みいとこ 意味。 はとこ、またいとこ の意味とは?何親等?いとこと違う?家系図だと?サザエさん一家だと?芸能人では誰がいる?はとこの次は?

血族とは。血族の範囲と親族や姻族との違いについてわかりやすく説明

みいとこ 意味

スポンサーリンク 家系図で見る「はとこ」 はとこ=祖父母の兄弟姉妹の孫。 これを家系図で示したのがこちらの図です。 言葉で聞くとわかりにくかったですが、 家系図上で見ると、自分とはきれいに左右対称の位置にある関係であることがわかりますね。 また、家系図から、 はとこの親=両親のいとこであることもわかります。 祖父母の兄弟の孫、と言われるより、 自分の親のいとこの子供、と言われたほうが、わかりやすい気もしますね。 両親同士がいとこ同士であることを示すように、はとこには 「またいとこ」「ふたいとこ」という別名もあります。 「いとこ」という言葉が入っていますが、自分にとっての「いとこ」と「はとこ」は、どんな関係になっているのか? ちょっとこんがらがりそうなので… これも家系図で見てみましょう。 スポンサーリンク 「はとこ」と「いとこ」の違いを家系図でチェック 親同士がいとこであるはとこに対し、親の兄弟の子供がいとこ。 これも言葉だけで聞くとわかりにくいですが、家系図上だと、 はとこもいとこも、同じ世代上にあること、 はとこといとこでは、いとこのほうが自分に近い関係であることがわかりますね。 ではここで、素朴な疑問。 はとこの次の関係はあるのでしょうか…? 「はとこ」の次の関係も存在する? めったに使われることはありませんが、はとこの次にあたる言葉として 「三いとこ(みいとこ)」という言葉があります。 関係性で言うと、 三いとことは、曾祖父母の兄弟姉妹のひ孫、あるいは父母のはとこの子供。 でも、ここまで来ると、もうよくわかりませんね。 実際、 三いとこまで来ると、日本の民法上は親族ではありません。 遠い親戚ではありますが、法律上は他人です。 はとこや三いとこが、民法ではどのような扱いになるのかを見てみましょう。 民法が定める親族としての「はとこ」の意味 日本の民法では、親族を 6親等内の血族と3親等内の姻族(結婚により親戚関係になった人のこと)と定めています。 いとこは4親等、はとこは6親等なので、はとこまでは、れっきとした親族。 その次の三いとこは8親等になるので、法律上は親族にはなりません。 「はとこ」同士は結婚OK 親族となると、どこまでが結婚可能か気になった人もいるのではないでしょうか? 日本の法律では、4親等以上離れていれば婚姻関係を結べるので、 6親等であるはとこ同士は結婚可能です。 ちなみに、4親等以上ということは、4親等の親族も含まれるので、 いとこ同士でも結婚はOKなんですよ。 いとこ同志の結婚を認めるかどうかは国によって違い、中国や韓国、アメリカの約半数の州など、いとこ婚を禁止している国もあります。 はとことは、祖父母の兄弟姉妹の孫• 親のいとこの子供とも言い換えられる• はとこは6親等であり、民法上の親族にあたる• はとこの次は三いとこと言うが、民法上の親族にはあたらない 近いような、遠いような親族である、はとこ。 法律上は親族ですが、実際の親交の度合いは、家や人によってかなり差があるのではないでしょうか。 今回は「自分」からの視点ではとこを解説しましたが、もし自分に子供が生まれた場合、自分のいとこの子供と自分の子供は、はとこ同士ということになります。 そう考えると、そこまで遠い親戚でもないような気がしてくるのが不思議です。 参考文献) 民法の基本と仕組みがよーくわかる本(秀和システム) 民法のしくみ(三修社) 家系図を作ろう(枻出版社).

次の

「三従兄弟姉妹」とはどんな意味?行政書士が家系図で解説!

みいとこ 意味

いとこ婚の最大のリスクは、やはり「子供」でしょう。 血族間の結婚の場合、子供が先天的な病気をもって生まれてくる可能性があがってしまうのです。 日本で三親等内の結婚が認められていない理由は、奇形児や障害児ができてしまう可能性がとても高くなるためです。 いとこ同士の場合は三親等よりは減りますが、近親者のため同じ劣性遺伝子を持っている可能性があります。 この劣性遺伝子による病気の発生率は、他人同士の結婚の場合1. 02%、いとこ婚では1. 69%の確率でおきると言われています。 運悪く両親の劣性遺伝子を受けついでしまった場合、障害を持って生まれてくる可能性があがります。 子供をのぞまない夫婦であれば、何ら問題にならない部分ですが、いとこと結婚することに悩んでいるなら、このようなリスクを考えないわけにはいかないでしょう。 親族間のお見合い婚が主流の文化圏とは異なり、現代の日本では、いとこ同士の結婚を完全に祝福してもらうのは厳しいと思われます。 近親婚をとりあげた漫画や小説の世界でも、いとこ婚はタブーのような位置づけをしています。 しかし、実際のところ不法ではありませんし、いとこ同士が一般の人同様に恋に落ちて素敵なカップルになって結婚を望んでいるだけのことです。 覚悟をきめて、それでも結婚を望む二人の様子をそばで見てきた家族や友人は、最初は反対していても結局のところ受け入れて本人たちの幸せを祝ってあげるしかないでしょう。 一方で、結婚は個人の選択なのだからと、最初から祝福し何かあった時はできる範囲で助けてあげようというスタンスの人もいます。 パキスタンでは、結婚の概念が当事者だけでなく家族同士の結びつきを意味しているため、できるだけ親族と結婚させようとするそうです。 ほとんどが親同士が決めたもので、特にいとこ同士の結婚が多くなっています。 その弊害として、繰り返し近親婚をさせることで血筋が濃くなってしまい、先天性異常が発生する率もあがってしまっているようです。 パキスタンにおける「いとこ婚」は、普通のことで違和感は全くありません。 違和感や嫌悪感があるとすれば、当事者が本人の意思に関係なく、結婚相手を決められてしまうことでしょうか。 イスラム教では恋愛の自由という概念は重視されていません。 昔の日本ではいとこ婚が結婚の形態の一つでしたが、それが今も習慣として残っていることを想像してみて下さい。

次の

続柄

みいとこ 意味

血族とは? 血族(けつぞく)とは、血縁関係にある人のことですが、これには、生物学上の血縁(自然血族)だけでなく、養子縁組による法律上の血族(法定血族)も含まれます。 実の親子は、勿論、血族ですが、血のつながっていない養親と養子も血族です。 なお、養子縁組には、普通養子縁組と特別養子縁組があります。 普通養子縁組では、実の親子関係を残したまま養親との親子関係が生じますが、特別養子縁組では、実の親子関係が法律上解消され、法律上の親子関係は養親との間だけになります。 つまり、普通養子縁組による養子は、実親や実の兄弟姉妹等の実家側と、養親や養家の兄弟姉妹などの養家側の両方が血族であり、特別養子縁組による養子は、養家側のみ血族となります。 また、血族というと、親子や兄弟姉妹等のような近親者を想像するかもしれませんが、近親者だけでなく、親子関係と兄弟関係でつながる人は、どれほど離れていても血族に当たります。 従兄弟姉妹(いとこ)は勿論、再従兄弟姉妹(はとこ)も、三従兄弟姉妹(みいとこ)も血族です。 従兄弟姉妹(いとこ)とは親の兄弟姉妹の子のことで、再従兄弟姉妹(はとこ)は親同士が従兄弟姉妹(いとこ)の関係、三従兄弟姉妹(みいとこ)は親同士が再従兄弟姉妹(はとこ)の関係のことです。 また、次の関係の人も血族に当たります。 父母のいずれか一方のみを同じくする兄弟姉妹• 離婚して疎遠になった親子• 認知された非嫡出子 非嫡出子とは、夫婦でない男女の間に生まれた子のことです。 非嫡出子は、母とは必ず血族になりますが、父とは認知されると血族になります。 一方、次のような関係の人は血族には当たりません。 配偶者• 配偶者の血族• 血族の配偶者• 再婚相手の連れ子• 未認知の子 配偶者の血族と、血族の配偶者は、「姻族」(いんぞく)といいます。 再婚相手の連れ子も、血族ではなく、姻族です。 なお、再婚相手の連れ子と養子縁組をしたら、血族になります。 親族とは?血族との違い 血族と似た言葉で、「親族」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。 親族と血族は、どう違うのでしょうか。 親族について、民法では、次のように定められています。 第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一 六親等内の血族 二 配偶者 三 三親等内の姻族 「親等」という言葉が出てきたので、親等についてまず説明します。 親等(しんとう)とは、親族関係の法的な遠近を表す単位のことです。 親等が小さければ法的に近い親族関係であるということが言え、親等が大きければ法的に遠い親族関係であるということが言えます。 親等は、親子関係を経るごとに1親等を加えて数えます。 例えば、父母や子は1親等です。 祖父母は、親の親なので、2親等です。 孫は、子の子なので、2親等です。 兄弟姉妹は、親の子なので、2親等です。 伯叔父母(伯父(親の兄)、叔父(親の弟)、伯母(親の姉)、叔母(親の妹)の総称。 要するに「おじ」「おば」のこと。 )は、親の親の子なので、3親等です。 なお、親等を素早く数えるには、兄弟姉妹は2親等と覚えておくとよいでしょう。 先ほどの例では、伯叔父母(おじ・おば)の親等を数えるときに、親の親の子で3親等と数えましたが、兄弟姉妹は2親等と覚えておくと、親の兄弟姉妹だから1親等+2親等=3親等と計算することもできます。 親族に話を戻すと、 親族には六親等内の血族が含まれますから、六親等以内の血族は、血族であり、親族であることになります。 七親等以上の血族は、血族には違いありませんが、親族ではないということになります。 また、配偶者や三親等以内の姻族は、血族ではありませんが、親族には該当します。 親族の範囲を家系図で示すと下図のようになります。 枠で囲ってあるのが親族です。 丸囲いの数字が親等です。 焦げ茶色の枠が6親等以内の血族で、桃色の枠が3親等以内の姻族です。 枠で囲っていない人は親族ではありません。 例えば、従兄弟姉妹(いとこ)の配偶者は4親等の姻族ですが、親族に含まれる姻族は3親等までなので、従兄弟姉妹の配偶者は親族ではありません。 また、配偶者の兄弟姉妹の配偶者は、姻族ではないので、当然、親族でもありません。 血族の分類 血族は、直系と傍系、尊属と卑属に分類することができます。 以下、それぞれについて説明します。 直系と傍系 直系とは、世代の上下方向に真っ直ぐつながる系統のことです。 例えば、父母、祖父母、曽祖父母、高祖父母、子、孫、曽孫、玄孫などが直系に当たります。 一方、 傍系とは、直系ではなく、兄弟姉妹によって枝分かれした系統のことです。 例えば、兄弟姉妹、伯叔父母(おじ・おば)、甥・姪、従兄弟姉妹(いとこ)、伯叔祖父母(大おじ・大おば)、大甥・大姪などが傍系に当たります。 傍系血族とは、自分の傍系、つまり、前述のとおり、兄弟姉妹、伯叔父母(おじ・おば)、甥・姪、従兄弟姉妹(いとこ)、伯叔祖父母(大おじ・大おば)、大甥・大姪などのことです。 なお、直系と傍系という分類は、姻族にも使用することができます。 尊属と卑属 尊属とは自分よりも上の世代の血族のことで、 卑属とは自分よりも下の世代の血族のことです。 ここでいう世代とは、年齢のことではなく、親子関係による区分のことです。 例えば、自分と同じ世代の血族には、兄弟姉妹、従兄弟姉妹(いとこ)、再従兄弟姉妹(はとこ。 親同士がいとこの関係)などがいます。 父母と同じ世代の血族には、父母、伯叔父母(おじ・おば)、従伯叔父母(いとこおじ・いとこおば。 親のいとこ)などがいます。 子と同じ世代の血族には、子、甥・姪、従甥姪(いとこおい・いとこめい。 いとこの子)などがいます。 尊属は、自分よりも上の世代の血族なので、前述の父母世代の父母、伯叔父母、従伯叔父母などに加えて、祖父母世代の祖父母、伯叔祖父母(大おじ・大おば)など、さらには、曽祖父母世代、高祖父母世代、そのさらに上の世代も尊属です。 卑属は、自分よりも下の世代の血族なので、前述の子世代の子、甥・姪、従甥姪などに加えて、孫世代の孫、大甥・大姪など、さらには、曽孫世代、玄孫世代、そのさらに下の世代も卑属です。 なお、 自分と同じ世代は、尊属でも卑属でもありません。 また、 尊属・卑属に当たるのは、血族のみです。 姻族は尊属・卑属に含まれません。 尊属・卑属は、直系・傍系と組み合わせて、直系尊属、傍系尊属、直系卑属、傍系卑属と分類することができます。 直系尊属には、父母、祖父母、曽祖父母、高祖父母などが該当します。 傍系尊属には、伯叔父母、従伯叔父母、伯叔祖父母などが該当します。 直系卑属には、子、孫、曽孫、玄孫などが該当します。 傍系卑属には、甥・姪、従甥姪、大甥・大姪などが該当します。 まとめ 以上、血族について説明しました。 遺産相続について不明な点は、気軽に専門家に相談しましょう。

次の