東京 オリンピック メダル デザイン。 東京五輪メダルデザイナー川西純市さん直撃。デザインに込めた思い、「クッキーみたい」というネットの反響にも回答

東京2020オリンピックメダル

東京 オリンピック メダル デザイン

側面 デザインは、「扇 おうぎ 」がモチーフ。 扇を束ねる「要 かなめ 」部分は、人種や国境を越えて、人々の心を1つに束ねるというアスリートを表現し、扇面には日本に生きる自然として岩・花・木・葉・水を表現している。 さらに、扇面の高低差に加えて、自然風景の描写にはそれぞれ異なる加工が施されているため、質感の違いを感じられる。 メダル本体重量は金が約526g、銀が約520g、銅が約430gで、厚みは最小部分が7. 5mm、最大部分が10. 7mm。 直径は85mm。 素材は金メダルが純銀と6g以上の金メッキから、銀は純銀から、銅は丹銅 銅95:亜鉛5 から成る。 メダルリボンは、メダル本体上部への埋め込み式で、側面には各競技名 競技名・種別名・性別・種目名 が英語で刻印される。 また、リボンのデザインには東京2020大会を象徴する紅に加えて桜を使用。 日本らしい組市松紋を用いたデザインで祝祭感と多様性、調和を醸す。 さらに、視覚障害者も順位がわかるよう、裏側にシリコンプリントで金には1つ、銀には2つ、銅には3つの凸加工が施される。

次の

1964年東京オリンピック

東京 オリンピック メダル デザイン

金メダルは純金ではない?値段は? オリンピックの金メダルは、実は材質がすべて金ではありません。 1大会で1000個は金メダルを製造するので、さすがに予算がかかりすぎます。 オリンピック憲章の指定では、「 純度92. これに、工賃(人件費など)がかかってくるので、もう少しコストは高くなります。 オリンピックメダルの製造方法は? 大会ごとに柄や形が違うオリンピックメダルですが、実際どのように製造されているのか気になりますよね。 オリンピックのメダルともなれば、多くの人が製造にかかわり、気の遠くなるような作業を丁寧に行っています。 リオオリンピックのメダル製造をYouTubeで見つけましたので、ご覧ください。 顕微鏡を使用したり細部にまで、こだわって製造していることが良く分かりますね。 メダルのデザインが同じものがあるのはなぜ? オリンピックメダルの一覧表を見ると、デザインが同じものがあるのは、一体なぜなのでしょうか。 それは、 1923年IOCがオリンピックメダルのコンペを始めたことにあります。 例えば、19287年から2000年まで続いた表面は、イタリアの画家・彫刻家の ジュゼッペ・カシオーリの、コロセウムと勝者の女神を表したデザインが採用されたものです。 しばらくは、表、裏同じデザインを使用していましたが、1972年ミュンヘン以降は裏デザインに独自性を出すようになりました。 2000年のシドニーでは、久しぶりに表デザインが一新され、2020年東京オリンピックに引き継がれています。 メダルを噛むポーズの秘密 表彰式後に選手が、メダルを噛むポーズを記者から求められることがありますが、これにも秘密があります。 純金というのは、非常に柔らかく展延性の高い金属です。 そのため実用されるときは 、純金(K24)だとグニャリと曲がってしまうので、銅や銀などを混ぜて硬度をあげています。 昔は 金が本物か確かめるときに、噛んで 歯型がつくか確かめていたそうです。 そういえば、時代劇などで小判?を噛むシーンをみたことがありますね(笑)。 選手が、メダルを噛むポーズの由来はここからきていることの他に、「勝利の味を噛みしめている。 」という説もあります。 現在のメダルは、さきほど説明した通り、純金ではないので歯型はつきませんが。

次の

東京2020パラリンピックのメダルデザイン発表

東京 オリンピック メダル デザイン

裏面は東京五輪のエンブレムを中央に配置。 周囲の渦巻き状の切り込みの角度を変えることで光を反射しやすくし、どの方向から見てもきれいに輝くのが特徴。 川西さんは「五輪を目指して挑戦する選手の努力と栄光を輝く光の輪で表し、多様性を認め合って一つの輪になるような世界を表現したかった」と語った。 表面は国際オリンピック委員会(IOC)の規定に従い、勝利の女神「ニケ像」と大会正式名称、五輪マークが描かれている。 本体の重さは金と銀が夏季大会最重量でそれぞれ556グラムと550グラム。 銅は450グラムとなっている。 直径は85ミリで厚さは最大約12ミリ。 メダルのリボンには視覚障害者に配慮してシリコーンの突起物を初めて付け、手触りで色が分かるようにした。 ケースには国産のタモ材が使われた。 メダルは使用済み携帯電話などから取り出した金属で作る。 五輪では約2500個が必要で、来年5月に製造が完了する。

次の