木酢液 うどんこ病対策。 木酢液の利用法についてうどん粉病には、アルカリや酸性の液体の散布が...

木酢液の利用法についてうどん粉病には、アルカリや酸性の液体の散布が...

木酢液 うどんこ病対策

無農薬栽培時、気を付けることは 病気と虫の被害だと思います。 葉っぱが虫に食べられた 病気にかかってしまった などなど。 頭を悩ますことが多いと思います。 今回は無農薬栽培で活躍する 酢の力を紹介します。 酢は無農薬栽培では最強 無農薬栽培で最強の予防液は酢だと思っている。 間違いない。 酢で予防できる病気• うどんこ病• べと病• えき病 他にも多くの病気に効果あり。 すごいぜお酢様!無農薬栽培の最強の助っ人であること間違いなし。 うちもお世話になっております。 なによりすごいのは、 多くの病気に対して予防効果がある点です。 酢で作った予防液を振りかけることで、作物の予防能力は上がって行きます。

次の

うどんこ病の対策や予防は?農薬以外のおすすめってあるの?

木酢液 うどんこ病対策

木炭は、昔はそのほとんどが暖房用、調理用の燃料用としての需要ばかりでしたが、近年、自然指向の生活の中で、バーベキュー用燃料のほかにその多様な効能が見直されています。 木炭は、材木を炭焼き壺で焼いて炭化させたものです。 この精製段階で材木の水分が蒸発して、その後に微細な孔がたくさんできます。 この孔が非常にすばらしい機能を持っています。 炭1グラム当たりの表面積は、なんと200〜300平方メートルにもなります。 この微細な孔がいろいろな物質を吸着する効果を持っています。 冷蔵庫の臭い消しも、この木炭の吸着性を利用したものですし、水道水のろ過器もこの木炭が微細なごみや臭いを吸い取る機能を利用したものです。 特に水中に微量に溶けている薬品類はつかまて放さない性質があります。 これは、水、空気の浄化に約立ちます。 また、炭は窒素の塊で、空気と水分を豊富に含んだアルカリ性の強い物質で、この炭を土の中に置くと土の中に住みながら生存競争に弱い微生物が、炭の中に逃げ込んできます。 まずやってくるのが空気中の窒素を固定するアゾトバクターという細菌だということです。 窒素といえば、リン酸、カリとともに植物が育つためには、欠かすことのできない大事な物質です。 つまり、炭は土の中にいて植物の成長を助ける微生物に暮らしやすい環境を提出するわけで、優れた土壌改良剤になるわけです。 炭には湿度調節の機能もあります。 家の床下や押入など湿気のこもるところに炭を置くと露ができなし、湿気を取ります。 また、逆に空気が乾燥しすぎると、今度は水分を放出して炭は乾き、空気中の湿度を調節します。 ふつう家庭用の風呂に、木炭の塊、300グラムを布袋に入れ使用します。 使う炭はなるべく硬質で重い炭がよく、ない場合は袋に石と一緒に入れて使います。 湯あかを防ぎ、湯をまろやかにするそうです。 タイ米など臭いの強いご飯を炊くときに炭を入れると臭いがなくなりおいしく炊けます。 このときは硬質の炭で水あらいをしてから使います。 普通の米でもおいしく炊けるそうです。 昔から腹をくだしたときは炭粉を飲むと回復すると言われています。 木炭には有効ミネラルが含まれているので動物は一般に炭が好物だということです。 このときはマツ炭などやわらかい炭がいいです。 野菜や果物を保存するときに、木炭を一緒に入れておくと、木炭がエチレンを吸着して、鮮度が長持ちするそうです。 酸性土を中和するほか、土中の保水性や通気性を高め、カリウムなどの肥料効果もある。 また太陽熱を吸収して、土の表面温度を下げる。 木酢液をまくとネコブセンチュウを殺す効果がある。 連作障害もなくす。 植えるときの穴や植木鉢の底に粉炭をしく。 余分な水は炭の穴や間から流れて、逆に微小な穴に水をためるので水もちもよくなる。 木炭をまとめて網袋に入れて川底や浄化槽に沈める。 不純物を吸着するほか 微生物を育てて有機物の分解を進め、 水をきれいにする。 家畜などに餌と混ぜて食べさせる。 胃腸の調子がよくなり、健康になるほか、糞のにおいが弱まる。 肉や卵の味もよくなる。 木酢液も同様。 木酢液とは、木材炭化の副産物として、煙を冷却することで生成されるこげ臭い茶褐色の液体です。 炭窒木酢液は微粒子の霧のような状態で排煙されます。 その際、冷却装置(竹やステンレス、その他)に導いて空冷または水冷したり、障害物に触れるようにして生成します。 PHは約3で大部分が水分で、その主成分は酢酸です。 他に成分は200種近い微量成分から成ります。 5%、フェノール類0. 1〜0. 5%、その他アセトン、メタノールなど微量成分を含みます。 これら微量要素のために木酢液には、特異な用途があります。 木酢液の特徴は、原液では、殺菌効果が認められ30〜500倍にうすめると微生物の増殖効果があります。 また、植物の成長、阻害や成長促進作用が木酢液成分の中にあり、無公害で理想的な土壌改良剤です。 品目 病害虫名 使用法 ピーマンですが、根の張り方が悪いので追肥をしましたら、雨のためにそれが効きずて、根が黒くなり瀕死の状態になってしまいました。 そこへ100倍の木酢液をひしゃくで1本1本にかけたところ、3日後、白根が出始め木酢液の威力を感じました。 トマト センチュウ 50倍液を株元へ灌水 トマト ウイルス 200倍液を1週間おきに 散布 トマト、キュウリ ネコブセンチュウ 100〜200倍液の株元へ 灌水 私のうちでは、ナスにもトマトにも、木酢液を使いますが、造花のようにばりばりした葉が出るのが特徴です。 硬いから虫にも病気にも強く、食べきれないほど実がなります。 キュウリ うどんこ病、べと病 ニンニク入り木酢液200の葉面散布 キュウリ、ナス うどんこ病、灰色かび病 活性炭+300倍液 ピーマン センチュウ 1,500〜2,000倍液を灌水がわり3回散布 ハクサイ、キャベツ 根こぶ病 木酢入り半生堆肥施用 果物の糖度が上がります。 ナシやモモで2度、ブドウなら3度〜6度も上がるそうです。 リンゴ 腐らん病 50倍液を1週間おきに2回散布 ブドウ うどんこ病、ダニ 50倍液の散布 樹木、観葉植物 カイガラムシ 200倍液を2〜3回配布.

次の

【被害が広がる前に対処しよう!】灰色かび病の症状と対策について

木酢液 うどんこ病対策

ベト病とはどんな病気なのか見極めましょう ベト病は葉に褐色の病班ができて放っておくと茶色くなってカサついた感じで枯れてしまう病気です。 見た目は写真のように太陽で葉っぱが焼けてしまったような感じになります。 ベト病は糸状菌というカビの一種が原因起こる病気で、昼夜の温度格差が大きい3月〜4月と10月〜11月頃の夜間の湿度が高い(85%以上)で、気温が15〜20度の頃に発生しやすくなる病気です。 菌は風などで飛んできて葉の裏面の気孔から感染します。 発生しやすい春と秋の日没前の水やりが多い時に発生しやすくなります。 病原菌は、糸状菌(かび)の一種で、胞子が風などで飛散して一気に伝染します。 対策:排水を良くして密植を避ける。 同科の野菜の連作をしない。 窒素分が多い肥料を控える。 ベト病の治療法 ベト病の治療は比較的簡単ですが、それでも放っておくとどんどん被害が広がってしまいます。 ベト病の発生を確認したらあわてずに、発生が初期で症状が軽い場合はまずは症状が出た葉っぱだけをちぎって様子をみて下さい。 ただし、ベト病の原因になるカビの胞子が風などで飛んでしまえば広がってしまいますので少しでも枯れ始めた葉っぱも必ず除去するようにしましょう。 除去する葉っぱが多くなるほど治療は困難 になっていきます。 手に負えなくなったときは、次のステップに進んで被害を最小限に食い止めることを検討しましょう。 発病した葉を処分したあと、しばらく様子を見てもベト病の症状が株全体に広がり続けるときは、ベト病の市販薬剤を使うことを検討しましょう。 せっかく家庭菜園で育てるならば出来る限りは使用したくないのが本音だと思います。 そこでおすすめなのは手作りの治療薬を使ってみる方法です。 軽症のベト病なら1週間おきくらいに木酢液や酢を水で薄めたものマシン油とニンニクを混ぜた液を散布すると症状が消える事がありますので試してみて下さい。 さらに被害がひどくなった場合には薬剤散布をしないとすべての株が来れてしまう結果になってしまいます。 薬剤を使うのは少し気が引けるかもしれませんが、他の株を守るためにも人体に被害の少ない薬材もたくさん市販されていますから利用することも検討してみて下さい。 ベト病にかかった時は薬は葉裏を中心に散布する事が大切です。 ベト病の対策(治療)と予防方法は? ベト病にならない為のまとめ• 水はけ・通風・採光をよくすることでベト病を予防できます。 土壌の排水性は出来る限り良くして、根が健全に育つようにすることがベト病の対策になります。 狭い場所にたくさん植えすぎないこと。 株・葉の間を開けて風通しをよくする事がベト病の対策になります。 湿度が高いと蔓延しやすいので風通りの良い場所で育てることがベト病の対策になります。 芽が出始めた時からうどん粉病にならないよう希釈酢などを吹きかけるとうどん粉病の対策になります。 肥料不足に気をつけるとベト病の対策予防になります。 春と秋の日没直前の水やりは、通常より少なめか出来るなら避ける方がベト病が発生しにくい.

次の