マルチーズ 性格。 マルチーズの性格・特徴は?飼い方や値段も知りたい!

マルチーズの飼い方、毛色、性格、値段

マルチーズ 性格

かなり甘えん坊で飼い主にべったりになる犬も多いですね。 常に飼い主の側にいて、一挙一動を見ています。 飼い主の感情にもとても敏感に反応します。 私の個人的な意見ですが、マルチーズの 基本気質は臆病で デリケート、その上 プライドが高いところもあり、 余り社交的ではない気がします。 飼い主以外には全く懐かない犬もいます。 ですから 幼犬期の社会化訓練を怠ると、後々問題が起こってくる事もあります。 とにかく飼い主が大好きな犬ですから、 飼い主と離れる事を極端に嫌いますし、 よその人や犬に威嚇する事もあります(飼い主を守る為の防衛本能だと思います)。 そういった点からも、 ホテル等に預けるとストレスを受け易い犬です。 ただ知能は高く、物覚えは大変良いので、家庭内の躾や問題行動(トイレ訓練や甘噛み等)で、困った事はありません。 うちの犬の場合、どの犬も躾は本当に楽でした。 社会化訓練さえしっかりすれば、小型犬の中で一番にお勧めしたい犬種です。 引用 (外部サイトに飛びます) どうですか?私はこちらの口コミからは、性格が悪いかと言われると、そこまでではない印象と受けました。 家の中では、無駄吠えも殆んどしませんが、 家の前を誰かが通ったり、来客があったりすると、 凄い勢いで吠えます。 番犬には良いかも。 個体差があるのかもしれませんが、うちのマルは 人見知り犬見知りです。 引用 (外部サイトに飛びます) 【鳴き声】 神経質で気の強い気質が鳴き声に現れてます 笑 実家で飼っていたヨーキー以上に、色んな音を拾って吠えます。 長時間鳴き続けるということはありませんが(長くても5分くらいでしょうか)、玄関チャイムなど、小さいうちからしつける必要はあると思います。 引用 (外部サイトに飛びます) うちみたいに可愛いからと言って甘やかすと 大変なことになります^^; うちの子達で言うと上の子が 警戒心が強いので、 外で物音がするとすぐ吠えます。 番犬にはもってこいかも!?笑 あと 協調性はあまりないです。 お散歩中他のワンちゃんと出くわすと 吠えてしまうので時間帯に注意しながら お散歩してます。 引用 (外部サイトに飛びます) どうですか?実際今飼っている方は共感できる方もいらっしゃるかもしれませんね。 吠える、社交性がない、という声が多かったですね。 では理由をまとめてみましょう! マルチーズの性格が悪いと噂される理由!! 今までみてきた口コミから、 マルチーズの性格が悪いと噂される理由を分かりやすいように、まとめてみたいと思います! 噂の原因となる性格!• 社交性・協調性に欠ける• 神経質・気が強い• 飼い主と離れることを極端に嫌う でも 個体差があるんじゃないの?と思った方!確かにその通りです。 私たち人間も人それぞれ性格が違うのと同じで、ワンちゃんもそれぞれ性格が違いますよね。 また子犬の時期にどのように過ごしていたか、どんなしつけをしてきたか、などによって成犬になった時の性格は変わってきます。 ですが マルチーズの犬種の傾向としてこのような傾向があるということを覚えておいて頂ければと思います。 一般的な飼いやすさの目安について、よく「犬種図鑑」などの本に乗っていますよね。 5段階評価や円グラフなどで書かれているものが多いと思います。 そして、そんなマルチーズを 甘やかし過ぎると、マルチーズは飼い主を自分より下とみるようになります。 するとどうなるでしょうか? イタズラをしたり、噛み癖が出たり、吠えたり、といった、問題行動をするようになってしまいます。 子犬のうちの 社会化• 無駄吠えをさせない• トイレのしつけ• 初めて犬を飼う人…飼いやすい犬種だから• お散歩が面倒な人…短時間でいいから• お手入れを楽しみたい人…おしゃれを楽しめるから• 長い期間家を空けない人…マルチーズは飼い主と常に一緒にいたがるから• 常にワンちゃんと一緒にいたい寂しがりな人…マルチーズは飼い主のことが大好きだから マルチーズは 飼いやすい犬種なので 初めて犬を飼うという方にもおすすめのワンちゃんです。 そして何と言ってもマルチーズは 飼い主さんのことが大好き!常に一緒にいたがります。 マルチーズの性格が悪いと噂される原因は、社交性がない、神経質、飼い主と離れることを極端に嫌うという性格にあった• 子犬の頃からしつけをすること、甘やかし過ぎないことが大切!• スキンシップで信頼関係アップ!!• 子犬の頃の社会化が重要!• マルチーズは、見た目も性格も魅力たっぷりのワンちゃん• マルチーズは、初めて犬を飼う人や、寂しがりな人に向いている いかがでしたか?マルチーズの性格が悪い!という噂を検証してきました。 イヌ大好き、30代のひなこです。 今はダックスフンド5歳のメスとポメラニアン1歳のオスを飼っています。 イヌが大好きなので、今までに柴犬、チワワ、パピオンなど、いろいろな種類のイヌを飼ったことがありますよ。 そんな私なので、常にイヌの健康のことを考えています。 だって、人もイヌも元気が一番ですよね!!! 特に大事なのは食事だと思います! 実は今飼っている5歳のダックスフンドは尿結石がありました。 その原因はそれまであげていたドッグフードだったんです。 そのことを知ってからは、常にネットサーフィンをしてイヌが元気で長生きできる情報を集めているのですが、ネットにはいろんな情報があふれていますよね?どの情報が本物?具体的に何を知っていればいい?など調べているといろいろ疑問に思いました。 そこで、私が調べて知った情報をシェアしていけたらと思い、ブログを書くことにしました。 このブログを読めば、イヌが元気に長生きできる情報を知ってもらえるように書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

次の

みんなの犬図鑑

マルチーズ 性格

シルクのような被毛から覗く、つぶらな瞳が愛らしいマルチーズ。 小柄で人懐っこく「犬の貴族」ともいわれ、長い間多くの人に愛されてきた犬種でもあります。 でも「長い間…」ってどれくらいだと思いますか?実はマルチーズが誕生したのは、紀元前1500年頃のヨーロッパだといわれているのです。 今もなお愛され続ける「犬の貴族・マルチーズ」は、一体どんな歴史を歩んできたのでしょう。 ここでは、マルチーズの歴史とその性格、そして飼育上のポイントについて紹介します。 「犬の貴族」マルチーズの歴史とは マルチーズの歴史が始まったのは紀元前1500年頃、地中海貿易の中継地点だった「マルタ島」。 そこにフェニキア 人が持ち込んだ犬が、現在のマルチーズの元になっているといわれています。 当初のマルチーズは、フェニキア人の船員が愛玩動物として船の中で飼育していました。 17世紀のはじめにマルタ島がイギリスの植民地になったことから、マルチーズはイギリスに持ち込まれることに。 その後、愛玩犬としてイギリス王室に献上され、ヴィクトリア女王はじめ、王室貴族に愛されるようになります。 上流階級の貴婦人たちの間では、膝におとなしくのってくれる可愛らしい「抱き犬」として人気を集めました。 これが「犬の貴族」といわれる背景なのです。 当時は破格の値段で取引されていたようです。 「抱き犬」として愛されたマルチーズの性格とは 「抱き犬」とされていた時代があるように、マルチーズは落ち着きのある温厚な性格。 物覚えもよく、家の中でしてはいけないこと、散歩のときのルールなど、すぐに覚えてくれます。 温厚な一方で、陽気で活発な面もあり遊びも大好き。 また、大きな犬に対しても向かっていくような気の強い部分も持ち合わせています。 可愛らしいのに気が強くて大胆…そんな二面性もマルチーズの魅力の一つかもしれません。 飼い主が愛犬を愛するように、マルチーズも飼い主に対してとても従順です。 飼い主のあとをついてまわったり、甘えることが大好き。 しかし、飼い主さんを愛するがあまり嫉妬心が強く、他の人や犬に嫉妬する場合もあります。 どこか品を感じられるマルチーズは、貴族に愛された歴史が影響しているのかもしれませんね。 愛情もってお世話をすれば、愛情をしっかり返してくれるマルチーズ。 「抱き犬」としての歴史もあることから膝にのせたり、抱いてお散歩したり、「抱く」行為でコミュニケーションを取るのもいいかもしれません。 マルチーズの特徴と体格 マルチーズの特徴といえば、輝く白い絹のような被毛でしょう。 シングルコートのため毛は抜けにくく、放っておくと床につくくらいまで伸びます。 被毛を長く伸ばしたい場合は、毎日のブラッシングやコーミング、そして定期的なお手入れが必要となります。 体格については、個体差はあるものの、成犬になると床から高さ25cm程度になり、体重はだいたい2. 0kg程度と言われています。 マルチーズの中でも大柄な子、華奢な子がいますので、適正体重についてはかかりつけの獣医師に必ず確認しましょう。 マルチーズを飼育する前に!知っておくべき注意点 初心者でも飼いやすいマルチーズではありますが、飼育上で注意すべき点もあります。 適正体重を維持する 可愛くてついつい餌を与えすぎてしまう…なんて事はよくある話。 確かに少しくらい太ってコロコロしている様子は可愛い気もしますが、肥満は病気につながるので注意しなければなりません。 マルチーズは膝を故障しやすいため、適正体重を保つことはとても重要です。 また、散歩は1日1~2回程度、それぞれ10分ほどと必要な運動量がもともと少ない為、食事のバランスは気を付けなければなりません。 マルチーズがかかりやすい病気 膝蓋骨脱臼 マルチーズは、遺伝的に「膝蓋骨脱臼」になりやすいと言われています。 膝蓋骨脱臼とは、何らかの原因で膝の靭帯がうまく機能せず、膝の皿が脱臼してしまうこと。 それにより本来の足の動きができなくなり、足を引きずったり、足が床につかないようにして歩いたり、といった症状が現れます。 愛犬の足の様子がおかしいと思ったら、すぐに獣医師の元へ。 症状が軽ければ痛み止めなどを処方してくれますが、深刻な場合は外科手術が必要なこともあります。 もともと運動量をそこまで必要とはしない犬種ではありますが、普段から散歩や家の中で活発に運動させるようにし、靭帯が衰えないようにしてあげましょう。 適正体重でも記載しましたが、肥満状態になると膝に負担がかかるので、適正体重を保つのも予防の大切なポイントです。 *膝蓋骨脱臼について、詳しくはをご覧下さい。 流涙症 涙やけ 病気が原因となる場合もあるので、急に涙が出るようになった場合などは、一度獣医さんに相談してみるといいでしょう。 眼瞼内反症(逆さまつ毛)や二重まつ毛(まつ毛がまぶたの内側に生えて目を傷つけてしまう病気)など、目の炎症によって涙が異常に増えてしまったり、鼻炎・副鼻腔炎など鼻になんらかの障害があった場合に涙をうまく排泄できなくなってしまったりして涙があふれてしまうのです。 治療には、上記のような鼻の症状を治療したり、目の周辺の毛を短くカット、抗生物質の入った目薬を使います。 それでも改善しない場合は麻酔をかけて涙腺の詰まりを治します。 先天的に涙を排泄する管が開いていないという場合には、外科手術をする場合もあります。 *涙やけについて、詳しくはをご覧下さい。 外耳炎 真菌や雑菌の感染、耳ダニ、皮膚炎などが原因で外耳炎は起こります。 マルチーズは、きれいな被毛を保つために、頻繁にシャンプーする飼い主さんが多い犬種です。 シャンプー時の水が耳に残り、そこから細菌が繁殖し発症することもあります。 茶色、茶褐色の耳アカ、悪臭やただれに繋がる場合があるので、シャンプーの後は水分をしっかり拭き取るようにしましょう。 *犬の外耳炎について、詳しくはをご覧下さい。 マルチーズのお手入れは? マルチーズ美しい被毛はストレートで、体の両側にシルク糸のように垂れ下がり、放っておくと床につくほどまで伸びます。 1本1本は細く繊細なので、丁寧にブラッシングしてあげると、そのツヤが増して、さらに美しく光を反射します。 サラサラ、ツヤツヤした優雅な雰囲気が「犬の貴族」と呼ばれる理由の一つかもしれません。 被毛が繊細な分からまりやすいので、毎日のブラッシングやコーミングが必要となります。 また、綺麗な白さを保つためには、適度なシャンプーが必要です。 あわせて、耳や目の周りのお手入れもきちんとしないと、汚れが付着してしまい、真っ白な被毛が徐々に変色してしまう場合があるので、目やにが出ていたらこまめに拭いてあげましょう。 マルチーズのカットの種類 上記でも説明したように、マルチーズは適度にヘアカットする必要があるため、そのカット方法にはたくさんの種類があります。 飼い主さんと一緒に生活していくために、その暮らしにあったカットを、季節に合わせて選んであげるとよいでしょう。 伝統的なフルコート 全身の被毛を、床につくまで伸ばしたもので、鼻の上の毛も顔の横に垂らして残しておくカットです。 目の上の毛は、そのままにしておくと顔全体を覆ってしまうので、犬用のへアピンやゴム、リボンなどを使って止めておくことが多いです。 白い被毛の美しさを満喫するのにぴったりな、優美なカットですが、1日に何度もブラッシングするなどして、その魅力を保つ努力が必要です。 顔の部分カット 体の被毛はそのまま伝統的カットのように伸ばしておいて、顔だけカットすることもできます。 目や耳の周りは、涙やけ、耳だれが気になる部分なので、ケアがしやすいのが特徴です。 長い被毛の上にちょこんと顔が載っている感じになるので、可愛らしいと人気があります。 ぬいぐるみカット 全身の毛を、モコモコ、フワフワのぬいぐるみのようにしたカットです。 耳、鼻の周り以外の毛は3〜5cm程度にカットします。 変身カット 全身の毛はぬいぐるみカットのように短めに整えて、顔の周りの毛をまあるくカットすると、大きな目が目立つようになり、まるでポメラニアンかチワワのような雰囲気を醸し出します。 また、眉毛と鼻の横の毛だけを長く残すと、ミニチュアシュナウザーのようにも見えます。 サマーカット 長い被毛を持ったままだと、暑い夏には熱中症になってしまうことも。 夏場に向いているのは、手足の毛は長めに残して、お腹、背中、顎の下はすっきりと短くカットしたサマーカット。 マルチーズらしさが残るので人気のカットです。 超サマーカット 全身の毛を、1センチ以下に短く刈り込みます。 ここまで短くカットすると、マルチーズが、じつはとても華奢な体をしているのがよくわかります。 カラーリング これには賛否両論ありますが、マルチーズは耳の毛を長く伸ばすことができるので、その部分に好みの色を入れる飼い主さんもいます。 こんな人にオススメな犬種 マルチーズは賢く、他の犬に比べてしつけも簡単なので初心者でも扱いやすいと言われています。 また、「抱き犬」と言われる通り、抱きかかえたりキャリーバッグに入れての移動も簡単です。 また、飼い主さんにたくさんの愛情を注いでくれるので、「犬に思いっきり愛されたい」「いつも一緒に出掛けしたい」そんな風に思っている飼い主さんにはぴったりの犬種だと思います。 セラピードッグとしての能力も高いため、ご年配の方がいる家庭にもおすすめですよ! あまり長く散歩をする必要のない犬なので、仕事で忙しい人にも向いているでしょう。

次の

マルチーズの飼い方、毛色、性格、値段

マルチーズ 性格

もくじ• 1.オスの特徴 (1)性格・特徴 ・活発 ・甘えん坊 ・大人になっても遊び好き ・愛嬌がある ・毛艶がいい ・平均的な大きさは体高さ21~25cmと、メスよりわずかに大きい オスの方がいくつになっても人に関心があり、子犬の様に遊んだり、敏感に人の要求に応じてくれる傾向にあります。 お子さんがいる家庭では良い遊び相手となるでしょう。 そしてどの動物にも言えることですが、メスに比べてオスの方が異性にアピールするために華やかな見た目をしています。 マルチーズの場合毛艶はオスの方がよく、わずかにメスに比べて大きいという特徴があります。 いわゆるカケションです。 この時期にしつけを間違うと、室内でもマーキングをしてしまうようになります。 マーキングのおしっこは普通のおしっこよりもにおいが強いので、癖づいてしまうと飼い主さんは苦労することになります。 しかし、このマーキングは、散歩ではしても、室内では全然しない男の子もたくさんいます。 しつけの仕方しだいでは、気にならないようになります。 男の子のトイレのしつけに煩わしさをお考えの場合は、早めに去勢手術をすると、マーキングをしません。 去勢の時期が早ければ足を上げずに座るようにオシッコをするようにもなります。 マウンティングも同様に、去勢をすると落ち着くすることがほとんどです。 2.メスの特徴 (1)性格・特徴 ・子犬のころはオス同様、ワンパクで活発 ・年を重ねるにつれ落ち着いていく ・散歩の距離はオスに比べて少ない ・マイペース ・平均的な大きさは体高さ20~23cmと、オスよりわずかに小さい メスも子犬時はオスのようにパワフルによく遊びますが、年齢を重ねると精神的に落ち着くことが多いので、たくさん遊びたい飼い主さんにはもの足りないかもしれません。 しかしメスには情緒の豊かさや賢さという魅力があります。 よく遊ぶ弟の様な存在よりも、 落ち着いた人生のパートナーを求めている方には、メスの方がおすすめかもしれません。 生理期間中は出血がある他、性格も情緒不安定になります。 また、生理期間中はオスが興奮してしまうのでドッグランやドッグカフェなどの不特定多数の犬が集まる場所へ行くこともマナー違反となります。 しかしこちらの問題も、避妊手術をすることで解決できます。 3.一般的にはメスの方が飼いやすいと言われている 一般的に以下のような理由からメスの方が飼いやすく、人気があると言われています ・メスの方が落ち着いている ・しつけが楽 ・マーキングしない ・他の犬とケンカすることがあまり無い メスは人気なうえ、ブリーダーが繁殖要因で手元に残すことが多く市場に出回る数が少ないと言われています。 したがって販売価格が、同じ条件のオスよりも3~5万円ほど高くついていることが多いです。 4.大切なのは条件より『相性』 マルチーズのオスとメスとどちらが飼いやすいか?というテーマに関しては、正解はありません。 上で書いている、オスメスの特長はあくまで一般的に言われている傾向であって、生まれ持った性格がそれぞれあります。 オスでもおとなしい子、メスでもやんちゃな子など、個性があります。 デメリットと言われている点も、しつけや手術で改善することができます。 最も大事なのは実際に会ってみて「家族と迎えたときに、明るい未来が想像できるか」という点ではないでしょうか。 まとめ いかがでしたか。 オスメスそれぞれにいいところがありあすね。 どちらが飼いやすいか?というよりは、どちらの特質のほうがご自身がワンちゃんを飼われた時に、求める性質と合いそうか?ということを考えるとよいかと思います。 マルチーズを飼うことを検討されている方にはこちらの記事もオススメです.

次の