ドコモ 5g エリア拡大。 ドコモが5G提供エリアの最新版を公開、地方でも複数の地域で5Gが利用可能に

ドコモ5Gをさっそく使ってわかった5Gの現実とこれから:山根博士のスマホよもやま話

ドコモ 5g エリア拡大

『5Gの進化を交通手段で例えると、クルマでの移動が飛行機になったようなもの。 より速く、より多くの荷物を最短距離で運べるようになったのです。 』 引用: 車と飛行機で考えると、格段に速く、大容量の情報が届けられるようになることが分かるでしょう。 多くのデータを一瞬で送受信できるようになったことで、スポーツ観戦や音楽ライブの映像配信などを今までにない情報量の多さ、臨場感で楽しめるでしょう。 その結果、遠く離れた場所でも多くの情報をリアルタイムで届けられるので、事故に直結する自動運転や遠隔での医療行為なども現実的なものになります。 空調管理や、お風呂の準備、カーテンの開閉などをネットワークでつなぎ、さらに快適な生活を実現できます。 5Gサービスを使うには5G対応スマホが必要 画像引用: 5G回線を利用するためには、接続される端末自身に5Gの機能が搭載されている必要があります。 現在ドコモから発売・発表されている5G対応機種は以下のようになっています。 因みに、大手キャリアであるauでは7機種、ソフトバンクでは4機種が発表されています。 iPhoneは最新のiPhone 11シリーズを含め、すべての機種が5G未対応となっています。 5Gエリアは順次拡大予定 5Gのサービスはまだ始まったばかりで、使用できるエリアや場所はごく一部に限られています。 このエリアは順次拡大予定で、2021年の3月頃にはより実用的になっていく予定です。 【ドコモ5G拡大予定】 対応時期(予定) 対応エリア 2020年3月末 全国150か所 2020年6月末 全都道府県に導入 2021年3月末 全政令指定都市に導入 2021年3月末 500都市以上に導入 現状は、特定の施設とその周辺がスポット的に5G対応エリアとして展開されています。 詳しくは以下のリンクから確認可能です。 ドコモ公式サイト: 「5Gギガホ」と「5Gギガライト」の違い ・毎月の通信可能データ量 ・月額基本料金 ・速度制限時の通信速度 これらについて、ここからで詳しく解説していきます。 月間100GBまで定額で使える「5Gギガホ」 5Gプランのうち、 「5Gギガホ」プランは 大容量通信が可能です。 【5Gギガホ基本情報】 利用可能データ量 100GB 基本月額料金 7,650円 割引適用後月額料金 4,480円 契約期間 なし 毎月の利用可能なデータ量が100GBと大容量であることが最大の特徴です。 使い切ること自体がなかなか難しいほどのデータ量のため、テザリングで複数端末を利用する、動画サービスやデータ通信量の多く消費するサービスをよく利用する人は、こちらのプランがおすすめです。 今なら「データ量無制限キャンペーン」で使い放題! 画像引用: 現在ドコモでは、 5Gギガホの利用可能データ量を無制限にするキャンペーンを行っています。 キャンペーンの対象は5Gギガホを契約したユーザー全員です。 このキャンペーンの終了タイミングは未定となっており、いつまで継続されるかは定かではありませんが、しばらくの間は 通信制限の心配なく使えます。 キャンペーン適用で5Gギガホが最安4,480円に! 5Gギガホの基本月額料金は7,650円ですが、各種割引を活用すると 最安4,480円で利用できます。 【適用可能な割引】 割引名 割引額 5Gギガホ割 1,000円 dカードお支払割 170円 みんなドコモ割 最大1,000円 ドコモ光セット割 1,000円 もっとも適用のハードルが高いのが、自宅に固定光回線を引くドコモ光セット割ですが、それがなくても5,480円で利用できます。 上限を超えても最大3Mbpsの通信速度 現在はデータ量無制限キャンペーンがあるため速度制限になることはありませんが、キャンペーンが終了後、月100GBの通信上限を超えてしまっても5Gギガホのプランであれば心配ありません。 5Gギガホであれば通信制限後でも最大3Mbpsの速度で利用できます。 3Mbpsもあれば、YouTubeの動画再生(標準画質)やネットサーフィンもストレスなく利用できます。 4段階制プラン「5Gギガライト」 毎月のデータ使用量にあわせて料金が4段階で変化していくのが「5Gギガライト」です。 【5Gギガライト基本情報】 利用可能通信データ量 最大7GB 基本月額料金 〜7GB 6,150円 〜5GB 5,150円 〜3GB 4,150円 〜1GB 3,150円 割引適用後月額料金 〜7GB 3,980円 〜5GB 2,980円 〜3GB 2,480円 〜1GB 1,980円 契約期間 なし データの使用量が1、3、5GBを超えるごとに月額料金が変化していき、最大7GBが上限となるプランです。 これまでの「ギガライト」プランと5G回線を使えること以外ほとんど変わりません。 ネットサーフィンやメール利用が中心の方や、他にネット環境(光回線、モバイルWiFiルーターなど)を持っている人、5Gスマホを使ってみたい人におすすめです。 月7GB以上使うと128kbps速度制限にかかる 毎月の利用可能データ量以外に速度制限後の通信速度にも、5Gギガホと5Gギガライトには大きな違いがあります。 5Gギガホでは3Mbpsと普段使いに支障がない程度の数値でしたが、5Gギガライトでは 制限後の速度は128kbpsと著しく遅い速度になります。 128kbpsという速度は、動画の再生はもとより画像の多いサイトを開くにも遅延を感じるほどでしょう。 そのため、月7GBの通信をするかしないかが、5Gギガライトを選ぶかどうかの基準になります。 【注意点あり】キャンペーン適用で最安1,980円に! 5Gギガライトは、各キャンペーンの適用で最安1,980円まで基本料金を抑えられます。 【適用可能な割引】 割引名 割引額 dカードお支払割 170円 みんなドコモ割 最大1,000円 ドコモ光セット割 1,000円 これらの条件をクリアすると、最安値の1,980円で利用することができます。 ドコモ5Gの通話料金・SMS利用料金 画像引用: 5Gギガホ・5Gギガライトの通話・SMSの料金は共通のものになっており、通話プランも共通です。 【基本通話・SMS料金】 通話料 30秒あたり20円(家族間通話無料) SMS送信料 国内宛て 1通3円~ 海外宛て 1通50円 SMS受信料 無料 通話は音声オプションを追加することによって、 かけ放題や無料通話を追加できます。 【音声オプション】 オプション 月額料金 通話料 かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料 5分通話無料オプション 700円 国内通話最初の5分間無料以降30秒あたり20円 ギガホなら「ギガホ音声割」で毎月700円割引! 5Gギガホ加入者対象のキャンペーンに 「ギガホ音声割」があります。 かけ放題オプションまたは5分通話無料オプションに加入している場合、 最大12ヶ月間700円割引されます。 つまり5分通話無料オプションの場合では、1年間無料でオプションを利用できます。 5Gギガホ割 ・月額料金が 6ヶ月間1,000円割引 その他キャンペーン その他として紹介するものは5Gプラン特有のものではなく、4Gプランでも5Gプランでも使えるキャンペーンです。 キャンペーン 割引金額・内容 適用条件 みんなドコモ割 最大1,000円(永年) 同一家族グループ内に複数回線の契約がある時に適用。 回線数で割引金額が変化。 dカードお支払割 170円(永年) 月額料金の支払いをdカードまたはdカードGOLDで設定する。 はじめてスマホ割 1,000円(最大12ヶ月) フィーチャーフォン(ガラケー)からスマホへの機種変更・乗り換えが対象。 ずっとドコモ特典 3,000pt付与(年1回) ドコモ回線の継続年数や年間dポイント獲得数によって取得ポイントが変化。 ドコモ光セット割 最大1,000円(永年) 自宅に光回線「ドコモ光」を導入。 ドコモユーザーはdカードGOLDの利用がおすすめ! ドコモユーザーは月々の支払いをdカードGOLDにすることでさまざまなメリットが受けられます。 ドコモの5Gについてよくある疑問 ドコモの5Gについてよくある疑問 ここでは5Gプランに関してのよくある質問とその回答を紹介します。 2年縛りはある? 5Gギガホ・5Gギガライトには 契約期間の縛りはなく、解約金はかかりません。 ただし、契約期間が満了していないプランからの5Gプランへ変更する時には、 前のプランの契約期間が満了するまでその解約金の支払い義務が残ります。 契約しているプランにもよりますが、前のプランの契約期間がすぎてから手続きをする方が負担が少なく移行ができます。 今すぐに5Gプランに移行すべき? 対応機種が少なく、提供エリアもかなり限定的であるため 今すぐに移行する必要はありません。 ただし、5G回線はメリットも大きいため、普及が進んだ段階での移行は検討したほうが良いでしょう。 また、現在の4G回線もこれまでの3G回線と同様に、数年後規模が縮小・廃止される可能性があり得ます。 今のところは4Gのサービスも継続されるため今後の展開を注視する必要があります。 テザリングはできる? スマホを無線の親機にする テザリングは5Gプランで利用可能です。 5Gギガホであると現在はデータ通信量が無制限で使えるため大きなメリットがあります。 5Gギガライトであると7GBの通信量を超過しやすくなるため、常用は控えたほうが良いでしょう。 5Gがあれば光回線はいらない? ネットの利用がスマホやPCに限定されるのであれば、5Gギガホだけで十分なケースが考えられますが、 自宅のネット利用端末が多い場合などは光回線を用意した方が、利便性が高いこともあります。 例えば、5Gギガホ以外のプランを一緒に契約している家族がいる場合は、光回線は引いてその他の契約のプランを下げた方が、トータルの月額料金は抑えられる、デザリングで都度他の端末を繋げる必要がないので便利かと思います。 また、ドコモでスマホを持つのであれば、光回線はドコモ光がおすすめです。 特に複数回線契約している、家族みんなでドコモを契約している場合は、光回線の月額料金より割引が大きくなる可能性が高く、メリットも大きいです。 5Gプランへの変更はオンラインショップがおすすめ! 画像引用: 「5Gギガホ」「5Gギガライト」へのプラン変更・端末購入はオンラインショップからの手続きがおすすめです。 オンラインショップからの購入であれば 手数料もかからず、頭金も不要で移行できます。 1.ドコモオンラインショップにログイン dアカウントのID・パスワードでログインします。 2.端末を選ぶ 希望の5G端末を選択し、購入手続きに進みます。 3.申し込み情報の入力・プラン変更手続き 端末の受け取り方法(自宅配送・ショップ受取)や配送先住所、支払い方法などを入力します。 5Gプランへの変更もこのステップでおこないます。 4.端末の到着 申し込み完了から最短2日程度で端末が到着します。 まとめ ドコモでは2020年3月25日から新たに5G回線のサービスが開始されました。 5Gでは今までの4Gよりも高速かつ安定性の高い通信が可能となり、ライブ映像やスポーツ観戦などの新たなコンテンツにも活用が期待されています。 ドコモから提供される5Gのプランは「5Gギガホ」と「5Gギガライト」の2種類で概要は以下のとおりです。 【5Gプラン概要】 ギガホ ギガライト 利用可能データ量 100GB 7GB 基本月額料金 7,650円 〜7GB 6,150円 〜5GB 5,150円 〜3GB 4,150円 〜1GB 3,150円 割引適用後月額料金 4,480円 〜7GB 3,980円 〜5GB 2,980円 〜3GB 2,480円 〜1GB 1,980円 契約期間 なし 5Gギガホプランは現在、 通信データ量の上限が無制限で使えるキャンペーンを行なっており、通信量を気にせず利用できます。 無制限キャンペーンが終了し、通信制限になったとしても制限後の速度が最大3Mbpsであるため、速度制限にかかったとしても動作がもたつくことはほとんどなさそうです。 5Gギガライトは料金の安さが魅力で、 最安1,980円で利用することができます。 毎月のデータ通信量が7GB以下の方で5Gサービスを利用したい方は、ギガライトを選択しましょう。 ただし、5Gプランの契約には5G対応端末が必須で、提供エリアは都心部の一部のみでの利用が可能という現状です。 契約については今後の展開を注視しながら検討しましょう。 ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。 家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか? いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「 相談ができないから」という理由です。 スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、 LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。 下のボタンかQR コードから「 LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談 料金は無料。 サービスの流れ.

次の

【ドコモ・au・ソフトバンク】5G対応スマホのおすすめはどれ? 価格・特徴・スペックを比較

ドコモ 5g エリア拡大

『5Gの進化を交通手段で例えると、クルマでの移動が飛行機になったようなもの。 より速く、より多くの荷物を最短距離で運べるようになったのです。 』 引用: 車と飛行機で考えると、格段に速く、大容量の情報が届けられるようになることが分かるでしょう。 多くのデータを一瞬で送受信できるようになったことで、スポーツ観戦や音楽ライブの映像配信などを今までにない情報量の多さ、臨場感で楽しめるでしょう。 その結果、遠く離れた場所でも多くの情報をリアルタイムで届けられるので、事故に直結する自動運転や遠隔での医療行為なども現実的なものになります。 空調管理や、お風呂の準備、カーテンの開閉などをネットワークでつなぎ、さらに快適な生活を実現できます。 5Gサービスを使うには5G対応スマホが必要 画像引用: 5G回線を利用するためには、接続される端末自身に5Gの機能が搭載されている必要があります。 現在ドコモから発売・発表されている5G対応機種は以下のようになっています。 因みに、大手キャリアであるauでは7機種、ソフトバンクでは4機種が発表されています。 iPhoneは最新のiPhone 11シリーズを含め、すべての機種が5G未対応となっています。 5Gエリアは順次拡大予定 5Gのサービスはまだ始まったばかりで、使用できるエリアや場所はごく一部に限られています。 このエリアは順次拡大予定で、2021年の3月頃にはより実用的になっていく予定です。 【ドコモ5G拡大予定】 対応時期(予定) 対応エリア 2020年3月末 全国150か所 2020年6月末 全都道府県に導入 2021年3月末 全政令指定都市に導入 2021年3月末 500都市以上に導入 現状は、特定の施設とその周辺がスポット的に5G対応エリアとして展開されています。 詳しくは以下のリンクから確認可能です。 ドコモ公式サイト: 「5Gギガホ」と「5Gギガライト」の違い ・毎月の通信可能データ量 ・月額基本料金 ・速度制限時の通信速度 これらについて、ここからで詳しく解説していきます。 月間100GBまで定額で使える「5Gギガホ」 5Gプランのうち、 「5Gギガホ」プランは 大容量通信が可能です。 【5Gギガホ基本情報】 利用可能データ量 100GB 基本月額料金 7,650円 割引適用後月額料金 4,480円 契約期間 なし 毎月の利用可能なデータ量が100GBと大容量であることが最大の特徴です。 使い切ること自体がなかなか難しいほどのデータ量のため、テザリングで複数端末を利用する、動画サービスやデータ通信量の多く消費するサービスをよく利用する人は、こちらのプランがおすすめです。 今なら「データ量無制限キャンペーン」で使い放題! 画像引用: 現在ドコモでは、 5Gギガホの利用可能データ量を無制限にするキャンペーンを行っています。 キャンペーンの対象は5Gギガホを契約したユーザー全員です。 このキャンペーンの終了タイミングは未定となっており、いつまで継続されるかは定かではありませんが、しばらくの間は 通信制限の心配なく使えます。 キャンペーン適用で5Gギガホが最安4,480円に! 5Gギガホの基本月額料金は7,650円ですが、各種割引を活用すると 最安4,480円で利用できます。 【適用可能な割引】 割引名 割引額 5Gギガホ割 1,000円 dカードお支払割 170円 みんなドコモ割 最大1,000円 ドコモ光セット割 1,000円 もっとも適用のハードルが高いのが、自宅に固定光回線を引くドコモ光セット割ですが、それがなくても5,480円で利用できます。 上限を超えても最大3Mbpsの通信速度 現在はデータ量無制限キャンペーンがあるため速度制限になることはありませんが、キャンペーンが終了後、月100GBの通信上限を超えてしまっても5Gギガホのプランであれば心配ありません。 5Gギガホであれば通信制限後でも最大3Mbpsの速度で利用できます。 3Mbpsもあれば、YouTubeの動画再生(標準画質)やネットサーフィンもストレスなく利用できます。 4段階制プラン「5Gギガライト」 毎月のデータ使用量にあわせて料金が4段階で変化していくのが「5Gギガライト」です。 【5Gギガライト基本情報】 利用可能通信データ量 最大7GB 基本月額料金 〜7GB 6,150円 〜5GB 5,150円 〜3GB 4,150円 〜1GB 3,150円 割引適用後月額料金 〜7GB 3,980円 〜5GB 2,980円 〜3GB 2,480円 〜1GB 1,980円 契約期間 なし データの使用量が1、3、5GBを超えるごとに月額料金が変化していき、最大7GBが上限となるプランです。 これまでの「ギガライト」プランと5G回線を使えること以外ほとんど変わりません。 ネットサーフィンやメール利用が中心の方や、他にネット環境(光回線、モバイルWiFiルーターなど)を持っている人、5Gスマホを使ってみたい人におすすめです。 月7GB以上使うと128kbps速度制限にかかる 毎月の利用可能データ量以外に速度制限後の通信速度にも、5Gギガホと5Gギガライトには大きな違いがあります。 5Gギガホでは3Mbpsと普段使いに支障がない程度の数値でしたが、5Gギガライトでは 制限後の速度は128kbpsと著しく遅い速度になります。 128kbpsという速度は、動画の再生はもとより画像の多いサイトを開くにも遅延を感じるほどでしょう。 そのため、月7GBの通信をするかしないかが、5Gギガライトを選ぶかどうかの基準になります。 【注意点あり】キャンペーン適用で最安1,980円に! 5Gギガライトは、各キャンペーンの適用で最安1,980円まで基本料金を抑えられます。 【適用可能な割引】 割引名 割引額 dカードお支払割 170円 みんなドコモ割 最大1,000円 ドコモ光セット割 1,000円 これらの条件をクリアすると、最安値の1,980円で利用することができます。 ドコモ5Gの通話料金・SMS利用料金 画像引用: 5Gギガホ・5Gギガライトの通話・SMSの料金は共通のものになっており、通話プランも共通です。 【基本通話・SMS料金】 通話料 30秒あたり20円(家族間通話無料) SMS送信料 国内宛て 1通3円~ 海外宛て 1通50円 SMS受信料 無料 通話は音声オプションを追加することによって、 かけ放題や無料通話を追加できます。 【音声オプション】 オプション 月額料金 通話料 かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料 5分通話無料オプション 700円 国内通話最初の5分間無料以降30秒あたり20円 ギガホなら「ギガホ音声割」で毎月700円割引! 5Gギガホ加入者対象のキャンペーンに 「ギガホ音声割」があります。 かけ放題オプションまたは5分通話無料オプションに加入している場合、 最大12ヶ月間700円割引されます。 つまり5分通話無料オプションの場合では、1年間無料でオプションを利用できます。 5Gギガホ割 ・月額料金が 6ヶ月間1,000円割引 その他キャンペーン その他として紹介するものは5Gプラン特有のものではなく、4Gプランでも5Gプランでも使えるキャンペーンです。 キャンペーン 割引金額・内容 適用条件 みんなドコモ割 最大1,000円(永年) 同一家族グループ内に複数回線の契約がある時に適用。 回線数で割引金額が変化。 dカードお支払割 170円(永年) 月額料金の支払いをdカードまたはdカードGOLDで設定する。 はじめてスマホ割 1,000円(最大12ヶ月) フィーチャーフォン(ガラケー)からスマホへの機種変更・乗り換えが対象。 ずっとドコモ特典 3,000pt付与(年1回) ドコモ回線の継続年数や年間dポイント獲得数によって取得ポイントが変化。 ドコモ光セット割 最大1,000円(永年) 自宅に光回線「ドコモ光」を導入。 ドコモユーザーはdカードGOLDの利用がおすすめ! ドコモユーザーは月々の支払いをdカードGOLDにすることでさまざまなメリットが受けられます。 ドコモの5Gについてよくある疑問 ドコモの5Gについてよくある疑問 ここでは5Gプランに関してのよくある質問とその回答を紹介します。 2年縛りはある? 5Gギガホ・5Gギガライトには 契約期間の縛りはなく、解約金はかかりません。 ただし、契約期間が満了していないプランからの5Gプランへ変更する時には、 前のプランの契約期間が満了するまでその解約金の支払い義務が残ります。 契約しているプランにもよりますが、前のプランの契約期間がすぎてから手続きをする方が負担が少なく移行ができます。 今すぐに5Gプランに移行すべき? 対応機種が少なく、提供エリアもかなり限定的であるため 今すぐに移行する必要はありません。 ただし、5G回線はメリットも大きいため、普及が進んだ段階での移行は検討したほうが良いでしょう。 また、現在の4G回線もこれまでの3G回線と同様に、数年後規模が縮小・廃止される可能性があり得ます。 今のところは4Gのサービスも継続されるため今後の展開を注視する必要があります。 テザリングはできる? スマホを無線の親機にする テザリングは5Gプランで利用可能です。 5Gギガホであると現在はデータ通信量が無制限で使えるため大きなメリットがあります。 5Gギガライトであると7GBの通信量を超過しやすくなるため、常用は控えたほうが良いでしょう。 5Gがあれば光回線はいらない? ネットの利用がスマホやPCに限定されるのであれば、5Gギガホだけで十分なケースが考えられますが、 自宅のネット利用端末が多い場合などは光回線を用意した方が、利便性が高いこともあります。 例えば、5Gギガホ以外のプランを一緒に契約している家族がいる場合は、光回線は引いてその他の契約のプランを下げた方が、トータルの月額料金は抑えられる、デザリングで都度他の端末を繋げる必要がないので便利かと思います。 また、ドコモでスマホを持つのであれば、光回線はドコモ光がおすすめです。 特に複数回線契約している、家族みんなでドコモを契約している場合は、光回線の月額料金より割引が大きくなる可能性が高く、メリットも大きいです。 5Gプランへの変更はオンラインショップがおすすめ! 画像引用: 「5Gギガホ」「5Gギガライト」へのプラン変更・端末購入はオンラインショップからの手続きがおすすめです。 オンラインショップからの購入であれば 手数料もかからず、頭金も不要で移行できます。 1.ドコモオンラインショップにログイン dアカウントのID・パスワードでログインします。 2.端末を選ぶ 希望の5G端末を選択し、購入手続きに進みます。 3.申し込み情報の入力・プラン変更手続き 端末の受け取り方法(自宅配送・ショップ受取)や配送先住所、支払い方法などを入力します。 5Gプランへの変更もこのステップでおこないます。 4.端末の到着 申し込み完了から最短2日程度で端末が到着します。 まとめ ドコモでは2020年3月25日から新たに5G回線のサービスが開始されました。 5Gでは今までの4Gよりも高速かつ安定性の高い通信が可能となり、ライブ映像やスポーツ観戦などの新たなコンテンツにも活用が期待されています。 ドコモから提供される5Gのプランは「5Gギガホ」と「5Gギガライト」の2種類で概要は以下のとおりです。 【5Gプラン概要】 ギガホ ギガライト 利用可能データ量 100GB 7GB 基本月額料金 7,650円 〜7GB 6,150円 〜5GB 5,150円 〜3GB 4,150円 〜1GB 3,150円 割引適用後月額料金 4,480円 〜7GB 3,980円 〜5GB 2,980円 〜3GB 2,480円 〜1GB 1,980円 契約期間 なし 5Gギガホプランは現在、 通信データ量の上限が無制限で使えるキャンペーンを行なっており、通信量を気にせず利用できます。 無制限キャンペーンが終了し、通信制限になったとしても制限後の速度が最大3Mbpsであるため、速度制限にかかったとしても動作がもたつくことはほとんどなさそうです。 5Gギガライトは料金の安さが魅力で、 最安1,980円で利用することができます。 毎月のデータ通信量が7GB以下の方で5Gサービスを利用したい方は、ギガライトを選択しましょう。 ただし、5Gプランの契約には5G対応端末が必須で、提供エリアは都心部の一部のみでの利用が可能という現状です。 契約については今後の展開を注視しながら検討しましょう。 ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。 家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか? いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「 相談ができないから」という理由です。 スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、 LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。 下のボタンかQR コードから「 LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談 料金は無料。 サービスの流れ.

次の

ドコモ、5Gで世界初の実験~電波を「メタマテリアル」で拡大

ドコモ 5g エリア拡大

『5Gの進化を交通手段で例えると、クルマでの移動が飛行機になったようなもの。 より速く、より多くの荷物を最短距離で運べるようになったのです。 』 引用: 車と飛行機で考えると、格段に速く、大容量の情報が届けられるようになることが分かるでしょう。 多くのデータを一瞬で送受信できるようになったことで、スポーツ観戦や音楽ライブの映像配信などを今までにない情報量の多さ、臨場感で楽しめるでしょう。 その結果、遠く離れた場所でも多くの情報をリアルタイムで届けられるので、事故に直結する自動運転や遠隔での医療行為なども現実的なものになります。 空調管理や、お風呂の準備、カーテンの開閉などをネットワークでつなぎ、さらに快適な生活を実現できます。 5Gサービスを使うには5G対応スマホが必要 画像引用: 5G回線を利用するためには、接続される端末自身に5Gの機能が搭載されている必要があります。 現在ドコモから発売・発表されている5G対応機種は以下のようになっています。 因みに、大手キャリアであるauでは7機種、ソフトバンクでは4機種が発表されています。 iPhoneは最新のiPhone 11シリーズを含め、すべての機種が5G未対応となっています。 5Gエリアは順次拡大予定 5Gのサービスはまだ始まったばかりで、使用できるエリアや場所はごく一部に限られています。 このエリアは順次拡大予定で、2021年の3月頃にはより実用的になっていく予定です。 【ドコモ5G拡大予定】 対応時期(予定) 対応エリア 2020年3月末 全国150か所 2020年6月末 全都道府県に導入 2021年3月末 全政令指定都市に導入 2021年3月末 500都市以上に導入 現状は、特定の施設とその周辺がスポット的に5G対応エリアとして展開されています。 詳しくは以下のリンクから確認可能です。 ドコモ公式サイト: 「5Gギガホ」と「5Gギガライト」の違い ・毎月の通信可能データ量 ・月額基本料金 ・速度制限時の通信速度 これらについて、ここからで詳しく解説していきます。 月間100GBまで定額で使える「5Gギガホ」 5Gプランのうち、 「5Gギガホ」プランは 大容量通信が可能です。 【5Gギガホ基本情報】 利用可能データ量 100GB 基本月額料金 7,650円 割引適用後月額料金 4,480円 契約期間 なし 毎月の利用可能なデータ量が100GBと大容量であることが最大の特徴です。 使い切ること自体がなかなか難しいほどのデータ量のため、テザリングで複数端末を利用する、動画サービスやデータ通信量の多く消費するサービスをよく利用する人は、こちらのプランがおすすめです。 今なら「データ量無制限キャンペーン」で使い放題! 画像引用: 現在ドコモでは、 5Gギガホの利用可能データ量を無制限にするキャンペーンを行っています。 キャンペーンの対象は5Gギガホを契約したユーザー全員です。 このキャンペーンの終了タイミングは未定となっており、いつまで継続されるかは定かではありませんが、しばらくの間は 通信制限の心配なく使えます。 キャンペーン適用で5Gギガホが最安4,480円に! 5Gギガホの基本月額料金は7,650円ですが、各種割引を活用すると 最安4,480円で利用できます。 【適用可能な割引】 割引名 割引額 5Gギガホ割 1,000円 dカードお支払割 170円 みんなドコモ割 最大1,000円 ドコモ光セット割 1,000円 もっとも適用のハードルが高いのが、自宅に固定光回線を引くドコモ光セット割ですが、それがなくても5,480円で利用できます。 上限を超えても最大3Mbpsの通信速度 現在はデータ量無制限キャンペーンがあるため速度制限になることはありませんが、キャンペーンが終了後、月100GBの通信上限を超えてしまっても5Gギガホのプランであれば心配ありません。 5Gギガホであれば通信制限後でも最大3Mbpsの速度で利用できます。 3Mbpsもあれば、YouTubeの動画再生(標準画質)やネットサーフィンもストレスなく利用できます。 4段階制プラン「5Gギガライト」 毎月のデータ使用量にあわせて料金が4段階で変化していくのが「5Gギガライト」です。 【5Gギガライト基本情報】 利用可能通信データ量 最大7GB 基本月額料金 〜7GB 6,150円 〜5GB 5,150円 〜3GB 4,150円 〜1GB 3,150円 割引適用後月額料金 〜7GB 3,980円 〜5GB 2,980円 〜3GB 2,480円 〜1GB 1,980円 契約期間 なし データの使用量が1、3、5GBを超えるごとに月額料金が変化していき、最大7GBが上限となるプランです。 これまでの「ギガライト」プランと5G回線を使えること以外ほとんど変わりません。 ネットサーフィンやメール利用が中心の方や、他にネット環境(光回線、モバイルWiFiルーターなど)を持っている人、5Gスマホを使ってみたい人におすすめです。 月7GB以上使うと128kbps速度制限にかかる 毎月の利用可能データ量以外に速度制限後の通信速度にも、5Gギガホと5Gギガライトには大きな違いがあります。 5Gギガホでは3Mbpsと普段使いに支障がない程度の数値でしたが、5Gギガライトでは 制限後の速度は128kbpsと著しく遅い速度になります。 128kbpsという速度は、動画の再生はもとより画像の多いサイトを開くにも遅延を感じるほどでしょう。 そのため、月7GBの通信をするかしないかが、5Gギガライトを選ぶかどうかの基準になります。 【注意点あり】キャンペーン適用で最安1,980円に! 5Gギガライトは、各キャンペーンの適用で最安1,980円まで基本料金を抑えられます。 【適用可能な割引】 割引名 割引額 dカードお支払割 170円 みんなドコモ割 最大1,000円 ドコモ光セット割 1,000円 これらの条件をクリアすると、最安値の1,980円で利用することができます。 ドコモ5Gの通話料金・SMS利用料金 画像引用: 5Gギガホ・5Gギガライトの通話・SMSの料金は共通のものになっており、通話プランも共通です。 【基本通話・SMS料金】 通話料 30秒あたり20円(家族間通話無料) SMS送信料 国内宛て 1通3円~ 海外宛て 1通50円 SMS受信料 無料 通話は音声オプションを追加することによって、 かけ放題や無料通話を追加できます。 【音声オプション】 オプション 月額料金 通話料 かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料 5分通話無料オプション 700円 国内通話最初の5分間無料以降30秒あたり20円 ギガホなら「ギガホ音声割」で毎月700円割引! 5Gギガホ加入者対象のキャンペーンに 「ギガホ音声割」があります。 かけ放題オプションまたは5分通話無料オプションに加入している場合、 最大12ヶ月間700円割引されます。 つまり5分通話無料オプションの場合では、1年間無料でオプションを利用できます。 5Gギガホ割 ・月額料金が 6ヶ月間1,000円割引 その他キャンペーン その他として紹介するものは5Gプラン特有のものではなく、4Gプランでも5Gプランでも使えるキャンペーンです。 キャンペーン 割引金額・内容 適用条件 みんなドコモ割 最大1,000円(永年) 同一家族グループ内に複数回線の契約がある時に適用。 回線数で割引金額が変化。 dカードお支払割 170円(永年) 月額料金の支払いをdカードまたはdカードGOLDで設定する。 はじめてスマホ割 1,000円(最大12ヶ月) フィーチャーフォン(ガラケー)からスマホへの機種変更・乗り換えが対象。 ずっとドコモ特典 3,000pt付与(年1回) ドコモ回線の継続年数や年間dポイント獲得数によって取得ポイントが変化。 ドコモ光セット割 最大1,000円(永年) 自宅に光回線「ドコモ光」を導入。 ドコモユーザーはdカードGOLDの利用がおすすめ! ドコモユーザーは月々の支払いをdカードGOLDにすることでさまざまなメリットが受けられます。 ドコモの5Gについてよくある疑問 ドコモの5Gについてよくある疑問 ここでは5Gプランに関してのよくある質問とその回答を紹介します。 2年縛りはある? 5Gギガホ・5Gギガライトには 契約期間の縛りはなく、解約金はかかりません。 ただし、契約期間が満了していないプランからの5Gプランへ変更する時には、 前のプランの契約期間が満了するまでその解約金の支払い義務が残ります。 契約しているプランにもよりますが、前のプランの契約期間がすぎてから手続きをする方が負担が少なく移行ができます。 今すぐに5Gプランに移行すべき? 対応機種が少なく、提供エリアもかなり限定的であるため 今すぐに移行する必要はありません。 ただし、5G回線はメリットも大きいため、普及が進んだ段階での移行は検討したほうが良いでしょう。 また、現在の4G回線もこれまでの3G回線と同様に、数年後規模が縮小・廃止される可能性があり得ます。 今のところは4Gのサービスも継続されるため今後の展開を注視する必要があります。 テザリングはできる? スマホを無線の親機にする テザリングは5Gプランで利用可能です。 5Gギガホであると現在はデータ通信量が無制限で使えるため大きなメリットがあります。 5Gギガライトであると7GBの通信量を超過しやすくなるため、常用は控えたほうが良いでしょう。 5Gがあれば光回線はいらない? ネットの利用がスマホやPCに限定されるのであれば、5Gギガホだけで十分なケースが考えられますが、 自宅のネット利用端末が多い場合などは光回線を用意した方が、利便性が高いこともあります。 例えば、5Gギガホ以外のプランを一緒に契約している家族がいる場合は、光回線は引いてその他の契約のプランを下げた方が、トータルの月額料金は抑えられる、デザリングで都度他の端末を繋げる必要がないので便利かと思います。 また、ドコモでスマホを持つのであれば、光回線はドコモ光がおすすめです。 特に複数回線契約している、家族みんなでドコモを契約している場合は、光回線の月額料金より割引が大きくなる可能性が高く、メリットも大きいです。 5Gプランへの変更はオンラインショップがおすすめ! 画像引用: 「5Gギガホ」「5Gギガライト」へのプラン変更・端末購入はオンラインショップからの手続きがおすすめです。 オンラインショップからの購入であれば 手数料もかからず、頭金も不要で移行できます。 1.ドコモオンラインショップにログイン dアカウントのID・パスワードでログインします。 2.端末を選ぶ 希望の5G端末を選択し、購入手続きに進みます。 3.申し込み情報の入力・プラン変更手続き 端末の受け取り方法(自宅配送・ショップ受取)や配送先住所、支払い方法などを入力します。 5Gプランへの変更もこのステップでおこないます。 4.端末の到着 申し込み完了から最短2日程度で端末が到着します。 まとめ ドコモでは2020年3月25日から新たに5G回線のサービスが開始されました。 5Gでは今までの4Gよりも高速かつ安定性の高い通信が可能となり、ライブ映像やスポーツ観戦などの新たなコンテンツにも活用が期待されています。 ドコモから提供される5Gのプランは「5Gギガホ」と「5Gギガライト」の2種類で概要は以下のとおりです。 【5Gプラン概要】 ギガホ ギガライト 利用可能データ量 100GB 7GB 基本月額料金 7,650円 〜7GB 6,150円 〜5GB 5,150円 〜3GB 4,150円 〜1GB 3,150円 割引適用後月額料金 4,480円 〜7GB 3,980円 〜5GB 2,980円 〜3GB 2,480円 〜1GB 1,980円 契約期間 なし 5Gギガホプランは現在、 通信データ量の上限が無制限で使えるキャンペーンを行なっており、通信量を気にせず利用できます。 無制限キャンペーンが終了し、通信制限になったとしても制限後の速度が最大3Mbpsであるため、速度制限にかかったとしても動作がもたつくことはほとんどなさそうです。 5Gギガライトは料金の安さが魅力で、 最安1,980円で利用することができます。 毎月のデータ通信量が7GB以下の方で5Gサービスを利用したい方は、ギガライトを選択しましょう。 ただし、5Gプランの契約には5G対応端末が必須で、提供エリアは都心部の一部のみでの利用が可能という現状です。 契約については今後の展開を注視しながら検討しましょう。 ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。 家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか? いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「 相談ができないから」という理由です。 スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、 LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。 下のボタンかQR コードから「 LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談 料金は無料。 サービスの流れ.

次の