ドラゴンクエスト5 主人公。 3DS版「ドラゴンクエスト5」の素晴らしい点をお話していきます

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」、提訴される キャラ名を「無断使用」...「5」小説版作者が主張: J

ドラゴンクエスト5 主人公

国民的RPG『ドラゴンクエスト5-天空の花嫁-』の後半で仲間になるの息子。 エルヘブンの血をひく主人公の息子で、グランバニア国ので、なおかつ天空の血を引くというゴージャスな肩書を複数持つ少年。 勇者なのに主人公ではないという宿命も背負っているわけだが。 に、青いロングスカートのような服と、引きずって歩くほどの長いマントを着用している。 公式イラストでは金髪だが、髪の色はストーリー上、選択可能な結婚相手の髪色準拠となる。 ちなみに彼のイラストはエニックス出版の公式ガイドブックが初出であり、 オリジナルであるSFC版時代の鳥山明氏の絵は確認されていないため、鳥山氏のデザインではないと推測されているが、 知らない人が見たら、彼のデザインも鳥山氏が担当したのではないかと思うほどに少年時代のにそっくりである 実際、公式デザインの発表時期はセルゲーム編が連載されていた時期と近いので、当時の子供達は開口一番「悟飯だ!」と言ったとか言わないとか)。 ビアンカもしくはデボラの子供だった場合は髪の色までそのまんま(ビアンカ:金 デボラ:黒)でなおさらそっくりになる。 実際の所、デザインは主人公の父親である「パパス」をモデルにしており、同じように娘の方は主人公の母親「マーサ」をモデルとしている。 PS2のリメイク版のデザインを見てもらえると分かりやすいかもしれない。 公式にはSFC版とPS2リメイク版、DSリメイク版の3種類がある。 リメイク版では会話システムが追加されたのだが、「感情移入度が強まった」という肯定的意見と「イメージが崩れた」という否定意見の両方が見られるようだ。 ちなみに主人公の子供は双子であり、息子くんにはがいる。 彼の性格は大抵の作品では妹に比べれば安定しており、どちらかと言うと悟飯より悟天の方が近い。 原作ゲームでの実力はと言うと、青年期後半編で加入した直後の時点(レベル5)で、 「天空の剣・天空の盾・天空の兜」というトップクラスの武器・防具を装備可能であり、ギガデイン・ザオリク・ベホマラー等のかなり強力な呪文も習得し、 幼いながらも勇者としての秘めたる素質を見せてくれる。 一方で、ちから・MPの伸びがやや平凡なため、物理戦の主力アタッカーとしての活躍はイマイチ見込めず、前述のギガデインも少し手に余る事に。 そもそも今作は人間以上に等の仲間モンスターの方が優秀なため(あくまで一部のモンスターだが)、 人間を加えるにしても、勇者である彼よりHP・ちからの伸びが優秀、天空シリーズ以上に強力な専用装備を持つ彼の父親である主人公に出番が多めである。 さらにこの主人公、最高クラスの攻撃力を誇り全体攻撃可能というイカレ性能の重量武器「破壊の鉄球」を装備できる数少ないキャラクターであるため、 彼から第一線の座を奪うのは難しいだろう。 なにこの筋肉にいちゃん (まあ、息子くんも単体攻撃においては破壊の鉄球をさらに凌駕する最強剣、吹雪の剣が装備できるのだが)。 に、豊富な耐性といった能力を隠し持っているものの、それらを差し引いても目に見えるステータス自体が上記の通り。 メタ的な事を言うと、パパスの強さは幼年編でしか発揮される事が無い故か、 デフォルトで二回攻撃があったり、HPを全回復し、状態異常まで回復する謎のホイミを無限に使えたりと(本来はベホイミしか使えないはずなのに)、 単純に強いというよりはどこか演出的な要素が多い。 恐らく「実際にパパスは主人公や息子よりもずっと強い」という事をアピールしたいというよりは、 「6歳の息子から見た父親の強さ」をプレイヤー視点から描いたものなのだと思われる。 父は偉大なのだ。 そんなこんなで、彼は勇者でありながらまともなアタッカーとして活躍するより、素早さと豊富な呪文を用いての回復・補助要因の方が優秀である。 そんな彼に付いたあだ名が 「僧侶勇者」。 誇っていいのか分からん。 馬車どころかルイーダの酒場に預けてパーティから外したままでもクリアできる。 のように天空の武具を装備しないと通過できないイベントも無い。 魔界への門を開くのに必要なのはタイトルロゴにもなっている3つのリングである。 ストーリー上は勇者でないと世界を救えないはず(だからこそ主人公は父親の思いを継いで勇者を探していた)なのだが。 なお、原作ではプレイヤーが名付ける設定のため妹共々確たる名前が存在しない (実は 彼らが主人公の子供である事自体ネタバレ禁止情報であり、公式ガイドブックでは「(謎の)男の子」「(謎の)女の子」表記、 エニックス監修のアンソロジー作品、4コママンガ劇場でも「王子」「王女」と呼ばれていた…のだが、 ほとんどの作者が彼らに主人公を「お父さん」と呼ばせていたのでネタバレ禁止の意義が薄い監修になっていた). また、一貫して天真爛漫、明るく元気で純粋な少年として描写されている一方、小説版のティミーは劣等感を抱えている。 というのも彼は「勇者」であるため、何年もかけてようやく再会した父リュカからも「勇者」として見られてしまったのだ。 無論、リュカは息子の事を愛していたのだが、不安を抱いていたティミーは早期に父親と打ち解けた妹への嫉妬もあって父の期待に応えようと必死になってしまい、 お互いの胸の内をきちんと語り合うまでは中々打ち解ける事ができなかった。 は剣や蹴りでの攻撃で、娘ちゃんに比べるとリーチやの面で優れるが、を扱っているためか全体的に隙が大きい。 は対空や、ステップで間合いを詰めながらの剣技と、「ベギラマ」や「ライデイン」や「スクルト」といった呪文。 ベギラマは威力、発生共にそこそこの。 弾速がやや遅く、射程はやや短いが範囲もそこそこ有るので使いやすい。 ライデインは発生は遅いが範囲が広く、攻撃判定が地面にわずかだが残る。 発生以外は中々優秀。 スクルトはラウンド中DEFを上昇させる。 元々防御力が低いわけではないので意外と硬くなれる。 ただしメッセージが出ないと上昇した事にならない。 タッグ戦の際タッグ側が対応している場合、相方も守備力が上昇する。 は「魔法のじゅうたん」と「ギガデイン」。 前者はじゅうたんに乗って対戦相手をするもの。 伝説の剣による攻撃よりずっと高威力。 追撃、切り返し、コンボの〆にとさまざまな場面で活用できる便利な技。 ただし外した場合の隙はやや大きい。 後者はじゅうたんより遙かに高威力のガード不能攻撃。 だが雷雲を呼ぶのに伴う発生の遅さと、画面中央にしか落ちない関係上非常に当たりにくい。 後述のもその辺を心得ているようで、大抵じゅうたんを使用しに使うのだが……それでも外れる。 そもそもじゅうたんを多用する関係上、画面中央近くに転ばせて且つゲージが二本以上有る状況と言うのがあまり無く、 あったとしても発生の遅さや敵の判定、システムによってはスカってしまう…と、同じ呪文の超必殺技でも妹に比べてなんとも使いにくい技である。 また、特殊システムとして会心の一撃ゲージが搭載されており、 時間の経過でゲージが増加していき、発動準備後に通常攻撃をすると赤い残像と共に威力が上昇。 性能も若干変化する。 やのAIも手掛けるショタの頭脳ことran氏の外部AIも存在。 技の出がかりや技後の隙が大きめであり、その隙を的確に突いて来る中~上位のキャラクターとシングルで渡り合うには少々力不足のようだ。 ただ、出は遅くともAI殺しのライデイン、無敵対空、万能超必のじゅうたん、堅実な立ち回りのAI等が揃っているので、 どんな相手にもそこそこ程度には戦える。 あくまでそこそこではあるが…。 一応タッグ戦での優勝経験や相手に、一本取っての接戦を演じた事もある事から決して弱キャラというわけではない。 まぁ、やられてもそれはそれで可愛いのでニコニコMUGEN内では結構人気者。 また、氏はAIのみならず、も製作している。

次の

SS投稿掲示板

ドラゴンクエスト5 主人公

DS・スマホ版で登場したデボラとは スーパーファミコン版、PS版では ビアンカか フローラの二択でした。 DS版で突如出現した デボラとは何者か。 天空の盾を所有し、主人公に船を与える資産家ルドマンの娘であり、フローラの姉です。 フローラに相反しておしとやかさがない、どころのさわぎではない。 結婚後ですら主人公をしもべ呼ばわりの 高飛車路線。 実の父親も 結婚は無理だと見放し、先に妹のフローラの結婚相手を探し始める。 母親も、もしデボラと結婚したら「 相手がかわいそう」と言い切る始末。 街中の評判も「結婚相手として デボラはないでしょう」で統一されているほどの有名人。 ゲームとはいえ、作中から「ビアンカを選びなさい」というプレッシャーがありありの中、フローラを選ぶのすら苦渋の決断。 そもそもフローラを選ぶのでさえ、天空の盾を目的に初対面の人と結婚て、あまりに政略結婚すぎる。 (リニュアル版では子供のころに一度会っている設定に直された。 とはいえ…) なぜデボラなのか。 ビアンカ、フローラとの結婚を、すでにスーパーファミコン版で体験済みのユーザにとっては、リニュアル版の新しい要素であるデボラを選んでみたいところ。 しかし、悩ましい。 実に悩ましい。 デボラを選ぶ理由を自分の中で決定づけないとならないのです。 ビアンカのパーティ加入時に「会話」はタブー ドラクエ5の開発陣も既存ユーザがリニュアル版をプレイする動機付けとして、デボラを追加したのでしょう。 にもかかわらず、「みずのリング」探索時のビアンカ加入で、「会話」コマンドを多用すると、どう考えても「ビアンカを選びなさい」との暗示に聞こえます。 デボラを選びたければ、ビアンカとの会話コマンドはタブーです。 我々は ビアンカが主人公を好きなのは知っている。 デボラ選択を決めているならば、結婚を考えてしまうような女性との、必要以上のコミュニケーションはよろしくない。 お互い迷いのもとになるでしょう。 強制会話だけで十分、お腹いっぱい。 「うふふ。 また 一緒に 冒険が できるわねっ」 「これで フローラさんと 結婚できるはずよっ。 ねえ [主人公の名前]……。 ううん なんでも ないわっ」 「あら [主人公の名前]。 なんだか 大変なことに なっちゃったわね。 でも 悩むことないわ。 フローラさんと 結婚した方が いいに 決まってるじゃない。 私のことなら 心配しないで。 今までだって 1人で やって来たんだもの。 さあ [主人公の名前]は 疲れてるんだから もう 眠った方がいいわよ。 私は もう少し ここで 夜風に あたってるわ。 なんだか 眠れなくて…」 会話すればするほど、ビアンカを選ばないなんて選択肢がなくなってしまう。 デボラは唐突に花嫁候補に名乗りを上げる 「ちょっと 待ちなさいよ! あんた [主人公名]だっけ? どこの 馬の骨かと思ったけど なかなか やるじゃない。 まさか 炎のリングと水のリングを 見つけてくる男が 本当に いるなんてね……。 しかたないから 私が あんたと 結婚してあげるわ。 いいわね?」 結婚してくださるそうです。 ありがとう。 フローラがビアンカを呼び止め、主人公に一晩考える猶予を与えた次の日。 ルドマンが主人公にビアンカとフローラのどちらと結婚するかを選ばせようとしたその時、 「ちょっと待ちなさいよ」。 突然一階におりてきて、「結婚してあげる」宣言のデボラ様。 ありがたき幸せ。 何者かよく知らないはずのビアンカを呼び止めるフローラも唐突だと思うが、それ以上に唐突な登場するデボラ様。 フローラについては、ビアンカに比べると主人公との関係性は薄いが、それでも「フローラの花嫁候補」に立候補した以上は、フローラと結婚する流れはわかる。 が、なぜデボラ様に結婚して いただく必要があるのか…。 それはだれにもわからない。 しかし、ビアンカとフローラについては、すでにみなさんプレイして知っているはずです。 われわれは未知のことに期待するから、リニュアル版を購入したのです。 わからないことだらけのデボラ様。 未知との遭遇を楽しみましょう。 結婚相手選択の際、各花嫁候補に話しかけると求婚(選択)になるのですが、それぞれ「本当にいいの?」と確認してきます。 各花嫁に一度話しかけても思い直し、心苦しい気持ちを抱きながらもキャンセルできます。 しかし、デボラの場合だけ、義父ルドマンが「本当にいいのか?」としつこくファイナルアンサーを迫ってきます。 あれ?デボラ選択するとバッドエンドになるの?と疑うくらいのしつこさ。 それでも「はい」を選ぶと、「ぬぬ~~ なんという 勇気のある男よ!」とお義父様が褒め称えてくださいます。 褒められたら嬉しいね。 開発者も、ユーザが「あえて」以外では選ばないとわかっている。 …というか、もちろん開発した方々なので、そう仕向けているのですが、それが空回りせずに見事にヒットしている。 デボラの場合だけヘンリーがリアクションをとる デボラを選んだ時だけ、ヘンリーが花嫁への感想を言います。 「……(小声で)…… しかし お前の嫁さん セクシーだな。 びっくりしたよ……!」 周囲の反応を見るとビアンカ、フローラも相当な美人のようですが、彼女たちを選んだ場合は無反応です。 (ただビアンカの場合は「小声で」言うチャンスはなかった) にもかかわらず、デボラ様のセクシーさは、相当のようです。 あくまでヘンリー視点ですが、デボラ様は「セクシー」らしい。 結婚式の際に持っている花束がデボラだけ赤色 結婚式では花嫁は花嫁姿にドレスチェンジ。 その際、各花嫁は花束を持っているが、ビアンカとフローラはピンクの花。 デボラだけ赤。 たしかにデボラ様にはかわいらしいピンクよりは、ちょっときついくらいの鮮やかな赤のほうがしっくりきます。 呪文もモンスターもいない、普通の世界にいる普通の我々がファンタジーの世界を楽しむためのドラゴンクエストです。 せっかく選べるなら「特別」がいいでしょう。 すごい。 結局誓わなかった。 ここまでやるとわがままではなく信念でしょう。 最後の最後でいじらしさアピール。 デボラ様の告白 最後のミルドラースがいる間の通路で「会話」を行うとデボラ様が、なぜ結婚候補に名乗りをあげたかを告白してくれる。 「ねえ [主人公名]。 あんたのことだから わかっては いるでしょうけど…… …って もしかしたら わかっていないかも しれないから いちおう 言っておくわね。 [主人公名]…… 運命の出会い って 信じる? あんたを はじめて見た時 じつわね 私…… ビビッて感じるものが あったの。 あんたが 物好きで 良かった。 ふつうなら 私を 妻になんかしないわ。 あの時 選んでくれて本当にありがとう。 言いたかったのは それだけよ。 さあ 行きましょう。 そして 生きて グランバニアに 帰るわよ」 「ふつうなら私を妻になんかしないわ」て…当人も実はよくわかっていたらしい。 実の娘を前にそこまで言うかという。 「まさか ここまで すごい男だったとは 思いも よらなかったわい! それに デボラも [主人公名]の おかげか 少しは ふんいきが かわったような……」 確かに会話コマンドでの発言が、石にされる前後、子供を産む前後ではかなり柔らかくなっているような印象です。 デボラの戦闘時の特長 デボラはビアンカ、フローラに対してちからがかなり強い ドラクエの女性キャラはちからが伸びず、魔法が得意なことが多いのですが、デボラはビアンカ、フローラに比べるとちからが格段に伸びます。 99で「ちからのたね」を使わない場合でのパラメータを比較すると、ビアンカ141、フローラ130に対して、デボラは220まで伸びます。 男性キャラやLv. 99まで上がる物理攻撃系のモンスターは、最大255が普通ですが、女性系、魔法が得意系で200を超えるのはかなりの特別待待遇です。 反面、他のパラメータが低いのかと思いきや、• HP 535…主人公と同等ですが「ちから」が高いので予想の範囲内。 ただし、ビアンカも535まで伸びる。 MP 456…500を超える主人公、ビアンカ、フローラには劣りますが、"勇者"である主人公の息子と同じくらい。 素早さ 255…MAX値で、ビアンカ、フローラと同じ。 みのまもり 190…女性キャラは素早いキャラクターが多いので、敵の攻撃をかわすということだろうか。 ドラクエ5では女性の方がみのまもりの伸びが良い場合が多い。 しかもデボラは人間キャラの中ではトップ。 ビアンカ150、フローラ130。 かしこさ 238…反面、かしこさが劣るかとおもいきや、MAX255には達しないものの、主人公、"勇者"が200に達しないにもかかわらずの238。 ビアンカ、フローラはもちろん255。 ただしモンスターの20未満は主人公の言うことを聞かない、以外にはゲームシステムにあまり関係のないパラメータのようです。 うん 255…ビアンカ、フローラ同様MAXまで伸びる。 しかしゲームシステムにあまり関係のないパラメータのようです。 主人公も相当な高い水準でのバランス型ですが、デボラも相当です。 覚える呪文も、上位魔法で言えば「メラゾーマ」「イオナズン」はないものの、それ以外はほぼ共通しています。 メラゾーマがないのは、終盤では魔法担当としては物足りないですが、「ザラキ」は覚えるので雑魚キャラ相手では呪文も活躍します。 また、ちからが強いので攻撃力100・グループ対象で、カジノ250,000枚と交換のグリンガムのムチを活かせます。 ビアンカ、フローラに装備させても、彼女たちではちからが不足していて、グリンガムのムチは、250,000枚に見合うほどには役に立たない。 育てれば十分戦力だが、強力なモンスターが仲間になっていれば必須とはいえ ただ、結論を言ってしまうと、デボラだろうが、他の二人だろうが、妻を最終パーティに組み込むかどうかは、こだわりしだいです。 なお、母親がだれでも、息子、娘のステータスにまったく影響がありません。

次の

ドラゴンクエストに登場する不幸な人生を送ったキャラクターたち

ドラゴンクエスト5 主人公

でのは「」となっている。 でのは。 概要 本作のであり、。 生まれつき『』という特殊な存在であると作中でも認識されているというのは実はのでは史上初の設定なのだが、それが大問題となる。 に住まうの。 には紋章のようなアザがあり、ると様々なを起こす。 また命の大の根を通じてその周囲のを知ることができる。 になった日に村のしきたりで成人のに挑み、そこで自身がかつてを救ったの生まれ変わりであることを知る。 そしてラに「に行けば全てが分かる」と言われ、故郷を立ちに赴いたが、そこではの生まれ変わりとして歓迎されるどころか、から「 の子」と喧伝され、投される。 は「あなた()」であるというの伝統に倣い、恒例の「はい」か「いいえ」で回答するではないが、のはしゃべっている。 性格はたちから「のんびりしている」「ボーっとしている」「一度決めると頑固な面がある」と評され、これまでののたち同様、穏やか人好しのようである。 ふしぎなを行うことで強なと防具、を作り出すことができる。 ではが当てられるが、掛けと息遣いに限られる。 性能 はまたは両手で、一本ならや大を装備できる。 これまでの同様万だが、基本的に特化のには勝てない部分が多い。 は「」と「両手」それぞれにがあり、それら2つを両方極めると「」が習得可となる。 また、系のやに係わるなど的なを集めた「ゆうしゃ」もあり、意図的にに入ることができる「必中」も覚える。 最大のと言えるのは「れんけい」の多さで、全と連携を持ち、さらにほぼ全ての3人連携に必要となる。 またでしても、後に1でするが、これはのみ。 重要なネタバレ この節にはに関する重要なが書いてあります。 その出自は16年前、の軍勢の襲撃によりにして滅んだというユグ王の。 実のであるエア妃は幼きとであるをつれを脱出するが、の追走はしく、にを託すと自ら囮となって二人を逃した。 その後、とはに転落。 は流れ着いた先ののテオに拾われ、成人までを村で過ごしたのだった。 地下でと出い共にに成功した後は、なぜがの子と呼ばれるようになったのかを探るために再びより立つ。 から追われる身になりつつも各地で、、をにする。 命の大へ向かうすがら、ユグ跡にて、実の祖と再会を果たし、を裏で操るの存在を知ることとなる。 命の大でに倒され、にのとを奪われる。 命の大はその魂を破壊され枯れ落ち、は崩壊してしまう。 での姿となり傷を癒すこと数ヶ。 となったを倒すため、そしてに再びの火をすためには再びたった一人で立つ。 最後の砦でと共闘するようになり彼をにすると、次々とと再会し、のも取り戻す。 しかしだけは命の大が崩壊する前に命を投げうってを救っていたことがになり、帰らぬ人となっていた。 を倒した後はそのを救う手がかりを探すのだが、重要な選択を迫られる。 時間を遡った後は、を倒し、が亡くなりが誕生する悲劇は避けられたが、が。 をめてにし、と戦うに出る。 ちなみにとけい技に「の1」がある。 これはのを受けて、のをって気合が入ったが渾身りを放つというもの。 にな本が欲しいという願いといい、の血を継いでいると実感させられる。 勇者が 『大乱闘』に あらわれた! 12に配信された「 9」にて、用「」に追加第2弾として 「」名義で今作のが参戦することが発表された。 番号は番、を含めれば通算番のとなる。 は通りとで戦うものになっており、を担当した氏の作に合った元気なとなっている。 使用するは「の・」と「の」。 攻撃の際、一定で「」が発動し、威がする。 溜めることで上位のを使うことができるが、後述のにより連発ができないことに注意。 また下B技として 「選択」が搭載されており、• 強な撃技の「かえんり」「り」「」「り」• 攻撃や移動を強化する「」「ためる」「」• なお一度に表示されるは4つで、で決まるようになっている。 ただし、独自として が搭載されており、各B技のの際に消費、足りないと不発するというとなっている。 (は時間経過及びA技を当てることで回復する) またとして、 『』『』『』のも参戦する事が決定した。 前述の「の」や「特設での」がそれぞれ変化していると言う細かい。 ミナではありません。 はごとに異なり、『』は、『』は、『』は、『』はが担当している。 当初はを尊重して言葉を発さない予定だったが、が喋る『S』の発売に伴い、を起用した。 そのため、『』以外のにがつくのは初であり、またがを喋るのも初である。 これと共に『』から「の祭壇」が追加されることが決定。 『』のであるを一望できるで、たまに()も出現し、攻撃するとを落とす。 としてノッチ族、、、が登場。 さらにの追加として、『S』の()、の装備()、『』の武闘(格闘)、そしてのが配信された。 とは? 同年の時間から配信された「のつかいかた」内にて、発売日が同年に決定した。 各の詳細は「」「」「」を参照。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の