リレー バトン ゾーン。 リレーのテイク・オーバー・ゾーンが30mになります!

リレー バトンパスのルール!失格理由と違反条件を調査!-スポ魂ルール

リレー バトン ゾーン

概要 [ ] 個人競技が大勢を占める陸上競技の中では数少ない団体競技の一つ。 第1走者から第4走者までの4人で100mずつバトンを渡しつないで走り、そのタイムを競うものである。 第二走者以降はリレーゾーンで加速するため、単純に100mの記録を4倍した数値や選手4人のタイムを合計した数値よりも速い記録が出る。 走る速さだけでなくバトンパスの技術も非常に重要で、失敗するとタイムロスになったり最悪失格になったりしてしまう。 特に400mリレーでは各走者の走る距離が短い分、バトンワークの優劣が最終的なタイムに大きく影響する。 バトンの受け渡しはなどとは違い、バトンを受け取る第二走者以降はコース上にマーキングをするなどしてバトンを渡す走者がその位置を通過した際にスタートして速度が乗った状態のまま後方を振り向く事無くバトンの受け渡しを行う。 バトンを受け渡す際に落としてしまった場合、レースを続行することはできるが、基本的に挽回は絶望的なレースとなる。 バトンを受け取る走者が拾って走るのは失格扱いとなる。 バトンパスの方式は大きく2つに分類され、前後の走者が腕を水平に振り上げ、バトンを受け取る走者が上向きに広げた掌にバトンを置くように渡す オーバーハンドパスが全世界的に主流の方式である。 比較的容易に習得でき、バトンパスで双方の走者がバトンの両端を持って渡せるために走者の間隔を大きく取り距離を稼ぐ事ができる。 反面バトンを受け取る走者がやのを真後ろに捻じ曲げる無理な体勢を取るため受け渡しの際に速度が落ち、バトンを落とす危険性もやや高い。 バトンを受け取る走者の腰ほどの高さで下向きに開いた掌にバトンを下から差し入れる アンダーハンドパスを採用しているチームもある。 伝統的な手法であるが難易度が高く、形だけを完成させるにも熟練を要するため徐々に使われなくなっていった。 また低い位置でバトンを受け渡す体勢の関係上、オーバーハンドパスよりも前後の走者が接近する必要があり、距離的な面でも不利である。 しかし、バトンを受け取る走者が走るフォームのまま後方に手を伸ばす、というこの方式には走る動作として無理が少なく減速が最小限で済むという大きなメリットがあるため、熟練した選手同士で行えばタイム短縮の可能性もあり近年では再評価されている。 他国より個人の体格や走力が劣るやなどはアンダーハンドパスを磨き上げ、本競技では国際大会でしばしば上位入賞を果たしている。 第一走者はスタートダッシュに長けている選手、第二走者は直線の速い選手、第三走者はコーナリングのうまい選手、第四走者(アンカー)には走力の高い選手(エース)が入ることが多い。 アンカーにはフィニッシュ前での競り合いに負けない勝負強さも必要である。 そのために同じ直線走路である第二走者にエースを起用し無用なプレッシャーを減らし走力を存分に発揮させる作戦のチームもあり、第二走者の重要性が高まっている。 その他にスタートが得意なエースを第一走者に起用して逃げ切る、コーナーが得意のエースを第三走者に投入して後半一気にリードを広げ勝負に出るなどチーム戦略は様々である。 通常やのトップ選手が参加することが多いが、障害走ながらほぼ同じ距離を走る男子の選手や、女子では同じ距離を走るの選手が起用されることも多い。 加えて跳躍競技(主にと)の選手でも短距離走を得意とする場合はリレーメンバーに選ばれ、大きく貢献することもある(日本では、世界ではや、などが該当する)。 また持久力があり、200m同様にコーナリング技術の強さを生かせるやを本業とする選手がリレーメンバーに選ばれることもある。 但しこれは多くの大会の場合、彼らの本職であるの決勝と本種目の予選が同一日(最終日の前日)に重なっており、たとえ2、3時間の間隔が開いていてもかけもちが難しい(スタッフも無理をさせたくないのが本音と思われる)という日程面の影響もある。 そのため、補欠メンバーとして起用されることが多い。 またこの種目は陸上競技大会の最後に行われることが多く、レース展開も目まぐるしく変化するため、100メートル競走やなどと並ぶ大会の花形競技として親しまれている。 各国のレベル [ ] 男子 [ ] との実力が突出しており、これに続く第2グループが7ヶ国ほどある。 日本 [ ] 2016年で出した37秒60のアジア記録樹立により国別歴代ランキングでは、に次ぐ3位(当時)に急浮上した。 2019年で37秒43を記録しアジア記録をさらに更新、国別歴代ランキングではジャマイカ、アメリカ、イギリスに次ぐ4位に位置した。 オリンピックではで4位入賞、ではアメリカ等の強豪国がバトンパスのミスや引き継ぎ違反で決勝に進めなかったことやジャマイカが競技後にドーピング検査で失格になったこともあってを、では4位だったがでもアメリカより先着 しを獲得した。 でも、2017年に同国初の銅メダルを獲得、2019年に2大会連続となる銅メダルを獲得した。 、、、の4年間で出場した選手は 10秒00 、 10秒08 、 9秒98 、 10秒08 、 10秒07 、 10秒22 、 9秒98 、 10秒19 、 9秒97 の9人が出場しており、近年はより豊富な選手層を誇っている。 (2017年にが100m9秒台を出しているが、やでメダルを獲得した当時は)100m10秒を切る選手がいない中での好成績に世界のトップアスリートも関心を持ち、、オリンピック3大会連続2冠 100m、200m ・2大会連続3冠 100m、200m、400mリレー のは「日本はチームワークがいい。 この数年彼らを見てきたが、彼らはいつもバトンの扱いが素晴らしい」と評価し、同大会100m銀メダリストのも「バトンパスに集中して練習している。 一年中一緒にレースするからチームワークもよくなるんだろう」と述べるなど、チームワークのよさとバトンの受け渡しのよさを絶賛している。 ジャマイカ [ ] 世界記録保持者のウサイン・ボルトがメンバーに入っていた時期は圧倒的強さを誇っており、ロンドンオリンピックで世界記録を塗り替えている。 アメリカと比較してもバトンミスが少なく、世界陸上でも2007年大阪大会以降はメダルを獲得しており、さらに以降は金メダルを取り続けている。 しかし、ではアンカーのが足を痛めたため途中棄権、絶対的エースのボルトが引退した後のでは決勝進出を逃している。 北京オリンピックでは世界記録による1着に入ったが、2017年1月にのドーピング違反により失格の裁定が下り、金メダルをはく奪された。 但しロンドンオリンピックにて北京オリンピックの記録を上回っていることから世界記録保持者であることは変わらない。 アメリカ [ ] 世界トップレベルに位置するアメリカであるが、男子に関して21世紀に開催されたオリンピックではアテネの銀メダルが最高であり、北京ではバトン落下による途中棄権、ロンドンでは2着であったが3走のが薬物規定違反を犯したことでメダルはく奪、リオデジャネイロでは日本に先着され、その後1走から2走へバトンパスを行なったのがテイクオーバーゾーン外であったことから失格になるなど3大会連続でメダルを逃している。 世界陸上でも、では金メダル、、では銀メダル、では37. 10のアメリカ新記録金メダルを獲得しているが、その他の大会では失格になることが多い。 中国 [ ] では日本と競争相手にあるのがである。 アジア人初の100m9秒台を記録した 9秒91 や200mアジア記録保持者の 19秒88 、 10秒00 などを擁し、にて日本が保持していたアジア記録を更新し、アジア初の37秒台に突入して金メダルを獲得。 ではジャマイカに次ぐ銀メダルを獲得している。 翌年迎えたリオデジャネイロオリンピックでも予選1組目でアメリカに次ぐ2着に入っており、アジア記録を一時的に更新していた(その後2組目で1位になった日本に更新されている)。 決勝でも4位に入り、日本と並ぶ世界の強豪国に位置付けられている。 ではや、などのエース級の選手を欠き、日本とインドネシアに敗れ銅メダルを獲得した。 イギリス [ ] は2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得、地元開催となったではヨーロッパ新記録となる37秒47で金メダルを獲得、ではヨーロッパ記録をさらに更新する37秒36で銀メダルを獲得、国別歴代ランキングでは3位に位置している。 圧倒的な選手層の厚さやバトンワークで誰がどの区間に入っても安定した記録や順位をマークする実力を持つ。 や、などの個人で活躍する選手や、など主にリレーのサブで活躍する選手が十分に揃っている。 トリニダード・トバゴ [ ] も強豪であり、北京とロンドンで2着に入り、北京ではジャマイカの失格により金メダル、ロンドンでは銀メダルを獲得している。 リオデジャネイロでも決勝に進出たが、レーン侵害による失格となり3大会連続のメダルを逃している。 ブラジル かつて北京五輪やリオデジャネイロ五輪で入賞するなどの功績は持っていたが、2019年ので優勝を果たし、では37秒台に突入するなど急成長を遂げた。 南アフリカ 2019年の世界リレーで好記録を残し、ドーハ世界陸上の予選ではアフリカ記録を更新する37秒65を記録し、現在国別歴代ランキングで日本に次ぐ5位に位置している。 エースのを擁する。 女子 [ ] 女子ではアメリカ、ジャマイカ、が強豪国となっている。 日本 [ ] 日本女子はオリンピックの出場枠が得られる上位16位に入れるかどうかのレベルで、でリレーメンバーが大会中にショッピングに勤しんだことを理由に以後暫く代表を派遣させてもらえなかった経緯もあり、まで代表チーム自体の派遣がないなど、男子ほどの活躍は見られなかったが、 2009年、2011年と日本記録を更新し、で以来48年(12大会)ぶりに出場した。 アメリカ [ ] ロンドンで金メダル、リオデジャネイロでは予選で一度は失格になったが抗議の結果からの妨害が認められ、アメリカだけの再レースで予選総合8位だった中国の記録を上回り決勝へ進出。 2大会連続の金メダルを獲得している。 1975年以降の電気計時公認記録 男子 タイム 名前 日付 場所 大会 40秒22 新帯哲美、岩本一雄、清水進、 () 日中親善 40秒18 原田康弘、原田彰、松浦成夫、 記録会 39秒54 原田康弘、原田彰、松浦成夫、 太平洋沿岸5カ国大会 39秒31 、、小池弘文、 ・決勝 38秒90 、山内健次、栗原浩司、 ・準決勝 38秒81 、、、 ・準決勝 38秒77 、、、 ・決勝 38秒67 、、、 ・準決勝 38秒44 、、、 ・予選 38秒31 、、、 ・準決勝 38秒31 、、、 ・準決勝 38秒21 、、、 () ・予選 38秒03 、、、 () ・決勝 37秒68 、、、 ・予選 37秒60 、、、 ・決勝 37秒43 、、、 ・決勝 女子 タイム 名前 日付 場所 大会 46秒72 森田美知子、、坪田ゆき子、松下さゆり () 日中対抗 46秒55 岡田和子、秋元恵美、田中輝代、 記録会 46秒45 岡田和子、秋元恵美、田中輝代、 太平洋沿岸5カ国大会 46秒38 、秋元恵美、、貝原澄子 () 日中対抗 46秒21 、秋元恵美、、貝原澄子 () 8カ国対抗競技会 45秒85 、貝原澄子、、秋元恵美 () ・決勝 45秒70 逢坂十美、、、秋元恵美 () ・決勝 45秒13 、秋元恵美、吉田淳子、 ・決勝 44秒85 正木典子、、、野村綾子 () ・予選 44秒81 、、、 () 44秒57 、、、 () ・決勝 44秒41 、、、 () 44秒12 、、、 () 44秒11 、、、 () 関西実業団選手権 44秒10 、、、 () 43秒77 、、、 () 43秒67 、、、 ・予選 43秒58 、、、 () 43秒39 、、、 () 日本歴代パフォーマンス10傑 [ ] 男子 タイム 名前 日付 場所 大会 1 37秒43 、、、 ・決勝 2 37秒60 、、、 ・決勝 3 37秒68 、、、 ・予選 4 37秒78 、、、 4 37秒78 、、、 ・予選 6 37秒85 、、、 7 38秒00 、、、 8 38秒03 、、、 ・決勝 9 38秒04 、、、 ・決勝 10 38秒07 、、、 ・予選 女子 タイム 名前 日付 場所 大会 1 43秒39 、、、 2 43秒58 、、、 3 43秒61 、、、 4 43秒65 、、、 アジアグランプリ第1戦・予選 5 43秒67 、、、 ・予選 6 43秒74 、、、 7 43秒77 、、、 8 43秒79 、、、 9 43秒81 、、、 北京 10 43秒83 岡部奈緒、、、 ・予選 単独チーム歴代10傑 [ ]• 実業団・大学・高校などの単独チームが記録した、メンバー別の歴代最高タイムを記載 男子 タイム 名前 所属 日付 場所 1 38秒54 畠山純、、河合元紀、 2 38秒57 、、、奥迫政之 3 38秒75 女部田亮、、猶木雅文、 4 38秒77 女部田亮、猶木雅文、渡辺将志、 5 38秒79 西垣佳哉、、矢野琢斗、 6 38秒81 北村拓也、、竹下裕希、 6 38秒81 西垣佳哉、、冨田智、 8 38秒85 女部田亮、、河合元紀、 9 38秒87 村木毅行、、太田和憲、赤松寿長 10 38秒89 勝瀬健大、、矢野琢斗、 女子 タイム 名前 所属 日付 場所 1 44秒37 、、、 2 44秒40 、栗本佳世子、松田薫、 ナチュリル 3 44秒48 斉田果歩、福田真衣、上村希実、 3 44秒48 、、、 5 44秒57 、、松田薫、 ナチュリル 6 44秒59 湯淺佳那子、福田真衣、広沢真愛、山田美来 7 44秒64 熊谷史子、、野村有香、 8 44秒80 、、、 9 44秒83 、、栗本佳世子、 ナチュリル 10 44秒87 、岡部奈緒、佐野布由実、 チーム別単独チーム歴代10傑 [ ]• 実業団・大学・高校などの単独チームが記録した、チーム別の歴代最高タイムを記載 男子 タイム 名前 所属 日付 場所 1 38秒54 畠山純、、河合元紀、 2 38秒57 、、、奥迫政之 3 38秒79 西垣佳哉、、矢野琢斗、 4 38秒81 北村拓也、、竹下裕希、 5 38秒94 野川大地、、堀江新太郎、土手啓史 6 39秒01 品田直宏、、、 7 39秒06 、、諏訪達郎、東魁輝 8 39秒11 西端公志、、南山曙宏、西岡春陽 9 39秒15 鷹合耕甫、山本悠史、川瀬孝則、松尾慎太郎 10 39秒22 佐藤友弥、本間圭祐、本塩遼、野川大地 10 39秒22 、与那原良貴、、 女子 タイム 名前 所属 日付 場所 1 44秒37 、、、 2 44秒40 、栗本佳世子、松田薫、 ナチュリル 3 44秒48 斉田果歩、福田真衣、上村希実、 4 44秒59 湯淺佳那子、福田真衣、広沢真愛、山田美来 5 44秒64 熊谷史子、、野村有香、 6 44秒80 、、、 7 44秒87 、岡部奈緒、佐野布由実、 8 44秒98 木村瑞穂、三宅真理奈、藤井彩和子、西尾香穂 9 45秒00 柴山沙也香、中村水月、、中島藍梨 10 45秒07 小川梨花、足立紗矢香、島田沙絵、 チーム別実業団歴代5傑 [ ]• 実業団のチームが記録した、チーム別の歴代最高タイムを記載 男子 タイム 名前 所属 日付 場所 1 38秒94 野川大地、、堀江新太郎、土手啓史 2 39秒06 、、諏訪達郎、東魁輝 3 39秒37 、、、 、、、 4 39秒44 、、、今井康太 5 39秒45 立山崇裕、江崎学、渡辺雅弘、柴田剛 城山観光 女子 タイム 名前 所属 日付 場所 1 44秒37 、、、 2 44秒40 、栗本佳世子、松田薫、 ナチュリル 3 44秒64 熊谷史子、、野村有香、 4 45秒71 瀬野恵美子、藤井由香、高島三幸、長島麻美 三英社 5 45秒80 高木志帆、三宅奈緒香、野口聖菜、工藤真希 学校別学生歴代5傑 [ ]• 大学のチームが記録した、学校別の歴代最高タイムを記載 男子 タイム 名前 所属 日付 場所 1 38秒54 畠山純、、河合元紀、 2 38秒57 、、、奥迫政之 3 38秒79 西垣佳哉、、矢野琢斗、 4 38秒81 北村拓也、、竹下裕希、 5 39秒01 品田直宏、、、 女子 タイム 名前 所属 日付 場所 1 44秒59 湯淺佳那子、福田真衣、広沢真愛、山田美来 2 44秒80 、、、 3 44秒87 、岡部奈緒、佐野布由実、 4 44秒98 木村瑞穂、三宅真理奈、藤井彩和子、西尾香穂 5 45秒00 柴山沙也香、中村水月、、中島藍梨 学校別高校歴代5傑 [ ]• 高校のチームが記録した、学校別の歴代最高タイムを記載 男子 タイム 名前 所属 日付 場所 1 39秒57 和田遼、宮本大輔、、平賀健太郎 2 39秒72 段林翔希、魚里勇介、三崎大樹、大西絢也 3 39秒77 水久保漱至、和藤一真、野村勇輝、木下裕貴 4 39秒79 竹内大和、富田大智、神谷翔矢、河田航典 5 39秒97 今野恭佑、徳山黎、中嶌佑太、林大生 女子 タイム 名前 所属 日付 場所 1 44秒48 斉田果歩、福田真衣、上村希実、 2 45秒23 初見笑里、阿部彩花、吉田実結、 3 45秒38 末石和莉、澤谷柚花、野口理帆、 4 45秒40 岸本優花、倉橋美穂、外園愛梨、高須鮎香 5 45秒43 小川ひかり、石川優、高島咲季、鶴澤亜里沙 五輪・世界選手権における日本チームの入賞歴 [ ] 日本が同種目に初参加したのは1928年アムステルダムオリンピックからで、続く、と戦前において3大会連続で参加した。 中でも1932年ロサンゼルスオリンピックでは決勝進出を果たし、アジア勢初の5位入賞を果たした。 戦後ので20年ぶりに競技に復帰したが、その後は苦戦が続き、終了後は暫く代表チームの派遣されなかった。 ちなみにメキシコシティーオリンピックの日本代表は、短距離走の選手はのみで、残り3名(、、)が走幅跳の選手で構成されるという珍しいチーム編成であった。 から競技に復帰する。 青木半治の「どんなに弱くても、リレーはオリンピックに連れて行くべきだ。 リレーが基本なのだから」との考えから、20年間に渡って派遣されていなかった日本代表を派遣させた。 続く1992年バルセロナオリンピックでは戦後60年ぶりの決勝進出を果たし、戦後初の6位入賞を果たす。 以後個々の走力のハンデを緻密なバトンパスで補う日本のリレーはオリンピックや世界選手権で入賞を重ね、今日の日本代表の活躍につながった。 五輪における日本男子チームの入賞歴 [ ] 年 大会 開催国 選手名 成績 記録 1932 、、、 5位 41秒3 1992 、、、 6位 38秒77 2000 、、、 6位 38秒66 2004 、、、 4位 38秒49 2008 、、、 2位 38秒15 2012 、、、 4位 38秒35 2016 、、、 2位 37秒60• 戦前ので日本男子チームが5位入賞を果たす。 戦後はにおいて60年ぶりに決勝進出(6位入賞)すると、その後は決勝の常連チームとなる。 北京五輪(2008年)とリオデジャネイロ五輪(2016年)で2度銀メダルを獲得し、五輪においての最高成績となっている。 世界選手権における日本男子チームの入賞歴 [ ] 年 大会 開催国 選手名 成績 記録 1995 、、、 5位 39秒33 2001 、、、 4位 38秒96 2003 、、、 6位 39秒95 2005 、、、 8位 38秒77 2007 、、、 5位 38秒03 2009 、、、 4位 38秒30 2013 、、、 6位 38秒39 2017 、、、 3位 38秒04 2019 、、、 3位 37秒43• で日本男子チームが5位入賞を果たす。 において3位入賞を果たし、五輪に続いてメダルを獲得した。 五輪・世界選手権における日本女子チームの入賞歴 [ ] 年 大会 開催国 選手名 成績 記録 1932 、、、 5位 48秒9• において日本女子チームが5位入賞を果たした。 なお、この大会を最後にオリンピック・世界選手権を通じて日本女子チームは決勝から遠ざかっている。 関連書籍・DVD [ ]• 日本代表として世界に挑んできた「チーム朝原」の熱い物語。 、2008、走者・との文庫オリジナル対談つき。 ) 脚注 [ ]• なお、アメリカは日本の直後の3番手でゴールしたがレース中の違反行為があり失格となった。 「<五輪陸上>素晴らしいバトンパス…ボルト、ガトリンが評価」(2016年8月20日、)• (2016年1月26日、)• 古い時代にさかのぼると、で5位に入賞している。 - 公式サイト(配信記事) 2012年7月3日• 米女子、400mリレー単独再レースで決勝へ(2016年8月19日、日刊スポーツ)• 2015年. 2016年1月11日閲覧。 2015年. 2016年1月11日閲覧。 「日本記録の変遷」『八十年史』1995-09-04発行、 48頁。 「日本記録の変遷」『八十年史』1995-09-04発行、 57頁。 レースには福島選抜Aとして出場 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

陸上競技【マイルリレー】とは?距離や走順、走り方について解説

リレー バトン ゾーン

リレーのマーカー(テープ)を貼る位置や大きさなどを別の記事で書いてきました。 どちらかと言えば、あまり知られていないルールに関するものでした。 今回は、ズバリ、リレーの(受け渡し)に関するルールです。 2020年度ルール改正により「落としたバトンを拾う」ときのルールが改正されました。 (2020年4月18日)。 2018年度ルール改正により一部内容が変更になります。 本記事は2017年度のルールに基づいています。 2018年度・2020年度ルール改正後のリレーの(受け渡し)に関するルールは次の記事でご覧いただけます(2018年4月2日・2020年4月18日)。 他のリレー種目でも考え方は同じですが、適用される走者(第1走者から第4走者の誰か)がかわる場合がありますので説明から省きます。 バトンは競技中手でもち運ばなければならない。 レース中、競技者が他チームのバトンを使ったり拾い上げた場合、そのチームは失格となる。 相手チームは、有利にならない限り失格とはならない。 これらは説明するまでもないこと、当たり前ですね。 (受け渡し)の「テイク・オーバー・ゾーン」 バトンは、テイク・オーバー・ゾーン内で受け渡されなければならない。 一般的にはバトンゾーンといわれます。 ルール上では テイク・オーバー・ゾーンです。 はこの内で行います。 2018年度ルール改正でテイク・オーバー・ゾーンの長さがリレー種目によりかわります。 次の記事がその内容です。 下の写真の白の横ラインです。 このラインの境目は スタート地点寄りのふち。 ライン上はゾーンに含まれません。 *テイク・オーバー・ゾーンの入口を示すライン 下の写真の白の横ラインです。 このラインの境目は スタート地点寄りのふち。 この ライン上はゾーンに含まれます。 最近は下図のようにテイク・オーバー・ゾーンの入口、出口を示すマーキング(ライン)が 黄色矢印の競技場もあります。 考え方は同じです。 入口の黄色ラインはテイク・オーバー・ゾーンーに含まれ、出口の黄色ラインは含まれません。 <第2走者から第3走者、第3走者から第4走者がを行うテイク・オーバー・ゾーン> これも 入口のラインはゾーンに含まれ、 出口のラインは含まれません。 の始まりと終わり バトンのパスは、受け取る競技者にバトンが触れた時点に始まり、受け取る競技者の手の中に完全に渡り、唯一のバトン保持者となった瞬間に成立する。 それはあくまでもテイク・オーバー・ゾーン内でのバトンの位置のみが決定的なものであり、競技者の身体の位置ではない。 競技者がこの規則に従わなかったときは、チームは失格となる。 は、 バトンを受け取る走者(次走者)に バトンが触れた瞬間に始まり、バトンが 渡す走者(前走者)の 手を離れ次走者の手中に収まり、次走者のみがバトンを持っている状態になった瞬間に終わりです。 そのは、 テイク・オーバー・ゾーン内で行われなければならず、選手の身体の位置には関係なく、 バトンの位置で決まるということです。 この通りに行われないは違反と見なされチームは失格になります。 ポイントは「バトンの位置」で決まるということです。 選手の身体がテイク・オーバー・ゾーンの外であっても バトン全体がゾーンの中にあり、正しく受け渡しが行われていれば問題はありません。 バトンを落としたとき もしバトンを落した場合、落とした競技者がバトンを拾って継続しなければならない。 この場合、競技者は距離が短くならないことを条件にバトンを拾うために自分のレーンから離れてもよい。 加えて、そのような状況でバトンを落としたとき、バトンが横や進行方向(フィニッシュラインの先も含む)に転がり、拾い上げた後、競技者はバトンを落とした地点に戻ってレースを再開しなければならない。 上記の手続きが適正になされ、他の競技者を妨害しない限りは、バトンを落としても失格とはならない。 一方、競技者がこの規則に従わなかった時、チームは失格となる。 ポイントは、 落とした選手が拾うこと。 の行為が始まってから(次走者にバトンに触れた時が行為の始まり) 次走者だけがバトンを持っている状態になるまでにバトンを落とした場合は前走者,次走者のどちらが拾ってもよいのです。 ただ、本当に次走者にバトンが触れたのかどうかで問題になることがあります。 もし競技役員に「触れていない」と判断されれば、バトンを落とした選手は前走者なので、前走者が拾わなければ失格となります。 「次走者に触れた」ことが明らかでないときは、 渡す走者(前走者)が拾うようにすることです。 落としたバトンが 他のレーンに転がり出たときは、 他のレーンの選手のじゃまをしないように拾い、 バトンが転がり出たところから自分のレーンに戻ります。 ルールの記載です(一部関係しない部分は略)。 この延長した範囲を示すために、各レーンに明瞭なマークが表示されなくてはならない。 もし競技者がこの規則に従わない場合、そのチームは失格となる。 ルール上は加速ゾーン、一般的には ブルーゾーンといいます。 文字通り次走者が静止状態から走り出し、加速に使われる。 このでは行えません。 次走者はこのを使わなくてもいいし、 途中から使っても構いません。 加速ゾーンの開始位置を明確にするためのラインが引かれています。 *加速ゾーンの入口(開始部分)を示すライン(ルールでは「 助走マーク」) 上の写真の水色のラインです。 このラインの境目も スタート地点寄りのふちです。 つまり ラインの上は加速ゾーンになるので、 バトンをもらうために待つ選手はこのラインを踏んでも構わないのです。 でもラインより 進行方向の逆側(スタート地点寄りのふち)に踏み越すのはNGです。 2018年度ルール改正で加速ゾーンはなくなります。 詳しくは次の記事です。 この規則に従わなければ、そのチームは失格となる。 簡単に言うと、加速ゾーンはないということ。 次のふたつのルールは関係する内容です。 その後、待機している走者は、この順序を維持しなくてはならず、バトンを受け取るまで入れ替わることは認められない。 違反した場合は、そのチームを失格とする。 レーンが分かれていないということです。 次走者は 前走者が第2曲走路入り口(1レーンの200mスタート地点=400mトラックの半周の地点) を通過した順序で並び、その後前走者の順位が入れ替わっても、 次走者は入れ替わってはならないということです。 このときラインを踏んでも構いませんが、前走者の方に踏み越してはNGです。 もし競技者が、この規則に従わないならば、そのチームは失格となる。 ただし、前ルールで決まった 並び順をかえることはできません。 選手の身体の位置ではない。 そのゾーンは使用してもしなくても構わない。 また次走者は 加速ゾーン、テイク・オーバー・ゾーン内のどの位置で待っていても構わない。 次走者が並ぶ順番は前走者が第2曲走路入り口を通過した順序で以後かえてはならない。 かなり細かいことまで書かれていますが、競技役員(監察員という審判)が見ています。 また、大会によっては、ビデオ監察ということも行っており、が正しく行われているか、違反はないかを別室で確認することも 行われています。 実際に人がレースを見て判断が難しい違反が、ビデオ監察で確認できたという例もあります。 前走者がゾーン手前で転倒、バトンがゾーン内に入っていないのに次走者が手を出し受け取ってしまう失格、第3走者、第4走者が決められた順序で並んでいたのに、最後の直線で前走者の順位がかわったために待つ順番をかえてしまい失格。 ルールを知らずに行ってしまったこともあるようです。 ルールをきちんと知り練習そして競技にのぞみましょう。 この記事はお役に立ちましたか?下のボタンを押していただければ嬉しいです。

次の

4×100mリレー(4継)のバトンパス意識と練習方法

リレー バトン ゾーン

このページで分かること CLOSE• 陸上短距離で最も盛り上がると言っても過言ではないのが 「リレー種目」です。 この種目では、個々のスピードのみならず、バトンパスの技術や走順(オーダー)による戦術が大きく関わるため、ただ 足を速くするトレーニングだけをやっていてはなかなか成績を伸ばすことができません。 そこでここでは、以下の4点について紹介していきます。 テークオーバーゾーンは30mあり、次の走者はテークオーバーゾーン内から走り始めることができます。 なので、 受け手が テークオーバーゾーンを示すラインを踏んで待っていたり、ラインの外で待っていたりするといけません。 必ずライン内で待って、走り出すようにしましょう。 そして、次走者の走り出しの目安としてレーン上に チェックマークを貼ることができます。 前走者が走ってきて、チェックマークを通過する瞬間を見計らって次走者がスタートを切り、ゾーン内で無理なくバトンパスを完了できるように、チェックマークの位置はあらかじめ調節しておかなければなりません。 ゾーン内かどうかは、バトンの位置が基準になる バトンパスがゾーン内で行われたか否かについては、 バトンの位置を基準に決められます。 なので、バトンパス開始時に、バトンがゾーン外にあったり、またはバトンパス完了がゾーン外になってしまうと失格です。 選手同士がバトンを渡そうと、手を伸ばしたりしていても、受け手がバトンに触れていなければ、バトンパスは始まっていないことになります。 また、受け手がバトンに触れた時からバトンパスは開始されているので、 受け手がテークオーバーゾーン内にいても、手を伸ばしてバトンに触れた時のバトン位置が、ゾーンより外だと失格です。 渡し手と受け手がバトンに同時に触れている状態は、まだバトンパスが完了していないことになります。 そして、バトンパス完了までにバトン位置が、テークオーバーゾーンから外に出てしまうと失格です。 バトンを落としてしまった時は? バトンパスが完了していない時は、渡し手が拾って、落としたところまで戻って、再度渡す バトンパスが完了していなければ、 必ず渡し手がバトンを拾って、次の走者にバトンパスを再度行う必要があります。 渡し手が、バトンを落とした人になるからです。 リレー競技では、バトンを落とした人がバトンを拾わなければなりません。 バトンパスが次の走者に1度触れていたとしても、それはまだバトンパスが完了していないので、渡し手が取りに行きます。 この時、他の選手の妨害になったり、走る距離が短くなるなど、チームに利益が出ない限り、渡し手はレーンの外に出ることができます。 バトンパスが完了していれば、受け手が拾って、落とした所から走り出す 一方、 バトンパスが完了した後、バトンを落としてしまった時は、受け手がバトンを取りに行きます。 受け手が、バトンを落とした人になるからです。 この時も、他の選手の妨害になったり、走る距離が短くなるなど、チームに利益が出ない限り、渡し手はレーンの外に出ることができます。 バトンを渡し終えた後、レーンの外に出ても失格にはなりません。 ただし他の選手の妨害になったとみなされると失格になります。 したがって、バトンパス完了後、渡し手は出来る限り自分のレーンにいる、マイルリレーの場合は速やかにトラックから出るようにしなければなりません。 他のチームのバトンを拾ってあげるのはダメ 他のチームがバトンを落としてしまった時、親切にそのバトンを拾ってあげてはいけません。 他のチームのバトンを拾ってしまうと、拾ってあげたチームが失格になります。 関連記事 バトンパスのコツ(走り出し方、渡し方) 受け手のバトンパスのコツ 距離感を見計らって走り出す バトンを受け取る選手は、渡し手が急激な減速を起こさないように、 距離感を見計らって走り出さなければなりません。 走り出しの目安になる チェックマークを貼って、練習をしながら微調整をしていきます。 自分の スパイクで何足長分のところがピッタリ合うか、予めチェックしておきましょう。 スムーズに走り出す構え方 スタートが得意な選手 スタートが得意な選手であれば、普段のスタンディングスタートと同じように、思い切り加速をして、普段通りの100m走の加速の中でバトンを受け取れるようにしてみましょう。 スタートが苦手 スタートが苦手な場合は、前走者を待っている時の足幅を少し狭くして、前足から倒れ込むように、無理なく加速するのも一つの手です。 この場合、加速はどうしても遅れるので、やや早いタイミングで動き出せるようにチェックマークの位置を調節しておきましょう。 加速が遅れてしまっても、「できるだけ高いスピードに達した状態でバトンパス」できればそこまで大きな問題にはならないので、テークオーバーゾーンをフル活用して、弱点を補える工夫を凝らしてみましょう。 チェック距離間を優先 前走者を待っているときに、上体を前に倒した状態だと、チェックマークの位置(前走者との距離間隔)が分かりづらくなってしまうことがあるようです。 この場合は、チェックマークをやや高い位置から見下ろせるような姿勢で待機して、前に倒れ込むように加速していくようなスタート方法も使えます。 渡し手のバトンパスのコツ とにかくバトンパスし終えるまでスピードを緩めない 渡し手は、とにかくバトンパスの最後の最後までスピードを緩めてはいけません。 気を抜いてしまうと、バトンパスがまだ完了していないのに減速してしまい、思わぬバトンミスにつながってしまう可能性があるからです。 「渡った!」という感触がきちんと得られるまで、走り抜ける、次の走者を追い越すつもりで走りましょう。 オーバーハンドパスとアンダーハンドパスの特徴とコツ ・利得距離が長く取れる。 ・視線を前に向けたまま渡せる。 関連動画(オーバーハンドパス) オーバーハンドパスのコツ また、オーバーハンドパスには、バトンを立てて押し出すように次走者にパスをする 「プッシュプレス」とバトンを寝かせて渡す 「ダウンスイープ」という渡し方にも分けられます。 プッシュプレスではしっかりとバトンを押し込むように、ダウンスイープでは空振りの無いように、バトンを確実に乗せることを意識しなければなりません。 また、渡しては加速をしながらバトンをもらう 「手」をしっかりと開いて、走りながらでもブレないように腕を高く挙げられるようにする必要があります。 アンダーハンドパス アンダーハンドパスの特徴 アンダーハンドパスは、受け手が手を低い位置に保ち、渡し手がそこにバトンを「スッと入れる」ようにパスをする方法です。 試合時では渡し手が減速局面にあることに注意 バトンパスの実践練習時では、よく渡し手が50m程度の助走からテークオーバーゾーンに侵入する方法が取られます。 しかし、 実際のレースでは100m近い距離を走ってくることになります。 すなわち、 渡し手は既に減速局面にあるわけです。 100m走ってきた後のスピードでバトンパスをするのと、50mの助走によるトップスピードに近いスピードでのバトンパスは、当然「スピードが異なる」わけです。 この違いによって重要なレースでバトンミスをしてしまうのは非常にもったいないことだと言えます。 なのでバトンパスの練習をする際には、必ず 「全区間で通し練習」を事前に行っておくことが重要です。 「渡す&もらう感覚」を養おう ジョグでのバトンパス 人によって、バトンを渡す感覚やもらう感覚は異なる場合が多いです。 そのため、普段からバトンの受け渡しを行い、その感覚を養っておくことも重要な練習だと判断できます。 ウォーミングアップでのジョグを用いたりして、日ごろからバトン感覚を養っておきましょう。 速い流しの中でバトンパス 関連記事(合わせて読みたい!) 参考文献.

次の