ドコモ 電話 帳 エクスポート。 SDカードの保存先のファイル名

Androidの電話帳をcsv形式でエクスポートする方法

ドコモ 電話 帳 エクスポート

利用可能エリア 利用可能エリアについてはサービスエリアのページでご確認ください。 ご利用料金 VoLTEと同じ料金でご利用になれます。 ご利用料金の表 カケホーダイプラン/Xiカケ・ホーダイをご利用のお客さま カケホーダイライトプランをご利用のお客さま 左記以外のお客さま (30秒あたりの通話料) 国内通話料 音声通話 カケホーダイプラン/Xiカケ・ホーダイをご利用のお客さま定額料にてご利用になれます カケホーダイライトプランをご利用のお客さま1回あたり5分以内は定額料にてご利用になれます。 また、音声通話からかんたんに切り換えることができます。 音声通話中にインターネット検索もサクサク。 利用可能エリア 利用可能エリアについてはサービスエリアのページでご確認ください。 対応機種 VoLTEの対応機種をご紹介します。 VoLTE対応方法(ソフトウェアの更新が必要です) ソフトウェアアップデート方法 詳細は以下をご確認ください。 iPhone:• iOSソフトウェアおよびキャリア設定が以下のバージョンにアップデートされている必要があります。 VoLTE対応方法の表 iOSソフトウェア 8. 3 キャリア設定 ドコモ 19. 1 Android: 確認方法 以下の設定、画面表示をご確認ください。 電話アプリに「ビデオコール」選択が追加 ご利用料金 ご利用料金の表 カケホーダイプラン/Xiカケ・ホーダイをご利用のお客さま カケホーダイライトプランをご利用のお客さま 左記以外のお客さま (30秒あたりの通話料) 国内通話料 音声通話 カケホーダイプラン/Xiカケ・ホーダイをご利用のお客さま定額料にてご利用になれます カケホーダイライトプランをご利用のお客さま1回あたり5分以内は定額料にてご利用になれます。

次の

連絡先のエクスポートとバックアップ

ドコモ 電話 帳 エクスポート

ドコモデータコピーってどんなアプリ? 画像引用元: ドコモデータコピーは、スマホ同士をWi-Fi接続することで高速にデータ移行ができるドコモが開発・提供するアプリです。 Androidはドコモが販売している端末でしか利用できませんが、iPhoneの場合はApp Storeでダウンロードすればキャリアに関係なく利用できます。 データ移行アプリは多く存在しますが、通常はクラウドにデータをアップロードする必要があります。 そのため、Wi-Fi環境が必須ですし、バックアップにかなりの時間が必要でした。 しかし、ドコモデータコピーならスマホ同士をWi-Fi接続するので、自宅にWi-Fi環境がなくとも通信量を気にせず利用できるのが大きな強みです。 0以下のみ ドコモデータコピーの対応データを見ると、 電話帳や画像など最低限必要になるデータは問題なくデータ移行できます。 また、Androidはmicro SDカードやドコモのオプション「データ保管BOX」へのバックアップにも対応しています。 写真が多い方でもバックアップ機能を活用することで、新しいスマホのストレージを節約できますね。 Androidでドコモデータコピーが見つからない場合 ドコモのスマホであっても、一部の機種でドコモデータコピーがインストールされていない可能性があります。 ドコモバックアップからアップデートされていない場合• 2014年夏モデル以前のスマホ 現在「ドコモバックアップ」がインストールされている場合は、My docomoからドコモアプリのアップデートを行うことでドコモデータコピーになります。 しかし、 2014年夏モデル以前のスマホは対応外の機種が多く、アップデートできないことも。 もしドコモデータコピーへのアップデートもできない場合は、他の方法でデータ移行を行いましょう。 ドコモデータコピーのバックアップはAndroidのみ対応 ここからはドコモデータコピーでバックアップをとる方法を解説します。 ドコモデータコピーではmicro SDとドコモのオプション「データ保管BOX」へバックアップが可能です。 どちらのバックアップ方法もAndroidのみ対応なので注意してください。 micro SDへバックアップ ここからは具体的に画像をまじえて手順を説明していきます。 スマホ画面引用元: 1 ドコモデータコピーを起動 ドコモデータコピーアプリを起動すると、初回のみプライバシーポリシーと利用規約が表示されます。 内容を確認して「同意する」にチェックを入れて「利用開始」をタップしましょう。 2 「バックアップ&復元」をタップ Android版ドコモデータコピーでは、データ移行とバックアップのメニューが表示されます。 今回は「バックアップ&復元」に進みましょう。 3 「スタート」をタップ 4 アクセス許可の画面はすべて「許可」をタップ 初回は必ずアクセス許可を求める画面が表示されます。 ここで「許可しない」を選んでしまうとバックアップもデータ移行もできないので、必ず「許可」をタップしましょう。 5 「バックアップ」をタップ 6 バックアップするデータを選択して「バックアップ開始」をタップ 7 「開始する」をタップ バックアップを開始すると進捗が表示されます。 すべて終わるまで電源やアプリを落とさないで待ちましょう。 この画面が表示されればmicro SDへのバックアップは完了です。 10GB:月額100円• 25GB:月額250円• 50GB:月額400円 1 ドコモデータコピーを起動 初回起動時のみプライバシーポリシーと利用規約の同意画面が表示されます。 同意して「利用開始」をタップしましょう。 2 初期画面の右上にあるメニューを開く 3 「データ保管BOXへバックアップ・復元」をタップ 4 「バックアップ」をタップ 5 バックアップするデータを選択して「バックアップ開始」をタップ データ保管BOXの容量が画面下に表示されます。 選択したデータが容量オーバーになると進めないので、必要に応じてクラウド容量オプションを契約してやり直しましょう。 なお、写真で容量オーバーになる場合はGoogleフォトで代用することをオススメします。 詳しくは次の関連記事もチェックしてくださいね! 次の章ではドコモデータコピーでデータ移行する方法を解説します。 移行元スマホの操作 6 「今までのスマートフォン」をタップ 7 移行先がAndroidなのかiPhoneなのか選択 今操作しているスマホではなく、移行先のスマホのOSを選択します。 8 「読み取り」ボタンが表示されるがまだ押さないでおく この画面になったら一旦移行元スマホの操作は完了です。 続いて移行先のスマホで同様の操作を行います。 移行先スマホの操作 9 「新しいスマートフォン」をタップ 10 移行元がAndroidなのかiPhoneなのか選択 今操作しているスマホではなく、移行元のスマホのOSを選択します。 11 QRコードが表示される QRコードが表示されたら移行先の操作は終了です。 移行元のスマホに戻って操作を続けましょう。 スマホ同士をWi-Fi接続で高速データ移行が可能• micro SDへのバックアップに対応(Androidのみ)• データ保管BOXへのバックアップに対応 写真や動画が多い方は、丸一日かけてもバックアップが終わらないことも。 しかし、スマホ同士を直接Wi-Fi接続できるドコモデータコピーなら、数十GBあっても 1〜2時間でデータ移行が完了します。 移行操作もとても簡単なので、一度覚えたら感覚的に使えるのも嬉しいポイントです。 そこまで頻繁に使うアプリではありませんが、ドコモで新しい機種を購入する時はぜひ使ってみてくださいね! なお、 写真が多い方はGoogleフォトが容量無制限で便利です。 詳しくは次の記事で解説しているので、あわせてチェックしてください。

次の

連絡先のエクスポートとバックアップ

ドコモ 電話 帳 エクスポート

スマートフォンの設定アプリを開きます。 [ Google] をタップします。 [サービス] セクションで [ 連絡先の復元] をタップします。 Google アカウントを複数お持ちの場合、連絡先を復元するアカウントを選択するには、[ アカウントから] をタップします。 コピーする連絡先が保存されているスマートフォンをタップします。 SIM カードやスマートフォンのストレージから連絡先をコピーしたくない場合は、[ SIM カード] または [デバイスのストレージ] をオフにします。 [ 復元] をタップし、[連絡先を復元しました] というメッセージが表示されるまで待ちます。 重複を避けるため、スマートフォンに保存されていない連絡先のみ復元されます。 復元した連絡先は選択中の Google アカウントと他のデバイスにも同期されます。 ヒント: Outlook や WhatsApp などの他のアプリから連絡先を復元するには、これらのアプリを再インストールする必要があります。 その他のバックアップと復元方法.

次の