山口県コロナ。 コロナでキャンセル続き廃業 山口・秋吉台唯一のホテル [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

山口県/政策企画課/新型コロナウイルス感染症関連情報・トップページ

山口県コロナ

会議で引き続き「3密」となる場所への外出自粛を求める村岡知事(右端) 大半の遊興施設への休業要請を延長しないことなどを決めた5日の山口県の新型コロナウイルス感染症の対策本部員会議。 村岡嗣政知事は引き続き県外移動や「3密(密閉、密集、密接)」の場への外出自粛を求めた。 会議で村岡知事は「県内では大都市のような感染拡大は避けられている」との認識を示した。 一方、県外客の流入が予想されるパチンコ店への休業要請は10日まで延長。 11〜31日は土日のみの休業要請へと段階的に緩和するが、平日の営業中は、各店が運転免許証で住所確認するなどし、県外客の利用を認めない。 村岡知事は「現時点で、協力金の追加支給などの補償は考えていない」とした。 山口市の県立山口図書館や柳井市のやまぐちフラワーランドなど県立の46施設の休館や利用中止を原則24日まで延長し、25日から順次再開すると決めた。 県主催のイベントは31日まで中止する。 24日までとしていた県立学校の休校は「感染対策を講じた上で予定通り25日に学校を再開したい」とした。 この日、防府市も対策本部会議を開き、市立の69施設の24日までの休館延長などを決めた。 (原未緒) あなたにおすすめの記事.

次の

山口県内の最新感染動向

山口県コロナ

25人以上となった場合は、各指標や感染の実態を総合的に判断し、自粛要請等の措置を検討 全国の発生状況 全国における感染状況は、以下のとおりです。 県をまたぐ移動をお考えの方は、移動先やその周辺地域の状況をご確認ください。 新型コロナウイルス感染症については、国内で感染が継続されている地域もありますが、国の基本的対処方針や他の都道府県の対応状況等を踏まえ、特定の地域を指定した移動の自粛要請は行わないこととし、引き続き、「山口新型コロナウイルス感染状況モニタリング会議」において、感染状況等を監視していくこととしています。 県民の皆様、企業の皆様には、再び感染を拡大させないよう、また、社会経済活動の回復に向け、以下の取組について、ご理解とご協力をいただきますようお願いします。 県をまたぐ移動については、本県の情報はもちろん、移動先の自治体が提供している情報等を確認し、感染リスクが高い施設の利用を控えるなど、慎重な行動をお願いします。 企業の皆様におかれては、在宅勤務(テレワーク)やテレビ会議の活用、透明間仕切り等の設置、混雑時の入店制限など、業種ごとに策定される感染拡大予防ガイドライン等を踏まえ、感染拡大防止のための適切な対策を徹底してください。 皆様お一人おひとりが、感染拡大を予防する「新しい生活様式」を実践し、「密閉、密集、密接」のいわゆる3密となる場所を避け、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗い」をはじめとした基本的な感染予防対策を徹底してくださいますようお願いします。 令和2年6月18日 山口県知事 村 岡 嗣 政• (6月18日)• (5月29日更新)• 5月29日更新• 6月16日更新 新型コロナウイルス感染症に関する各種情報をお知らせするとともに、個人の方や企業・事業者の方への支援制度などをご案内しています。 《該当する項目をクリックしてください。 山口県新型コロナウイルス感染症対策本部 公式ラインアカウントは• 県では、患者が発生した場合は、速やかに公表いたします。 デマ情報に惑わされることのないようにご注意ください。 今後、新型コロナウイルスの感染防止を徹底しつつ、同時に大きく落ち込んだ社会経済活動を回復させていくために、この新しい生活様式が定着した、新たな日常をつくり上げていくことが求められています。 県民の皆様、企業の皆様には、こうした行動変容の重要性をご理解の上、実践例を参考にしながら、日々の生活や業務の中で新しい生活様式を実践し、「3つの密」の回避や人と人との距離の確保、マスクの着用をはじめとした基本的な感染対策の継続と徹底をお願いします。 また、このような中で、これからの暑い季節、熱中症にも例年以上に気をつけなければなりません。 例えば、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにするなど、「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントが厚生労働省から示されていますので、これを参考に、熱中症の十分な予防に心掛けてください。 令和2年度の熱中症予防行動(リーフレット) 《参考》• 企業・事業者の皆様には、業種ごとに策定されている「感染拡大予防ガイドライン」をご確認いただき、適切な感染予防対策を徹底していただくようお願いします。 このアプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができます。 利用者は、陽性者と接触した可能性が分かり、PCR検査など保健所のサポートを早く受けることができます。 利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されますので、是非ご活用ください。 新型コロナウイルス接触確認アプリの概要・ダウンロードは をクリックしてください。 感染拡大の防止や医療提供体制を強化するための取組に寄附金を活用させていただくことを通じて、皆様から寄せられた、新型コロナウイルスによる危機をともに乗り越えようとの応援の思いを、最前線の現場で活動されている医療従事者の方々などへしっかりと届けます。 皆様のご協力をよろしくお願いします。 個人の方は、 をクリックしてください。 企業・団体の方は、 をクリックしてください。 やまぐちプレミアムキャンペーン」について 新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ観光需要の喚起のため、新たに「行こうよ。 やまぐちプレミアムキャンペーン」を展開します。 皆さん、ぜひこの機会に山口県内を周遊していただき、訪れたことのない観光スポットや気になっていた食事も併せて楽しまれるなど、山口県の魅力を発見してください。 キャンペーンの詳しい情報は、 をご覧ください。 このキャンペーンは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で落ち込んでいる県内の観光需要を喚起するために、まずは第一弾として、県民の皆様に県内の温泉を巡って楽しんでいただこうというものです。 こうした時期だからこそ、改めて県内に目を向けて、お気に入りの温泉や今まで行ったことのない温泉を巡り、周辺の観光地やグルメスポットなどへも足を延ばして、地元ならではの癒しを満喫してみませんか。 感染予防対策を徹底しながら、是非、山口県の魅力再発見の旅にお出かけください。 キャンペーンの詳しい情報は、 をご覧ください。

次の

「コロナで自殺」はデマ 千葉、高知、山口の3件

山口県コロナ

会議で引き続き「3密」となる場所への外出自粛を求める村岡知事(右端) 大半の遊興施設への休業要請を延長しないことなどを決めた5日の山口県の新型コロナウイルス感染症の対策本部員会議。 村岡嗣政知事は引き続き県外移動や「3密(密閉、密集、密接)」の場への外出自粛を求めた。 会議で村岡知事は「県内では大都市のような感染拡大は避けられている」との認識を示した。 一方、県外客の流入が予想されるパチンコ店への休業要請は10日まで延長。 11〜31日は土日のみの休業要請へと段階的に緩和するが、平日の営業中は、各店が運転免許証で住所確認するなどし、県外客の利用を認めない。 村岡知事は「現時点で、協力金の追加支給などの補償は考えていない」とした。 山口市の県立山口図書館や柳井市のやまぐちフラワーランドなど県立の46施設の休館や利用中止を原則24日まで延長し、25日から順次再開すると決めた。 県主催のイベントは31日まで中止する。 24日までとしていた県立学校の休校は「感染対策を講じた上で予定通り25日に学校を再開したい」とした。 この日、防府市も対策本部会議を開き、市立の69施設の24日までの休館延長などを決めた。 (原未緒) あなたにおすすめの記事.

次の