鬼滅の刃 182話 感想。 『鬼滅の刃』 180話 恢復 感想 : 愈史郎と禰豆子,出自にかかわる生と死の謎

最新ネタバレ『鬼滅の刃』182

鬼滅の刃 182話 感想

先祖の記憶を夢に見た炭治郎は、縁壱の話を聞くことに。 鬼狩りになり、無惨と邂逅した縁壱は、その場で型を完成させて無惨をバラバラに切り刻む。 しかし止めを刺す前に逃げられてしまう。 縁壱は無惨の支配から逃れた珠世に協力を頼む。 そして縁壱は無惨を取り逃した責任、珠世を見逃した責任、兄が鬼になった責任で鬼殺隊を追放されてしまう。 自責の念で悩む縁壱を前に、炭治郎は心を痛ませるのだった。 suzuco. 透き通る世界を修得した悲鳴嶼でしたが、無惨の猛攻の前に、透き通る世界に入ることが出来ません。 伊黒も防戦一方で、直に自分も動けなくなることを察し、悲鳴嶼の盾にすらなれないことを悔しがります。 義勇、実弥も何とか攻撃をさばいていきますが、そんな中、 甘露寺が無惨の攻撃をよけきれず、傷を増やしていきます。 (見えない…!私が一番先につぶされる…! 少しも役に立ててない…!) 甘露寺は捨て身で突っ込むことを決意し、無惨の動きをどうしたら止められるか考えます。 しかしふいに、何かに引っ張られるような感覚を覚え… 次の瞬間、無惨の攻撃が、甘露寺の頭部と上半身をわずかに抉っていきます。 伊黒が甘露寺に駆け寄ります。 (甘露寺は攻撃を避けたはず。 今の技はなんだ?) 悲鳴嶼にも無惨の技の正体がわかりませんでした。 無惨は倒れてしまった甘露寺、そして駆け寄る伊黒めがけて止めとばかりに触手を伸ばしますが… 悲鳴嶼、義勇、実弥の三人が触手を切断し、何とか阻止します。 その隙に伊黒が甘露寺を連れて離れ、待機していた鬼殺隊の隊員に甘露寺を任せます。 「 愈史郎というつり目の隊員を探せ!手当を頼む!」 甘露寺はまだ戦う意思を見せますが、伊黒は甘露寺を置いて再び戦場に戻っていきます。 「 伊黒さん嫌!死なないで、もう誰にも死んでほしくない!」 【伊黒の過去】 伊黒は無惨のいる戦場に戻りながら、 (もし鬼なんてものがいなければ…)(もし何気ない日常で君と出会えていたなら…)と想いを馳せます。 しかしすぐ、 (いや、無理だ。 まず一度死んでから、汚い血が流れる肉体ごと取り換えねば、君の側にいることすらできない)と自らの想いを否定します。 伊黒は心の中で甘露寺に語り掛けながら、自分の出自を回想します。 伊黒は元々、人から奪った金で贅沢をする一族の生まれでした。 その家では女ばかりが生まれ、伊黒が男として生まれたのは、三百七十年ぶりのことでした。 しかしなぜか伊黒は生まれてすぐ座敷牢に入れられ、親族たちはなぜか皆、気持ち悪いほど親切に、毎日食べきれないほどの食い物を持ってきたのでした。 座敷牢で眠りについていた伊黒は、夜になると何かがはい回る音、そしてねばりつくような視線をいつも感じていました。 そして12になった時、座敷牢から引きずり出された伊黒は、きらびやかな部屋に通され、そこでご神体のように鎮座していた、 下半身が蛇のような鬼の女の前に連れ出されます。 「まだ小さいね。 もう少し大きくなってからにしようか」 夜に伊黒を見ていたのもこの鬼でした。 伊黒の一族は、この鬼が人を殺し、奪った金品で生計を立てていたのでした。 そしてその代わり、自分たちが産んだ子供を生贄として鬼に差し出していたのです。 伊黒は珍しく生まれた男で、しかも風変わりな目をしていたことを気に入られ、食える量を増やすために生かされていたのでした。 伊黒の口が裂けているのも、この鬼が 「口の形を自分に揃える」と言ったことから切り裂かれたものでした。 座敷牢に戻された伊黒は、逃げることだけを考え、盗んだかんざしで木の牢をこっそり削りつづけました。 迷い込んできた蛇の鏑丸だけが、伊黒が信用できる相手でした。 【生き延びた伊黒】 やがて、伊黒は鬼に食べられる前に、座敷牢から逃げることに成功します。 しかし途中で鬼に追い付かれ、殺されそうになりますが… 寸でのところで、当時の炎柱によって救われ、鬼は倒されます。 しかし、伊黒が逃げたことで、屋敷にいた伊黒の親族は、鬼の女によって50人も殺されていました。 伊黒は炎柱によって、生き残っていた従妹と再開しますが…。 従妹は伊黒を突き飛ばし、 「 生贄のあんたが大人しく食われていればよかったんだ!」と罵詈雑言を浴びせます。 従妹の言葉に正当性は欠片もありませんでしたが、伊黒の心は嫌と言うほど抉られてしまいました。 (自分が逃げれば親族がどうなるか、考えなかったわけじゃない…でも俺は逃げた。 俺もまたくずだ ) 業を背負ってしまった伊黒は、もはや普通の人生を歩めず、鬼殺隊に入り、やり場のない思いを鬼にぶつけるようになりました。 そして誰かのために命をかけることで、少しだけいいものになれた気がするのでした。 それでも、伊黒の心の中では、死んだ50人の腐った手が、いつまでも伊黒の体をつかみ、爪を立てています。 ( 無惨を倒し、死にたい。 それで俺の血が浄化されることを願う。 U-NEXTでは 31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに 600円分のポイントが貰えます。 600円分のポイントを使えば『鬼滅の刃』を今すぐ無料で読むことができるというわけですね。 また、 U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、是非お試しアレ。 解約違約金ありません! 『鬼滅の刃』最新話【188話】の感想・考察 炭治郎の夢の続きが描かれるかと思いきや、再び無惨との戦いに視点が戻りましたね。 甘露寺が戦線離脱してましましたが、考えようによっては 、愈史郎の治療を受けることで復活し、生き延びるフラグが立った、と言えるかもしれません。 逆に、甘露寺を置いて戦場に戻り、さらにこのタイミングで過去の回想シーンが描かれた伊黒には、盛大な死亡フラグが立ってしまったように思います…。 上弦との戦いでも死傷者を出している鬼殺隊ですが、鬼のボスである無惨との戦いでは、柱側でまだ死者が出ていません。 何人か犠牲になってもおかしくはなさそうですが、伊黒がその第一号になってしまうのか、それとも死亡フラグを跳ね飛ばして無事に生き延びるのか…相変わらずのことですが、毎週毎週、とにかく続きが待ち遠しいですね。

次の

「鬼滅の刃」19話感想!号泣鳥肌大混乱!凄まじすぎて感情が追いつかん!

鬼滅の刃 182話 感想

鬼滅の刃のあらすじ 『 鬼滅の刃』(きめつのやいば)は、によるの。 『』()にて11号より連載中。 を舞台に、主人公が家族を殺した「鬼」と呼ばれる敵や鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。 生き物に対して、これほど冷たい気持ちになったのは初めてだという表現から、炭治郎がどれだけ無惨に怒っているのかがわかります。 無惨は虫を潰すかのように、隊員を殺し続けてますから、炭治郎のこの気持ちも当然といえば当然ですよね。 無惨は他の鬼と違って首を切っても倒せないということもあり、なんとか太陽の下に引きずり出さなくてはいけません。 でも、今戦ってるこの場所って、 地下みたいなもんなんですよね。 ってことは倒す方法もない…? 鬼滅の刃は絶望感を演出するのが本当に上手だな、と今回の話で改めて思いました。 それはなぜか…? 無惨が戦いの中で、 柱三人と炭治郎で夜明けまで持つか?という発言をするからです。 これは別の場所で戦っているはずの 恋柱と蛇柱はすでに殺されている、という意味でした。 しかもその発言とともに、 二人の死体が描かれるので、この絶望感、半端じゃないです。 つまり、無惨の鬼によって二人は殺されちゃっているということを絶望的な戦いの中で伝えられちゃうんですよね。 しかも、 炭治郎は無惨にあっさりと片目を潰されてしまいます。 絶望に次ぐ絶望 いや、どんだけ絶望させるんですかワニ先生…って思いました。 無惨の攻撃は腕を伸縮させてムチのようにしならせるというシンプルなものなのですが、その間合いが異常で、義勇も炭治郎も近づくことすらできないんですよね。 感覚で避けた炭治郎ですが、 それも結局は完全に避けられたわけでもなく片目を潰されてしまうんです。 さらに片目を潰された炭治郎は壁に追い詰められてしまい、 いよいよ殺されるというところまで描かれます。 ここまでのスピード感、すごいんですよね。 もはや絶望を感じるまでもなく炭治郎が追い詰められるので、 圧倒的に無惨は強いんだなぁと感じざるを得ません。 間合いをつめるな!切り込まなくていい!! という義勇は炭治郎をなんとか助けるのですが、 遮蔽物もなく扉もないこの状況では逃げるにも逃げられませんでした。 光も届かないこの城の中、たとえ夜明けがきたとしても無惨に光が届くことはないのです。 ってことは、逃げたところで、時間を稼いだところで、それは意味ないってことなんですよね。 こうして、絶望に絶望を重ねていく状況が描かれるんですが、そこはさすがワニ先生、絶望だけでは終わらせません。 もう終わりかというところで、 死んだかと思われていた甘露寺(恋柱)と伊黒(蛇柱)が助けに来るのです。 これは読んでいて、!?って思いましたね。 だってがっつり死体が描写されていましたから。 笑 愈史郎の怒り でもそれも理由が明かされます。 なんと愈史郎が 無惨の部下鳴女の視覚を操って無惨に偽りの死体を見せていたというのです。 珠代を失った愈史郎は、怒りに燃えているようでした。 そりゃそうですよね、育ての親以上の感情を抱いていた珠代を失った愈史郎の気持ちは計り知れません。 涙を流しながら鳴女を操る愈史郎。 今からお前を地上へ叩き出してやる!! と言い放つ姿はかっこいいです。 この愈史郎の活躍によって、鬼殺隊にも一筋の光が見えてきます。 まぁほんとに一筋しかない光なんですけどね。 これで太陽にさらすことはできるようになりましたが、 無惨自体強すぎるので、まだまだ勝ち目は薄そうですよね。 まだ先の話だとは思いますが、 禰豆子がキーマンになるかもしれません。 ただ怖いのは、 無惨が太陽を克服してしまう展開ですね。 それを 覚醒した炭治郎が討ち取ったら熱い展開ですが、 そうなるかは全然予想がつきません。 とりあえず次回は地上へ叩き出される無惨が描かれそうですね。 ただ地上に出たらそれはそれで被害も拡大しそうで恐ろしいところですが…。 次回もネタバレ考察感想、していきます! 鬼滅の刃の最新刊や最新話を無料で読む方法! 断言します! 漫画は絵もあった方が絶対に面白いです! 上にも書いてますが、U-NEXTなら無料トライアル期間があり1ヶ月間無料で利用できるんです。 しかもその無料トライアルの間に退会すれば一切料金かかりません。 無料トライアル入会で600ポイントが貰えるので、そのポイントで「鬼滅の刃」の最新巻が読めちゃいます。 この方法なら「鬼滅の刃」じゃなくて他の人気漫画も無料で見るということも可能ですので、気になる方はまずは無料トライアル詳細をご覧ください。 登場人物が死にまくっているところですが、甘露寺たちは生き残ることができるのでしょうか? 主人公の炭治郎ですら、しにかねないこの状況、次回も楽しみです! 終わりに この記事では、鬼滅の刃【第182話】のネタバレ含めた考察感想をお送りしました。 ただ、漫画は間違いなく文章だけでなく実際に読んだ方が面白いです。 無料で読む方法も紹介していますので、もしよろしければそちらもご覧ください。

次の

【鬼滅の刃】182話ネタバレ確定感想&考察、対鬼舞辻戦開幕![→183話]

鬼滅の刃 182話 感想

逆に冷静になるほどの怒りを得た炭治郎と、鬼舞辻との戦いが本格的にスタートすることになった! 鬼殺隊の奮闘ぶりも凄まじかったし、鬼舞辻の戦闘能力も底が知れない! 鬼滅の刃182話より引用 今回は巻頭カラー。 鬼舞辻&鬼殺隊の戦いが幕を開けた! 上弦の壱・黒死牟も相当にやばい相手だったけど、さすが鬼舞辻の危険度はそれ以上。 伸ばした腕をムチのようにしならせて放つ斬撃は、驚異的なまでのリーチと破壊力を持っていたと思う。 しかも開始序盤で炭治郎が眼球を負傷。 主人公である炭治郎がこんなに早く深手をおってしまうとは…! 鬼滅の刃182話より引用 驚異的なまでのリーチと破壊力! 鬼舞辻が強いことはあらかじめわかっていた。 きっと黒死牟や猗窩座がそうだったんだから、鬼舞辻は当然のように 「頭を潰しても死なない」感じだろう。 圧倒的なまでの攻撃力だけでなく、反則級の自己治癒能力を持つ男、鬼舞辻無惨。 彼を撃破する方法なんて存在するのか…? 【スポンサーリンク】 甘露寺&小芭内の合流! またシナリオ後半では甘露寺&小芭内の合流が行われた。 鬼舞辻的には 「鳴女が殺したはず」という認識だったし、そういうカットも一瞬あったからゾッとしたよね 少し前に時透くんと玄弥の2人が死亡したこともあって、毛穴という毛穴が開く思いがしたよ…。 鬼滅の刃182話より引用 甘露寺&小芭内の合流! 作風にもよるけど、バトルマンガでは 「致命傷になっても死なないんでしょ?w」みたいな雰囲気になるのはよくない。 こう思われるだけで緊迫感・緊張感が一気になくなるし、それは面白さの評価にも直結する。 しかしここ、ワニ先生は実際にキャラに死を与えることで 「この作者はちゃんとキャラを殺す(キャラが大事だからといって強引に生かさない)」という信頼が固まった。 これは読者に対して 「不自然な展開や、媚びるような流れにはしませんよ」という約束でもあると思う。 読者としてはこういう作者はとても貴重で、どこまでも応援したくなってしまうよね! 少し話はそれたけど、ずっと問題だった 「鳴女」に対しては、愈史郎が対応してくれていた様子。 以下、彼女の視界を見事コントロールするに至ったようだ! 鬼滅の刃182話より引用 鳴女の視界を見事コントロールする愈史郎! 戦いを妨害することに非常に長けた鳴女という鬼。 この鬼を完封することが出来れば、少なくとも 「数の優位」は確保できる。 あとは愈史郎がずっと封じ続けられるかどうか?がひとつの焦点になってくるね! あと、鬼舞辻の攻撃は基本的に一撃必殺の技だらけな印象もあるので、致命傷を避けながら連携して戦っていきたいところ。 あぁ、来週の183話も楽しみで仕方がなくなってきたね…!!.

次の