長期 金利 推移。 2020年5月までの住宅ローンの金利推移を金利タイプごとに振り返り!今もっともおトクな住宅ローンの金利タイプを毎月更新

日本の長期金利の推移(過去30年)

長期 金利 推移

長期金利 読み方: ちょうききんり 英語名: Long-term interest rate 分類: 金利 長期金利は、取引期間が1年以上の資金を貸し借りする際のをいいます。 これは、国債や地方債、社債、預貯金、ローンなど、償還期限が1年以上の資産(債権)や負債(債務)の金融資産に適用される金利全般を指し、現在、日本のでは、国債利回りやなどがあり、その中で代表的な指標金利として「(新規に発行された償還期間10年の国債の流通利回り)」があります。 一般に長期金利は、様々な思惑や見通しなどを反映して、マーケットで日々決定され、個人向けの住宅ローンの金利や金融機関が企業等へ融資する際の金利、国債・社債等の新発債を発行する際の金利などを決める上での目安(基準)になっています。 ここでは、金融の基本用語の一つである「長期金利」について、簡単にまとめてみました。 目次:コンテンツ構成• 長期金利の概念 長期金利とは、広義には、個人や企業、金融機関、政府、地方公共団体、国際機関などが、期間が1年以上の資金の貸し借りをした場合に適用される金利の総称をいいます。 また、狭義には、マーケットで注目される「(償還期間10年の国債の流通利回り)」を指し、時系列や国際的に長期金利を比較する際に用いられています。 通常、長期金利が低下して資金調達がしやすくなると、住宅購入や設備投資などが活発になり、経済(景気)に好影響をもたらすとされます(預金金利には低下圧力がかかる)。 その一方で、長期金利が大きく上昇すると、個人は消費より預貯金に資金を回すようになり、また企業は資金調達コストの上昇から投資を控えたりするようになります。 長期金利の決定要素 長期金利は、の影響も受けながら、景気やインフレ動向に関する各種予測を反映した長期資金の需給によりマーケットで決定されます。 理論的には、市場参加者の将来(中長期)の「実質経済成長率の予測」、「物価上昇率の予測」、「国債の需給悪化など将来の懸念材料に対する上乗せ分()」の三要素で決まるとされ、「経済の体温計」にたとえられます。 <経済の体温計> ・景気が良く物価が上昇する局面:長期金利は上昇する ・景気が悪く物価が下落する局面:長期金利は低下する 長期金利の変動要因 長期金利は、マーケットで様々な要因を織り込みながら日々動いており、主な変動要因(材料)として以下が挙げられます。 ・市場の需給関係(逼迫・緩慢)を反映する ・高い(低い)経済成長や好景気(不景気)を反映する ・将来の物価上昇(物価下落)を反映する ・政策金利を反映した短期金利にも影響される ・債券先物市場(長期国債先物)にも影響される ・国債を売買する投資家の動向にも影響される ・中央銀行のオペレーションにも影響される ・政府の財政懸念が高まると該当国の金利は上昇する ・リスクが高まると安全資産の国債が買われて金利が低下する ・日本の長期金利は、米国の長期金利に強く影響を受ける 長期金利と債券相場 長期金利と債券相場(債券価格)は、一般的には、以下のような関係があります。 <債券市場での長期金利(指標金利)> ・長期国債の買い手が少なくなる:価格は下落して利回り(長期金利)は上昇する ・長期国債の買い手が多くなる:価格は上昇して利回り(長期金利)は下落する <債券市場での債券価格(各種債券)> ・長期金利が上がる:債券価格は下落する(利回り上昇) ・長期金利が下がる:債券価格は上昇する(利回り低下) 長期金利と金融緩和 政策面でが導入された場合、によるの大量購入により、人為的に金利は低く抑えられますが、その一方で金利が正しい水準を示しているかの「経済の体温計」が機能不全に陥ることもあります。 実際、2008年のリーマンショック以降、十数年にわたる世界的な金融緩和により、日米欧の中央銀行が国債を大量に購入する一方で、世界中の投資家は少しでも高い利回りを求めてを行っており、一部の先進国国債でになるなど、異常とも言える超低金利の状態が続いています。

次の

長期金利が1年3カ月ぶり高水準、財政拡大警戒や現金化で売り活発化

長期 金利 推移

長期金利の解説 借金の総額だけでは財政状況を判断できない 日本の国家財政の話となると、1,000兆円単位の借金の話になって、「日本財政は最悪」というのが国民の共通認識になっています。 しかし、そのわりには日本人の日常に変化はありません。 国の財政が危機に瀕しているということは、公共サービスが行き届かなくなっているでしょうから、ゴミ収集車がこなかったり、学校給食が出なくなったり、公務員の給料が遅配になったりと、国民の生活に影響が及ぶはずです。 そう考えると、借金の金額は国の財政状況を考える上で必ずしも重要ではないと言えます。 借金が1,000兆円と聞くと確かに暗い気持ちになりますが、借金の総額だけでは国の財政状況を判断できないということです。 投資家目線で財政状況を判断する 国の財政状況を見る上で、まず抑えておきたいのは長期金利の推移でしょう。 長期金利とは、一般に償還期間10年の国債利回りを言います。 ちなみに、この償還期間10年の国債は、あらゆる金融商品を評価する際のベースとなっています。 金融商品を評価する際に「リスクプレミアム」という言葉が使われますが、これは長期金利と比較してどの程度金利が高いかを示す言葉です。 国債というのは、国の資金調達の手段です。 例え国でもただではお金を借りられません。 利回りが高ければ高いほど、投資家は利益を得ることができます。 けれども、「利回りが低くてもいいから欲しい」という投資家が出てきたら、国債を購入することができません。 この投資家を出し抜きたかったら、さらに低い利回りで購入する必要があります。 何が言いたいかというと、国債の金利は、投資家の需要に左右されるわけです。 需要があれば、金利は低くなり、需要が弱まると金利が上がります。 金利が安定的に推移していれば心配ない 財政危機に瀕していたら、購入した国債が紙切れになる可能性が高くなります。 そのようなリスクがある国債の利回りは高くなります。 投資家の需要が弱いと、国は高い利回りを設定して、需要を喚起するのです。 国債の金利は、このように身銭を切る投資家の需要によって決まります。 借金の総額をみるのももちろん重要ですが、投資家もこの事実を当然見ています。 その上で国債を購入するのですから、借金総額よりも国債金利の推移をみたほうが国の財政状況を正確に示していると言えます。 本当に財政危機に瀕しているのなら、国債に対する投資家の需要がなくなり、国債金利は上昇を続けるはずです。

次の

2020年5月までの住宅ローンの金利推移を金利タイプごとに振り返り!今もっともおトクな住宅ローンの金利タイプを毎月更新

長期 金利 推移

ユーロ圏は政策金利は共通だが長期金利は異なる 通貨ユーロの特徴として、導入している国々の通貨は共通であるが財政は別々となっている点があげられます。 ユーロについての詳細はこちらをご覧ください: 金融政策はECB(欧州中央銀行)が行いますので政策金利はECB(欧州中央銀行)がコントロールします。 よって、ユーロ圏の政策金利は共通です。 一方、 財政政策は各国が個別に行います。 よって、各国はユーロ建て国債を発行していますが、通貨は同じでも財政状況(信用力)が異なりますので利回り(スプレッド)が異なります。 つまり、長期金利は各国で異なります。 一般的にユーロ圏の長期金利の基準となるのは最も信用力の高いドイツ国債の利回りです。 ユーロ建て長期金利のリスクフリーレート(基準金利)といえば、ドイツ国債の利回りと考えて問題ありません。 ちなみに ユーロ圈の名目GDPランキングは1位ドイツ、2位フランス、3位イタリア、4位スペインとなっています。 名目GDP同様に、国債の信用力がドイツに次いで高いのがフランス国債です。 イタリアやスペインは少し信用力が劣ります。 そして、ギリシャ国債はユーロ圈で最も信用力が低い国債の1つとなっています。 ユーロ圏主要国の自国通貨建てソブリン格付は下記の通りです。 このように同じユーロ建て国債でも信用力が異なりますので当然利回りも異なります。 世界各国の国債格付け一覧はこちらを参照してください:• 格付に影響を与える政府債務の水準はこちらを参照してください: 下記にドイツ・フランス・イタリア・スペイン・ギリシヤの10年国債(ユーロ建て)の利回り推移を掲載します。 ドイツ・フランス・イタリア・スペイン・ギリシャ10年債利回りチャート 【こちらのチャートではギリシャの利回りの動きが大きく、それ以外の国の利回りが見づらいため、ギリシャを除いた他国の利回り推移を下段に別途掲載してます】 2009年後半からギリシャ国債の利回りが急上昇していますが、いわゆる「ギリシャショック」の影響です。 2009年10月の政権交代によりギリシャ財政の粉飾が発覚し、これが欧州全体の債務問題となり、金融市場が大きく混乱しました。 2015年にも再度、国債の償還ができないのではないかとの懸念が生じ利回りが上昇しました。 その後は混乱も落ち着き、ギリシャ国債の利回りも低下(スプレッドは縮小)しました。 欧州債務危機についてはこちらを参照:• 欧州債務危機時の各資産クラスの下落率はこちらを参照: 次にギリシャを除く4か国の利回り推移です。 (ギリシャを除く)ドイツ・フランス・イタリア・スペイン10年債利回りチャート ギリシャ国債ほどではありませんが、2011年~2012年にかけてイタリア国債とスペイン国債の利回りが上昇(債券価格は下落)し、ドイツ国債との利回り差(スプレッド)が5%を超える水準まで上昇しました。 また、2018年5月にはイタリアの政局混乱によりイタリア国債の利回りが上昇しています。 ただし、上記に掲載した通り、イタリア・スペインは経済規模も大きいことから国債がデフォルトとなる可能性は低いと考えられます。 よってスプレッドが大きく拡大した際は、購入を検討してみても良いかもしれません。 この時、上記に掲載したイタリア国債やスペイン国債を購入する方法とは別にクレジットリンク債に投資する方法もあります。 クレジットリンク債は金融機関などが発行する社債にCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を組み合わせたものです。 例をあげるとこのような形になります。 発行体:三菱UFJモルガンスタンレー証券• CDS参照先:イタリア• 期間:5年• 通貨:円・ドル・ユーロなど 利回りは三菱UFJモルガンスタンレー証券社債にイタリアの信用スプレッドを乗せたものになります。 イタリア国債の場合、円建てやドル建てのものはほとんど流通していませんが、クレジットリンク債であれば発行可能です。 期間は一般的に多いのが5年です。 ただし、国債と異なり売却ができません。 (仮に途中償還させる場合はかなり条件が悪くなるので、大きく元本が毀損する可能性もあります) ポイントをまとめるとプラスになる点は• 社債(上記では三菱UFJモルガンスタンレー証券)とイタリアのスプレッドを同時に享受できる• 円建てやドル建てなど好きな通貨で発行できる• 債券が発行されない場合でも好きなタイミングで組成できる マイナスになる点は• 流動性が低い このような形になります。 イタリアやスペインのスプレッドが拡大した際は、国債に加えてクレジットリンク債も検討することをおすすめします。 クレジットリンク債の詳しい内容はこちらを参照してください:• 主要国のCDSの推移はこちらを参照してください:.

次の