競艇場。 ボートレースからつ Official Site

競艇場一覧

競艇場

桐生競艇場(群馬県みどり市) 桐生競艇場はピットから小回りブイまでの距離が長いことから、 ピット離れが悪いとコース取りが不利になるといった特徴があります。 また、冬~春にかけて赤城おろしと呼ばれるクセのある風が吹くため、この季節は桐生競艇場をホームプールにしている選手が有利と言われています。 こういった走り難さからインコースの勝率は低く、 センターの勢の強さが目立つといった特徴があります。 また、1コースの勝率が下から数えた方が早いというほど低く、舟券の組み立てが難しいでしょう。 バックストレッチ側での斜行が禁止されていることから勝負が付きにくいといった特徴もあり、時にはゴールまで勝負がわからないこともあるんです。 差しが少なくマクリが多い競艇場で、全足ターンからの逃げかマクリか・・・といったレース展開が多いです。 また、レースでは風の影響が大きく、インコースとアウトコースの優位性がハッキリすることもあります。 また、レースはすべてナイター競走のため、ナイター経験者が有利といった特徴もあり。 また、海水を利用した競走水面ではあるものの、水門のおかげで干満差の影響が少ないという特徴があります。 1コースの優位性が低く軸にするのは難しいですが、高配当狙いに向いた競艇場と言えます。 また、1日の間に追い風と向かい風が変わる特徴もあり、舟券の予想は難しめの競艇場です。 また、住之江競艇場では唯一、ライナー調整という特殊な調整が行われているんですよ。 また、全国の競艇場の中で唯一、センターポールに対して1マークと2マークが一直線といったコースになっています。 1マーク進入部分のコースの狭さがインコースに対して不利に見えますが、勝率を見ると大した影響はないようです。 となると1コースの勝率が低いと思うかもしれませんが、水質が海水で向かい風が常にアウトコースに有利に働くわけではないため、軸としても安心できるレベルですよ。 基本的に1コースを軸に舟券を組み立てていけますが、海水を利用していることから干満差の影響によってはセンターから考えるのもアリです。 また、時間帯で風向きが変わるため、干満差を合わせてスタート勘が掴みずらいと言われています。 特に1コースの勝率は高く、2コースの連対率の高さから荒れる事が少ない傾向にあります。 また、風の影響によりスタートが難しくなるといった特徴があるため、風速などのチェックが必要です。 インコースに有利な追い風も、 風速が強すぎると逆にマイナスの影響を受けてしまいます。 また、サンライズレースを開催しており、1コース艇に階級の高い選手が置かれるのも高い勝率に影響していると考えられますね。 1コースだけの勝率を見るとインが弱い印象を受けますが、その分2コースや3コースの勝率が高いため、スロー勢全体の勝率が高いといった特徴があります。 インコースの優位性の変化は風の影響が考えられるため、追い風か向かい風かで判断するといいでしょう。 また、風の影響や独特のうねりといったクセがあることから、大村競艇場をホームプールとする選手が有利と考えられます。 数値に惑わされず選手や階級といった部分にも注目して、他のイン艇の情報も取り入れるようにしましょう。 勝率が高くても1コースに新人選手、2コースにベテラン選手といった構成になると結果が変わってくる可能性がありますよ。

次の

競艇場

競艇場

海水の競艇場 海水の競艇場は、海の水をそのまま利用するため海の一角を区切って造られています。 海水とは、どんな特性を持った水質なのでしょうか。 また、その海水を利用した競走水面では、どのような特徴が出るのでしょうか。 海水の特徴とは? 海水とは、塩分濃度が3. 40%程度の水のことをいいます。 塩分濃度は海洋によって異なります。 海水の大きな特徴は、塩分を含むために浮力があることです。 浮力は塩分濃度が高くなるほど大きくなります。 また、海水の中にはクッションとなる不純物が多く含まれるため、その水質は柔らかくなります。 海水の競艇場の特徴 海水の競艇場の主な特徴は3つあります。 1つ目は、潮の満ち引きの影響を受けることです。 海水の競艇場は、海の近くにあるので干満の差がレースに影響を与えます。 午前と午後でレース傾向が変わったり、スタートに影響したりします。 競艇場によって異なりますが、基本的に満潮時にはインコース、干潮時にはアウトコースが有利になるといわれています。 2つ目は、体重差が出にくいということです。 浮力がなければどうしても少しでも軽い選手の方が有利になりますが、海水の場合は浮力がその差をカバーしてくれるのです。 そのため、体重の重い選手でも良い成績を出せたりします。 3つ目は、水が柔らかいため、モーターの差が出にくいということです。 そのため、安易にモーターの差だけを見て予想するのは危険です。 海水の競艇場一覧 海水の競艇場は、全国24カ所のうちで最も多く、10カ所あります。 同じ海水とはいっても、立地や設備によって潮位の影響などの特性が違います。 予想する上では、それぞれの競艇場の特徴を把握しておきましょう。 平和島競艇場 平和島競艇場は、平和島と大森海岸との間の運河を利用して造られています。 潮位の変化はあるものの、波は穏やかな方です。 インコースが弱く、6コースの1着率は全国トップを誇ります。 常滑競艇場 常滑競艇場は、伊勢湾の東岸にあります。 海沿いにあるものの、水門で仕切られているので干満の差はありません。 穏やかな水面で、インコースが強いのが特徴です。 伊勢湾方向から強い向かい風が吹くので、スタート勘をつかむのが難しいともいわれます。 鳴門競艇場 鳴門競艇場は、小鳴門海峡に面した場所にあり、潮位の影響を受けます。 干潮の時はまくり、満潮の時はインコースが有利となります。 満潮時は潮位が下がってきている時の方が乗りやすいといわれています。 丸亀競艇場 丸亀競艇場は、海水の競艇場の中でも特に干満の差が大きい競争水面です。 干潮時に向かい風が吹くとまくり、満潮時は第2マーク付近が荒れて差しが決まります。 児島競艇場 児島競艇場は、他の競艇場より塩分濃度が高いので、より体重差が出にくいといわれています。 また干満の差が大きく、最大で2〜3mにもなります。 満潮時はうねりが発生してまくりが流れやすくなりますが、干潮時は静水面となりスピードのあるターンが決まります。 宮島競艇場 他の瀬戸内海の海水を利用した競艇場と同じく、干満の差が大きいのが特徴です。 干潮時は静水面ですが、満潮時はうねりが発生して難水面となります。 干潮時はアウトコースが有利で、満潮時はインコースが有利となります。 徳山競艇場 徳山競艇場は、笠戸湾の奥にあり周囲を山に囲まれているので風がさえぎられて穏やかな水面です。 干満の差によってレースの流れが変わり、干潮時はパワー重視の展開、満潮時はさばき勝負の展開となります。 下関競艇場 体重差が出にくい水面で、重量級レーサーの豪快な走りが見られます。 干満の差はあるものの、大潮の時以外は比較的穏やかな水面です。 若松競艇場 洞海湾と直結していますが、冬場以外はそれほど荒れることはありません。 満潮時は第2マーク後方から潮が出入りするので、第1マーク付近は潮だまりになります。 満潮時はインコースが有利で、干潮時はまくりが決まります。 大村競艇場 大村競艇場は、大村湾に面しており、全国一といわれるほどインコースが強い競艇場です。 干満の差がありますが、満潮時はもちろん干潮時でもインコースが強くなっています。 まとめ 海水の競艇場では、干満の差と浮力がレースに影響します。 特に干満の差の影響は大きく、時間帯によって競争水面が大きく変わります。 予想をする際は、それを見極められる地元選手やベテラン選手に注目してみると良いでしょう。 それぞれの競艇場の特徴をよく理解して、予想に生かしましょう。 こちらの記事も合わせてどうぞ.

次の

競艇の水質が海水だった場合の特徴と海水の競艇場一覧

競艇場

桐生競艇場(群馬県みどり市) 桐生競艇場はピットから小回りブイまでの距離が長いことから、 ピット離れが悪いとコース取りが不利になるといった特徴があります。 また、冬~春にかけて赤城おろしと呼ばれるクセのある風が吹くため、この季節は桐生競艇場をホームプールにしている選手が有利と言われています。 こういった走り難さからインコースの勝率は低く、 センターの勢の強さが目立つといった特徴があります。 また、1コースの勝率が下から数えた方が早いというほど低く、舟券の組み立てが難しいでしょう。 バックストレッチ側での斜行が禁止されていることから勝負が付きにくいといった特徴もあり、時にはゴールまで勝負がわからないこともあるんです。 差しが少なくマクリが多い競艇場で、全足ターンからの逃げかマクリか・・・といったレース展開が多いです。 また、レースでは風の影響が大きく、インコースとアウトコースの優位性がハッキリすることもあります。 また、レースはすべてナイター競走のため、ナイター経験者が有利といった特徴もあり。 また、海水を利用した競走水面ではあるものの、水門のおかげで干満差の影響が少ないという特徴があります。 1コースの優位性が低く軸にするのは難しいですが、高配当狙いに向いた競艇場と言えます。 また、1日の間に追い風と向かい風が変わる特徴もあり、舟券の予想は難しめの競艇場です。 また、住之江競艇場では唯一、ライナー調整という特殊な調整が行われているんですよ。 また、全国の競艇場の中で唯一、センターポールに対して1マークと2マークが一直線といったコースになっています。 1マーク進入部分のコースの狭さがインコースに対して不利に見えますが、勝率を見ると大した影響はないようです。 となると1コースの勝率が低いと思うかもしれませんが、水質が海水で向かい風が常にアウトコースに有利に働くわけではないため、軸としても安心できるレベルですよ。 基本的に1コースを軸に舟券を組み立てていけますが、海水を利用していることから干満差の影響によってはセンターから考えるのもアリです。 また、時間帯で風向きが変わるため、干満差を合わせてスタート勘が掴みずらいと言われています。 特に1コースの勝率は高く、2コースの連対率の高さから荒れる事が少ない傾向にあります。 また、風の影響によりスタートが難しくなるといった特徴があるため、風速などのチェックが必要です。 インコースに有利な追い風も、 風速が強すぎると逆にマイナスの影響を受けてしまいます。 また、サンライズレースを開催しており、1コース艇に階級の高い選手が置かれるのも高い勝率に影響していると考えられますね。 1コースだけの勝率を見るとインが弱い印象を受けますが、その分2コースや3コースの勝率が高いため、スロー勢全体の勝率が高いといった特徴があります。 インコースの優位性の変化は風の影響が考えられるため、追い風か向かい風かで判断するといいでしょう。 また、風の影響や独特のうねりといったクセがあることから、大村競艇場をホームプールとする選手が有利と考えられます。 数値に惑わされず選手や階級といった部分にも注目して、他のイン艇の情報も取り入れるようにしましょう。 勝率が高くても1コースに新人選手、2コースにベテラン選手といった構成になると結果が変わってくる可能性がありますよ。

次の