ハニーチェ トリートメント 解析。 【元美容師が解析】ハニーチェクリーミーシャンプー2つの良成分と弱点とは?

【解析】ハニーチェディープモイストシャンプーの成分を元美容師がガチで解析した結果。

ハニーチェ トリートメント 解析

ハニーチェシャンプースカルプ ジューシースパ の成分解析と評価 ハニーチェシャンプースカルプ ジューシースパ の成分を解析していきます。 3番目にはアミノ酸系洗浄成分であるラウロイルメチルアラニンNaが入っています。 洗浄成分的にはオレフィンスルホン酸Naが気になります。 頭皮の弱い人は避けたい成分ですね。 毛髪や頭皮の水分蒸発を防いでくれる エモリント効果が期待できます。 他にも頭皮や毛髪の保湿をしてくれる成分が多く含まれているのがハニーチェシャンプースカルプの特徴ですね。 洗浄成分の作りからシャンプーのみだと、髪のきしみやゴワゴワが気になりそうです。 ビューティーエクスペリエンスから発売されているアップリノシャンプーもハニーチェシャンプーに似た作りでした! ハニーチェはトリートメントもノンシリコン! ノンシリコン!と謳いながらも、シャンプーだけノンシリコンでトリートメントはシリコンが入っているというシリーズは多くあると思います。 ハニーチェはトリートメントもノンシリコンで作られています。 ハニーチェのトリートメントでフケやかゆみが気になるのであれば、別のシャンプー・トリートメントシリーズを検討しましょう。 シャンプーもトリートメントもノンシリコンのタイプは珍しいのですが、 ハニーチェのトリートメントは良いとは言えませんね。 ノンシリコントリートメントできしみやゴワゴワ、髪の広がりなどの髪質を改善したいのであれば、 がサラサラになると口コミでも話題になっています。 使いやすいのは ジューシースパ スカルプ の方でしょう。 ハニーチェは個人的にもお世話になっていた期間が長めのシャンプーでしたが、ハニーチェでも冬場の頭皮のフケはやっぱり止まりませんでした。 フケや痒みを考えるのであれば、また違うシャンプーが必要になります。 またシャンプーのみだときしみましたね…。 「髪にツヤやコシがなくなる」「頭皮がかゆい・痛い・ニオイが気になる 」なかなか改善しないと大きな悩みになりますよね。 そんな時、実は大きな原因は 頭皮トラブルだということはご存知ですか? そんな頭皮のトラブルを自然由来の力で解決して、綺麗な髪を育ててくれるのがハーブガーデンシャンプーです。 ハーブガーデンは シリコン・合成香料・着色料・防腐剤は一切不使用という徹底ぶり。 頭皮が健康になり、髪が本来のサラサラしっとりを取り戻します。 そして、ハーブガーデンは「泡立ちも良く使用感が素晴らしい」と多くの口コミが集まっている知る人ぞ知るシャンプーです。 価格帯が同じロクシタン等のハーブ系シャンプーとは一線を画した 本物のオーガニック植物由来シャンプーです。 多くの雑誌でたびたび特集され、女優・モデルさんが使用していることで話題沸騰中です。 ZACCシャンプーは乾燥髪になりやすい日本人のために作られたシャンプーです。 日本人は欧米人に比べて3倍も髪が太く、カラー・パーマ・アイロンなどで乾燥してしまった日本人のダメージ髪には補修成分や保湿成分が浸透しにくく内部補修がしづらいという欠点があります。 ZACCシャンプーはそんな傷みを回復しづらい日本人の髪の毛に着目し、ダメージ補修成分が内部まで浸透する仕様になっています。 市販の洗浄力の強いシャンプーだと髪に必要な皮脂・栄養まで洗い流してしまい、更に脱脂力が強すぎて頭皮のトラブルまで招いてしまいます。 しかし、ZACCシャンプーは 優しい洗浄成分であるベタイン系使用で髪を優しく洗い上げて豊富な保湿成分で髪と頭皮をしっかり守ります。 もちろん毛穴に良くないシリコンは配合していません。 「最近、バスルームの抜け毛が気になる」「産後の抜け毛が心配」という方におすすめのアミノ酸シャンプーです。 haru黒髪スカルプはリンスインシャンプーで洗い上がりがサッパリしています。 抜け毛や薄毛、産後の薄毛をしっかり予防してくれます。 キャピキシルは某男性用育毛剤に含まれているミノキシジルの 約3倍の効果がある凄い成分です。 1本2916円でとても試しやすい価格設定になっています。 性別関係なく男性にもおすすめです。 ちょっと抜け毛が気になり始めたという方は、ぜひ手にとってみてくださいね。 スキンケアNO. 1セレクト 正真正銘美白【銀座グラティア】 顔首の〈シワ・シミ・毛穴・そばかす・ニキビ跡・出来物・くすみ〉など、肌の悩みは尽きないですよね。 自分ではなかなか解決することのできない肌の悩みは、プロに任せて手軽にケアしましょう!! 光を照射しているので、顔や首の気になる産毛の 脱毛効果も期待できます。 \お得な時に即チェック/ 「シャンプートリートメント,どれを選んだら良いかな?」 そう考えた時,あなたは ドラッグストアで何分かけて,一番良いシャンプーとトリートメントを選びますか?そして、その商品はあなたにとって本当に良い商品ですか? あなたのかける時間は、5分?10分?それとも1時間?それ以上? シャンプーやトリートメントを選ぶ時、早く決断したら大切な時間を有効活用できますよね。 でも実際、髪や頭皮に悩んでいる時にはどうしても選ぶのには時間が無駄にかかってしまいます。 それは何でなのか?あなたが迷いがちな性格だから?それとも心配性な性格だから? いえいえ違います。 その理由はとっても簡単。 私たちの背中を押してくれるシャンプーの情報が圧倒的に少ないからです。 あなたの背中をソッと押してくれる情報が少ないからこそ、 「本当にこのシャンプーでいいのだろうか」 「このシャンプーで後悔しないだろうか」「本当に私の髪や頭皮の悩みを解決してくれるのだろうか」という悩みが頭をよぎってしまうのです。 そこで、当WEBメディア『 QH-Queen's Hair-』は 〈そんな髪や頭皮への不安や悩みが頭をよぎらないくらい、皆 が求める情報が十分に集まったWEBメディアを届けよう〉と考えました。 QH-Queen'sHair-編集部では、シャンプーの世界における【シャンプーの情報の質】を本気で変えようと日々努力しながら記事作成をしています。 そして、あなたとQH -Queen'sHair-との出会いにより、あなたやあなたの家族、周りにいる人たちが良いものと出会い幸せになることを願っています。

次の

ハニーチェシャンプースカルプ(スパ)の成分解析と評価!モイスチャーリペアの違いは?

ハニーチェ トリートメント 解析

もくじ• 新商品!Honeyce ハニーチェ クリーミーハニーシャンプー&トリートメントについて はちみつが配合されたヘアケア商品を販売されているブランド「 Honeyce ハニーチェ 」さんが、商品を一新してフルリニューアル! 今回の商品では、はちみつの中でも、加熱処理を行っていない生ハチミツが配合され、 加熱で壊れてしまう成分もそのまま残っているので、はちみつ本来の効果が期待できる上に、生クリーム成分も入っているので、より保湿力の高い商品になっています。 ふわもこの濃密泡が髪を包み込むことで、なめらかな髪に仕上がり、以前と変わらないフリー処方で、優しく洗い上げることができます。 シャンプーは予洗いを含めて2回、その後にトリートメントを髪全体になじませてからシャワーで流しました。 それでは、早速レビューしていきます! パケ買いしたくなる!かわいいボトルのデザイン まずは、可愛すぎるパッケージから。 はちみつをイメージしたボトルに生クリームがとろ~りと、かけられたような丸みのあるデザイン。 毎日目にするものなので、かわいい形に越したことありませんが、ハニーチェの今までのシリーズの中でもダントツで可愛いですよね。 シャンプーがイエローとブラウンを基調にしているのに比べ、トリートメントはベージュを基調とした優しい色使いです。 たまにシャンプーとリンスで同じ色のような商品もありますが、 全く違う色なのでお風呂ではあまり周りが見えないコンタクトレンズ愛用者(私もです)にも嬉しい! 生クリームのようなもこもこな濃密泡 実際に手のひらに出してみました。 シャンプーはそれこそ本物のハチミツみたいにとろりとしていて、透明。 トリートメントは真っ白な色で、伸びの良いなめらかな感触です。 シャンプーを泡立ててみて、びっくりしました! ほんとに生クリームみたいに、もこもこ泡立てられて、 泡ももっちりして髪にしっかりと絡みつきます。 毛量が多い私でも地肌までしっかりと洗えました。 販売元の株式会社ビューティーエクスペリエンスさんが行った実験では、 シャンプーで泡立てた泡の上に1円玉を乗せてみると、約8分も乗っかっていたみたいです!(笑) シャンプーが泡立ちにくいとお悩みの方は、一度使ってみてください! パサパサする髪の毛もしっとり潤う 美容師さんにも言われるくらい、昔から乾燥毛な私、、、 なのに、Honeyce ハニーチェ クリーミーハニーシャンプーを使ってみると、 ノンシリコンシャンプーですが洗い上がりのキシキシ感も無し。 トリートメントも使えば、毛先までチュルンとして、髪自体が柔らかくなったのが洗っているそばから感じられました。 それで調子に乗りまして。 いつも絶対お風呂上がりにヘアオイルをつけてからドライヤーで乾かさないと翌朝は爆発するんですが、「これはいけるかも」と思い、そのまま乾かしてみることに。 すると、頭のてっぺんには天使の輪が見えるし、毛先までまとまってる。 そして、翌朝。。。 さすがに乾かした直後のようなツヤ感は維持できませんでしたが、思ったよりもハネやうねりがひどくなく、爆発することもありませんでした。 シャンプーとトリートメントだけで、こんなにまとまるのには感動しました。 強すぎない女性らしい優しい香り シャンプーで香りをアピールしているものはたくさんありますが、中には香りが強すぎたり、甘すぎるものもあります。 私自身甘ったるい香りが好きなので、そうゆう商品も好んで買っていますが、香りについては自分の周りの人にも配慮できるといいなって思っています。 こちらのシャンプーとトリートメントは、 「ふんわり魅惑のほめられハニーの香り」という表記がありますが、ほんとにその通りで、ボトルのようにまるく優しい香りがします。 ハチミツの香りだけでなく、お花の華やかな香りもプラスされて、甘すぎない品のある香りが続きます。 翌朝にも香りがふんわりと残っていて、自分の髪のにおいに癒やされます。 個人的にはもう少し香りが残ってくれると嬉しいな~と感じました。 Honeyce ハニーチェ クリーミーハニーシリーズの商品について 今回レビューしたシャンプーとトリートメントのほかにも、 ヘアオイルやヘアミルクなどもリニューアルしています。 ハイダメージ(ひどくダメージを受けた髪)用のスペシャルケアとして、ヘアマスクも販売されています。 同じシリーズのものだと、当たり前ですが香りの相性もいいのでライン使いするのもおすすめです。 ノンシリコンなのに洗い流してもキシミ感がなくて快適。 トリートメントも髪につけるとしっとりして香りもよくて使いやすいです。 髪を乾かしてからもしっとり感が続いて髪のまとまりもよくなりました。 その名も、 「さくらハニーラテ」! 春を思わせる桜のパッケージが華やかで可愛い! 香りも、 さくらとチェリーの香りが合わさったフルーティーな香りが早くも口コミで好評のようです。 クリーミーハニーで配合されていた、「ハチミツ由来成分」と「生クリーム」に加えて「サクラ成分」も新たに加えられています。 また、冬から春の季節は気になる 、「静電気」や「花粉」といった髪のダメージに繋がる原因を遠ざけてくれる効果も! 静電気の発生を防ぎ、花粉を寄せ付けないなめらかな髪にしてくれます。 季節限定とのことなので、気になった方はぜひ手に入れてください!.

次の

【元美容師が解析】ハニーチェクリーミーシャンプー2つの良成分と弱点とは?

ハニーチェ トリートメント 解析

シャンプーで一番大事な洗浄成分から見ていきます。 洗浄成分はコカミドプロピルベタイン、オレフィン C14-16 スルホン酸Na。 市販のよくある組み合わせだと、強洗浄力なオレフィン C14-16 スルホン酸Naベースに、低刺激・低洗浄のコカミドプロピルベタインを刺激緩和のために配合。 という作りのものが多いです。 でも、ハニーチェはその逆。 低刺激・低洗浄のコカミドプルピルベタインベースで、そのままだと洗浄力が弱すぎるのでオレフィン C14-16 スルホン酸Naで洗浄力を高めた。 という感じです。 組み合わせ的には1000円以内の製品では悪くないと思うのですが、こちらのトリートメントはシリコンなどのコーティング力がかなり強いので、この「ちょっと控えめな洗浄力でしっかりシリコン除去ができるのかなぁ??」と懸念があります。 が・・・おそらくの予想ですが、次に記載の成分「PEG-8」、これは化粧品配合だと一般的には保湿剤なのですが、よくよく調べてみると、歯のホワイトニングなどによく利用される成分で、油性汚れを除去してくれるみたいです。 シリコンも油なので、トリートメントの濃密シリコン処方を除去するための救世主的な成分なのかもしれませんね。 実際、口コミを見ていても、あまり「ベタベタする」というキーワードを見かけないので、一度付けたシリコンは、ちゃんと次の機会にしっかり除去できているんですかね。 それ以外の成分を見ていきます。 毛髪のキューティクルのめくれ上がりを改善し、「うねり」、「絡まり」、「まとまらない」、「ハリコシがない」などの加齢により増加する毛髪の様々な悩みを改善します。 開発元「」より ただ、シャンプー配合の場合はドライヤーやヘアアイロンの恩恵を受けません。 洗い流す系でも効果を発揮します。 】 毛髪のハリコシなど手触りを改善します。 洗い流すトリートメントのような洗い流す系でも効果を実感できます。 開発元「」より あとは、ハチミツ、ナツミカン花油、ホホバ種子油、シア脂、ダイズステロール、アルギニンなどの保湿成分。 ベヘントリモニウムクロリドというリンス剤。 などでコンディションつくりをしています。 シャンプー解析まとめ まとめると、1000円以内の括りではうまく組み合わされた洗浄成分と、各種保湿系・各種コンディショニング剤によって質感向上を狙った作りです。 このブログで言うところのは配合されていません。 まずはベースの油剤となるセテアリルアルコール。 で次が水添ポリイソブテン。 これはほとんどシリコーンのようなものだと思っていただいて良いのですが、とてもサラサラしっとり感触を作ってくれる毛髪コーティング系オイル成分です。 ウォータープルーフの日焼け止めやマスカラの主成分になることもあるほど水をはじきます。 で、次が同じくコーティング系のジメチコンというシリコン。 水添ポリイソブテンとジメチコンの2大コーティング成分がアットコスメの口コミの高評価にかなり影響をしていると思います。 「トュルントュルン」「毛髪が軽くなった」「スルスルとした感触」なんて表現はまさにこれらのコーティング成分の手触りですので。 ちなみにシリコンに関して言えば、これ以外にもフェニルトリメチコン、アモジメチコン、ジメチコノール、シクロペンタシロキサンと非常に多くのシリコンが利用されています。 さらにリンス剤も豊富に配合されています。 リンス剤とはカチオン界面活性剤のことで毛髪表面に吸着して帯電防止・軋み緩和・毛髪柔軟性などを付与します。 そのリンス剤がベヘントリモニウムクロリドを筆頭に、ジアルキル C12-18 ジモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリドと抱負に配合されています。 あとは、「リンス剤は頭皮に付けない」と聞いたことがあると思いますが、それは上記リンス剤に刺激性が少しあるからです。 その刺激性をクリアしたリンス剤がクオタニウム-18。 これも配合されています。 と、ここまでの成分でほとんどハニーチェトリートメントの質感は完成していると思います。 そんな感じですね。 トリートメントまとめ まとめると、毛髪コーティング系成分が豊富に配合されているのでかなり使用感の良いつくりになっていると思います。 【スポンサーリンク】 シャンプー&トリートメント解析まとめ これだけコーティング系のトリートメントなのに、あまりベタベタという声は聞かないので、シャンプーでうまく除去できるようになっているのだと思います。 毛髪補修系製品という感じではありませんが、仕上がりにはとても満足いく作りになっているようです。 ただ、、、過度のコーティングはパーマなどに影響するので、美容師的にはあまりシリコンが多いのは好きではありません。 シリコンは悪いものではありませんが、過度になるのは問題です まあこれが美容師が美容院専売品を好む理由なのかもしれません。 美容院専売品はカラー・パーマ施術のことも考えて作られていると思いますので、トリートメントにシリコンが配合されていることは良くありますが過剰配合というのは少ないです。 ただ、ハニーチェは繰り返しますが、トリートメントのコーティングはそれなりにうまく除去できているのだと思います・・・じゃないとベタベタになりますので。 まあなんやかんや、いずれにせよ市販1000円以内の製品としては好印象のシリーズです。 口コミで見かけるパサパサって?? 口コミを見てると少ないながら「パサパサになる」「指通りが悪い」的な感じで低評価の人がいらっしゃいますが、おそらく毛髪がシリコンを吸い込みすぎたんでしょうね 実際は吸い込むなんてことはないですが。 濃密シリコーン処方だと髪質によって髪の毛に吸着しすぎてツルツルを通り越してパサパサ・指通りが悪くなる現象が起きますので、おそらくそれなのではないかと思います。

次の