ワンオク taka ニュース。 Taka (ONE OK ROCKのメンバー)

メンバーが驚くほどの、ワンオクTakaの料理の腕前とは?

ワンオク taka ニュース

今年2月にはワンオクの北米ツアーに舞が同行していた姿がキャッチされ、一部では結婚も近いと報じられていた。 だが、2人の共通の知人は本誌にこう語る。 「実は、3カ月前に2人は別れてしまったんです。 舞ちゃんはTakaくんの友達からも評判がよかったんですけどね。 気がきくし、彼のことを立てますし。 「Takaくんは音楽活動で忙しいうえに、男女問わず友人が多く、付き合いも非常にいい。 オフの日も仲間たちと深夜まで飲み歩くことが多いんです。 でも舞ちゃんは『2人きりで会いたい!』と言う日が増え、2人の間がギクシャクしたことが大きな原因のようです」(前出・知人) Takaの交友関係の広さは芸能界でも有名。 hyde(50)や綾野剛(37)、市川海老蔵(41)らと楽しそうに宴を囲んでいる姿がインスタなどにアップされている。 「舞ちゃんとすれば、交際も2年に近づき、2人の将来について真剣に考えるようになっていました。 なかなか2人で今後について話し合える時間もなく、不安になっていったようです」(前出・知人) 浅田は昨年4月、情報番組『ごごナマ』(NHK総合)で自身の結婚観を聞かれ、こう語っている。 「35歳くらいまでには(結婚したいです)。 やっぱり私が姉妹なので、自分がお母さんになったときには、兄弟、姉妹が欲しいな、作ってあげたいなと思います」 前出の知人は嘆きながら言う。 「Takaくんにはすでに親密な女性がいるそうです。 モデルで、付き合ってまだ1カ月だと聞いています。 友人の俳優やアーティストにはもう紹介ずみで、行きつけのバーにも連れて来たりしています」(前出・知人) 10月24日、妹・浅田真央(29)は「第20回ベストフォーマリスト」を受賞。 副賞に「クリスマスイブの横浜ワンナイトクルーズ」を贈呈され「姉と行きたい」と語った。 傷心の姉を慰めるためなのか……。

次の

ワンオクtaka(森内貴寛)のジャニーズ時代!ニュース脱退理由のスキャンダルとは?|LifeNews Media

ワンオク taka ニュース

docomoのCMソングで話題を呼んでいる『Wherever you are』。 この透き通った美しい声が印象的なバラードを歌っているのが、現在若者を中心に圧倒的な人気を誇るバンド、「ONE OK ROCK」(通称ワンオク)だ。 CMに起用されたこの楽曲がきっかけで、それまでワンオクに親しみがなかった40代、50代のファンも増えているという。 カリスマ性のあるVo. TAKAのパフォーマンスと歌唱力、パワフルで疾走感のある楽曲とエネルギー溢れる楽器隊。 洋楽の影響を多分に受け英語詞を多用しつつ、そこに日本語の言葉遊びを融合させた歌詞などに定評がある。 その詞のほぼ全てを手がけているのが、Vo. のTAKAだ。 両親から受け継いだ音楽の血 TAKAといえば歌手の森進一と森昌子夫妻の長男として生まれた音楽界のサラブレッド。 さらに、弟もロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカルHiroとして活躍するなど、兄弟そろって音楽の血を受け継いでいる。 ジャニーズ事務所所属、「NEWS」時代 そんなTAKAだが、かつてはジャニーズ事務所に所属していた経歴を持つ。 2001年、当時13歳だったTAKAは、ジャニーズ事務所に入所。 その後、2003年9月には「NEWS」の結成メンバーの1人として抜擢され、すぐにCDデビューを果たす。 ジャニーズ時代から歌唱力には定評があり、たびたびソロで歌う機会に恵まれていた。 当時は、まだNEWSに山下智久、錦戸亮、内博貴、草野博紀が在籍しており、とくにJr. 時代から人気があった山下、錦戸、内らが目立つ存在だった。 そんななか、突然こうした人気メンバーの中に加入させられたTAKAに対して、疑問を感じるファンも少なくなかった。

次の

ワンオクTaka 海老蔵に〝フランス婚〟勧められ「許してくれるのであれば最高ですよね」

ワンオク taka ニュース

2014年、サンパウロ公演の様子(画像はTaka Instagramから) ロックバンド「」のボーカル・Takaさんが6月23日、歌舞伎俳優・さんの公式YouTubeチャンネルにゲストで登場。 バンド初の南米公演で取った対応を明かしました。 海外ライブにかける思いなどを語る中で、Takaさんは2014年11月に行ったブラジル・サンパウロ公演でのエピソードを披露。 公演本編が終了し、アンコールに入った時、1人の現地ファンが観客をかき分け、ステージに上がり込んできたそうです。 ファンはマイクに顔を近づけるや、「実は俺、結婚したい子と一緒に今日このライブ会場に来てるから、この場でプロポーズさせてほしい」と懇願。 演奏開始前のハプニングにも動じず、Takaさんは「どうぞ」と快諾し、相手の女性をステージ上に案内しました。 プロポーズが無事成功し、2人から「次の曲、僕らのために歌ってくれ」と言われるや、当初から演奏予定だった楽曲「Wherever you are」を熱唱したそうです。 「愛してるよ 2人は一つに」「心から愛せる人 心から愛しい人」という歌詞がこんなにピッタリはまる瞬間があるなんて……。 Takaさんは、日本語の歌詞を覚えて熱唱するファンを見て、「こういうことって普通に生きてたらなかなか経験できないこと」と、大きな喜びとともに実感したといいます。 話の聞き手を務めたさんも、「確かに……。 素晴らしいね!」とうなずいていました。 ファンからは「南米ライブ事件、生でみてたからその時のこと言ってるの見れて嬉しい!」「南米ツアーの話すごい! 素敵」と、奇跡的ともいえる一連の展開に感動した声が上がっていました。

次の