北浜 レトロ。 北浜レトロのアフターヌーンティー土日予約と混み具合について感想 │ Lucky Camp

<大阪>北浜レトロのアフタヌーンティーレポート

北浜 レトロ

明治45年 1912年 に竣工• 建物は国の登録有形文化財• 店内の細かいところまで英国製インテリアで統一• 紅茶は約40種類• ケーキは毎日店内で手作り 建物は、とても歴史があるんです。 当初は証券関連会社の社屋だったそう。 カフェとしても、こだわりが強いのがわかります。 北浜レトロ メニュー 紅茶の種類は、数えきれないほど。 茶葉は店内で販売もされています。 この日私が頼んだのは、北浜レトロの看板メニューにもなっている『アフタヌーンティーセット』 そして店員さんおすすめの、チーズケーキです。 すべて上品なお味で、とっても美味しかったです! アフタヌーンティーセットは食べきれるか不安でしたが、味がしつこくなく気付いたら食べ終わっていました。 もし残してしまっても、 お持ち帰りできるようなので気にせず店員さんにお願いしてみてくださいね。 混雑していたのであまりゆっくり味わえないかな?と思っていましたが、店内のゆったりした雰囲気も相まってとてもくつろぐことができました。 北浜レトロ 店内の雰囲気 さてさて、お待たせしました。 皆さまお待ちかねの、 店内の雰囲気を紹介していきますね。 まず入口を入ると、一階は物販スペースになっています。 メニューにもなっている北浜レトロこだわりの紅茶、ケーキ、他にも英国風グッズなど見ているだけで楽しい、、! そして店内には、二階へ続く階段があります。 カフェ利用の方はこの階段で並びます。 北浜レトロの外観だけ見て、「え、全然並んでない!」と歓喜したのは勘違いでした。 笑 並んでいる途中で、メニューを渡されます。 紅茶は種類が多すぎてなかなか決まりません、、 そしてやっと!!!列の一番前に。 そこで店員さんから、『相席だとすこし早くご案内できるんですが』と声をかけられました。 私はゆっくりしたかったのでお断りしました。 ごめんなさい 後ろに並んでいた相席OKの方から席に通されるというシステムのようです。 相席の様子、下に写真あります そしてやっと!!!順番がきました!!! 少しわかりにくいかもしれませんが、真ん中に大きいテーブルがあります。 見た感じおそらくこちらが相席のテーブル。 その周りに何卓か2人掛け・4人掛けのテーブル席があります。 そしてこちらの半個室のような空間は少し大きめのテーブルで、ここも相席のような雰囲気でした。 北浜レトロ 混雑状況 私が伺ったのは 土曜日の17時頃。 その時点で5組ほど並んでいました。 席につけたのは、ちょうど 一時間後の18時頃。 ちなみに、私が席につく18時頃でも後ろには3組ぐらい並んでいました。 遅くに行けば空いているだろうと予想していたのですが、さすが人気店ですね。 午後のカフェタイムはもっとすごいのでしょう。 口コミを見ていると、 平日のお昼頃は割と狙い目のようですね。 また調査に向かった際には追記したいと思います。 写真の通り、混雑時の席の利用は 90分制限のようです。 混雑している際は気を付けてくださいね。 北浜レトロ まとめ ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 少しでも北浜レトロの魅力は伝わったでしょうか? 本当にオススメのカフェなので、是非足を運んでみてくださいね。 やまだでした。

次の

近代建築ビル「北浜レトロ」で優雅な英国式ティータイム

北浜 レトロ

スポンサーリンク 北浜レトロでティー&ランチしてきました 北浜レトロに着きました。 個性的な建物ですね。 レンガ造りがオシャレ!イギリス国旗が舞っています。 入口の「Kitahama Retoro 1912」の文字が書かれたティーポットが目印。 「 登録有形文化財・第27-0029号・この建造物は貴重な国民的財産です・文化庁」と書かれています。 では北浜レトロに入ってみましょう! 1階:英国風ケーキ・紅茶雑貨ショップ 中に入ってみると美味しそうなケーキが並んでいます。 額には写真も飾られていますね。 入口付近の天井の様子。 イギリス国旗とじょうろ、バケツがあります。 1階の様子。 白い壁とアンティークな家具がマッチしています。 左側は茶葉を入れる動物柄の容器、可愛いテディベアや紅茶のマグカップなどが並んでいます。 右側に並んでいたのはスコットランドのお菓子「アイシングショートブレッド」。 手作りのクッキーです。 また、スコーンもありました。 イギリスではポピュラーなメッセージカードが売られています。 2階:廊下 2階から1階を見下ろした様子。 白壁と薄い水色がマッチしていますね。 2階廊下。 光りが差し込んでいいですね。 トレイが並べられています。 壁側にはスプーンセットやアンティーク食器などが売られています。 ビックリするような値段なので買えませんでした。 家具の上にはアンティークグッズが。 ホント、おしゃれです。 2階廊下から差し込む光。 土佐堀川が見えています。 ランチョンマットが売られています。 2階:英国紅茶室(ティールーム) 1階から2階の英国紅茶室を撮影。 額の絵がたくさん飾られています。 上の窓から光が入って気持ちがいいですね。 ステンドグラスがオシャレです。 天井が高い! 北浜レトロのティーハウス。 銀製ティーポットとティーマット。 本日のランチから「ミックスサンドウィッチ、オムレツ入り」を注文しました。 ポテトサラダサンドやオムレツのサンドイッチが合いますね。 かなりボリューミーです。 ランチには当然紅茶もついています。 ティーカップがカワイイですね。 そして、ランチにもシフォンケーキ&クリームがついていました。 ホイップがフワフワで美味しかった。 お腹いっぱいになりました。 最後に 重要文化財「北浜レトロ」の様子とランチセットをご紹介しました。 1階はアンティーク家具や紅茶雑貨、2階は英国風ティールーム。 入っただけワクワクする空間でした。 外は大阪なのに中は別世界、本当にイギリスのようでしたよ。 窓から土佐堀川や中之島のバラ園を見ることができます。 空いていたら窓側をオススメします。 僕は「本日のランチ」を注文しましたが、その他にも人気の「ケーキセット」や「アフタヌーンティーセット」などもあります。 イギリス好きな方もそうでない方も、一度「北浜レトロ」でティータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

次の

【京阪北浜駅】レトロビル散策!大阪金融の中心地と水都大阪を象徴する中之島公園に隣接する駅

北浜 レトロ

北浜は江戸時代から両替商や米問屋、米の仲買人らが集まる大阪の金融の中心地として栄えてきました。 そんな北浜の中心となっているのが大阪取引所(旧大阪証券取引所)です。 京阪電車の北浜駅はこの大阪取引所と地下でつながっていて、まさに大阪経済の中心地に位置しています。 また、駅南側の道修町は江戸時代からくすりの町として栄え、今も多くの製薬会社などの本店や支店があります。 中之島公園は堂島川と土佐堀川にはさまれ、1. 5㎞もある公園で、大阪市中央公会堂や大阪市立東洋陶磁美術館、さらにはバラ園なども備え美しい景観が人気のスポットです。 今回は、この2つの顔を持つ北浜駅と、駅近辺のご紹介をいたします。 京阪電車北浜駅は証券街の最寄り駅 北浜駅のすぐ隣には日本の2大証券街のひとつ北浜のシンボルでもある大阪取引所(旧大阪証券取引所)があります。 【北浜駅の歴史】 1963年(昭和38年):北浜駅開業。 1980年(昭和55年):朝夕のラッシュ時に禁煙タイム実施 1987年(昭和62年):駅の冷房化 1988年(昭和63年):駅構内の「終日禁煙」を実施 2005年(平成17年):淀屋橋駅~北浜駅間の地下コンコースをリニューアル 北浜駅の乗降客数は平成29年度大阪府統計調査 平成30年3月刊行)では、乗車人数が16,670人、降車人数が18,246人となっていて、大阪府にある京阪電車の駅(交野線含む31駅)では9番目の利用者数となっています。 改札口は1つ 北浜駅の改札口は1つですが、中央にエレベーターがあり、左右に分かれたようになっています。 こちらは京都方面よりの階段から上がってきて見える改札口です。 こちらは淀屋橋寄りの階段から上がってきて見える改札口です。 こちらは改札の外から見た改札口です。 きっぷ売り場は改札口の横、淀屋橋寄りに1カ所あります。 周辺の紹介 改札を出て右へ行くと中之島公園や大阪取引所へのアクセスが便利な26番出口に行きます。 こちらへ進むと、大阪メトロ堺筋線の北浜駅にも行けますし、京阪電車の淀屋橋駅までつながっています。 左へ進むと、松屋町筋、天神橋筋方面の出口、29・30番出口になります。 右方向のコンコースです。 左方向のコンコースです。 今回は徒歩圏で見どころの多い26番出口方面をご紹介します。 コンコースを進むと、26番出口と大阪メトロ北浜駅への案内板があります。 26番出口は右に曲がります。 このコンコースをまっすぐ行くと、京阪電車の淀屋橋駅まで行くことができます。 26番出口を出ると左手に大阪取引所があります。 こちらが夜景です。 窓にステンドグラスが見えます。 取引所の正面には五代友厚氏の顕彰像があります。 五代氏は、大阪株式取引所の設立に尽力され、大阪の発展に多大な功績を残されました。 (顕彰像の碑文より) 大阪取引所の建物は1935年に建てられた旧市場館の外観が保存・再現されたものです。 内部はこのようになっています。 天井は吹き抜けになっていて、すごく開放感があります。 出口から出て右を見ると、浪花三大橋のひとつ、難波橋(なにわばし)のライオン像があります。 目の前の交差点(北浜1)を渡ると、もう一つのライオン像があります。 3-1. 北浜駅から徒歩で行けるレトロビル散策 北浜駅の26番出口は南北に走る堺筋と東西に続く土佐堀通りが交わる、北浜1の交差点にあります。 大阪取引所を前に見て、北浜1の交差点を左へ行きます。 北浜レトロビルヂングがあります。 この建物は、1912年(明治45年)に建てられたもので、英国のグラスゴー派の影響を受けてて、国の登録有形文化財となっています。 このビルには北浜レトロという喫茶店があって超人気です!今日も行列でした。 中之島公園から見た北浜レトロビルヂングです。 次は北浜1交差点から堺筋を南に行きます。 大阪取引所を左に見て堺筋を進みます。 こちらは新井ビルです。 このビルは1922年 大正11年)に建てられました。 現在は国登録有形文化財となっています。 こちらは高麗橋野村ビルディングです。 1927年(昭和2年)に建てられました。 こちらは生駒ビルヂングです。 1930年(昭和5年)に建てられました。 平成9年に文化庁の「登録有形文化財」に指定されています。 北浜駅近くには、このほかにもレトロビルがいくつもあります。 3-2. 難波橋(なにわばし)を渡って中之島公園へ 26番出口の向かい側から見た難波橋です。 この橋を車と同じ方向に渡っていきます。 橋から大阪市中央公会堂が見えます。 難波橋の歩道の様子です。 外套もおしゃれなデザインをしています。 橋を渡り、中之島公園から見た難波橋です。 夜間はこのようにライトアップされます。 緑色や赤色、青色にも変わります。 難波橋から中之島公園に入ります。 大阪市立東洋陶磁美術館があります。 少し先には大阪市中央公会堂があります。 中央公会堂も夜間はライトアップされています。 中之島公園から見た淀屋橋のビル群の夜景です。 難波橋は車道を横断することができません。 そのかわり、このような連絡通路が橋の下にあります。 橋の反対側に出るとバラ園が広がります。 私が訪れたのは2月の初めでしたので、まだ準備をしているところでした。 近くによってみると花の名前が書かれたプレートが置かれていました。 これがあれば、見学に訪れた時にバラの名前をすぐに知ることができます。 バラ園の先には「ばらぞの橋」があり、その先には芝生公園があります。 バラ園側から難波橋に戻るにはこの階段を利用します。 ホームの紹介 淀屋橋川から見た北浜駅のホームです。 こちらは京都方面側から見たホームです。 1番線が京都方面行で2番線が淀屋橋行きのホームになります。 ホームへのアクセス 北浜駅の改札は地下1階、ホームは地下2階にあります。 ホームへのアクセスは階段を利用します。 ホームへ下りる階段は3カ所ありますが、下りのエスカレーターはありません。 また、ホームから改札への上りエスカレーターは京都寄りの1カ所だけとなっています。 こちらもご覧ください。 まとめ 北浜駅は大阪のビジネスの中心地にあります。 ですが、ビジネス街というだけでなく、レトロビルや中之島公園もすぐ近くにあり、いくつも見どころのある駅です。 夜景も美しいので、仕事帰りに北浜で下車してちょっと寄ってみるというのもいかがでしょうか。

次の