メルカリ オファー の やり方。 【メルカリ】オファー機能の使い方と注意

メルカリのオファー機能!購入者側のやり方を徹底解説!

メルカリ オファー の やり方

【購入者側】『この価格で買いたい』というふところ事情を他の購入希望者に知られない• 【出品者側】コメント欄で提示してしまった値下げ後の価格で足元を見られることがない 購入者側のメリット まずはオファー機能の購入者側のメリットから。 メルカリではある意味、商品の値下げ交渉ありきの価格設定であることが多く、購入希望者はコメント欄で値下げ交渉をしますよね。 メルカリで公式には認められてはいませんが、基本的には コメントした購入希望者が優先的に商品を買えるという雰囲気のようなものがあります。 ここで商品に他にもいいねがついている場合、コメントの通知設定をしているといいねをした他の購入希望者にも値下げ交渉が入った かもしれない ことが伝わります。 するとこれがどうしても欲しい商品だった場合、 『値下げして買われてしまうくらいなら元値で買っちゃおう』 という人がかなりの確率で出てきます。 よく、 『値下げ交渉してたのに横から買われてしまった』 という愚痴をこぼしている人がいますが、これはメルカリの規約になんら違反するものではありません。 ただ、メルカリが『フリーマーケット』の側面を強く持つものであることを考えると普通のフリマで値段交渉している横から商品をかすめ取るような行為はマナー違反であると言えなくもありません。 具体的な背景はわかりませんが、こういうことがないように商品のオファー機能が生まれたのではないかなと思います。 つまり、 値下げ交渉を他の購入希望者に見られることなく直接出品者と行うことによって、言い方は悪いですが『商品の横取り』の可能性が減るというのが購入者側のメリットと言うことになります。 スポンサーリンク 出品者側のメリット 続いて出品者側のメリットについて。 すでにお話ししたように、メルカリ商品の値段交渉はこれまでコメント欄で『公開』で行われていました。 例えば6000円で出品している商品に、4000円まで値下げできませんかという交渉が入ったとします。 購入希望者は大体、けっこうな幅で値下げを要求してくることが多く、この場合ではさすがに2000円引きはあり得ないので5000円くらいまでなら下げられますなどと返信することになります 断っても全然OKですが。 すると、 『こいつは5000円くらいまでなら下げる気はあるのか』 とうことが商品をいいねしている他の 潜在的 購入希望者に伝わることになります。 これだと足元を見られて最終的にはずるずると商品の値段を下げていってしまうという危険性があります。 この点、 購入者から直接『非公開』で値下げ交渉のオファーが入れば、具体的に値下げできる金額を他の購入希望者に見られることがないので足元を見られる可能性が低くなるというメリットがあります。 すると右上の画像のようにオファーの送信完了画面が表示されます。 オファーを送信すると24時間以内に出品者がオファーの承認または否認をすることになります。 24時間以内に出品者側のアクションがない場合は自動的にオファーはキャンセルとなります。 また、もしも購入希望者側でオファーをキャンセルしたい場合は24時間以内に『オファーをキャンセル』ボタンをタップします。 ちなみに今回は出品者側から即座にオファーが否認されたため上の画像のようにオファー失敗となりました。 出品者側が納得いく価格であった場合は、そのまま購入に進むことが出来るということです。 スポンサーリンク 本機能は現在、「 インテリア・住まい・小物」をカテゴリーに選択している商品のみにご利用いただける機能となります。 そのため、上記カテゴリー以外の商品につきましては、現状オファー機能をご利用いただくことはできません。 なぜこのカテゴリに絞っているのか理由は定かではありませんが、 現状では『インテリア・住まい・小物』カテゴリーに限ってのオファー機能利用となっているようです。 ただ、文面からすると『現状』であってこれからオファー機能の他カテゴリーへの適用拡大はないとは言えないようです。 というわけでみなさん『インテリア・住まい・小物』カテゴリー商品でガンガンオファーしてみてください。 【2018年12月追記】 2018年12月時点でオファー機能が使える商品のカテゴリが増えたことが確認されました。 オファー機能が使える商品カテゴリは以下になります。

次の

メルカリのオファー機能!購入者側のやり方を徹底解説!

メルカリ オファー の やり方

メルカリのオファーは、どう対応したらいいの? 今回は、メルカリのオファーに関してです。 (出品者向け) まず、オファーとは、出品者に値引きをお願いする機能のことです。 シンプルに言うと、値引き交渉のことです。 購入希望者が希望のオファー価格を入力して、出品者に送信します。 (購入希望者のオファー申請のやり方は別記事にて解説) 購入希望者がオファーをすると、出品者に「この商品への値引きのオファーが来ました。 この価格で販売しますか?」という通知が来ます。 オファー依頼通知画面 このような依頼画面です。 オファーには期限があり、画面に記載されています。 (期限は24時間) 出品者が、オファーが来た際の対応方法は3つあります。 オファーを受ける• オファーを断る• 無視する このような3つの対応があります。 メルカリのそれぞれのオファー対応について解説していきます。 メルカリのオファーの対応方法 ・ オファーを受ける オファーを受ける場合は、「オファーの価格で売ります」をタップします。 その後、オファーした方が購入すれば、オファーの金額で購入されます。 ただ、オファーした方が24時間以内に購入しないとキャンセルになります。 オファー価格での購入は、出品者がオファーを受け取ってから24時間以内にオファーを承諾した場合のみ可能です。 ・ オファーを断る オファーを見合わせた場合は、そのままです。 価格が安い場合、自分の価格にあわない場合はオファーを断ればいいです。 断り方は、簡単で、「今回は見合わせます」ボタンをクリックします。 特に、メッセージなどの入力は必要ありません。 ・ オファーを無視する 無視した場合は、24時間経過したら、キャンセルになります。 無視した場合もキャンセル扱いになります。 オファーの注意点 オファーを承諾してから24時間以内に購入されなかった場合、キャンセルになります。 オファーに回答したら購入になるわけではないです。 購入者が、購入するを選択しないと購入にはなりません。 その前に、他の購入者が購入してしまった場合もキャンセルになります。 中には、オファーを了承しても、購入しないというパーターンもあります。 (期限までに購入しないケースで、キャンセルになる) もしかしたら、複数の人にオファーを送り、安い所で買っているのかもしれません。 また、カテゴリーによっては、オファーが多いことがあります。 (インテリア、小物系など) 注意点として、すべてのカテゴリーでオファー機能が使えるわけではありません。 オファー機能が使えるカテゴリーが決まっています。 「インテリア・住まい・小物」「家電・スマホ・カメラ」「スポーツ・レジャー」カテゴリーに出品されている商品のみです。 オファーの対応方法は3つあります。 オファーを受ける• オファーを断る• 無視する オファーを放置してもキャンセルになります。 オファーがたくさん来て面倒な方は、スルーしてしまうのも一つの方法です。 あなたのメルカリライフの参考になればと思います。

次の

メルカリにオファー(値下げ交渉)機能が追加!使い方や注意点を解説

メルカリ オファー の やり方

メルカリとは何か 「メルカリ」とはインターネット上でフリーマーケットのように一般の人が商品を売り買いできるサービスの名前です。 あくまでメルカリは商品をやりとりするためのサービスを提供するだけです。 実際に商品を売る人、商品を買う人はメルカリを利用する一般の個人です。 メルカリの利用料 メルカリを利用して商品を買うだけであれば利用は無料です。 メルカリの始め方 メルカリの始めるにはスマホに のアプリをインストールします。 アプリをインストールせずに、メルカリのサイトを利用することもできますが、 アプリの方が圧倒的に便利なので、以下はアプリ前提でお話します。 アプリのインストール方法• 以下のメルカリアイコンからアプリのサイトに行きます。 「今すぐ無料でダウンロード」もしくは「インストール」をクリックして スマホに「メルカリアプリ」をインストールします• アプリを起動し、案内に従って必要な情報を入れればすぐに使えるようになります。 お得情報 会員登録時に招待コードに以下のコードを入れてもらえれば「招待くじ」を引くことができます。 最大で10,000円分のポイントが当たるチャンスなので是非入力ください。 招待コード:MKHUDF メルカリの使い方 商品の買い方 商品を買う場合の流れは以下の通りです。 欲しい商品を検索します。 気に入った商品をタップします• 商品のページに表示されている「購入手続き」をタップします• 支払方法を選びます(コンビニ支払い、携帯キャリア決済、クレジットカード払いが選べます)• 支払方法にあった手続きを行います• 売主の商品発送を待ちます(2〜3日くらいが多いです)• 商品が届いたら商品を確認して売主を評価します これで完了です。 メルカリで買うときのコツ 信頼できるユーザーから購入する メルカリでは一般の個人が売り買いします。 商品の売り買いの時には必ず相手のプロフィールと評価を見ましょう。 評価数が少なかったり、評価が低い場合は要注意です。 新規ユーザーの販売者が掘り出し物を安く売っている場合がありますが、 手を出す場合はリスクを覚悟で購入してください。 交渉を行う メルカリでは「コメント欄」を利用して、フリーマーケットのように 「100円値引きしてください」、「1000円にしてくれませんか?」 など出品者にお願いすることができます。 購入者が提示している金額のまま、即購入(=即決といいます)してもよいですが、 交渉するのもフリマアプリの醍醐味なので積極的にコメントしてみてください。 また、商品のサイズの詳細や仕様などを質問することもできます。 丁寧に回答してくれる出品者であれば信頼ができます。 オファー機能を利用する メルカリには希望の購入価格を提示する「オファー」機能があります。 詳しくは 関連記事【 を参照ください。 「専用」文化を理解する メルカリをつかっていると「〇〇様専用」と書いてある商品が見つかると思います。 これは交渉の結果、販売者が特定のユーザーに売ると決めた商品です。 ただしメルカリのシステム上は【専用】と書いてあっても、他のユーザーも購入することができます。 (商品の名前を編集しているだけで、何か制限をかけられるわけではありません) マナーとしては如何なものかと思うものの、「専用」はメルカリ側が公式にルールとしているわけではありません。 【専用】と書いてあっても、先に購入したユーザーが優先されます。 交渉の結果自分の「専用」にしてもらっても、他ユーザーに横から購入される場合があります。 どうしても確実に押さえたい場合は「オファー」機能を使いましょう。 商品の売り方 商品を売りたい場合の流れは以下の通りです。 売りたい商品を撮影する(写真ギャラリーから選択も可能)• 商品の説明、状態、値段を記載する• 出品して購入されるまで待つ• 購入されたら商品を発送する• 購入者が商品を受け取り評価をされるまで待つ• 相手の評価が終わったら、購入者への評価を書く これで完了です メルカリで商品を売るコツ 信頼されるようにプロフィールを書く 購入者側からの視点に立つと、評価が少ない人の場合は特にちゃんとした人なのか気になります。 出来るだけ丁寧にプロフィールを書きましょう。 プロフィール写真もデフォルトではなくて、顔が映らなくて良いので何か写真を設定しましょう。 商品のキレイにして見栄えを良くする メルカリでは商品の状態を選択することになっています。 中古の場合も「未使用に近い」や「目立った傷や汚れなし」 であれば売れる可能性や金額が上がります。 商品を良い状態にするために、キレイに掃除してから出品しましょう。 目立つ傷があるのに、「未使用に近い」などを選ぶと悪い評価がつけられるので絶対やめましょう。 掃除してもどうしても綺麗にならない場合は、値段を下げるのも手段です。 商品の状態が悪くても値段を優先して買ってくださる方がいます。 私も粗大ゴミ寸前のものをメルカリで売ることができました。 詳しくは 関連記事を参照ください。 洋服や本など薄くできるものは「メール便」を利用するなど配送料が安くなるものを使いましょう。 また不特定の人と住所や名前をやり取りするのが気になる方はこのあと説明する「メルカリ便」を利用すると良いです。 売れて利益も出る適切な値段をつける メルカリで悩むのは値段設定だと思います。 まず売れるためには高すぎる金額はNG。 メルカリ内の取引実績や市場価格を参考にして、これだったら買ってくれるという価格を設定しましょう。 価格設定の方法は詳しくは 関連記事【 を参照ください。 また、手数料(10%)と配送料を考慮して、利益がしっかり出る値段をつける必要があります。 自分が欲しい利益と掛かる費用と手間も考えて値段を設定するようにしましょう。 結果、利益を考えて満足のいく値段にならない場合は出品しないのも選択の一つです。 しかも 費用は商品の売上から実費が差し引かれるのでキャッシュがいりません。 出したい商品を梱包してコンビニに行くだけです。 利用方法は以下の通りです。 ファミマの場合:• famiポートに2次元バーコードをかざす。 レシートが出てくるので30分以内にレジに持ち込む。 レジで渡される専用用紙を商品に添付して店員に渡す セブンの場合:• 直接レジに行き、店員に2次元バーコードを見せる。 利用方法は以下の通りです。 ローソンの場合• Loppiに2次元バーコードをかざす• レシートが出てくるので30分以内にレジに持ち込む• レジで渡される専用用紙を商品に添付して店員に渡す 売上から実費が差し引かれるので、お財布を持っていかなくても大丈夫です。 メルカリで商品を売る時にあると便利なもの お得情報 会員登録時に招待コードに以下のコードを入れてもらえれば「招待くじ」を引くことができます。 最大で10,000円分のポイントが当たるチャンスなので是非入力ください。 招待コード:MKHUDF 高額で売れたもの 私が販売したもので、高額で売れたものを紹介します。 中古ブランド品の財布 ポールスミスやコーチの中古の財布が家にあったので販売しました。 中古でしたが、きれいに掃除したおかげかそれぞれ、 5000円~15000円くらいで販売することができました。 購入者からの評価もちゃんと「良い」を頂いています。 中古のビジネススーツ、ビジネスシューズ スーツや靴といった、一見中古では売れなさそうなものも 出してみると意外と売れてしまいます。 特にブランドものであれば、中古でも購入価格の3分の1~4分の1程度で 販売できるのが実感値です。 つまり、2万円程度の良いくつであれば、5000円~7000円程度は普通に販売可能です。 ブランドと商品の状態によってはそれ以上で販売することもできます。 古いスマホ・iPhoneなど(特にSIMフリー) スマホは1世代、2世代前のものでも普通に販売可能です。 5000円~10000円以上で売れます。 特にSIMフリーのスマホであれば買う側も本体はできるだけ安く仕入れたいという思いがあるので売れやすいです。 個人情報がたくさんつまったスマホを販売するのはリスクが伴います。 必ずデータの削除をしたうえで、初期化を行って販売しましょう。 普通にデータ削除をするだけでは専門的なツールで復元される可能性もあるため、 暗号化機能などで完全に復元不可能にしてから販売すると安全です。 販売相手も業者ぽい方ではなく、普通の取引を過去されている一般人がよいと思います。 (スマホを何台も買っているような購入者は避けた方がよいと思います) メルカリで売った後 メルカリで商品を販売した後に売り上げはどうなるのでしょうか? まずメルカリでは、「商品代金」から「手数料(売上の10%)」と「送料」を引いた金額が販売利益になります。 販売利益 この販売利益が本当に自分のものになる売上金です。 売上金の確認方法 自分がどれくらいの売上金を持っているのかはホーム画面の設定から確認できます。 また、もっと簡単に確認する方法もあります。 自分が商品を購入するページに行って、特定の商品のページに行くと下側に現在の売上金とポイントが表示されます。 売上金の使い方 メルカリの売上げは一旦「売上金」としてメルカリの中に貯まります。 この売上金はメルカリで買い物をするときに利用することができます。 具体的には買いたい商品のページで「購入手続き」を進むと、売上金でポイントを購入「売上金を使用」という項目があります。 こちらをタップします。 すると「売上金でポイントを購入」という画面になるので、商品を購入するのに不足するポイントに売上金を利用することができます。 現金として引き出す メルカリの中で得た売上金は現金として引き出すこともできます。 ただし、振込手数料が200円程度かかります。 出来ればまとまった金額を一気に振り込むようにしましょう。 留意事項:売上金の使用期限 売上金には使用する期限があります。 使用期限である180日の間に、ポイントに交換するか、現金振込を行うかしないと売上金がなくなってしまいます。

次の