基本 情報 過去 問。 基本情報技術者試験FEの過去問の解説まとめ|合格率や難易度、おすすめ参考書は?

基本情報技術者試験FEの過去問の解説まとめ|合格率や難易度、おすすめ参考書は?

基本 情報 過去 問

基本情報技術者試験合格のための参考書とは 基本情報技術者試験合格には、午後対策が重要 試験は午前問題と午後問題に分かれていて、合格にはどちらも合格基準点 通常6割 以上の得点が必要だ。 普通に独学で勉強すれば、午前問題の合格基準点をクリアすることは難しくない。 合否を決めるのは午後問題なのである。 よって、午前問題はさっさと終わらせ、午後問題はじっくり勉強するという戦略が必要である。 データ構造及びアルゴリズム、ソフトウェア開発分野の勉強が重要 ほとんどの基本情報技術者試験の参考書は、試験全体の基礎的な事項を網羅する参考書(基本書)の位置付けである。 よって基本書1冊読んでも午後問題の合格基準点を満足するのは難しい。 基本書では紙面の都合もあり、午後のデータ構造及びアルゴリズム分野は理解が難しく、また午後のソフトウェア開発分野の選択科目は記述がほとんどない基本書が多い。 よって、午前問題の参考書(基本書)、午後問題の参考書が必要となってくる。 合格は一発で射止める 全力で勉強して合格したら損だ! という考えを持っているのなら、そのような考え方は捨てた方がよい。 一つの目的に対して、がむしゃらに貪欲に向かう姿勢が重要だと思う。 手を抜いて合格するというより、高得点で合格するという意気込みで勉強した方が断然よい。 この試験は4人に1人しか合格しないのだから・・・ 基本情報技術者試験おすすめの参考書 午前問題おすすめの参考書(基本書) 初学者は、最初に参考書で一通り勉強した後に、問題集をすることになる。 但し、先ほど熱く語った?通り、この基本書だけでは午後の問題を解くのは難しい。 午前の問題はどちらかと言えば暗記問題であるが、午後問題は理解して解くということが必要だからだ。 よって、別途午後問題対策が必要になってくる。 そう考えると、午前問題は分かりやすく、時間をかけずにスラスラ読める教材がおすすめだ。 おすすめの参考書は下記の2つだ。 どれも午前問題対策には十分な参考書だ。 自分の好みで選べば良いと思う。 かんたん合格 基本情報技術者教科書 (インプレス) 初学者にもおすすめの参考書が、かんたん合格 基本情報技術者教科書(インプレス)だ。 難しい用語もわかりやすい言葉で書かれていて、難しいところもイラスト、図、表などで理解しやすいように工夫されている。 スラスラ読みやすく、挫折することなく最後まで学習できるのが良いと思う。 1か月と言わず、1、2週間で読み終らせるのがポイントだ。 午後問題おすすめの参考書 午後問題は、データ構造及びアルゴリズム、ソフトウェア開発の分野で配点が4割を占めている。 しかし、この分野は1、2週間勉強すればできるというような分野ではない。 この分野を中心とする午後問題に多く時間をかけ、理解することが合格のポイントになってくる。 データ構造及びアルゴリズム分野の参考書 うかる! 基本情報技術者 [午後・アルゴリズム編] (日本経済新聞出版社) 午後の問題ではアルゴリズムは配点が高く、この分野の理解ができなければ、ソフトウェア開発分野の問題も解けない。 午後問題の合否を分ける分野だといっても過言ではないと思う。 プログラム未経験者にとっては、アルゴリズムが難しく感じられる。 この分野は決して生半可な知識では歯が立たない。 うかる! 基本情報技術者 [午後・アルゴリズム編] (日本経済新聞出版社)は、難しい内容をやさしく丁寧に解説していて、データがどのように処理されていくかわかりやすく記述されている。 読みやすい対話形式になっていて、意外と簡単に読破できる。 これを読めばアルゴリズム分野は理解が深まると思う。 ソフトウェア開発分野の参考書 基本情報技術者 表計算 とっておきの解法 リックテレコム ソフトウェア開発分野は、C、Python、Java、アセンブラ言語、表計算ソフトのどれか1問を選択する。 得意なプログラム言語があれば、それを選択するのがおすすめだが、全く経験のない人は、表計算ソフトがおすすめだ。 なぜなら残りはプログラム言語なので、初学者には難しいからだ。 一方、表計算ソフトはエクセル等を使っている人には、理解しやすいと思う。 参考書としては、基本情報技術者 表計算 とっておきの解法 リックテレコム がおすすめ。 表計算ソフトではマクロの理解が重要である。 この本はマクロの読み方、解き方が基礎から詳しく説明してあるので、マクロを苦手としている人におすすめの本である。 これを読めば、解答の導き方が理解できると思う。 午後対策の参考書 基本情報技術者 午後試験対策 (アイテック) 午後の問題は、理解しないと解けない問題が多い。 また素早く解答を導く練習をしないと試験本番では時間切れになってしまう。 午後問題を苦手な受験生は多くいると思う。 午後の問題が苦手な人は、午後問題に特化した参考書、基本情報技術者 午後試験対策 (アイテック)がおすすめだ。 午後の問題に特化した本で、必須問題となった「情報セキュリティ」、「アルゴリズム」など詳しく解説してある。 700ページもあるので相当な覚悟が必要だが、解説が丁寧で午前問題の知識を発展させながら解いていくので、午前対策の勉強にもつながる。 テーマごとに解説と演習問題があり、やればそれだけ実力がつくおすすめの本である。 おすすめの過去問 かんたん合格 基本情報技術者過去問題集 (インプレス) 試験では同じような類似問題が多く出題される。 そのため、過去問は必要である。 問題を解くことも重要だが、解説を読んでわからない問題が解けるようになることが一番重要である。 よって過去問を選ぶポイントは、解説がわかりやすいか?十分な説明がされているか?が重要ポイントである。 過去問は、かんたん合格 基本情報技術者過去問題集 (インプレス)が良いと思う。 この過去問は、導き方、解き方をていねいに解説してあり、また覚えるポイントも掲載されている。 解説を読むだけでも、十分な効果があると思う。 令和2年春試験から、午後の選択問題にPythonが追加される。 IPAが公開しているサンプル問題の解法についてていねいに解説してある。 また令和元年秋試験から、午前試験において数学に関する問題の出題が増えている。 特集で数学問題の中でも出題率の高い項目に絞り、過去問を例に解説している。 参考書、問題集を使った勉強の仕方 参考書、問題集選びはバッチリでも、実際に勉強をしなければ実力はつかない。 よって以下のことが重要である。 基本書は早く読み終えて、過去問を何回も繰り返して知識を定着させる。 午後問題の参考書は、確実に理解しながら読む。 過去問、問題集は解き方が重要であるので、解説をじっくり理解できるまで読む。 過去問、問題集は2度、3度と何回も解いて、わからないところは参考書で確認する。 試験勉強は全力を尽くす 勉強が順調に進めば、つい手を抜いて油断しがちである。 しかし試験で合格と不合格は紙一重である。 獅子は兎を狩るのにも全力を尽くす と言われている。 参考書、過去問、問題集を1回しただけで満足せず、何度も愚直に解いて合格を勝ち取って欲しい。 健闘祈ります。

次の

基本情報技術者は過去問だけで合格できる就職に活かせる国家試験です

基本 情報 過去 問

12-17 基本情報技術者合格!これが初心者王道攻略法 IT・WEB系女子を目指している私ですが、 2回の受験を経て「基本情報技術者」に合格できましたので、「H27年春期試験」合格までの約1年間の試験対策の体験記を書いていこうと思います。 初回の試験失敗から学んだことや、TACの講座で参考になった知識を織り交ぜながら、文系出身・IT初心者の目線でつづっております。 スポンサーリンク 目次• 基本情報技術者試験とは 基本情報技術者試験は、情報処理技術者試験の試験区分レベル2に位置づけられる国家資格で、システム開発技術者の登竜門です。 ITパスポートが「全社会人向けのIT一般教養」的なイメージだとすると、基本情報技術者は「IT業界人向けの基礎知識」のイメージですね。 試験概要• 開催時期は年2回、春期(4月)と秋期(10月)。 午前試験(2時間30分)と午後試験(2時間30分)がある。 合格基準は 午前・午後ともに100点満点中、 60点を超えること。 難易度・合格率 難易度は、基本といいながら決して簡単では無いのが基本情報技術者試験です。 合格率は受験者ベースで20%台ですが、応募者ベースで算出すると約16%に下がり、 試験当日の欠席者が多いことがわかります。 私も2回受験しましたが、周りに少なからず空席がありましたよ~ 諸事情があるのでしょうが、たくさんの空席から 「挫折」のメッセージが感じられました(遠い目)。。。 正式な試験情報は、でご確認ください。 体験データ公開 ここで私の基本情報技術者試験体験データを公開します。 非IT系職業・プログラム経験無し• ITパスポート試験取得済み(2014年6月)• 受験回数 2回(H26秋期・H27春期)• 勉強時間 約1年(2014年6月~2015年4月)• 選択言語 表計算• H27年春期試験対策で、TACの情報処理講座「午後マスターコース」受講 成績表 1回目 (平成26年秋期) 午前(75. 00点) 午後(59. 25点) 不合格 2回目 (平成27年春季) 午前(83. 75点) 午後(67. 20点) 合 格 1回目はなんと、 わずか0. 75点足りなくて不合格という結果です。。。 初回の試験失敗から学んだことや、TACの講座で参考になった知識を織り交ぜながら、基本情報技術者試験の試験対策について書いていこうと思います。 基本情報技術者試験~午前対策 基本情報技術者の試験対策は「午前対策」と「午後対策」に分かれますが、午前対策のやり方は非常にシンプルです。 午前対策は参考書で学んだあと、過去問を繰り返し解くに尽きます。 ちなみに、 ITパスポートを取得していると、学習した内容がそのまま基礎となりますので負担が少なくなります。 基本情報技術者の午前試験は、過去の問題が繰り返し出題されているので、ある程度ベースが出来上がっていれば、試験直前でも追い込むことが可能です。 目安としては、過去問3回~4回分で合格点が採れるようになったら、一区切りして午後試験対策に進みましょう。 くれぐれも、午前試験対策だけにハマり過ぎて、午後試験対策をおろそかにしないように注意です。 ) おすすめの参考書 通称猫本と呼ばれる「柏木先生」と、定番として名高い「パーフェクトラーニング」は、範囲を過不足なくカバーしてくれる絶対安定の参考書です。 問1(小問)情報セキュリティは必須• 必須の問8(アルゴリズム)と問9(プログラミング)は配点は20点と高い ここでは、以上2点を押さえておいてください。 (問8) アルゴリズム 基本情報技術者のアルゴリズムとは 基本情報技術者試験の独特仕様の言語で、別名「疑似言語」。 プログラミングの基礎となる思考法が問われます。 経験値による個人差がありますが、初心者にはハードルが高く、習得に時間がかかるといわれています。 TACの講師の先生のお言葉 アルゴリズム習得は時間がかかるが、ある時点で悟ったようにわかる瞬間が来る。 その後は箸を使うように自分の身につく。 私の記憶ですが、講義で聞いてなるほどと思った名言です。 また、アルゴリズムでは専用の参考書が必要になりますので、早めに入手して、どんなもんか確認してみてください。 私のおすすめは「福嶋先生」です。 うかる!基本情報技術者(福嶋先生の集中ゼミ) とっつきやすいように工夫されていますが、個人的に簡単かどうかは微妙です。 でも、過去問の動画解説に散りばめられたお言葉が貴重で、ボディーブローのように?じわじわと効果を発揮しました。 基本情報のアルゴリズム問題は、例え問題がわからなくても(20点中)10点くらい取れるように配慮されていることが多々ある。 上記のようなお話が耳に残りました。 結局、私は「悟り」に至るには修行不足でしたが、この言葉を信じて諦めなかった結果、 2回目の試験で本当にきっかり10点取ることができました。 (問9~13)プログラミング 選択問題なので、C言語、COBOL、Java、アセンブラ、表計算の中から、どの問題を選択するのかあらかじめ決めておきます。 プログラム未経験者にとって、易しいのは「表計算」です。 (選択の余地が無いとも言う。。。 ) ちなみに「計算表(けいさんひょう)」ではなく、「表計算(ひょうけいさん)」と読みますが、最初読み間違えたのは私だけかなぁ~? エクセルみたいな感じで、問題の前半は関数を頭に叩き込んで臨みますが、後半のマクロ問題はアルゴリズムの知識も必要になります。 なので、手を付けるのはアルゴリズムが先のほうが良いですよ。 また、易しいといっても、問題がロングで慣れが必要なので要注意です。 表計算用の参考書が必要で、私も使用し、定評があるのが下記のものです。 基本情報技術者 らくらく突破 表計算 問1~問7の文章問題 全部で5問解答しますが、問1の情報セキュリティは必須で、残りの4問は6問の中から選ぶ選択式です。 パーフェクトラーニング等の「過去問題集」があれば取りかかれますので、とっつきやすいです。 ちなみに理論的には、この5問が満点だと60点となりますので、アルゴリズムと表計算は0点でも合格になる計算ですが、現実的には厳しいですよね。 午後試験対策~資格の学校で学ぶ 基本情報技術者試験に独学で挑むことは、殊勝なことでありますが、本気で受かりたい場合、資格学校での講座受講も選択肢になると考えます。 私は平成26年秋期試験の午後試験で0. 75点足らず不合格になったわけですが、同時に独学に限界を感じてしまいました。 2回目の試験、平成27年度春期試験の午後対策として、私は TACの「午後マスターコース」を受講し、結果合格することができました。 この講座では、 独学では気づけないことをたくさん学び有意義でした。 先に書いたアルゴリズムの講師の先生の名言もその一つです。 ただし、受講さえすれば、楽して合格という類のものではなく、自分自身が修行を積まないとできるようにはなりません。 合格しないと、「高いお金とかけた時間が水の泡」です。 でも、そのプレッシャーにより何とか頑張れたのかもしれません(苦笑)。。。 (半年間のTAC生活と「午後マスターコース」の詳細を記事にしています。 ) 関連記事 H26秋期試験・基本情報不合格体験記 1回目の受験で不合格となった、平成26年秋期試験の試験勉強をつづります。 突っ込みどころは多々ありますが、反面教師としていただければと思います。 10月 (試験月) やる気がなくなり、何もしない。 試験当日 (午前) 知ってる問題が多数出たが、すでに忘れかけていたため、解答に時間がかかる。 知恵熱が出て、体力を消耗してしまう。 試験当日 (午後) 試験対策をしていた(問1~問7)をこなすも、朝からずっと下を向いて集中していたため、 首の後ろが激痛に。。。 (問8)アルゴリズムと(問13)表計算は 適当にマークし、最後まで粘らず帰宅。 試験結果 午後試験(59. 25点)で0. 75点足りず不合格 試験直前にモチベーションが保てず、戦意喪失してしまいました。 当日は首が痛くなって真剣に取り組まず帰宅する始末。 ぼろ負けかと思いきや、あともう少しのところまで来ていたことに目をそらしてしまったようです。。。 それでも、試験を放棄せず受験したことが、次の反省になりました。 試験当日対策 経験から言えるのは、基本情報技術者試験の白黒を分けるのは、最終的には 試験当日の作戦と気合です。 基本情報技術者試験の山場、午後試験は時間配分が命です。 最初の元気なうちにアルゴリズムとプログラミングに取り組むのが第一で、あとは制限時間内に次々問題をこなします。 その際、前の問題の出来を引きずらないことが第二のポイントです。 上記のタイムスケジュールでは15分余る設計なので、この時間で、全体の作戦立て、選択問題の選別、解答の見直し、または1問に5分程度付け加えたりします。 上記はTACでも推奨されていた、一般的な時間配分のモデルケースですが、 結局これに勝るものは無いように思えますので王道といってみました。 基本情報技術者試験試験当日の5か条• 欠席しないこと• 試験場所は確認すること(毎回同じ会場ではないです)• 午前試験でエネルギーを消耗しないこと• 午後試験は時間配分を厳守すること• 最後まで諦めないこと 以上、私の体験談を出し尽くしました。 これから試験を受ける方のお役に立てれば幸いです。 試験頑張ってくださいね! スポンサードリンク 最後までお読みいただきましてありがとうございました。 参考になりましたら、下記ボタンからSNSで拡散していただけると嬉しいです。

次の

基本情報技術者試験おすすめの参考書、問題集

基本 情報 過去 問

この記事のまとめ 追記していったら記事の量が膨大になったので、要点を以下に記載します。 【対象】 IT未経験の方向け 【合格の鍵】 午後試験の対策(選択科目の選び方・分野別の目標点・時間配分を考える) 【必要なもの】 「キタミ式」と「過去問道場」(午後試験に不安があれば「出るとこだけ!基本情報技術者」もあると良い) 【基本情報の資格取得の意義】 IT業界に詳しくないけど挑戦する方にとっては、この資格を取得する意味は十分にありますし、業務で役に立ちます。 はじめに 基本情報技術者試験はエンジニアの方なら多くの人が受験する資格だと思います。 今年入社したばかりのエンジニアですが、 平成30年4月の基本情報技術者試験に合格することが出来ました。 今回は 文系出身などでIT業界未経験だけど、この業界に飛び込んでみた!という方に向けて、 基本情報技術者試験に合格するために必要な勉強方法と試験の戦略について解説します。 勉強開始時の自分のスペック ・大学は政策学系を専攻。 情報系とは無縁の文系。 ・プログラミング経験はほとんど無し。 5日間のインターンでHTMLを少し勉強した事がある程度 ・PCを触るのは大学のレポートを書くときだけ。 wordとパワポを使用する程度 3. 勉強期間 タイミング 時期 自身の状況 勉強開始 平成29年10月 大学4年生 受験 平成30年4月 入社1年目で研修中 勉強期間としては半年間あります。 ただ、12月中旬〜3月中旬の間はゼミ論や卒業旅行、 引越しの準備などで忙しく、ほとんど勉強できませんでした。 そのため勉強期間は実質 3ヶ月程度です。 試験の構成 基本情報の試験は午前試験と午後試験があり、どちらの試験も合格する必要があります。 合否のカギを握る午後問題 基本情報の合格率は23〜25%程度に推移しており、決して高くはありません。 合格率が低い理由として、個人的には 午後試験の配点が原因であると考えています。 午後試験の合格点は60点なので、この2つの分野を捨てて合格するのはかなり難しいです。 午前試験に合格できても午後試験に落ちてしまった・・ という人の大半はここの分野で躓くからだと考えられます。 そのため、合格するには、午前試験の対策をするだけでなく 午後試験の対策も早めに行うのが重要です。 利用した書籍、Webサイト 基本情報の合格までに利用した書籍、Webサイトを紹介します。 午後試験の対策に不安があれば 出るとこだけ!基本情報技術者[午後]を追加するのも良いです。 過去問にはキタミ式に載っていない用語が沢山出題されるため、初めは得点率が低くなると思います。 ですが、過去問には同じような問題が多々出題される為、数をこなすことで自然と得点率が向上します。 午前試験に限らず、基本情報は 過去問を多く解くことが合格の近道です。 午後試験 ただ過去問を多くこなせば良い午前試験と違い、午後試験は少し戦略が必要です。 戦略1. プログラミング言語何を選ぶべきか 未経験の方なら 表計算を選ぶべきだと思います。 前述の通り、プログラミング言語だけで配点が20点もあるので、ここで得点を取れるかどうかで大きく合否に関わります。 ・・・と言いつつも私は会社の方針で表計算ではなくJavaを選択しましたが、やはりJavaの実務経験が無いと難しく、得点率も低かったです。 一応、表計算以外を選択しても合格はできたので、戦略2以降ではプログラミング言語問題で表計算以外を選択した方に向けた戦略を紹介しています。 戦略2. 分野別目標得点 午後試験は大問毎に出題分野が決まっているため、 事前に分野毎の目標得点を考えて試験に望むと良いです。 IT未経験の方がプログラミング言語で表計算以外を選択して合格点を目指すなら、 分野毎の目標点を以下のように設定すると良いと思います。 基本的なif文やfor文、配列などの基本的な文法知識を理解する程度で良いと思います。 (基本的な文法知識単体で解ける問題はあまり出題されませんが・・) プログラミング言語問題でほとんど正解ができなくても、問1〜7までの5問で8割程度稼ぎ、 アルゴリズムの比較的優しい問題を確実に得点できるまで勉強を進めれば 合格点である6割には到達することが出来ます。 戦略3. アルゴリズムは時間をかければ基本的な問題は正解できると思うので、余裕を持って45分程度は確保したいです。 問1〜7までは各15分で8割取れるようにし、残りの時間で難しいアルゴリズムとプログラミング言語問題に費やせることが理想です。 午後試験は問題文が非常に長く集中して問題を解くのは大変ですが、 「出るとこだけ!基本情報技術者[午後]」で点を取るテクニックを学び、過去問演習を重ねれば、問1〜7を各15分で解くことができるようになります。 戦略4. 上に挙げた3つとも、難易度が高く時間がかかる問題のため選択しない方が良いです。 自身の勉強の流れ 大学4回生の10月から4月の基本情報技術者試験の受験までに、実際に取り組んだ勉強内容について紹介します。 ページ数は多いですが、イラストが多く解説もわかりやすいので1ヶ月で2周することができました。 これ1冊で基本情報に必要な基礎知識を身につける事が出来ます。 ただ、この本だけ読んでも、過去問に載っていない用語も多く、知識量としては不足しています。 そのため、その後の過去問演習が非常に重要となります。 テキストの2周目が終わった後、このサイトで午前試験のテクノロジ系80問、マネジメント・ストラテジ系80問ランダムに解いてみました。 テキストを2周した状態でしたが、正答率は約50%程度だったと記憶しています。 この本を2周して「キタミ式」に出ない細かい用語を覚える事が出来ました。 ただ、この本を2周するよりは過去問道場を解き、 わからない用語を合格教本で調べるという勉強方法の方が効率が良いと感じました。 出題されない用語も数多くありましたので・・・。 基本情報技術者 [午後・アルゴリズム編]」を3章まで進める この本は途中で挫折しました。 アルゴリズムの本としてはかなり有名ですが、このレベルでも私には難しすぎました。 プログラム言語について何も知らない状態で挑むと、アルゴリズム以前に 問題文のソースコードの内容があまり理解できずに挫折してしまうかもしれません。 アルゴリズムで5割〜6割を目指すだけなら、この本を3章まで進め、 後は過去問演習と「出るとこだけ!基本情報技術者」のアルゴリズムの問題の演習と復習を丁寧に行うことが重要だと思います。 この時期にしたことは2つあります。 一方、午後試験は壊滅的で、2月の時点で40%を割り、3月の時点でも50%程度しか得点できなかった為、かなり焦っていた記憶があります。 ただ、プログラミング言語を少し勉強することで、アルゴリズムの問題で出題されるソースコードをなんとなく読めるようになったので、勉強自体は無駄ではなかったと思います。 また、Java言語問題は難しいですが、基礎的な文法知識があれば解ける問題も少し出題される為、「スッキリわかるJava入門」を取り組んだほうが良いです。 「出るとこだけ!基本情報技術者」は午後試験の問題が出る順に出題され、 また正解を導くためのテクニックを多く紹介してあるので、かなり助かりました。 この問題集を解くことでSQLやスケジュール管理の問題などは 簡単に解くことができるようになります。 この本を2周した後に午後試験を解いてみるとかなりスムーズに問題が解けるようになり、 時間配分を意識して問題を解くことができるようになりました。 結果 午前 午後 77点 67点 午前、午後共に60点を越え、無事に合格しました。 ただ、予定通り最初の5問で8割以上を取り、 Javaの分をカバー出来たのが合格に繋がったと思います。 基本情報技術者試験してから半年以上経過して感じたこと(平成31年2月追記) 基本情報に合格してから半年以上が経過しました。 合格した頃はまだ研修中でしたが、7月に配属が決まり、 現在はエンジニアとして仕事を着実に進めることが出来ています。 現場の業務を経験して感じたことは、 基本情報の勉強をして絶対に損は無いということです。 ビット数などのコンピュータの基本的な仕組みや絶対パスや相対パスの違い、ハードウェアやソフトウェア、データベースの知識、ウォーターフォールモデルや単体テスト、結合テストなどの開発業務を行う上で当たり前となっている手法等々・・。 上記の基本情報に出題される知識は 本当にエンジニアとして仕事をする上で当たり前となる知識です。 現場ではこれらの知識は知ってて当然という前提で業務が進むので、 配属直後は勉強しておいてよかった・・となりました。 合格することももちろん大事ですが、基本情報技術者試験に限って言えば 勉強すること自体に意味があると強く感じました。 その為、文系学部出身などでIT業界に関して詳しくない方が、 まず初めに何から手を付けたら良いのかとなった時に 基本情報の勉強をするのを選択肢の一つとしてお勧めしたいです。

次の