という表現です。 「教えてもらうことはできますか?」という言い方は、「お教え願います」という表現よりもフランクな表現で、ビジネスシーンの中ではいつも接する身近な先輩や気心の知れた上司に使う際に適した表現です。 身近な人に対して、あまりにも形式ばった堅苦しい表現をすると、相手に不快感を与えてしまうおそれもありますので「お教え願います」と言うよりも、わざとフランクな様子や親近感を与えるために使うという際に使える表現と言えます。 ちなみに以下の記事では、人と仲良くなる方法について詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。 友達やパートナー、上司などと仲良くなれることはたくさんのメリットがありますので、こちらの記事を読んでぜひ役立ててください。 「お教え願えますでしょうか?」の類語の2番目は、「お教えいただきたく存じます」という表現です。 「お教え願えますでしょうか?」という表現の方が、お教えいただきたく存じますという表現よりも丁寧な表現であると受け取られることが多い例文です。 「存じます」という表現を用いていることから、相手を敬う丁寧な敬語表現と言えますが、相手の意向を伺うといった配慮が表現の中に含まれていないという点で、丁寧な度合いが少し下がると考えられることがあります。 「お教えいただきたく存じます」という表現は、会議などで良いアイデアを募る際にも多く使われる言い方で、特にビジネスの関係者や同業のビジネスをしている人などの集まりで知恵や解決策などを教えてもらいたい場合に使われるケースが見受けられます。 」といった表現です。 現状では理解が不足している状況など、もう少し詳しく教えてほしい時に使える英語表現です。 この表現を、もう少し丁寧な敬語表現にしたい場合には、「It would be appreciated if you could explain the details. 」といった英語表現を使うことで、さらに丁寧な英語表現とすることができます。 この英語表現は「もう少し詳しく教えていただけると、ありがたいのですが」といった表現になり、相手を敬う気持ちを表しながら、仕立てに出て教えてもらう際に有効な英語表現です。 ただし人によっては「今の説明がわかりにくかったのか!」と怒る気難しい人もいると言われているので、相手の性格に注意する必要があります。 」といった表現です。 この表現は、「教えてください」という表現の中でも、特に丁寧な言い方です。 その理由は、「enlighten」という英単語が、神や仏などの偉大な存在が知りうる知恵といった意味合いを持っているからです。 親しい仲で冗談交じりに使われることもあります。 その一方で、丁寧すぎる表現であることから、皮肉に感じてしまう人もいると言われているので注意が必要です。 ちなみに以下の記事では、皮肉屋の意味や類語、嫌味との違いなどを詳しくお伝えしている記事ですので、ぜひ合わせてご覧ください。 皮肉屋の性格の特徴や心理などについても紹介しています。 RELATED ARTICLE 「お教え願えますでしょうか?」を理解して快適な環境づくりに努めましょう 「お教え願えますでしょうか?」という表現は、社会人には必須の言葉遣いであると言われています。 その理由は、仕事や私生活において、自分一人だけの知恵や経験、力だけでは生きていけないケースが散見されるからです。 周囲の人の力を借りることで仕事や私生活が円滑に問題なく進められることは多々あります。 そのため、いかに良好な人間関係を保ちながら、教えてほしいというお願いをするかが重要になってきます。 また、相手に教えてもらうばかりではなく、自分が知っている有益な情報や、役立つ経験などを積極的に周囲の人へ発信していくことで、いざと言う時に周囲の人が率先して助けてくれるということはよくあります。 いずれにしても大切なことは、周囲の人を尊重する姿勢や謙虚な態度であり、普段の行いが大切であるということですので、日ごろの行いを見直したうえで、必要な時には周囲の人に丁寧な敬語表現で「お教え願えますでしょうか?」とお願いし、快適な環境づくりに努めましょう。

次の