名古屋市 デイサービス。 名古屋市デイサービスでの新型コロナ集団感染で休業要請。デイ利用は継続すべき?(3/11タイトル変更)(宮下公美子)

【名古屋市】デイサービスの一覧|LIFULL介護(旧HOME’S介護)で検索

名古屋市 デイサービス

名古屋市内のデイサービス利用者が感染 2020年3月、愛知県名古屋市緑区内にある、デイサービス(高齢者が日中通って利用する介護保険のサービス)で集団感染が起きた。 3月1日に感染が確認された高齢者が、デイサービスを利用していたのだ。 同事業所の利用者5人に感染が確認され、そのうちの1人が通っていた別のデイサービスでも8人の感染が明らかになった。 この事態を受けて、名古屋市は緑区と南区のデイサービス126施設に2週間の休業を要請した。 すでに報道されているように、新型コロナウイルスは高齢者、特に80歳以上の人が罹患すると重症化し、命を落とすリスクが高い。 このため、多くの介護施設、事業所は感染が拡大していく中、かなりの危機感を持って感染症対策を行っていたと思う。 しかし、目に見えないウイルスの侵入を完全に防ぐのは困難だ。 感染者の出たデイサービスの感染症対策については承知していないが、集団感染が起きたという事実だけで批判することはできないだろう。 重症化リスクのある高齢者が多数利用するデイサービス等では、利用者に感染者が出た場合は、休業もやむを得ないかもしれない。 しかし、感染者がいない段階での休業は、波及デメリットが大きい。 自宅では一人で過ごすことが困難であったり、食事や入浴のサービスが必要であったり、心身の状態を整えるためであったり、みな必要があってデイサービスを利用しているのだ。 いきなり今日から利用できないとなれば、家族が仕事を休んで対応しなければならないケースも出てくるだろう。 一人暮らしの人であれば、たちまち生活が成り立たなくなるかもしれない。 代替のケアとして、訪問介護が勧められているが、これも現実的とは言えない。 平常時でも、訪問介護は従事するホームヘルパー不足で、利用希望があっても対応できていない事業所が多い。 訪問介護事業所は、利用者を訪問するホームヘルパーの感染リスクへの対応も必要だ。 そこへ、新たにデイサービス126事業所に通う約5800人の高齢者のケアを担うよう求められても、対応できるキャパシティはほとんどないだろう。 古いデータだが、その後も人員不足はさらに深刻化している(データは厚生労働省 「介護労働の現状」より) その他、デイサービスの代替ケアとして考えられる「ショートステイ」(一時的に入所して預かってもらう介護サービス)も、受け入れを休止するところが出ている。 デイサービス休止の2週間で、自宅でケアを受けられずに過ごす高齢者が心身の状態を悪化させてしまうことが怖い。 学校の一斉休校もそうだが、「一斉」には大きなデメリットが伴う。 行政はその点をもっと考慮する必要があるのではないか。 デイ利用継続か否かは本人も家族も納得できる選択を 名古屋市の当該地域では、デイサービス休業要請が出されたものの、休業せずに受け入れを続ける事業所が多数あるという。 感染リスクが現実的に高まっている中、批判もあるかもしれない。 しかし、これは利用者を取り巻く実状を考慮した勇気のある決断だ。 できうる限りの感染症対策を取って、利用者を支えてほしい。 そして、デイサービス利用者とその家族は、苦渋の決断だとは思うが、利用継続にあたっては、感染リスクと、そこから起こりうる最悪の事態まで想定しておいてほしいと思う。 未だ実態が完全に把握できていないこのウイルスについて、万全の感染症対策はあり得ない。 どこにいても、何をやっても、一定のリスクはある。 そして、デイサービスのような複数の人が集まる場に行けば、そのリスクは高まる。 選択肢がない状況の中、酷なことだが、万一感染、さらには最悪の事態が起きたとしても、安易にその責任をデイサービス事業所に求めない覚悟を持って利用してほしい。 感染リスクを回避するために利用を中止すれば、在宅生活で心身状態が悪化したり、転倒などの事故が起きたりするリスクもある。 どちらのリスクを、より避けたいのか。 そして何より、利用者本人が(認知症であっても)どうしたいと考えているかをよく聞き、本人も家族も納得できる選択をしてほしいと思う。 筆者自身、介護家族であり、利用者やその家族の心情は察するにあまりある。 筆者は、大事を取り過ぎたためにかえって本人の心身の状態を悪化させてしまった経験がある。 高齢者にとって決して長くない、残された人生をどのように過ごすことが最も幸福なのか。 それをもっと深く考えるべきだったと、今も悔いている。 厳しい状況にあるが、よく考え、悔いのない選択をしてほしいと思う。 本人、家族はその両方を十分考慮して利用するか否かを決めてほしい(フリー画像) 介護事業所は職員が感染した場合の備えも 介護サービス関係者は、今後、感染が拡大し、職員が感染した時の対応も想定しておく必要がある。 複数の職員が感染により数週間の休職を余儀なくされたとき、どのような職員配置とするのか。 その場合、利用者にはどのように対応するのか。 介護報酬については、一時的な人員不足による報酬の減額を行わないという国の方針が示されている。 しかし、現実的にはどこもギリギリの人員で運営している中、これも実に難しい対応となる。 要介護の高齢者にとって、介護サービスはライフラインに等しい。 一定期間、派遣の介護職を雇用する費用について、行政からの助成などはあり得ないのだろうか。 地震などの自然災害も含め、非常時の対応として、介護事業所も行政も、ノウハウを開発、蓄積してほしいと思う。

次の

名古屋市デイサービスでの新型コロナ集団感染で休業要請。デイ利用は継続すべき?(3/11タイトル変更)(宮下公美子)

名古屋市 デイサービス

はぎのデイサービスセンター はぎのデイサービスセンターに関する情報を掲載しています。 所在地 愛知県名古屋市北区萩野通1-26-1 アクセス 市バス・・・・・・1. 141系統城北小学校前 下車3分 事業所の運営に関する方針 利用者様、ご家族様にとって安心できること。 日曜日・祝日の営業・朝、夕の延長サービス・個別対応を行い、当デイサービスを利用していただくことで毎日の暮らしが、より充実したものになるようにお手伝い致します。 提供サービスの特色等 お仕事をしている介護者様や、急な用事で長時間家を留守にすることがあっても、安心して出かけることが出来るよう、土日祝祭日の営業及び、延長サービスを実施しています。 実際の位置情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。 はぎのデイサービスセンターの詳細情報 事業所の名称 はぎのデイサービスセンター(はぎのでいさーびすせんたー) 事業所の所在地 〒462-0026 愛知県名古屋市北区萩野通1-26-1 事業所の電話番号 052-916-5758 事業所のFAX番号 052-916-5512 事業所のホームページ 事業の開始(予定)年月日 2000年4月1日 介護サービス指定年月日 2000年3月28日 介護予防サービス指定年月日 2006年4月1日 介護サービス指定更新年月日 2014年4月1日 介護予防サービス指定更新年月日 2012年4月1日 事業所までの主な利用交通手段 市バス・・・・・・1. 141系統城北小学校前 下車3分 事業所の運営に関する方針 利用者様、ご家族様にとって安心できること。 日曜日・祝日の営業・朝、夕の延長サービス・個別対応を行い、当デイサービスを利用していただくことで毎日の暮らしが、より充実したものになるようにお手伝い致します。 介護サービスの提供内容に関する特色等(その内容) お仕事をしている介護者様や、急な用事で長時間家を留守にすることがあっても、安心して出かけることが出来るよう、土日祝祭日の営業及び、延長サービスを実施しています。 事業所の営業時間 平日 :8時30分~19時00分 土曜 :8時30分~19時00分 日曜 :8時30分~19時00分 祝日 :8時30分~19時00分 定休日:1月1日 留意事項:ご本人・ご家族の希望に応じて利用時間の変更にも対応いたします。 送迎も可能です。 - 身体的拘束等の排除にかかる施設の理念、方針等が文書に記載されている。 - 利用者ごとの栄養ケア計画についての同意を得るための文書の同意欄に、利用者等の署名等がある。 - 栄養改善のためのサービスの実施記録がある。 - 利用者ごとの口腔機能についてアセスメント(解決すべき課題の把握)を行った記録がある。 - 利用者ごとの口腔機能改善計画について、同意を得るための文書に、利用者等の署名等がある。 - 口腔機能の向上のためのサービスの実施記録がある。 - 利用者の健康管理方法について記載されているマニュアル等がある。 - 事業所の広報誌、パンフレット等を地域に配布した記録がある。 - ボランティア申込票、登録票、受入票等がある。 - ボランティア活動プログラム、ボランティア活動記録等がある。 - 非常災害時の対応手順等について定められたマニュアル等がある。 - 感染症及び食中毒の発生の予防等に関するマニュアル等がある。 - 非常災害時に通報する関係機関の一覧表等がある。 [情報更新:2017年5月22日] はぎのデイサービスセンターの口コミ情報 はぎのデイサービスセンターに関する口コミはまだありません。

次の

デイサービス 友

名古屋市 デイサービス

集団感染が起きたのは、同市緑区の2か所のデイサービス事業所。 今月1日から5日にかけて、市内の共同住宅に住む80歳代女性の感染が確認され、この女性が利用していた緑区のデイサービス事業所で他の利用者を検査したところ、新たに5人の感染が判明。 さらに、このうちの1人が通っていた別のデイサービス事業所でも5人の感染がわかった。 また、デイサービス事業所の集団感染とは別に、80歳代女性と同じ共同住宅に住む別の女性2人も感染しており、この共同住宅を訪れるなどした2人も陽性と判明した。 市はこうした事態を受け、両事業所でクラスター(小規模な感染集団)が発生していると判断。 担当者は「法的根拠はないが、感染の拡大を防ぐ緊急措置」としている。 7日からの休業が難しい場合も、早期に2週間休業するよう求めた。 6日には、集団感染が起きたデイサービス事業所の一つで、新たに3人の感染も確認された。 同市からの2週間の休業要請に、デイサービスの利用者や事業者からは戸惑いの声が上がった。 週4回、義母が同市緑区のデイサービス事業所に通っているという女性(75)は、デイサービスがない日に自身で義母を介護しており、「急なことで驚いた。 本人も通うのを楽しみにしているので、休業は困る」と困惑した様子だった。 週2回、認知症予防のためにデイサービスを利用しているという男性(89)は「施設で楽しむ体操やゲーム、おしゃべりが気晴らしになっている。 行けなくなるのは寂しい」と残念がった。 デイサービスも行っている同市南区の特別養護老人ホーム「オレンジタウン笠寺」は9日から休業することを決め、利用者らへの連絡に追われた。 真田昌代施設長(44)は「感染が広がり、市も苦渋の決断だったのだろう。 やむを得ない」と語った。 一方、同市南区のデイサービス事業所「道」は要請に応じず、営業を続けることにした。 小鹿泰治郎代表(70)は「一人暮らしの高齢者はデイサービスがなければ生活できない。 誤嚥 ( ごえん )や 徘徊 ( はいかい )など、高齢者を1人にすることの危険性にも注意を払うべきだ」と話した。 全国約161万人が利用 デイサービスは、高齢者らが自宅などから通って受ける介護サービス。 送迎があり、食事や入浴のサポートなどを受けられる。 全国で約161万人(昨年9月現在)が利用し、毎日通う人もいれば、週1回利用している人もいる。 認知症で目が離せない親を仕事中に預けるといった利用の仕方も多い。 厚生労働省は2月18日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、都道府県などの判断で感染者が出たデイサービスなどに、休業を要請するよう通知した。 利用できなくなった人には、訪問介護サービスなどの利用を想定している。 2009年に新型インフルエンザが流行した際も、初期に感染者が出た大阪府や兵庫県などが、感染者が出た地域のデイサービス事業者などに休業を要請したが、高齢者が必要なサービスを受けられなくなるなどして問題になった。 あわせて読みたい•

次の