グルテン フリー と は 何。 グルテンフリーを分かりやすく解説!パンや小麦を食べないダイエット方法?

【健康ランチ】グルテンフリーって何がいいの? メリット/デメリットは?

グルテン フリー と は 何

もくじ• 小麦アレルギーの人が食べられないもの 食べられないもの 代替食材 小麦・大麦・ライ麦 薄力粉・中力粉・強力粉 米粉・玄米粉・大豆粉・とうもろこし粉・ホワイトソルガム粉・タピオカ粉など 小麦を使った加工品 パン・ピザ・サンドイッチ 米粉パン ラーメン・パスタ・うどん・蕎麦など 上記の粉を使った麺があります。 お好み焼き・たこ焼き・餃子・焼売 お好み焼き・たこ焼きは、上記の粉で代用できます。 餃子や焼売の皮は、ライスペーパーを使ったり米粉の皮もあります。 ケーキ・クッキー・パンケーキ・ホットケーキ・クレープ・など 米粉などで作った市販品も数多くあります。 カレー・シチュー・ 米粉やコーンスターチでとろみをつけることができます。 アレルギー対応のルウも市販されています。 天ぷら・フライ 天ぷらは米粉、フライは米粉パンのパン粉・コーンフレーク・春雨を細かく切ったもの・ナッツなどで代用できます。 お麩 icon-exclamation-triangle 麩は小麦グルテンのかたまりです。 意外と知らないかも、注意してください。 麦茶・ビール icon-exclamation-triangle 麦が原料のため、避けましょう。 緑茶などで代用しましょう。 小麦を含む調味料 醤油など 調味料には小麦を含むものがあります。 小麦アレルギーでは含まれる 成分やたんぱく質の構造がきわめて似ているため、大麦やライ麦にも反応してしまうことがあります。 すべての人ではありませんが、小麦アレルギーの場合、 小麦・ 大麦・ ライ麦の交差反応は高いです。 コンタミネーションとは 原材料としては使用していないにも関わらず、特定原材料等が意図せずに混入してしまうこと。 たとえ、原材料に小麦粉が使われていなくても、注意しないといけないことがああります。 揚げ物は同じフライヤーでパン粉や小麦粉を使ったものを揚げていることがほとんどです。 小麦粉を使ったものを揚げた油には、小麦粉が含まれています。 たとえグルテンフリーのものでも、その油で揚げたものは食べられません。 麺類の茹で汁のコンタミネーション 米粉麺を使ったラーメンやパスタも、揚げ物と同じ理由で気をつけなければいけません。 小麦麺を茹でたゆで麺機で茹でたグルテンフリー麺は、小麦粉を含んでしまいます。 うどん屋さんの蕎麦も同じ理由です。 たとえ十割蕎麦を注文しても、うどんを茹でている釜で茹でた蕎麦には小麦がついています。 買うときに確認する• 食べる前に確認する これを忘れないようにしたいです。 グルテンフリーな食べ物 小麦アレルギーでも食べられる食材をまとめてみました。 作る会社によって、原材料は異なります。 小麦を使わずに調理の工夫で美味しく食べる グルテンフリー食材をつかう 主食は基本 パンや麺類をやめてごはんにします。 でもたまにはパンも食べたいですよね。 そんなときには 米粉パンを食べます。 わたしはいつも冷凍庫にストックしてあります。 コンビニなどで手軽に買えないので、いつも多めに買って冷凍します。 わたしのおすすめの市販の米粉パンです。

次の

グルテンフリー・ダイエット

グルテン フリー と は 何

スポンサーリンク そもそもグルテンフリーって何? 「グルテンフリー」字面をみるとなんだかすごく難しいことのような感じがしますが 要は 毎日の食事から小麦を抜くだけのことです。 グルテンとは小麦、大麦、ライ麦などに含まれるたんぱく質の一種のことで、 うどんのコシや、パンやお菓子などを作るときに生地がまとまるのもグルテンの作用です。 このグルテンを摂らない食生活を送ることをグルテンフリーといいます。 つまり、普段の食事から小麦製品を抜くだけでいいので、糖質ダイエットや炭水化物ダイエット に比べて、食事制限が緩いと言う事でダイエットとしても注目されています。 ただ人によっては 「小麦を抜く生活なんて考えられない!」と言う人もいるでしょう。 もしかしたら、そんなあなた 小麦依存症かもしれませんよ。 最近の小麦には中毒性があると言われています。 食べれば食べる程食べたくなる症状です。 グルテンフリーにはどんな効果があるの? 現代の小麦は昔の小麦と違うってご存知ですか。 今の小麦は確実に大量に収穫できるように遺伝子組み換えが繰り返されてきました。 それにより、構造も変化し脳内で麻薬のような中毒性が生じてしまうと言われています。 この「小麦中毒」の状態が現代人が抱えるさまざまな不調の原因だという研究結果もあります。 また「グルテンフリー食品」にも注意が必要です。 「グルテンフリー食品」の中にはグルテン代替品としてコーンスターチや片栗粉を使った 食品があります。 コーンスターチや片栗粉は食後血糖値を激しく上下させるため、インスリンを分泌させる 膵臓に負担がかかりますし、激しい空腹感に襲われるため避けるようにしましょう。 同様に糖分の多い食品、ジャガイモなどのイモ類、ショ糖やコーンシロップを含む甘い調味料、 サラダ油やベニバナ油などの多価不飽和脂肪酸を含む食品も体を酸化させるのでNGです。 グルテンフリーのまとめ 世界的に活躍するスポーツ選手や海外セレブが注目し始めて すっかり認知された「グルテンフリー」。 要は小麦を抜いた食生活を送るだけなので簡単に始めることができます。 しかし基本を知っていないと意味がないので注意してくださいね^^.

次の

グルテンフリーとは?小麦が危険な理由と私が体験して感じた効果を公開

グルテン フリー と は 何

そもそもグルテンって? 近年「グルテンフリーだから体にいい」といった話をよく見聞きしますが、そもそもグルテンって何のことかご存知ですか? 何となくグルテンフリーをチェックしているだけという場合、パスタを食べなければいいらしいとか、お菓子を食べなければいいらしいなどと不正確な知識をお持ちの方も少なくありません。 グルテンとは主に小麦粉に含まれる成分で、たんぱく質の1種です。 パンを作ったり、パスタやうどんをこねたりする際に欠かせない、粘りやモチモチ具合、コシなどの元になります。 小麦粉にも種類があって、日本産の小麦粉はグルテン含有量が少なく、パンを作るには適さないなどと言われることもありました。 また、近年ブームの米粉はグルテンを含まないため、本来ならパンやケーキ、うどんを作るのは難しいのですが、いろいろな工夫で作れるようになってきました。 低糖質ダイエットとは異なる グルテンフリーの食生活や食品は、低糖質ダイエットと混同されがちです。 なぜなら、パスタやパンがいけないと考えるので、糖質を摂るのがNGと思われてしまうためです。 もっとも、グルテンはたんぱく質ですから、糖質を制限するものではありません。 グルテンフリー重視の食生活を送る方は、小麦粉を使ったパンの代わりに米粉のパンや大豆粉を使ったパンケーキなどを食べ、糖質を排除するわけではないのです。 一方、低糖質ダイエットでは糖質が太る原因と考えるので、たんぱく質重視で肉や魚、卵をたっぷり食べ、ご飯も食べないのが基本です。 この点を混同しないようにしましょう。 グルテンフリーが注目されている理由 では、グルテンフリーが近年注目されているのは、なぜなのでしょうか。 これは、長生きしたければパンは食べてはいけないといったアメリカの研究者などの発言が日本で紹介され、グルテンがいけないらしいと広まったものです。 彼らの研究によれば、グルテンには腸の機能を妨げる働きがあり、消化と吸収の作業が妨げられると言うのです。 それによって栄養不足が起こり、カロリーは摂取しているつもりなのに免疫力の低下や消化不良による下痢や便秘が起こりやすくなると提唱します。 消化吸収という作業はとても大切であり、きちんと栄養が入らないと体のあらゆる部分に影響が出てくるので注意したいところです。 知らないと危険なグルテンフリーのデメリットって? もっとも、グルテンフリーの概念が生まれたアメリカでは、あまり徹底すると体に悪いという学者も登場してきました。 グルテンを排除するためにパンやパスタなどの穀物を摂らなくなり、肉食をする人が増えることで、かえって心筋梗塞や脳卒中になる人が増えるというデメリットを挙げて異議を唱えたのです。 元々グルテンフリーとはセリアック病(遺伝性の自己免疫疾患)を発症している方やアレルギーを持っている方が実践するものでした。 病気やアレルギーとなれば、当然グルテンを摂取すれば症状が悪化するわけですからグルテンを摂らない食生活を送ることになります。 しかし、健康な人が過度なグルテンフリーを実践してしまうと必然的に全粒穀物を取る量が減るため、必要な栄養素(主に食物繊維)が足りなくなる可能性があります。 それによって心臓や血管の病気になるリスクが高まるというから驚きです。 健康に良い、ダイエットに効果的というイメージだけでグルテンフリーを実践することは少々危険です。 何事もバランスが大切ですから、デメリットも良く把握した上で食生活に取り入れることをおすすめします。 日本の食生活で実践しやすいスタイル 日本の場合はパンやパスタ、うどんといった穀類だけでなく、そもそもお米を中心にした食文化があります。 お米にはグルテンが含まれていないので、お米を中心に糖質も摂り、バランスのいい食生活を送れば健康的なグルテンフリー生活が送れます。 主食はお米、パンを食べたくなったら米粉パン、フライが食べたくなったらパン粉ではなく、米粉をまぶして揚げる、ケーキが食べたいときは米粉ケーキと代替品が豊富な恵まれた環境で、グルテンフリーメニューを提供するレストランやスイーツショップも増えてきました。 そのためか、アメリカのグルテンフリー主義者も和食を食べようと言っているほどです。 日本食ならうどん以外の定食や蕎麦、パスタやパンが食べたい気分のときには米粉パスタや米粉パン、米粉パンケーキのお店で気軽にランチを楽しみましょう。

次の