うつ み 内科 クリニック。 ふじかわ心療内科クリニック 心療内科,神経科,精神科 うつ病,認知症、パニック

みゆきクリニック

うつ み 内科 クリニック

徳増卓宏 [昭和大学病院 精神科医師(現在UCLA:カリフォルニア大学ロサンゼルス校留学中)] 千葉県出身。 東京、オーストラリアで幼少期を過ごす。 2011年に昭和大学医学部卒業し、同大学精神医学講座に2013年より在籍。 2016年に同大学大学院(博士課程)にて学位取得。 日本精神神経学会専門医、精神保健指定医。 2018年よりアメリカ合衆国、UCLAにて医学研究留学中。 イケメンドクターが解決! 誰にも聞けないカラダの悩み相談室 カラダのお悩みは誰にでもあるものです。 でも病院に行った方がいいのか、誰に相談していいのかどうかわからない…。 そんなお悩みや、ちょっとしたカラダの不調に 現役のイケメン医師が応える新コーナー!質問も募集中です! こころの病気になったとき、どの診療科を選べばいいのでしょうか?(写真はイメージです) Photo:PIXTA うつ症状は「心療内科」では診てくれない! ストレスやハードワークが原因で、こころの病気を患い、病院に通う人も珍しくありません。 しかし、それらの病気を診ている科がたくさんあるのをご存じでしょうか? 精神科、心療内科、神経内科、脳神経外科、神経科、メンタルヘルス科、こころのケア科、心の診療科…。 いろいろな名前の科があって、どんな症状の時にどの科を受診したらよいか、分かりにくいと思います。 そもそも診療の「科」は、基本的に、いろいろな臓器の構造的・機能的な異常ごとに、手術の有無で内科・外科の2つの科に分かれています。 例えば、心臓なら「循環器内科」と「心臓血管外科」、胃腸なら「消化器内科」と「消化器外科」といった具合です。 しかし、こころの病気を引き起こす脳は非常に複雑であることもあり、上記のとおり多くの科が対応しています。 中でも難しいのが、心療内科という科の存在です。 心療内科という字の印象から、こころの病気を診てくれる内科…。 そんな風に考えている方も多いのではないでしょうか? 実のところ 心療内科とは、さまざまな内科・外科と精神科の間に位置する科で、「心身症」という病気を扱っています。 心身症とは、ざっくりいえば、置かれている環境や心の状態などによって、身体に不調が出ている状態です。 不調とは、原因不明の頭痛や倦怠感、胃痛などであり、うつ症状や神経症の症状によるものは含まれないのです。

次の

うつになったら心療内科に行くな!症状別「正しい診療科」の選び方

うつ み 内科 クリニック

当院では、コロナうつを予防・改善しながら、脳機能をパワーアップさせて、学力を高める指導を行っています。 感染拡大による不安や、生活リズムの乱れで、勉強が手につかなくなった受験生が急増していますが、 当院の「磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コース」は、これに対しても、極めて短期間に、大きな成果を上げていると自負しております。 当院で指導している勉強法の中で、自分ひとりでも簡単にできる方法については、こちらのホームページでも、順次、公開していく予定です。 ・その1 ・その2 ただ、短期間のうちに大きな効果を上げたい方は、ぜひ、磁気刺激治療(受験うつ)早期合格コースを受けていただくことを強くおすすめします。 【受験生の「コロナうつ」にも対応している診療プログラムです!】 東京大学本郷キャンパス赤門正面 本郷赤門前クリニック 本郷赤門前クリニックとは 本郷赤門前クリニックは、 全国で始めて 受験生に特化した 特別診療クリニックです。 病気を幅広く扱う一般的なクリニックと異なり、 合格を勝ち取ることを徹底的に追求し、 脳科学とメンタル医学の両面から脳の働きとメンタル面のトラブルを解決します。 また、 不登校や 引きこもり、 スマホ依存や ゲーム依存といった心の問題とされがちな行動障害も、 脳機能の面から早期の解決を図ります。 【検査・分析】 ・ 勉強中の脳の活動を測定し、なぜ ヤル気 が起きないのか、なぜ 記憶できないのか、 問題点を画面に可視化します。 ・ 模擬テストの解答を脳科学とメンタル医学の面から分析し、得点アップのために必要な 脳の改善点を究明します。 ・ 試験を解いている最中の集中力を1ミリ秒(千分の1秒)単位で測定し、得点アップの鍵を握る脳のエリアを特定します。 【治療・対策】 ・検査によって得られたデータをもとに、不調を起こしている脳のエリアに磁気のパルスを当て、 ヤル気、記憶力、集中力などを改善します。 ( 受験に特化した磁気刺激治療) ・ 試験問題を解いているときの脳の活動をシミュレーションした検査データをもとに治療を行うため、 一般的な磁気刺激治療では得られない合格率のアップが期待できます。 ・弊院院長が 1人90分のカウンセリングを行い、 受験に特化したCBT治療 で一気に合格を勝ち取ります。 ・ 睡眠薬や抗うつ薬などの薬物は、 脳機能を抑制して試験での得点力を低下させるため、極力、 薬には頼らず、 最先端の脳科学とメンタル医学を応用した勉強法の改善で、一気に合格を勝ちとることを目指します。 成績が急降下する・・・。 急に反抗的になり、暴言を吐く・・・。 突如、学校に行かなくなる・・・。 無気力になる・・・。 これらは「受験うつ」かもしれません。 「受験うつ」とは、受験期に頻発するうつ症状をさすものです。 従来型のうつに加え、最近では、いわゆる「新型うつ」が受験生の間でも急増しています。 親も本人もうつだと気づきにくく、対応が後手後手に回った結果、受験に失敗してしまうのです。 親にとってもっとも大切なのは、まず、「受験うつ」の徴候に気づいてあげることです。 本書では、受験ストレスや勉強の脳機能を専門に扱う心療内科医の著者が、 「受験うつ」見極められるポイントをわかりやすく解説しています。 また、子どものストレスを取り除き、受験への意欲をよみがえらせるため、親に行っていただきたいサポートのやり方についても、具体的に示しています。 本郷赤門前クリニックは、日本で始めて 受験を専門に扱う心療内科クリニックです。 イライラして集中できない、不安で 勉強が手に付かない、 ヤル気が出ない・・・。 そんなあなたは、「 受験うつ」かもしれません。 当院では、症状を早期に回復させ、志望校への合格を完全サポートします。 東大や 医学部など難関校、 早慶上 智、 マーチ、 日東駒専など、すべての大学受験に対応。 司法試験・医師国家試験・国家公務員試験・税理士・行政書士など各種資格試験。 大学院受験・TOEFL・TOEICなどの受験生もご相談ください。 当院は、夢に向かってチャレンジしているあなたを、最新の医学や脳科学を活用し、合格を勝ち取るプログラムを提供します。 検査結果に基づき、一人ひとりの 脳機能に合致した 最適な勉強法や 受験のテクニックもご指導します。

次の

みやざき内科クリニック(長崎県長崎市)|「うつ」の心に癒しを。

うつ み 内科 クリニック

産業医をしていて例年ではこの時期になると、「適応障害、3ヵ月の休職が必要と診断する」と提出された休職診断書を目にする機会が増えます。 今年はコロナウイルス感染症の広がりによる緊急事態宣言の影響で、休職診断書が提出されることは減りました。 しかし、緊急事態宣言が解除されたものの東京アラートが発令されたことで、慣れない在宅勤務やテレワークが続くことや、在宅勤務やテレワークから出社するようになると、睡眠リズムの乱れ、漠然とした不安、やる気の出なさなどで、調子を崩される方もいらっしゃるようです。 他のメンタルクリニックからこころの健康クリニック芝大門の職場復帰支援プログラム(リワーク)を紹介された患者さんの診療情報提供書にも、適応障害あるいはうつ状態やうつ病の診断名で、数種類の抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬が処方されていることがほとんどです。 『』で、「 事例性 (環境の負荷)」と「 疾病性 (精神面の脆弱性)」を説明しました。 休職となった社員さんや、こころの健康クリニック芝大門のリワーク外来を受診された方に聞くと、ほとんどの場合、精神科医が判で押したような対応しかしていないことが見えてきます。 4月に異動になった、あるいは、就職した、などの環境の変化があり、早く慣れようと頑張っていたけれども、ゴールデンウイークが終わった頃から身体がだるく元気もなくなってきた。 いわゆる五月病とか六月病と呼ばれている、適応不全の状態ですね。 そして、初診時あるいは治療初期に休職を指示されることと、抗うつ薬や抗不安薬による過鎮静によって、生活リズムが乱れ、さらに過剰投薬の影響で、さらなる体調不良に陥る可能性も高くなります。 とくに、若い世代の抑うつ状態は、抗うつ薬への反応が不良で薬物療法のみでは慢性化しやすいことが知られているのにもかかわらず!です。 実際、6ヶ月以上持続しないとされる適応障害の診断で、1年以上、場合によっては2年近く休職を続けている方もいらっしゃるのです。 また長期間、職場を離れて休職することで、職場復帰するときのハードルがすごく高くなり、休職前のパフォーマンスを取り戻すための時間が長くなってしまいます。 初診の10分程度の診察で、適応障害のうつ状態だから抗うつ薬を飲んで休養を取りましょう、休職しましょう、と言うのは、診断としても治療としても不適切というか、その人の人生に関わるという覚悟を欠如した、無責任の謗りは免れないと考えています。 こころの健康クリニック芝大門のメンタルヘルス外来や、リワーク外来では、環境の変化のどの要素 (仕事の量や質、あるいは、誰とのどのような人間関係の変化)が負担になったのか、環境の変化によってどのような心身の不調が出ているのかを、1時間かけて詳細に聞いていきますよね。 本来の適応障害とは、「疾病性 (精神面の脆弱性)」よりも「事例性 (環境の負荷)」が大きいと考えられる状態のことですから、治療でまず必要なことは、休職ではなく職場環境の調整なのです。 そのために、職場の産業医の先生や保健スタッフと連携して、その人が適応不全を起こさずに働きやすくなるためには、職場環境をどのように調整してもらうか、を考えていきます。 こころの健康クリニック芝大門で、産業医宛の情報提供書で職場環境の調整をお願いされた経験がある方も多いですよね。 さらに職場環境の変化とその人本来の脆弱性の関連性を検討し、場合によっては休職して、本人のコーピング・スキルを立て直すことを考える場合も、当然あります。 この時に、適応障害とか抑うつ状態という診断名を目安に治療方針を考えるわけではありません。 つまり、うつ病だから認知行動療法、対人関係療法とか、適応障害だから対人関係カウンセリング、という考え方はしないのです。 こころの健康クリニックでは「 元々どんな人だったのか (自閉症スペクトラムの要素や不安傾向など)」について、クロニンジャーの気質性格検査を用いて検査をしています。

次の