滅やばたにえん エンディング 考察。 レトルト アーカイブ

ドット絵だけど“CERO Z”! 最凶パズル『滅やばたにえん』、新シナリオを追加してスイッチに登場─全員救出は“あなたの精神にとって困難”ってなに!?

滅やばたにえん エンディング 考察

「ママにあいたい」というフリーホラーゲームのことなのですが、 1.4番目の奇形とは一体どういうことなのでしょうか? 2.カンシとは妊娠中絶手術の時の器具だと思うのですが、だとしたら4番目はどうやって乗り移り、あの大きい1つ目玉になったのでしょうか? 3.腕以外の全ての情報を手にした主人公で、 Ending 2「行ってらっしゃい」を迎えましたが、 ラストシーンで主人公を出産した母親は殺されました。 殺したのは、主人公本人の意思なのでしょうか? もし主人公だとしたら動機は一体なんなのでしょうか? それとも ラストシーンで殺した時の主人公の目が少し赤かったので、魂だけの存在だけである他の兄弟が主人公の体に乗り移ったのでしょうか? 仮に他の兄弟だとしたら恨みの強かった4番目の乗り移ったと思うのですがどう思いますか? 1、単眼症です。 多分おねにいちゃんに腕取って貰う選択をすると4番目の顔をハッキリ見れたはず.... 5番目の心臓がなかったり、6番目の脳がなかったりと、4番目以降は複数回中絶した母体にダメージが入り皆何かしら奇形が入っています。 2、キュレットです。 胎児を掻き出すことで中絶します。 目玉さんと合体することでカンシになれますが、仕組みは良く分かりません。 3、ラストでママを殺したのは生太です。 「やっと会えたのに」と言うセリフから二人は殺されるまで会ったことはなかったのでしょう。 胎児を遺棄した罪もママにはありますし.... 恐らく6番目の意思ではなく、4番目に半分乗っ取られて産まれた影響でしょう。 もしかしたらチ〇毛をゲットしないと真エンドは観れないので、実は4番目のチ〇毛だったのかも知れません。 片方赤目になっていたので少なくも4番目が混ざってたのは確実でしょう。

次の

私だけいれば問題ないよね

滅やばたにえん エンディング 考察

Youtuber• 369• 204• 446• 364• 156• 561• 118• 528• 305• 1,322• 416• 591• 149• 484• 327• 582• 414• 437• 433• 412• 191• 1,182• 357• 380• 135• 613• 103• 397• 205• 295• 128• 235• 522• 816• 195• 196• 468• 174• 543• 173• 268• 419• 111• 256• 129• 662• 230• 519• 424• 326• 480• 100• 374• 168• 119• 343• 517• 370• 283• 298• 213• 277• 122• 212• 187• 374• 485• 223• 456• 168• 1,272• 240• 166• 504• 467• 141• 311• 340• 1,557• 544• 508• 347• 658• 287• 386• 385• 289•

次の

【やばたにえん エンディング考察】各エンドで理解できる物語(ストーリー)

滅やばたにえん エンディング 考察

Montgomery家とは 作者Pixiv「E. TANAKAの物語」より 公式によれば、1作目の舞台は Montgomery家所有の館であったことが明かされています。 ブレア家末女のJ・BLAIRが大勢の女の子を引き連れて略奪に来たことが、あの惨状のはじまりだったようです。 作者pixiv「相関図(仮)」より Montgomery家の人間は G. Montgomery、E. Montgomery、E. Matsumotoの三人です。 ですが1作目には当主のG. Montgomeryしか出てきません。 居候中の姪はともかく、護衛が当主の傍にいなかったのはなぜなのでしょうか。 また、相関図上では独立していますがOMIYOという黒髪の少女もMontgomery家当主と深い関わりがあります。 Montgomeryについて 「やばたにえん」「滅やばたにえん」に登場。 Montgmery家の当主です。 1作目のどのエンディングでもOMIYOは生き残ります。 彼女のその後が気になるところです。 記事の最後に、1作目の前日譚の推察を載せて締めくくりたいと思います。 Montgomery家の略奪 1作目「やばたにえん」の 「侵略者」エンドにて、プレイヤーが助けた女の子達が 実は館を侵略しにきた悪者達だったということが明らかになります。 彼女たちの行いは Montgomery家の略奪と公式は表現しています。 侵略の際にはJ(ジャック). BLAIRが先頭に立ち、当主を拘束させ、ゾンビに変えてしまいます。 なぜ彼女はこういった行動に出たのでしょうか。 私は 当主サラがジャックに指示したからだったのだと考察しました。 以下に説明していきたいと思います。 ジャックがMontgomery家に向かった経緯 発端はリチャードがG. Montogomeryと恋仲になったことでした。 ブレア家は近親婚で繁栄してきた一族です。 3兄弟の中の唯一の男性だったリチャードは、順当にいけば当主のサラと結ばれる筈だったでしょう、それを拒んだのです。 そして、サラは二人の逢瀬の瞬間を目撃してしまいます。 怒り狂ったサラは、 末女のジャックに八つ当たり的に虐め始めます。 なぜリチャード本人に怒りの矛先が向かわなかったのかはわかりません。 リチャードをどうしても憎めなかったからなのか、ジャックがその弱い体ゆえに虐めやすかったのか、色々考えられます。 一方でリチャードに対しては、 G. Montgomeryと会うことを禁じました。 リチャードの部屋に格子状のシャッターが着いていたように、館から出られなくすることは容易だったのでしょう。 時間が経ってG. Montgomeryの事を忘れれば、リチャードの好意は自分に向くだろうとサラは考えました。 それでもリチャードはあきらめませんでした。 自由に動ける時間を使って転送装置の開発を始めました、転送先はMontgomeryの館です。 しかし、転送装置の実験中に事故が起こり、 リチャードは猫の化物の姿に変わってしまいました。 人を襲うため、やむなくブレア家の地下に閉じ込められてしまいます。 サラは「 自分からリチャードを奪い、そのリチャードもあんな姿になってしまった。 全てはあの女のせいだ」と考え、ジャックにMontgomeryの館に侵略を命じました。 皮肉にもリチャードが作った転送装置を使えば、雪が降るような遠い環境にもすぐに行けるからです。 こうして、ジャックは友人のA. KAKOやE. TANAKAとともに館に向かうこととなりました。 本記事は以上です、読んでくださってありがとうございます!新情報があれば追加していきたいと思います!•

次の