全切開。 二重手術「切開法」の整形について

二重手術「切開法」の整形について

全切開

全切開して後三日で三ヶ月になります。 ちょっと気になることがあるので質問させてください。 まず右上の画像。 半目にしても二重の食い込み線がくっきり残ってしまいます。 他の方の半目 を見るとちゃんと切開線辺りまで見えるのに自分は食い込んでるということは腫れがまだ続いてる?もしくは皮膚除去が少なく皮が余ってるからでしょうか?その場合再手術しないとこの食い込みは治らないのでしょうか…。 因みに半目を斜めから見ると左上のような感じです。 三ヶ月なのでもうほぼ腫れが引くことはない気がするのですが…。 左下は目を開けた状態で右下は少し目に力を入れた状態です。 同じように三ヶ月で食い込んでて治っていった方いませんか?もしくは再手術をした方いますか? よろしくお願いします。 こんにちは。 二重全切開法の経験者です。 質問:右上の画像で、再手術しないとこの食い込みは治らないのでしょうか? 回答:私の場合は欧米人の様な幅広平行二重で全切開法をしたので3か月の時点でもまだ腫れは有ったように記憶しております。 医師が手術でどの様な内部処理されたのか分かりませんが、しっかりと内部処理が出来ていれば、今後徐々に目立たなくなる可能性は有ると思われます。 質問:半目を斜め上から見ると左上の感じです。 回答:一般的には二重の幅を広くすればするほど腫れぼったい不自然な目になりやすいです。 理由は、瞼の厚みは眉毛側に近づくほど分厚くなる構造だからです。 また、皮膚自体が厚い場合には、脂肪取りをされても腫れぼったさを解消する事は出来ません。 その場合は無理に幅広二重にせずに、自然に見える二重幅に抑える事が必要です。 質問者様の場合には、確かに3か月経っている割にはぷっくりハレていますが、中央から目頭にかけてのラインの消失も気になります。 もしかすると癒着がしっかりと出来ていない可能性もございます。 芸能人で平行二重の方はほぼ100%目頭に鋭角的な切れ込みが入っていますので、平行二重を希望でしたらその方が自然に見えると思います。 私も芸能人の真似をして鋭角的な切れ込みを目頭に入れました。 しかし、末広型を希望でしたら目頭切開はせずに、目頭から末広型にラインを作る事で末広型二重になると思います。 質問:3か月経っても食い込んでて治った方いませんか? 回答:上記に書きました様に私の場合も3か月経った時点で腫れは有った様に記憶しております。 しかし、内部処理をきちんとした為に腫れが長引いてる場合は、時間が経てば必ずスッキリした瞼になれますのでご安心ください。 ちなみに反対側の瞼はどうなのでしょうか? スッキリした瞼になっておりますでしょうか? 回答ありがとうございます。 中央から目頭にかけてラインが消えているのはどっちかというと部分切開に近くしてもらったから…?かもしれません。 手術前は三年間くらいアイプチをしており、だいぶ被れてると看護師の方に言われたので腫れはもう少し続くのかな…と考えてます。 後左目は右目よりほんと気持ち狭い程度でぷくっとしてる感じは残ってます。

次の

二重まぶた・全切開法 : 二重まぶた(二重瞼)・目もと(目元) : 美容整形の高須クリニック

全切開

眼瞼下垂とは まぶたが下がって目の開きが悪くなることを眼瞼下垂と言います。 まぶたが下がる、まぶたが重い、眠たそうな目元、くぼみ目、頭痛や肩こりなどの症状が出ます。 眼瞼下垂は瞼の裏側がたるみ、瞼を開く力が伝わりにくくなることが原因で起こります。 多くの方が眼瞼下垂ですが、日常生活に支障をきたすと病気として扱われます。 目の開き具合(黒目が隠れずにしっかり見えること)は、明るく美しい目元にするためにとても大切な要素です。 二重を広くするだけでは美しい目にはなりません。 広すぎる二重はガチャピンのように眠たそうな目やぼんやりした目になって逆効果になることも多いです。 二重幅はそれほど広くなくても、黒目が大きくはっきり見えると目元は明るく美しくなります。 女優さんに目の開きが悪い人はほとんどいません。 眠たそうな目もとの方、目の印象を大きく明るくしたい方、まぶたが重い方、眼瞼下垂で頭痛・肩こりに悩まされている方には眼瞼下垂の手術で解消することができます。 切る方法と切らない方法 眼瞼下垂の手術には切らない方法(埋没糸でおこなう眼瞼下垂手術)、切る方法(挙筋腱膜前転術)がありますがメリットデメリットは以下のようになります。 切らない方法(切らない眼瞼下垂) 【メリット】 ・ダウンタイムが短い ・傷が残らない ・気に入らなければすぐに戻せる ・再手術が比較的容易 【デメリット】 ・切るに比べて戻りやすいことがある。 ・同時に二重を作れないので二重幅が狭くなるもしくは不安定になることがある。 二重幅を狭くしたくない方、二重を安定させたい方には切らない眼瞼下垂プレミアムがおすすめです。 参考 切る方法(挙筋前転術) 【メリット】 ・糸でおこなうより戻りにくくなる。 ・ラインの微調整を行うことが出来る。 ・二重を作ったり、二重幅を調整できる。 ・眼窩脂肪を引き下ろしてくぼみ目を改善できる可能性がある。 ・ある程度の皮膚のたるみを除去することができる。 【デメリット】 ・ダウンタイムが長引く ・傷が残る ・修正は簡単ではない(半年くらいは再手術できない) 以上、それぞれご希望に応じてメリットデメリットをしっかり把握して術式を選んでいただくのが良いかと思います。 それでは、以下では切る眼瞼下垂術(挙筋腱膜前転術)について解説させていただきます。 全切開+眼瞼下垂術(挙筋腱膜前転術)とは まぶたを切開して目の開きを改善させる方法です。 眼瞼下垂は瞼の裏側(後葉)が伸びてたるみ、目を開く力が伝わりにくくなりまぶたが下がることにより起こりますが、全切開+挙筋腱膜前転術では、後葉のたるみを改善させることで眼瞼下垂を治します。 手術では希望の二重のラインを切開して、伸びた挙筋腱膜を瞼板に引き下げ固定し目の開きを良くします。 眼瞼下垂が高度の方や、挙筋機能が低下している方ではミュラー筋ごと短縮する挙筋群短縮術をおこなうこともあります。 目が開きやすくなると、重く眠たい目元が改善し目力がアップします。 頭痛や肩こり、くぼみ目など眼瞼下垂の症状も改善します。 目を大きく見せたい方では、瞼が開きやすくなって黒目が大きくなり印象的な明るい目になります。 挙筋腱膜前転術は、二重を切開しますので、同時に二重を作成したり幅を変更したりすることも可能です。 二重幅を狭くして奥二重や一重に近いラインで行うことも可能です。 また、ある程度皮膚を切除して目の上のたるみを改善したり、眼窩脂肪を引きだしてくぼみ目の改善を行うことも可能です。 手術直後・1か月後の動画 全切開+挙筋前転術の手術直後・1か月後の患者様の症例動画でご参考いただければと思います。  お客様はもともと目の上の眼窩脂肪除去と、糸の眼瞼下垂と二重術をおこなっていた方で、二重が浅くなったので二重を少し広く安定させたいとご希望でした。 そのまま全切開をして二重を作っても眼瞼下垂の糸が切れて目の開きが弱くなってしまうことが予想されましたので、二重切開の際に眼瞼下垂(挙筋前転術)もおこなって目の開きをしっかり保ちながら二重を広くすることにしました。 切開して広め二重を作っていきましたが、もともと瞼が厚ぼったい方ではないので直後から腫れはすごく強いわけではありませんね。 1ヶ月したらかなり自然になり、閉眼時の二重の食い込みもそれほどではありません。 半年ほどかけてもっとなじんで完成していきますので、自然な仕上がりになるかと思います。 眼瞼下垂術(挙筋前転術)のリスク 切らない方法よりダウンタイムが長引く まぶたを切開する方法ですので、腫れや内出血は目立ちやすくなります。 切開するので抜糸まで1週間はメイクが出来ません。 直後は二重幅も広く食い込みがあり不自然になるため、ある程度メイクでカバーできるようになるまでには、2週間~1ヶ月ほどかかります。 お休みはなるべく長くとると良いでしょう。 完成までは半年以上かかります。 広い二重にしたり、瞼の厚みが強い方では腫れが目立ちやすくなる傾向があります。 傷が残る 傷は消えるわけではありません。 3ヶ月~半年くらいは傷は赤みがかっていますが、最終的には白い細い線状の傷になります。 よーく見ないと傷がどこにあるか分からない人もいれば、すっぴんで目を閉じると分かってしまう方もいらっしゃいます。 二重がしっかり癖付けされるため、まぶたが厚い方やたるみの強い方、広い二重をご希望の方などでは目を閉じたときに二重のラインが少し食い込む方もいらっしゃいます。 なるべく食い込みたくない方ではライン上のボリュームの除去を最小限にすることでリスクを抑えることは可能ですが、逆に二重が浅くなったり戻りやすくなったりすることがあります。 修正は手軽にはできない 傷は最初のうちは赤みがあり、1ヶ月をピークに硬くなります。 傷が硬いうちに再手術を行うと傷はさらに癒着して拘縮を起こします。 傷が成熟して柔らかくなるまでは3ヶ月~半年ほどかかりますので、再手術をする際は半年以上待っていただく必要があります。 しばらくは兎眼になる(目が閉じにくくなる)ことがある 目の開きが良くなるということは目が閉じにくくなるということでもあり、特に術後しばらくは目が閉じにくくなることがあります。 寝ている間などでは目が少し開いてしまうことがありますが、時間と共に落ち着いていきます。 ドライアイが悪化することがある 目が閉じにくくなったり、まぶたの裏側が歪むことで涙が全体にいきわたらずにドライアイになりやすくなることがあります。 もともとドライアイの方では悪化のリスクがあり注意が必要です。 眉が下がり、目と眉が近づく 目の開きが改善すると、おでこで眉を上げて目を開ける必要がなくなるため、眉が本来の位置に戻り目と眉が近づきます。 本来の位置に戻るため通常は不自然になることはありませんが、眉の位置が低い方(眉毛下垂)の場合では目と眉が不自然に近づく可能性があり注意が必要です。 黒目が大きく見えるようになるぶん見かけ上二重が狭くなる 目の開きが改善すると相対的に二重は狭くなります。 また、くぼみ目が改善しやすくなるため、くぼみで反っていた皮膚が余ってかぶってきます。 さらに眉が落ちてくることでさらに二重は狭くなりやすくなります。 ただ、目の開きは改善しますので、二重が狭くなっても目元は明るく見えるようになります。 二重が狭くなるのはある程度予測して二重幅を決めますが、眉の下がり具合などは予測できないと言われており、想定より狭くなってしまう可能性はあります。 皮膚のたるみが出やすくなる たるみは、まぶたの裏側(後葉)だけでなく、表側(前葉)にもあることが多いです。 眼瞼下垂が改善すると(まぶたの裏側が引き上がると)、まぶたの表側が相対的に下がってくるため、二重のライン上やまつ毛にかかる皮膚がたるんできます。 また窪み目が改善することでより皮膚のたるみが出てくることもあります。 皮膚のたるみが強い人では切開時に皮膚の切除を行いますが、あまり皮膚を切除しすぎると厚ぼったい二重になってしまいますので、たるみをしっかり除去することはできません。 しっかり皮膚のたるみを除去したい方では眉下切開をおこなうのがおすすめです。 術後のケア、ダウンタイム、日常生活などの注意点 術後1週間は外縫いの糸がついていますが、洗顔はしていただいて大丈夫です。 傷は清潔に保ってください。 術後2,3日は目元は冷やしていただいて痛みや内出血のリスクを減らしていただくと良いです。 1週間以内は頭を低くしたり、大笑いしたり、踏ん張ったりすると腫れやすくなるのでなるべく無理はしないようにしてください。 頭を少し高い位置にしておくと瞼の浮腫みはやや軽減できます。 メイクは1週間後の抜糸翌日まではしないようにしてください(刺青になりリスクがあります)。 上述のように傷は2,3ヶ月は赤みがあるため、メイクでカバーしていただくと良いです。 術後すぐに目が開けやすくなる方もいれば、3ヶ月以降傷の硬さが落ち着くころから少しずつ目が開きやすくなる方もいらっしゃいます。 本来の二重幅と目の開きになって完成するのは、半年くらいは見ていただく必要があります。 当院では他院の修正も多数行っています。 他院で手術をおこなって満足できない方も是非無料カウンセリングを利用してご相談ください。 眼瞼下垂が改善すると二重幅は狭くなり、皮膚のたるみを除去すると二重幅は広くなったりするため正確なシュミレーションはできませんが、ご希望の二重幅の目安を確認します。 眼瞼下垂の改善やたるみの切除量を考慮した上で、最適な二重幅と皮膚切除のデザインのポイントに目印をつけます。 具体的には瞳孔中心線、黒目の内側・外側の位置や、二重の高さや皮膚切除幅などに印をつけます。 シュミレーションの目印をもとにご希望のラインになるようにデザインを完成させます。 局所麻酔は長時間作用するような麻酔を配合しています。 ご希望に応じて静脈麻酔で眠っていただくことも可能です。 ただし、手術後半で目を開けていただいての確認が必要になりますので、確認の際は意識を戻させていただきます。 切開部分の眼輪筋を線状に切除して眼輪筋下脂肪(ROOF)を露出させます。 眼瞼下垂の方では目の上のボリュームが不足気味の方が多いので、眼輪筋のボリュームの切除は最小限にすることが多いです。 まずは、瞼板前組織や眼窩隔膜反転部(white line)を露出させます。 次にwhite lineからミュラー筋と挙筋腱膜の間を剥離します。 (眼瞼下垂が高度だったり、挙筋機能が低下している方ではもう少し深い層のミュラー筋と結膜の間を剥離することもあります。 ) 眼窩隔膜を切開して挙筋腱膜の表側を露出させます。 挙筋腱膜の表裏が剥離され、腱膜を引き下げて固定する準備が整います。 また、挙筋腱膜が引き下げる際に抵抗となる下横走靭帯を適宜除去します。 抵抗が強い方では外角などを切除しますが、侵襲は最小限にするようにしています。 そうすることで瞼板が上に引き上げられて、目が開きやすくなります。 目を開いてもらって目のラインのアーチがきれいに出ているか、左右差がないかを確認し、前転幅を適宜調整します。 黒目の真ん中、外側、内側を糸で3点固定します。 基本的に目の開きが良くなると、目と眉の距離が近づくためまぶたのボリュームは増す傾向があります。 逆にまぶたが厚く、眼窩脂肪の多い方では眼窩脂肪を除去します。 厚ぼったさをより改善したい方ではROOF(隔膜前脂肪)の切除も可能です。 ボリュームをどうするかはお客様のまぶたの状態によって変わります。 その際に邪魔な眼輪筋やROOFなどの組織は必要最小限に除去します。 あとは、皮膚同士を縫合して終了です。

次の

Æó½Å¤ÎÁ´ÀÚ³«¡¦¥ß¥ËÀÚ³«(ÉôʬÀÚ³«)¼ê½Ñ¤Îή¤ì¡Ã¶¦Î©ÈþÍƳ°²Ê

全切開

全切開して後三日で三ヶ月になります。 ちょっと気になることがあるので質問させてください。 まず右上の画像。 半目にしても二重の食い込み線がくっきり残ってしまいます。 他の方の半目 を見るとちゃんと切開線辺りまで見えるのに自分は食い込んでるということは腫れがまだ続いてる?もしくは皮膚除去が少なく皮が余ってるからでしょうか?その場合再手術しないとこの食い込みは治らないのでしょうか…。 因みに半目を斜めから見ると左上のような感じです。 三ヶ月なのでもうほぼ腫れが引くことはない気がするのですが…。 左下は目を開けた状態で右下は少し目に力を入れた状態です。 同じように三ヶ月で食い込んでて治っていった方いませんか?もしくは再手術をした方いますか? よろしくお願いします。 こんにちは。 二重全切開法の経験者です。 質問:右上の画像で、再手術しないとこの食い込みは治らないのでしょうか? 回答:私の場合は欧米人の様な幅広平行二重で全切開法をしたので3か月の時点でもまだ腫れは有ったように記憶しております。 医師が手術でどの様な内部処理されたのか分かりませんが、しっかりと内部処理が出来ていれば、今後徐々に目立たなくなる可能性は有ると思われます。 質問:半目を斜め上から見ると左上の感じです。 回答:一般的には二重の幅を広くすればするほど腫れぼったい不自然な目になりやすいです。 理由は、瞼の厚みは眉毛側に近づくほど分厚くなる構造だからです。 また、皮膚自体が厚い場合には、脂肪取りをされても腫れぼったさを解消する事は出来ません。 その場合は無理に幅広二重にせずに、自然に見える二重幅に抑える事が必要です。 質問者様の場合には、確かに3か月経っている割にはぷっくりハレていますが、中央から目頭にかけてのラインの消失も気になります。 もしかすると癒着がしっかりと出来ていない可能性もございます。 芸能人で平行二重の方はほぼ100%目頭に鋭角的な切れ込みが入っていますので、平行二重を希望でしたらその方が自然に見えると思います。 私も芸能人の真似をして鋭角的な切れ込みを目頭に入れました。 しかし、末広型を希望でしたら目頭切開はせずに、目頭から末広型にラインを作る事で末広型二重になると思います。 質問:3か月経っても食い込んでて治った方いませんか? 回答:上記に書きました様に私の場合も3か月経った時点で腫れは有った様に記憶しております。 しかし、内部処理をきちんとした為に腫れが長引いてる場合は、時間が経てば必ずスッキリした瞼になれますのでご安心ください。 ちなみに反対側の瞼はどうなのでしょうか? スッキリした瞼になっておりますでしょうか? 回答ありがとうございます。 中央から目頭にかけてラインが消えているのはどっちかというと部分切開に近くしてもらったから…?かもしれません。 手術前は三年間くらいアイプチをしており、だいぶ被れてると看護師の方に言われたので腫れはもう少し続くのかな…と考えてます。 後左目は右目よりほんと気持ち狭い程度でぷくっとしてる感じは残ってます。

次の