桜 を 見る 会 反 社会。 アナウンサーが正論「桜を見る会を批判しなかったらネトウヨと言われる。“反権力”が正義なのでしょうか」

桜を見る会の件、『反社会的勢力とみられる人物が出席していたのではないか...

桜 を 見る 会 反 社会

野党ヒアリング終了後、記者の質問に答える黒岩宇洋衆院議員(右から2人目)ら=国会内で2019年11月27日午後3時7分、江畑佳明撮影 首相主催の「桜を見る会」を巡る問題で、立憲民主や国民民主、共産、社民の野党追及本部は27日、政府事務局側と警察庁にヒアリングを行った。 会に反社会的勢力が参加していた疑惑について、菅義偉官房長官は26日の記者会見で「把握していなかったが、結果として入っていたのだろう」などと発言したため、野党は厳しく追及。 ヒアリングはこれまで公開されていたが、今回は「機微に触れる問題」(黒岩宇洋衆院議員)として非公開だった。 冒頭と、終了後に行われた記者への説明での主なやり取りは以下の通り。 反社会的勢力を決して許さない。 徹底的に封じ込めて社会からなくすこと、これが私たちの目指すものだ。 昨日、官房長官が(反社会的勢力の出席を)半ば認める発言をしているが、忸怩(じくじ)たる思い、「絶対にあってはならない」「うそではないか」という思いだ。 桜を見る会には皇族の皆様、各国大使、要人の皆さん、そして功労のあった皆さんがお見えになっている。 その場に反社会的勢力、反社会勢力とつながりがある人がいただけで、とんでもないと思う。 日本国の信用、社会の信用を回復するためにも、私たちは徹底的に追及する。 黒岩宇洋衆院議員(立憲民主) 反社会的勢力の参加に加え、詐欺まがいのマルチ商法かと言われている人物への招待状への発送と、さらに深刻な闇深いステージに突入してしまった。 我々は大変、危機感を覚えている。 今日は警察庁にも来てもらっているが、今回は機微に触れる問題なので、このあとはクローズという形で、忌憚(きたん)なく警察庁から暴対法と反社会勢力に対する取り締まりの見識を聞きたい。 我々もこの問題にどう対応していくか、考えて追及していく。 <終了後の記者への説明> 黒岩議員 まず警察庁に、暴対法、暴力団排除についての具体的な取り組みについて聞いた。 「徹底的に排除している」という趣旨の話だった。 今回、昨日官房長官が認めた、反社会的勢力が入っていたという事実認識について、内閣府は「同じ認識です」とし、内閣府として認めた。 警察庁は「名簿の提出を受けていないことから、参加者を把握できていない」とした。 また「反社会的勢力が入っていたとなると、個別の事案になるので、この場ではお答えできない」とのことだった。 我々は、内閣府が何らかの調査をすべきだと思うが、調査するかどうかについて一切答えない。 反社会的勢力の参加は2週間前から、インターネットや報道、我々の指摘から出されていた。 内閣府は11月21日の(参院内閣委員会での)杉尾秀哉議員(立憲民主)の指摘で、初めて反社会的勢力の参加を知った。 それから1週間。 当然、警察に相談すべきことなので、相談をしたのかと聞くと、「全くしていない」と。 「国民に対してどういう思いか」と尋ねたが、残念とも、遺憾とも言うわけでもなく、「仮にそれが事実であればよろしいことではないと思う」。 当事者意識のない、人ごとのような対応だった。 再来年度以降、改めて(桜を見る会を)開催すると聞いているが、とてつもない闇の世界にまで陥っていることへの責任など、全くもって垣間見られないことが大変残念だ。 記者 内閣府は認めたとのことだが、確認の根拠についての説明はあったのか。 黒岩議員 具体的にはなかった。 田村智子参院議員(共産) 「官房長官の発言がすべて」と言って、読み上げただけ。 「そういうご指摘を受けたから」程度。 記者 今後どういう視点で追及していくのか。 黒岩議員 さまざまな情報が寄せられつつある。 具体的な名前とか、ここではつまびらかにいえないが、そういった情報提供を警察にもしながら。 (実態解明は)主催者に一義的な責任がある。 立法府として相当強く要請していく。 記者 (マルチ商法を展開して破綻し、特定商取引法違反容疑で家宅捜索を受けた)「ジャパンライフ」は反社会的勢力と認識しているのか。 田村議員 事実上そうだと私は思っている。 詐欺まがいの行為を繰り返してきたから。 黒岩議員 行政処分を受け、家宅捜索も受けた。 まだ罪については確定していないので、我々が予断を持って判断しないほうがいい。 「反社会的勢力」の定義についても、暴対法にいうところの暴力団、構成員、または準構成員という、これは狭義かもしれないが、これをもって反社会的勢力と認識しているので、チームとしてはこういうことで対応する。 記者 今日は警察庁の担当者に、疑惑となっている写真などを具体的に見せて認識を問うたのか。 黒岩議員 そうだ。 個別事案については、彼らは捜査機関なので答えられない。 記者 反社会的勢力が入った理由について説明はあった? 黒岩議員 ない。 山井和則衆院議員(無所属) 驚いたのは….

次の

桜を見る会 閣議決定 菅義偉官房長官 反社会的勢力の定義は困難と回答

桜 を 見る 会 反 社会

安倍首相が主催する「桜を見る会」をめぐってバトルが繰り広げられていますが、ここでは「紛争」からちょっと距離を置いて、「反社のみなさま」発言について考えてみましょう。 以前書いたように、サッカーJリーグの審判は「日本語」の使い方に苦慮しています。 ところが日本語で「下がれ」「下がりなさい」というと、興奮状態にある選手は侮辱されたと感じて食ってかかってきそうです。 だからといって「下がってください」では、審判が選手にお願いしているようで権威がなくなってしまいます。 ここからわかるのは、英語の表現は自分と相手が「対等」であることが前提になっているのに対し、日本語はどちらが目上(目下)かを決めるようにできているということです。 誰もが(うすうす)気づいているように、初対面のひとと会ったとき、尊敬語や謙譲語を組み合わせてお互いの上下関係を確定しないと円滑なコミュニケーションが成立しないのです。 ラジオのディレクターから聞いた話ですが、出演した政治家がすこしでも横柄な言葉づかいをすると、「上から目線でけしからん」という抗議の電話が殺到するそうです。 日本人は「身分」に敏感なので、自分が「下」であるかのように感じさせる言葉がラジオから流れてくると、ものすごく不快に感じるのです。 こうした「不適切」な言葉づかいがSNSなどで炎上するようになったことで、政治家や芸能人などは「下から目線」に神経質にならざるを得なくなりました。 それを日頃から徹底していると、「反社会的勢力」という(尊敬してはならない)グループに言及するときに、とっさに「みなさま」を付けてしまうという珍事が起こるのです。 ではこのとき、どのようにいえばよかったのでしょうか。 「反社会的勢力が出席したかどうかは……」とすればどこからも文句はこないでしょうが、日常の言葉づかいとしてはかなり冷たい感じがするので、政治家が(記者会見を通じて)有権者に語りかける場面では使いにくいでしょう。 「反社会的勢力のひとたち」は「みなさま」よりマシでしょうがやはりへりくだったようなニュアンスがあり、「反社会的勢力の者ども」は明らかに上から目線です。 そうなると、「一般に反社会的勢力と指摘されるような人物」くらいが無難でしょうが、とっさにこのような言い換えができるにはかなり高度な言語的能力が要求されるでしょう。 「よろしかったでしょうか」のように、若者たちが尊敬語や謙譲語を誤用することが批判されますが、これは「四民平等」の近代社会と日本語がミスマッチを起こしているからです。 政治家が日本語の使い方に戸惑っているのだから、若者がもっと戸惑うのは当たり前です。 そうなると、日本人が相手と対等に話をするには、公用語を英語にするしかないのかもしれません。 『週刊プレイボーイ』2019年12月9日発売号に掲載 橘 玲(たちばな あきら).

次の

「桜を見る会」問題で飛び出しだ「反社会的勢力のみなさま…」発言について考えてみた【橘玲の日々刻々】|橘玲の日々刻々

桜 を 見る 会 反 社会

芸能人なら芸人生命を奪われるが…… 「芸能人の方々は闇営業に行っただけでもう、芸人生命を奪われかねないような事態にまで追い込まれているのに、(政界では)誰も責任を取らないですむ問題ではない」 立憲民主党の安住淳国対委員長は11月27日、自民党の森山裕国対委員長と面談した後、記者団にこのように語った。 安住委員長は森山委員長にシュレッダーにかけられた「桜を見る会」の名簿を一緒に復元しようと持ち掛けている。 野党は25日に「総理主催『桜を見る会』追及チーム」を「総理主催『桜を見る会』追及本部」に格上げし、「山口・下関ルート」「ホテルルート」「『桜を見る会』調査(招待者・予算・セキュリティー)」「昭恵夫人ルート」「名簿調査(名簿作成・破棄過程)」「ネット調査」「リアルメディア調査」「法務」の8班を結成。 同日には名簿を粉砕したシュレッダーを見学すべく、内閣府に押し掛けた。 もっとも内閣府がこれを拒否したため、翌日の見学になったが、野党は1万5000人分の名簿に相当する800枚の用紙をシュレッダーにかけて時間を計測。 処理に34秒かかったことを確認した。 菅長官のクビを狙う また27日には「『桜を見る会』調査」班が警察庁や内閣府からヒアリングを行った。 菅義偉官房長官が26日の会見で「出席は把握していなかったが、結果的に入ったのだろう」と述べた反社会勢力の参加についての追及するのが目的だ。 しかし本当の目的は別にある。 菅長官のクビをとることに他ならない。 政権の要であり、内閣を束ねる役割を担うのが官房長官だ。 「桜を見る会」でも責任者を務める。 その菅長官と反社会勢力と思われる人物の写真がSNSから見つかった。 野党はこれで揺さぶりをかけるつもりだ。 これには菅長官も否定しようがなく、既述したような反社会勢力の「桜を見る会」の参加を認める発言になったのだろう。 しかしたとえ菅長官のクビをとったとしても、問題の解決になるのだろうか。 「桜を見る会」の私物化 そもそもなぜ招待客数が膨れ上がったのか。 それは「総理大臣主催」を「安倍首相主催」と取り違えたことが原因ではないか。 その証拠に安倍晋三後援会は、後援会メンバーとその配偶者だけではなく、その知人や友人も参加申し込みができた。 申込用紙はコピーで足りたが、紹介者の名前を記載することを必要とされた。 その結果、後援会枠の参加者だけでも800名を超えた。 その数は民主党の鳩山政権時の数十名と比較しても、大きく膨らんでいる。 「総理の公的催事」として捉えていたのなら、政権が替わったとしてもこれほど膨らむはずがない。 そうした緩みは開催要領の「招待範囲」を形骸化させた。 「桜を見る会」の招待範囲は、「皇族、元皇族」「各国大公使等」「衆・参両院議長及び副議長」「最高裁判所長官」「国務大臣」「副大臣及び大臣政務官」「国会議員」「認証官」「事務次官等及び局長等の一部」「都道府県の知事及び議会の議長等の一部」「その他各界の代表者等」の11分野に及ぶが、厳格に解するなら、ほとんどの一般の参加者はこれのいずれにも該当しない。 無理やり「その他各界の代表者等」に入れ込むなら、もはや基準などないのも同然だ。 そのような無秩序が、反社会勢力の入り込む隙を生んだのではないか。 なお会場設営費はテロ対策などを理由に、2014年時の929万円と比較して2019年には2167万円と233%も増加している。 しかし参加者の身元すらチェックできないで、十分なテロ対策ができるはずがない。 いったい何のために会場設営費は増額されたのか。 自民党内ですら批判の声が 「最近の『桜を見る会』は変容した。 そもそも各界を代表する名士が首相とハイタッチするはずがない。 そんなことをさせたら失礼だろ」 ある自民党関係者が苦笑した。 実際に「桜を見る会」問題については、むしろ政権の足元から辛辣な批判が出ているようだ。 そのような雰囲気を反映してか、永田町では解散の噂がじわじわと出始めている。 自民党の森山国対委員長が27日に「会期延長は考えていない」と述べたのは野党の執拗な追及を避けるためだが、党内外を引き締めるために安倍首相が解散を打って出る可能性はゼロではない。 もっとも「桜を見る会」問題で内閣支持率は下がり気味だが、日韓GSOMIAの件で外交では安倍政権はポイントを獲得している。 だがそれが責任をとることに繋がるのか。 1952年に故・吉田茂首相によって始められた「桜を見る会」は来年の開催は中止される。 招待基準や規模の見直しのためだというが、これまで震災や北朝鮮のミサイル発射騒動でとりやめになったことはあるが、不祥事で中止となるのは初めてのこと。 「桜を見る会」の中止自体が大きな問題であり、安倍政権の汚点となることを忘れてはならない。

次の